ドコモ おすすめスマホ。 【ドコモおすすめスマホ】[2020春夏 5G]現行全モデル紹介!

【2020年最新】ドコモのスマホ おすすめ人気機種をサイズ・性能・価格で比較!

ドコモ おすすめスマホ

ドコモオンラインショップで最安のスマートフォン• 安価な価格ながら充実した機能 Galaxy A20はお披露目となった、バランスの良いベーシックなスマートフォンです。 「見やすい大画面」「使いやすさ」「安心感」に定評がある本モデル。 スマホデビューにもってこいという声や、尖った機能やスペックが備わっておらず、普段遣いに丁度いいという声が上がっています。 防水・防塵機能がついているほか、Felica対応でおサイフケータイも使用可能。 価格は 月額594円~!最新機種にも関わらずこの値段はかなりお得になっています。 1mm 重さ 151g• 優秀な電池持ち• IGZOディスプレイで美しい映像を楽しめる AQUOS sense3もGalaxy A20と同日に発表されたドコモの冬春モデルの一つです。 ローコストにも関わらずハイパフォーマンスと名高いAQUOSシリーズの最新モデル。 その特徴はなんといっても「1週間の電池持ち」と「必要十分な使いやすさ」でしょう。 1日1時間程度の利用であれば、約4,000mAhのバッテリーは 最大で1週間持続。 電池切れに悩まされることは少なくなるでしょう。 端末価格は抑えられているにも関わらず、 カメラは標準レンズと広角レンズのデュアル式。 新機能として、動画のダイジェスト化を自動で行う「AIライブストーリー」が搭載されています。 価格は分割支払で月額880円~。 割れにくく耐水性能が高い• シンプルで洗練されたデザイン 2019年6月に発売され、未だに人気が高い「」。 シンプルなデザインで、幅広い層から人気のスマホです。 カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色。 シンプルなデザインで、革新の防水機能搭載、高画質な写真もスムーズに撮影できるスマホです。 arrows Be3の特徴はなんといってもその頑丈さ。 画面割れや水没に大勢があり、なんと泡タイプのハンドソープで洗ってもOKというほどです。 本体価格は税別33,084円ですが、3年間の定期契約プランで月額918円〜となっています。 9mm 重さ 145g AQUOS sense2|旧モデルでもしっかり使える• 旧モデルながらも実用に耐える性能• 高精細で明るいIGZOディスプレイ 手に馴染むアルミボディのフィルムで、カバンやポケットに入れても邪魔になりにくい大きさの「AQUOS sense2」。 先ほど紹介した「AQUOS sense3」の従来機となります。 画面は明るいのに、省電力のIGZOディスプレイを採用。 表示エリアが広いので、画面でのニュースやSNS、長文のサイトも快適に読めます。 液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載しているので、写真や動画も臨場感溢れ、リアルに観れます。 カラーはゴールド、ホワイト、ブラック、ピンクの4色。 本体価格は30,456円で、2年間の定期契約プランで月額1,323円〜です。 動画や写真を観るだけでも、まるで美術館や映画館にいるような感覚を味わえます。 写真を撮るときにも、SNS映えするような、多彩な写真を撮影することが可能。 長く使える妥協ないスペックなので、電池も長く持ちストレスフリーです。 色はホワイト、ブラック、ピンクの3色。 2年間の定期契約プランで月額1,755円〜です。 ドコモ格安スマホのキャンペーンで携帯代節約 もしあなたが、格安スマホの購入と同時に、毎月の携帯料金を抑えたいのであれば、魅力的なプランがドコモには揃っています。 ベーシックなプランでは、家族や学生などに特化したプランがよく知られていますが、スマホに特化した特別なプランも用意されています。 もしを考えているなら、ぐんと携帯料金を抑えられる格安のスマホがおすすめです。 ドコモ格安スマホ対応のキャンペーン ドコモを利用している人で、携帯料金を抑えたいと考えている場合、ドコモには様々な種類のプランがあります。 ガラケーからスマホに機種変更を考えている方向けの「はじめてスマホ割」や速度制限を気にせず使い方向けの「ギガホ割」のキャンペーンの対応が可能です。 ドコモで安く機種変更・購入ができるキャンペーンをピックアップしてみました。 はじめてスマホ割 出典: 【キャンペーン期間】• 2019年5月22日 土 ~ ギガホ割は、新料金プランスタートを記念したキャンペーンです。 2019年9月30日までに「ギガホ」を申し込むと、 最大6ヶ月間、月額1,000円割引を受けることができます。 