ゲームクリエイター 仕事。 ゲームクリエイター

【ゲーム業界】ゲームクリエイターの仕事は「誰かを楽しませること」

ゲームクリエイター 仕事

ゲームクリエイターを目指すためにどんな進路を選べばいいか、迷う人も多いのではないでしょうか。 この記事では、現役のキャリアアドバイザーにヒアリングし、 ゲームクリエイターになるために必要なスキル・ゲームメーカーとゲーム開発会社の違い・よくある勘違いなど幅広く解説しています。 ゲームクリエイターになるために必要な情報がギュッとまとめられているので、ぜひご一読ください。 ゲームクリエイターとは? ゲームクリエイターとは、 ゲームソフトやゲームアプリの制作や開発に関わる仕事全般のことを指します。 ゲームはいろいろな役割を持った人が作業を分担してひとつの作品を作り上げているので、職種も細かく分かれています。 ゲームクリエイターになるための進路 3DCGモデリング・モーションやVFXスキルをプロの講師から学べて、その後の就業までサポートします。 独学でも不利になりにくいのはデザイナーやイラストレーターです。 AdobeのPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)、イラスト作成ソフトのSAIなどを使ってデザインやイラストを作成した経験があれば、実力次第では採用につながるケースもあります。 ただし、デザイナー・イラストレーターの実力を見るためには「ポートフォリオ」と呼ばれる作品集の提出が必須で、どれだけ魅力的な作品を載せられるかがネックになります。 独学でゲームクリエイターを目指す場合は、スキルがあることが第一条件。 そしてそれを適切な形でアピールできる作品集作りが合否を分けることを覚えておきましょう。 関連記事 ゲームクリエイターの就職先 ゲームクリエイターの就職先は、ゲームメーカーとゲーム開発会社のふたつに分けられます。 ゲームメーカーとゲーム開発会社の違い ゲームメーカーとは、 ゲームの企画・開発・販売をする会社のことを指します。 ファイナルファンタジーやドラゴンクエストで有名なスクウェア・エニックス、モンスターハンターを発売するカプコンなどがゲームメーカーに分類されます。 ゲーム開発会社とは、 ゲームメーカーが企画したゲームの開発をする会社のことを指します。 企画やプロデュースはメーカーが行い、キャラクターを3DCGに起こして動きを付けるのは開発会社が行う、といった役割分担があります。 IPとは? IPは知的財産権( Intellectual Property)の略。 ゲーム業界では、企業が権利を保有しているキャラクターやゲームタイトルをIPと呼ぶことが一般的。 ゲームメーカーとゲーム開発会社の仕事の違い ゲームメーカーでは仕事が細かく分かれていることが多いため、3DCGに動きを付けるモーション担当になった場合、基本的にモーション以外の仕事をすることはありません。 有名な大手企業だと、サッカーゲームの芝生の動きだけを担当することや、キャラクターの髪の動きだけを担当することもあります。 開発会社では、メーカーから依頼されたいろいろなゲームの開発を幅広く担当します。 キャラクターを3DCGに起こすモデリングや、動きを付けるモーションなど、3DCGに関するスキルを全体的に担当することが一般的です。 まずは開発会社に入っていろいろな業務を経験して、「キャラクターにとことん関わりたい」「モデリングを突き詰めたい」という思いから、メーカーを目指す人も多いです。 ゲームクリエイターになるために必要なこと ゲームクリエイターになるためには、 とにかく新しいゲームに触れておくこと、これが大事です。 コンシューマゲームもソーシャルゲームも、どんどん新しい技術やアイディアが生まれます。 「今こんなゲームシステムが流行っているので、それを活かして企画を立てました」といった着眼点は就職のときプラスになります。 新しい技術やトレンドにアンテナを張っておく、 「新しモノ好き」が求められる仕事でもあります。 あのゲームに携わりたい!それならメーカーじゃなくて開発会社を狙え!? 「あの有名ゲームを自分も作ってみたい、だから有名な大手ゲームメーカーへの就職を目指します」ゲームクリエイターを目指す学生さんなら一度は考えるかもしれません。 