焼き鳥 兼田 八戸。 八戸経上半期ランキング1位は高級食パン専門店「本物はすごかった」

八戸の焼き鳥移動販売「兼田」が自宅前で営業 タピオカドリンクやたい焼きも

焼き鳥 兼田 八戸

妖精のイラストなどを手掛けるロナ・ラージスさんのアトリエ兼ショップ「妖精屋」(八戸市長苗代)が6月21日、オープンした。 今後、八戸市内での活動を本格化させる。 (八戸経済新聞) ロナ・ラージスさんは八戸市出身の20歳。 幼い頃から妖精やおとぎ話に興味があり、2018(平成30)年3月の高校卒業後、同年12月から約10カ月間北欧の国々を巡り、現地の人々に話に妖精に関する伝説や物語を聞いたり、妖精の伝説が残る場所を訪れたりした。 デンマークでは、油絵や水彩画の画法を学んだ。 帰国後はカレンダーや絵はがきなどのオリジナル作品を制作。 クラウドファンディングを活用して絵本を発売するなど、精力的に活動している。 今年は再び北欧へ旅に出る予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で断念。 八戸市内の自宅でイラストを描くなどして過ごしていたが、八戸市での活動を本格化させることを決意し、フジケン季節館アーティスト村にアトリエ兼ショップ「妖精屋」をオープンした。 アトリエでは、妖精や竜のイラストや、イラストを印刷したバッグ、はがき、バッジ、キーホルダーなどを販売するほか、北欧から仕入れた妖精の置物や燭(しょく)台などを設置。 「自身の部屋のような空間にしたい」と話す。 7月には、八戸市のラジオ放送局「BeFM(ビーエフエム)」で、妖精に焦点を当てた物語を紹介するラジオ番組を始める。 タイトルは「ベッドタイムストーリー ロナとおとぎの森」。 毎週木曜21時に放送する。 ロナさんは「自分の好きな妖精の世界に没頭できる場所としてアトリエを作った。 優しい妖精や怖い妖精を描いて、いろいろな人に伝えていきたい」と話す。 営業時間は10時〜16時30分(土曜は14時〜17時)。

次の

八戸に「妖精作家」ロナ・ラージスさんのアトリエ兼ショップ「妖精屋」(みんなの経済新聞ネットワーク)

焼き鳥 兼田 八戸

八戸市内や近郊で焼き鳥の移動販売をしていた「兼田」(八戸市根城6)が6月2日、自宅前の仮設店舗で営業を始めた。 店主の兼田智仁さんの実家は三戸町で焼き鳥店を営む。 兼田さん自身も階上町のスーパーマーケットや八戸市内のイベントなどで焼き鳥やくじ引きの移動販売を行ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け営業を自粛した。 チーノはちのへ1階で経営している婦人服店「San Road 絵麻(サン・ロード・えま)」も当面休業することにした。 大型連休を前に収入が激減し廃業も考えたが、過去に使っていたプレハブ店舗を自宅駐車場に運び込み、ペンキを塗り替えるなどして修復。 5月に焼き鳥店をプレオープンし、6月2日、正式に営業を始めた。 [広告] メニューは、焼き鳥のほか、タピオカドリンク、たい焼きなど。 焼き鳥は約20種類。 中心価格帯は1本90円~100円で、もも、ねぎま、皮、つくねなどの定番のほか、希少部位のキンカン、鶏冠、豚たんの根本なども並ぶ。 タピオカドリンク(350円)は、ミルク、炭酸、オレンジ、紅茶などをベースとした約75種類のうち、常に40種類を提供する。 「ココナツミルク味が一押し」と兼田さん。 たい焼きの提供は今月末まで。 カスタード、コーヒー、いちご、メロンソーダなど、ユニークなメニューをそろえる。 唐揚げ、11種類の味があるフライドポテトなども取りそろえる。 ツイッターで営業開始の情報発信したところ、住宅街にありながらも評判は上々。 学生時代の同級生や常連客のほか、新規の客も来るようになったという。 ツイッターと連動した企画も実施。 クイズを出題し、正解者にはぬいぐるみやテレビゲームソフト、商品券などの景品をプレゼントするという。 新型コロナウイルスの影響が落ち着くまで、当面の間営業していく予定。 兼田さんは「コロナウイルスの影響でイベントが中止になったため自宅前に店を構えた。 自宅の前に店を構えることで価格を抑えることができた。 大変な時期だがたくさんのお客さんが来てくれて、うれしい。 ぜひ多くの人に来てほしい」と話す。 営業時間は、火曜~金曜=12時~14時、15時~20時(焼き鳥は15時~、12時~14時は臨時休業の場合あり)。 土曜・日曜=16時~20時。 月曜定休。

次の

八戸の焼き鳥移動販売「兼田」が自宅前で営業 タピオカドリンクやたい焼きも

焼き鳥 兼田 八戸

妖精のイラストなどを手掛けるロナ・ラージスさんのアトリエ兼ショップ「妖精屋」(八戸市長苗代)が6月21日、オープンした。 今後、八戸市内での活動を本格化させる。 (八戸経済新聞) ロナ・ラージスさんは八戸市出身の20歳。 幼い頃から妖精やおとぎ話に興味があり、2018(平成30)年3月の高校卒業後、同年12月から約10カ月間北欧の国々を巡り、現地の人々に話に妖精に関する伝説や物語を聞いたり、妖精の伝説が残る場所を訪れたりした。 デンマークでは、油絵や水彩画の画法を学んだ。 帰国後はカレンダーや絵はがきなどのオリジナル作品を制作。 クラウドファンディングを活用して絵本を発売するなど、精力的に活動している。 今年は再び北欧へ旅に出る予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で断念。 八戸市内の自宅でイラストを描くなどして過ごしていたが、八戸市での活動を本格化させることを決意し、フジケン季節館アーティスト村にアトリエ兼ショップ「妖精屋」をオープンした。 アトリエでは、妖精や竜のイラストや、イラストを印刷したバッグ、はがき、バッジ、キーホルダーなどを販売するほか、北欧から仕入れた妖精の置物や燭(しょく)台などを設置。 「自身の部屋のような空間にしたい」と話す。 7月には、八戸市のラジオ放送局「BeFM(ビーエフエム)」で、妖精に焦点を当てた物語を紹介するラジオ番組を始める。 タイトルは「ベッドタイムストーリー ロナとおとぎの森」。 毎週木曜21時に放送する。 ロナさんは「自分の好きな妖精の世界に没頭できる場所としてアトリエを作った。 優しい妖精や怖い妖精を描いて、いろいろな人に伝えていきたい」と話す。 営業時間は10時〜16時30分(土曜は14時〜17時)。

次の