ギガホは定額6,980円なので、キャンペーンを適用すると月額5,980円です。 「ギガライト」で5GB以上使うと月額5,980円になるので、かなりお得なキャンペーンであることがわかります。 ギガ数が多いことに加え、 速度制限を気にせずスマホを使いたい方、月5~7GB使っている方は、「ギガホ割」キャンペーン中に「ギガホ」を申し込みましょう! 下取りプログラム 出典: 現在、携帯が手元にある方はぜひをご利用ください。 下取りプログラムは、買い替えのタイミングでもともと使用していたスマホを買い取ってもらえるサービス。 多くの端末が対象となっています。 背面に傷があったり、画面にヒビが入っている程度であれば、多少の使用感が出ていても下取りしてもらうことが可能です。 スマホおかえしプログラム 利用すると、なんと36ヶ月分の分割支払いのうち、 最大で12ヶ月分の支払いが不要になります。 ドコモ格安スマホのメリット|価格・通信速度 ドコモでスマホを買うことの主なメリットとしては、やはり大手キャリアであり、いざというときは安心であることでしょう。 そして何より、お得なスマホのプランなどが、充実していることなどが挙げられます。 そのほかのメリットと併せて、下記に細かく挙げてみました。 値下げも積極的 ドコモも他社の格安スマホに対抗するために、格安のスマホプランを積極的に打ち出しています。 その価格が、ほかの格安SIM会社を下回ることもあります。 市場や競争の動きとともに、値下げプランは変動していくので、スマホ市場の動向をチェックして、タイミングを狙うのことも一つの手です。 通信速度や通信の安定さと安心も MVNOと違い、大手キャリアの通信なのでやはり速度が安定しています。 日々の安定した通信スピードだけでなく、例えば地震や自然災害などの緊急事態を想像してみてください。 安否情報の確認や通信の安定性を考慮し、通信速度や安定性を知っておくと、安心できるのではないでしょうか。 テザリング機能が自動的についている テザリングとは、WiFi対応のパソコンやゲーム機などから、スマホを媒介してアクセスし、インターネット接続する機能です。 WiFiがない場所での外出先や、出張先で便利なサービスです。 テザリング機能がないSIMが多いため、例えば格安SIMに変更したあとで、新たに使用可能にするためには、費用や手続きがさらにかかるケースもあります。 しかしドコモでは、新プランと旧プランの区別がなく、テザリングは無料です。 もともと自動的についている機能なので、申込も不要です。 さらに、従来の端末購入に加えて、コンビニなど提携店舗でも利用可能です。 ほかにも、携帯の利用料だけでなく、提携店舗での買い物でもポイントが貯まり、ポイントの還元率が高いこともうれしいポイントといえます。 ただしdカード GOLDについては、年会費がかかるので、家族で一緒に料金負担をするときにおすすめです。 ドコモ格安スマホのデメリット メリットがあるように、ドコモでスマホを買うことのデメリットもあります。 システムや契約内容に関して、ドコモで契約してみて初めて知った不便に感じることや、意外に知られていない機能に対しての料金支払いなど、デメリットも併せて説明していきます。 dアカウントの使い勝手が悪い 現在のドコモは、端末ごとにdアカウントを利用して、手続きなどを行う仕組みです。 言い換えれば、同一名義でも回線が変わるとIDが別になります。 個人でスマホのほかに、WiFiフィルターやタブレット端末などを持つヘビーユーザーには、特に煩雑で使いにくいシステムといえます。 例えば、請求などの場合は一括グループやID統合など、一つのIDで複数回線を管理できるようになればとの声もあります。 留守番電話サービスが有料 docomoでは、従来方式の留守番電話機能を使うためには、月300円払わなければなりません。 あまり留守電機能が必要ではない人にとって、毎月留守番電話機能だけのために300円払うことは、少しもったいないと感じる人も多いかもしれません。 ドコモ格安スマホで充実したスマホライフ ドコモといえば高そうなイメージですが、格安SIM会社にも匹敵するような格安スマホが、ドコモにも揃っています。 決して目先の「格安」という言葉だけに惑わされずに、長期的な目で見て、どちらが経済的にも精神的にも自分に合ったスマホプランなのかを検討してみて下さい。 他会社のスマホから、ドコモへ乗り換えを検討している人も同じです。 ドコモで長期的に使用すれば、安心してサポートや充実したサービスが受けられることを念頭に置き、今の会社のサービスと比較検討してみてもよいでしょう。 もちろん、ドコモの格安スマホの中で魅力的なスマホ端末があり、そちらに乗り換えれば、充実したスマホライフが送れることは間違いないでしょう。