実はこれ、間違っている可能性があります。 「ゲームメーカーとゲーム開発会社の仕事の違い」でもお伝えしたように、たとえどんなに有名なタイトルでも、メーカーは企画立案だけを担当して、 実際にゲームを作っているのは開発会社というケースも多々あります。 有名な大手企業に就職しても、目指していたゲーム作りにチャレンジできない、なんてことも。 メーカーばかりでなく開発会社にも目を向けた業界研究をして、自分の目標を目指しましょう。 クリーク・アンド・リバー社では、ゲーム業界に精通したエージェントが無料で就業をサポートします。 あのゲームはどこが企画してどこが作っているの?ちょっと聞きたいアレコレをぜひご相談ください。 クリーク・アンド・リバー社就業支援サービス ゲームクリエイターの平均年収 ゲームクリエイターの平均年収は以下のとおり。 20代前半:350~400万円 20代後半:400~450万円 30代前半:450~550万円 30代後半:500~600万円 あくまでもゲームクリエイター全般の平均年収なので、職業・スキルによっても前後します。 ゲーム開発の総監督であるプロデューサー、現場監督であるディレクターなど、 開発に関する予算や人を管理する立場の職業は、年収が高くなる傾向にあります。 また、普及し始めたばかりで扱える人が少ないソフトや、新しい技術をいち早く使いこなせるスキルを持った技術者には、それに見合った高い年収が支払われます。 ゲームクリエイターになるための必要資格 ゲームクリエイターは必ずしも資格は必要ありませんが、助けになり得る資格はいくつかあります。 デザイナーやイラストレーターとして働くには、必ずと言ってよいほどPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)の習得が必要です。 資格を取るために体系的に学ぶことで、幅広い知識を身につけられるメリットもあります。 学習時間の目安は、おおむねスタンダードで18時間、エキスパートで19時間となっています。 書類選考が通らない、面接で落ちてしまうのはこんな人 新卒入社を目指している学生が選考で落ちてしまうのは、企業が求めているスキルレベルを満たしていないことが一番の原因です。 どうしても入りたい企業があるのなら、近い業種や職業に就いて経験を積んでから再チャレンジすることもできます。 中途入社の場合は、スキルレベルを満たしていることは最低条件ですが、それ以外にもポジションのミスマッチにも注意が必要です。 ポジションのミスマッチとは、企業が「この職業にはこの仕事を任せたい」という考えと、応募者が「こんな仕事をやりたい」という考えにズレが生まれてしまうこと。 例えばソーシャルゲームの場合、企画を立てて新しいゲームを作る以外にも、すでにリリースしているタイトルの運用も大事な仕事です。 ゲーム内のイベント企画や新キャラの追加など、既存ゲームの運用経験が求められているのに、新規ゲームを作ることやその経験ばかりアピールしてしまっては、企業の求めているものとズレてしまいます。 応募しようとしている仕事では何が求められているのか、しっかりと募集要項を読み込んでおきましょう。 場合によっては転職エージェントへの相談も検討してください。 転職エージェントは企業の採用担当者と直接やりとりしています。 そのため、その職種に何が求められているのか、もっとアピールするべきポイントは何かヒントが見つかりやすくなります。 まとめ ゲームクリエイターになるために必要な情報をご紹介しました。 新卒でゲームクリエイターを目指すなら、自分が携わりたいゲーム作りが実現できるようにしっかりと企業研究をしましょう。 中途採用でゲームクリエイターを目指すなら、企業が求めている仕事とのミスマッチが起きないように募集要項を読み解くことが大切です。 「私のスキルでゲームクリエイターを目指せる?」「もっと詳しく話を聞いてみたい」そんな人はクリーク・アンド・リバー社の就業サポートがおすすめです。 ゲーム業界に精通したエージェントがひとりひとりに合った就業・転職をご提案します。 ご利用は無料です。 お気軽にご登録ください。

次の

ゲームクリエーターはどんな仕事?仕事内容のすべて

ゲームクリエイター 仕事

ゲームの仕事について プログラマーなどの開発職やプランナーなどの企画職を問わず、ゲームのソフトやアプリの制作・開発に携わる職種であれば、ゲームクリエイターに該当します。 よく勘違いされることが多いのですが、ゲームクリエイターはゲームの制作や開発に携わる職種の総称であって、職種そのものを指す言葉ではありません。 ですので、ゲームに携われる仕事に就くには、ゲームクリエイターを目指すのではなく、これからご紹介する職種の中から目指すようにしましょう。 ゲームの仕事の職種一覧 ゲーム制作に携われる仕事は、以下のように細分化されています。 いわば、それぞれの制作工程におけるスペシャリストと言える存在ですので、ぜひ参考にしていただきたいです。 ゲームプログラマー ゲームプログラマーの仕事は、その名の通りゲームの制作におけるプログラミングをすることです。 例えば、特定の操作によってキャラクターを動かす、場面毎のサウンドの設定、システムの構築、ユーザビリティの最適化などを行っていきます。 このようにゲームプログラマーは、ゲームそのものの開発に携わる仕事と言えます。 ゲームプランナー・デザイナー ゲームプランナーは、ゲーム制作における企画や構成を担う職種で、ゲームデザイナーとも呼ばれることがあります。 具体的には、世の中の需要の分析をし、どの層に向けてどういうゲームを販売するのかを策定しつつ、ゲームコンセプトや概要を企画します。 企画が通ったら、ゲーム開発における仕様書も、ゲームプランナーが作成します。 仕様書に沿って、ゲームプログラマーやグラフィックデザイナーは仕事をするので、指針を作るという意味で、仕様書の作成も入念に行わなければなりません。 ゲームディレクター ゲームディレクターは、ゲーム制作の中でも開発現場のリーダー職と言える職種です。 具体的には、開発スタッフへの助言や開発における各工程のスケジュール管理などが仕事内容になり、実作業を自ら行うことはあまりありません。 ですが、ゲームディレクターの能力次第で開発の出来不出来を左右する役職のため、のしかかる責任は大きいです。 また、ゲームディレクターはゲームプロデューサーになるための前段階とも言える役職です。 ゲームプロデューサー ゲームプロデューサーは、ゲームの制作工程の全体を指揮する職種です。 具体的には、予算や人材の確保、開発も含めたスケジュール管理、販売のためのプロモートなどが仕事内容になり、プロジェクトの進行を担う総責任者と呼ぶべき存在です。 ゲームディレクターと同じように開発などの実作業に携わることはありませんが、役職の性質上、責任は重大です。 また、未経験の方がいきなり務めるケースはほとんどなく、段階を踏んで経験を積むことが必至です。 ゲームグラフィックデザイナー ゲームグラフィックデザイナーは、ゲームに登場するキャラクターや背景、アイテムや武器などのグラフィックを制作する仕事で、ゲーム業界に限れば、CGデザイナーとも呼ばれる職種です。 グラフィックの良し悪しがゲームの第一印象を決めると言っても過言ではなく、特にハードウェアの進化が著しい現在では、よりグラフィックの重要性が増しています。 2Dと3Dでは、それぞれで使用するソフトが異なるため、両方を制作できるように満遍なく勉強する必要があります。 サウンドクリエイター サウンドクリエイターは、ゲーム内で流れる音や音楽を制作する仕事です。 具体的には、ストーリーや場面にマッチしたテーマソングや効果音、BGMなどを作るのですが、サウンドはゲームの世界観を構築する上で重要なファクターです。 そのため、サウンドの良し悪しで、どれだけ世界観にのめり込めるかが左右されると言っても過言ではないでしょう。 ちなみに、近年はサウンドを自分でプログラミングしてデータ化することもあります。 ゲームシナリオライター ゲームシナリオライターは、その名の通りゲームのシナリオ(ストーリー・展開)を制作するライターのことを指します。 ストーリーの重要性も年々増しているため、近年は専任でシナリオライターを務めるケースが多いです。 具体的な仕事内容としては、ストーリーの展開の考案はもちろんですが、キャラクターの人間関係を理解した上でのセリフやサブストーリーの考案など、シナリオに関わることを全般的に担います。 シナリオが破綻していると、それだけユーザー離れが起きてしまう確率が上がってしまうため、ゲームシナリオライターも重要な職種と言えます。 ゲームデバッガー 本来のデバッガーは、制作したソフトに不具合やバグを修正(デバッグ)をしていく人を指します。 しかしながら、ことゲーム業界に限ると、ゲームデバッガーの職務内容は、ゲームのテストプレイを通じて生じたバグや不具合を報告することが主です。 つまり、ゲームテスター(上述の仕事内容を行う人)と混同されて語られることが多いということになります。 会社によっては、テスト作業とデバッグ作業を兼務したり、テストプレイ以外の業務を兼務することもありますが、本来のデバッグを行うことがあまりないです。 そのため、ゲームデバッガーという職種はゲームに携われる仕事であることに間違いはありませんが、本来のデバッグを行わない限り、クリエイターかどうかと言うと微妙なラインになることは否定できません。 