次の

操作方法

ドコモ おすすめスマホ

ドコモオンラインショップで最安のスマートフォン• 安価な価格ながら充実した機能 Galaxy A20はお披露目となった、バランスの良いベーシックなスマートフォンです。 「見やすい大画面」「使いやすさ」「安心感」に定評がある本モデル。 スマホデビューにもってこいという声や、尖った機能やスペックが備わっておらず、普段遣いに丁度いいという声が上がっています。 防水・防塵機能がついているほか、Felica対応でおサイフケータイも使用可能。 価格は 月額594円~!最新機種にも関わらずこの値段はかなりお得になっています。 1mm 重さ 151g• 優秀な電池持ち• IGZOディスプレイで美しい映像を楽しめる AQUOS sense3もGalaxy A20と同日に発表されたドコモの冬春モデルの一つです。 ローコストにも関わらずハイパフォーマンスと名高いAQUOSシリーズの最新モデル。 その特徴はなんといっても「1週間の電池持ち」と「必要十分な使いやすさ」でしょう。 1日1時間程度の利用であれば、約4,000mAhのバッテリーは 最大で1週間持続。 電池切れに悩まされることは少なくなるでしょう。 端末価格は抑えられているにも関わらず、 カメラは標準レンズと広角レンズのデュアル式。 新機能として、動画のダイジェスト化を自動で行う「AIライブストーリー」が搭載されています。 価格は分割支払で月額880円~。 割れにくく耐水性能が高い• シンプルで洗練されたデザイン 2019年6月に発売され、未だに人気が高い「」。 シンプルなデザインで、幅広い層から人気のスマホです。 カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色。 シンプルなデザインで、革新の防水機能搭載、高画質な写真もスムーズに撮影できるスマホです。 arrows Be3の特徴はなんといってもその頑丈さ。 画面割れや水没に大勢があり、なんと泡タイプのハンドソープで洗ってもOKというほどです。 本体価格は税別33,084円ですが、3年間の定期契約プランで月額918円〜となっています。 9mm 重さ 145g AQUOS sense2|旧モデルでもしっかり使える• 旧モデルながらも実用に耐える性能• 高精細で明るいIGZOディスプレイ 手に馴染むアルミボディのフィルムで、カバンやポケットに入れても邪魔になりにくい大きさの「AQUOS sense2」。 先ほど紹介した「AQUOS sense3」の従来機となります。 画面は明るいのに、省電力のIGZOディスプレイを採用。 表示エリアが広いので、画面でのニュースやSNS、長文のサイトも快適に読めます。 液晶テレビAQUOSの技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載しているので、写真や動画も臨場感溢れ、リアルに観れます。 カラーはゴールド、ホワイト、ブラック、ピンクの4色。 本体価格は30,456円で、2年間の定期契約プランで月額1,323円〜です。 動画や写真を観るだけでも、まるで美術館や映画館にいるような感覚を味わえます。 写真を撮るときにも、SNS映えするような、多彩な写真を撮影することが可能。 長く使える妥協ないスペックなので、電池も長く持ちストレスフリーです。 色はホワイト、ブラック、ピンクの3色。 2年間の定期契約プランで月額1,755円〜です。 ドコモ格安スマホのキャンペーンで携帯代節約 もしあなたが、格安スマホの購入と同時に、毎月の携帯料金を抑えたいのであれば、魅力的なプランがドコモには揃っています。 ベーシックなプランでは、家族や学生などに特化したプランがよく知られていますが、スマホに特化した特別なプランも用意されています。 もしを考えているなら、ぐんと携帯料金を抑えられる格安のスマホがおすすめです。 ドコモ格安スマホ対応のキャンペーン ドコモを利用している人で、携帯料金を抑えたいと考えている場合、ドコモには様々な種類のプランがあります。 ガラケーからスマホに機種変更を考えている方向けの「はじめてスマホ割」や速度制限を気にせず使い方向けの「ギガホ割」のキャンペーンの対応が可能です。 ドコモで安く機種変更・購入ができるキャンペーンをピックアップしてみました。 はじめてスマホ割 出典: 【キャンペーン期間】• 2019年5月22日 土 ~ ギガホ割は、新料金プランスタートを記念したキャンペーンです。 2019年9月30日までに「ギガホ」を申し込むと、 最大6ヶ月間、月額1,000円割引を受けることができます。 ギガホは定額6,980円なので、キャンペーンを適用すると月額5,980円です。 