ゲームテスターとの違い ゲームテスターとは、テストプレイを通してゲームが仕様・プログラム通りに動いていくのかどうかをチェックし、バグや不具合を事細か(発生条件など)に報告する人を指します。 そのため、本来のゲームデバッガーの違いは、自分でデバッグ作業をするか否かなのですが、上述したように両者は混同されて語られることが多いです。 ちなみに、ゲームテスター(ゲームデバッガー)は、正社員だけでなくアルバイトでも働けることが多いようです。 ゲーム制作・開発の流れ ゲーム制作の流れを大まかに見ていきます。 一連の流れを見ることで、どういう工程なら自分に合っているのか、その参考にしていただきたいです。 企画立案と準備 ゲームの企画を立案する前に、市場やニーズの調査、つまりマーケティングを行います。 マーケティングの結果を基に、コンセプトなどのゲームの概要を企画し、会議などで承認されれば、晴れて企画をどのようにして具体化するのかを考えます。 例えば、人員や予算の確保、スケジューリングや各工程の責任者の決定などを行います。 また、プログラマーなどの指針である、ゲーム開発の規則をまとめた設計図たる仕様書も作成します。 開発スタート 仕様書に沿って、シナリオやサウンド、プログラミングなどの開発工程が始まります。 開発工程で脱線しないように、その都度、ゲームの概要や仕様書に沿ってきちんと進行されているのかをチェックします。 場合によっては、この段階でプロジェクトの中止が決定される事もあります。 また、体験版を公開して、その反応を伺うこともあります。 納品・発売 ゲームの制作は1年以上掛かると言われ、場合によっては3年近くの期間が費やされることもあります。 無事マスター版が納品できて発売したとしても、バグが起きてしまうことがあるため、その対応に追われることがあります。 全ての工程を終えた後は、反省を通して問題点を洗い出し、次に活かせるように対応策を練ります。 ゲームの仕事に携わるには ゲームの仕事や、開発に携わるには、専門学校や大学などの教育機関に、もしくはアルバイトから正社員登用されるのが代表的なルートになります。 以下では、それぞれについて詳細を見ていきます。 専門学校・大学 ゲームに携われる仕事に就くには、専門学校や大学などでゲーム開発のいろはを学び、制作会社やメーカーに就職することが一般的です。 上述したようなそれぞれの職種は専門性が高いため、スキルなしで就職するのは難しいと言えるでしょう。 ですので、専門学校では上記の職種について徹底的に学べる学科やコースを開設していることがほとんどです。 また、専門学校によっては実際にゲームを開発することに重点が置かれていて、なおかつ実践的なカリキュラムにより、就職がしやすいという特徴があります。 ゲームの仕事に就きたい方は、まずはどの職種で制作・開発に携わるのかを決めるようにしましょう。 ゲームテスター・デバッガーからの正社員登用もルートの1つ 先述したように、ゲームテスターやゲームデバッガーは、正社員だけでなくアルバイトとして働けることが多いです。 発売前のゲームの品質を左右し、なおかつ人手不足も相まって、今後も求人の需要は一定以上あると考えられています。 しかしながら、クリエイターかどうかは微妙なラインであることは否定できません。 ですが、ゲーム制作会社によっては、スキル次第でゲームプログラマーやゲームプランナーとして正社員登用されることがあります。 また、プログラマーやプランナーになることを前提に求人募集をしていることもあれば、プログラミング言語やゲームエンジンの研修制度を設けているところもあります。 そのため、将来的にゲーム開発に関わる仕事に就きたいと考えている方は、上述したような制作会社に 入社することも、1つのルートになります。 資格よりもスキル ゲームの仕事に就くために、何か取得した方が良い資格は特にありません。 ゲーム制作には、資格ではなくそれぞれの職種における専門性が高いためにスキルが重要視されますので、スキルを持ってさえいれば、資格はなくとも就職はしやすいと言えるでしょう。 しかしながら、スキルの習得は容易ではないので、独学も1つの手段ではありますが、およそ2年の期間を勉強に費やせる専門学校は、卒業するだけで一定以上のスキルを持っている証明になります。 なおかつ、就職活動などの機会で自分のスキルをアピールできれば、大手も含め就職の選択肢が広がります。 ゲームクリエイターの年収 ゲームクリエイターの年収は、職種や役職、待遇によって変わってきますが、基本的に正社員として働くことが多いため、安定して300万〜600万は稼げるとされています。 初任給の平均は16万〜20万でありますが、スキルを磨いて実績を積み重ねることが、年収アップの秘訣になります。 1つ注意していただきたいのが、ゲーム制作には納期があるため、残業や休日出勤が避けられない場合があります。 その分の給料をきちんと払ってくれるかどうかも含め、待遇や労働環境がきちんと整っているか、その点に注意してゲーム会社に就職するようにしましょう。 ゲームの仕事に向いている適性 職種によって求められるものは、大きく異なります。 例えば、プランナーやディレクターであれば国語力やコミュニケーション能力、プログラマーやグラフィックデザイナーであれば、数学や物理学の教養などが求められます。 強い意志 しかしながら、ゲームの仕事に携わる上で最も重要な適性は、ゲームへの強い想い、つまりゲームクリエイターになるという強い意志が必要です。 先程ご紹介したように、それぞれの職種は専門性が高いため、学ばなければならないスキルや知識が多いです。 そのため、強い意志を持つことこそが、専門性の高い職種に就けるファクターにして、ゲームの仕事に向いている適性になります。 責任感 ゲーム制作および開発には、それぞれの職種の人が多数携わるという関係上、職種を越えて直接的に関わる機会がなくとも、チームで取り組む形になります。 サウンドやシナリオ、動作のためのプログラムなどの全てのファクターが重なってゲームは作られていきます。 それぞれの工程、つまり自分が担当している業務をきちんと遂行しないと、同じ職種の方に迷惑を掛けてしまうのはもちろんですが、場合によっては、他の職種の方にも迷惑を掛けてしまいます。 ゲーム開発に限った話ではありませんが、仕事をする上で責任感はどうしても欠かせないファクターの1つです。 センス ゲームの仕事に携わるには、ある程度のセンスが求められます。 例えば、プログラマーであれば基本構文をどれだけ応用できるか、グラフィックデザイナーであればどれだけグラフィックをリアルに、もしくは美しく実現するのか。 サウンドクリエイターであれば、ゲームの場面にマッチしたクオリティの高い音楽をどれだけ作れるのかなどのファクターになるのが、センスです。 スキルは専門学校などで習得可能ですが、センスを磨くのは中々難しいです。 センスを磨くためには、あらゆることに興味が持てたり、興味のあることに対して深く考えられることが、重要になってきます。 センスの有無は実際に働いてみないと分からないですが、いろんなことに興味関心がある人や物事を深く考えられる人は、少なくともゲームの仕事に向いていない、ということはありません。 ゲームの仕事のやりがい ゲーム制作に携わる仕事に就いている人は、どういったやりがいを感じているのでしょうか。 以下では、ゲーム業界で活躍している方々が感じている代表的なやりがいを3つ程挙げましたので、それぞれを見ていきます。 販売した時の達成感 ゲームの制作はある意味でモノづくりの一種であるため、やはりゲームをゼロから作り上げて販売された時に、達成感を感じる方が多いようです。 ゲームの仕事は地道な作業を要求されることが多いため、達成感を感じるまでは長い道のりかもしれませんが、その分達成感は大きくなります。 また、ゲーム業界は実力主義の世界でもあるため、常にスキルアップをする姿勢が必要になります。 その姿勢は、面白いものを作り続けるという意識が根底にあることが多いため、そういった部分においても、やりがいを感じる人は多いようです。 人気を得た時の充実感 自分が開発に関わったゲームが好評で人気を得たときに、例え難い充実感を味わうことに、やりがいを感じている人も多いです。 特に自分が関わった制作部分、例えばサウンドクリエイターであれば自分が作成した音楽が好評だったときに、充実感を得ることが多いようです。 面白いものを作り続ける ゲーム業界は実力主義の世界でもあるため、常にスキルアップをする姿勢が必要になります。 その姿勢は、面白いものを作り続けるという意識が根底にあることが多いため、そういった部分においても、やりがいを感じる人は多いようです。 また、昨今は多種多様なゲームが世に出ているために、以前よりも人気が出るゲームを制作するのは難しくなってきています。 しかしながら、面白いものを続けることにやりがいを感じている人は、そういった状況を打開するための強みにもなります。 そのため、上記のやりがいを感じられる人は、ゲーム業界に打ってつけの人材と言えるでしょう。 ゲーム業界の将来性 娯楽が多様化している現在、本当に面白いゲームを作らないと、ヒットさせるのは困難です。 ですが、最近ではスマホゲームやVRゲームが流行するなど、ゲームは未だに多大な可能性を秘めています。 ゲーム業界内の競争が激化していることは否めませんが、だからこそ、本当に面白いものを創造できる人材は重宝されます。 そのため、ゲーム業界内で生き残るには、実力やスキルを持つことが不可欠と言えるでしょう。 VRゲームの将来性 VR技術の発展は凄まじいため、その技術を応用したVRゲームも年数とともにこれからも発展していくとされています。 そのため、同時に仕事の働き手の需要も高まっていくことが予想されますが、VR技術が発展していくにつれて、それに付いていけるだけのスキルを持つことが重要になってきます。 従って、専門学校に通っていない、もしくはゲーム開発の経験がない方は、VRゲームの開発に携わることは難しいでしょう。 現在、様々な専門学校がVRについて学べる学科やコースを創設しています。 VRゲームの開発に携わりたい方は、通常のゲーム制作会社に就職して経験を積み転職するか、上述したような専門学校に通うことが、一般的なルートになります。 まとめ ゲームに携われる仕事は、上記のように専門領域毎にいくつかの職種に分類されています。 そのため、ゲームの仕事に就きたいと考えている方は、まずはどの職種にするのかを絞り込むようにしましょう。 ぜひ、参考にしていただきたいです。