「ギガライト」で5GB以上使うと月額5,980円になるので、かなりお得なキャンペーンであることがわかります。 ギガ数が多いことに加え、 速度制限を気にせずスマホを使いたい方、月5~7GB使っている方は、「ギガホ割」キャンペーン中に「ギガホ」を申し込みましょう! 下取りプログラム 出典: 現在、携帯が手元にある方はぜひをご利用ください。 下取りプログラムは、買い替えのタイミングでもともと使用していたスマホを買い取ってもらえるサービス。 多くの端末が対象となっています。 背面に傷があったり、画面にヒビが入っている程度であれば、多少の使用感が出ていても下取りしてもらうことが可能です。 スマホおかえしプログラム 利用すると、なんと36ヶ月分の分割支払いのうち、 最大で12ヶ月分の支払いが不要になります。 ドコモ格安スマホのメリット|価格・通信速度 ドコモでスマホを買うことの主なメリットとしては、やはり大手キャリアであり、いざというときは安心であることでしょう。 そして何より、お得なスマホのプランなどが、充実していることなどが挙げられます。 そのほかのメリットと併せて、下記に細かく挙げてみました。 値下げも積極的 ドコモも他社の格安スマホに対抗するために、格安のスマホプランを積極的に打ち出しています。 その価格が、ほかの格安SIM会社を下回ることもあります。 市場や競争の動きとともに、値下げプランは変動していくので、スマホ市場の動向をチェックして、タイミングを狙うのことも一つの手です。 通信速度や通信の安定さと安心も MVNOと違い、大手キャリアの通信なのでやはり速度が安定しています。 日々の安定した通信スピードだけでなく、例えば地震や自然災害などの緊急事態を想像してみてください。 安否情報の確認や通信の安定性を考慮し、通信速度や安定性を知っておくと、安心できるのではないでしょうか。 テザリング機能が自動的についている テザリングとは、WiFi対応のパソコンやゲーム機などから、スマホを媒介してアクセスし、インターネット接続する機能です。 WiFiがない場所での外出先や、出張先で便利なサービスです。 テザリング機能がないSIMが多いため、例えば格安SIMに変更したあとで、新たに使用可能にするためには、費用や手続きがさらにかかるケースもあります。 しかしドコモでは、新プランと旧プランの区別がなく、テザリングは無料です。 もともと自動的についている機能なので、申込も不要です。 さらに、従来の端末購入に加えて、コンビニなど提携店舗でも利用可能です。 ほかにも、携帯の利用料だけでなく、提携店舗での買い物でもポイントが貯まり、ポイントの還元率が高いこともうれしいポイントといえます。 ただしdカード GOLDについては、年会費がかかるので、家族で一緒に料金負担をするときにおすすめです。 ドコモ格安スマホのデメリット メリットがあるように、ドコモでスマホを買うことのデメリットもあります。 システムや契約内容に関して、ドコモで契約してみて初めて知った不便に感じることや、意外に知られていない機能に対しての料金支払いなど、デメリットも併せて説明していきます。 dアカウントの使い勝手が悪い 現在のドコモは、端末ごとにdアカウントを利用して、手続きなどを行う仕組みです。 言い換えれば、同一名義でも回線が変わるとIDが別になります。 個人でスマホのほかに、WiFiフィルターやタブレット端末などを持つヘビーユーザーには、特に煩雑で使いにくいシステムといえます。 例えば、請求などの場合は一括グループやID統合など、一つのIDで複数回線を管理できるようになればとの声もあります。 留守番電話サービスが有料 docomoでは、従来方式の留守番電話機能を使うためには、月300円払わなければなりません。 あまり留守電機能が必要ではない人にとって、毎月留守番電話機能だけのために300円払うことは、少しもったいないと感じる人も多いかもしれません。 ドコモ格安スマホで充実したスマホライフ ドコモといえば高そうなイメージですが、格安SIM会社にも匹敵するような格安スマホが、ドコモにも揃っています。 決して目先の「格安」という言葉だけに惑わされずに、長期的な目で見て、どちらが経済的にも精神的にも自分に合ったスマホプランなのかを検討してみて下さい。 他会社のスマホから、ドコモへ乗り換えを検討している人も同じです。 ドコモで長期的に使用すれば、安心してサポートや充実したサービスが受けられることを念頭に置き、今の会社のサービスと比較検討してみてもよいでしょう。 もちろん、ドコモの格安スマホの中で魅力的なスマホ端末があり、そちらに乗り換えれば、充実したスマホライフが送れることは間違いないでしょう。