次の

facebook.growthbot.org: ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖!: 蛭田 健司: 本

ゲームクリエイター 仕事

「趣味や特技などを仕事に活かしたい」「大好きなゲームに関わる仕事がしたい」 このような人におすすめなのが、ゲームクリエイターという仕事です。 ゲームの企画やシナリオ決め、プログラミングなど仕事内容はさまざまですが、ゲーム好きにはもってこいの職業といえます。 今回は、ゲームクリエイターの主な仕事内容や、ゲームクリエイターになるにはどんな方法があるのかなどをご紹介いたします。 ゲームクリエイターってどんな仕事? ゲームクリエイターとは、ゲーム制作に携わる人々の総称として使われることが多い言葉です。 そのため、ひと口にゲームクリエイターといっても仕事内容はさまざまです。 プロデューサーやディレクターなどの肩書きがある人のことをゲームクリエイターと呼ぶこともあり、プランナーやシナリオライター、プログラマーなどの開発者たちのことを指すこともあります。 この他に、グラフィックデザイナーやサウンドクリエイターなどもゲームクリエイターの中に入ります。 ゲームプランナーを目指すのであれば、ゲームプランナーの中のどの役割を仕事にしたいのかということを考えることが大切です。 ゲームクリエイターになるには? ゲームクリエイターという仕事は資格や学歴が必須になるわけではありませんが、高校を卒業し、専門学校や大学に進学して知識や技術を身に着け、ゲーム会社に就職するのが一般的です。 また、中には独学でゲーム作りのノウハウを学び、ゲームクリエイターになる人もいます。 ゲームクリエイターになるための道はたくさんあり、進学の選択肢もさまざまなのです。 ゲームクリエイターになるための進路 ・高校を卒業後に独学で技術や知識をつける 高校を卒業し、独学でゲームクリエイターになるための技術や知識を身につける人もいます。 とくに、ゲームクリエイターの中でもプログラマーなどの場合、学歴よりもスキルを重視されることがあるため、独学でも就職のチャンスはあるといえます。 プログラミングのセンスやスキルなどを磨いていくことが大切です。 ・専門学校へ進学をする ゲームクリエイターとして働いている人の中には、専門学校の卒業生が多く存在します。 専門学校の強みといえば、ゲームクリエイターの仕事に就くために学べるところ。 プランニングやプログラミングなどの基本的な知識をはじめ、企画・プロジェクトやキャラクターデザインなどの専門的な勉強をすることもできます。 ゲーム開発の専門知識を持った講師たちによる講義を受けることができるので、ゲームクリエイターの即戦力になれるでしょう。 ・大学へ進学をする 工学系や芸術系の大学へ進学してプログラミングやプロジェクトなどを学び、ゲームクリエイターになるという道もあります。 コンピューターの基礎知識から学ぶこともできるので、広く学びたいという方に向いているといえるでしょう。 また、プロデューサーやディレクターなど、ゲームの企画や統括をする仕事に憧れているという方は、マーケティングなどが学べる学科を選ぶという方法もあります。 技術者を目指すのであれば、情報工学やCGグラフィックなどを学んでおくことが大切です。 ゲームクリエイターになるにはさまざまな道があり、目指す仕事内容によっても学ぶべき事柄が異なることもわかりました。 人気の職業といえるゲームクリエイターになるには、高校卒業後の進路選びが重要になるのです。 「ゲームクリエイターとして何をしたいのか」「ゲームクリエイターになるには何が必要か」 ということをきちんと考えて、進路選びをしていきましょう。

次の