次の

[2020年7月]ドコモ最新スマホ機種変更おすすめ15選|iPhone・Android別にご紹介!

ドコモ おすすめスマホ

「Xperia 10 II SO-41A」 なかには、映画の縦横比率とほぼ同じ21:9のディスプレイを採用しているモデルもあります。 こうしたモデルでは、 Webサイトの閲覧やスマホを操作するときにも、見やすく使い勝手がよいというメリットも兼ね備えます。 「4Gスマホ」の選び方ドコモ編:日常使いで安心な、防水やおサイフ機能 毎日使うスマホだからこそ、快適に利用するために欠かせない機能もチェックしたいですね。 なかでも押さえておきたいのが、防水とおサイフケータイに対応しているかどうか。 防水性能を備えていれば、キッチンや洗面所などの水回りにおける使用、あるいは外出時に突然雨が降ってきた場合などにも安心です。 トリプルレンズカメラでは標準、望遠、超広角を切り替え可能。 「ナイトモード」を使えば夜景もきれいに撮影できます。 3600mAhのバッテリーを備えるほか、充電時の負荷を軽減してバッテリーを長持ちさせる「いたわり充電」対応で、長期運用も安心です。 防水防塵(じん)性能を備えるほか、おサイフケータイにも対応。 指紋認証でロック解除も行えます。 カラーバリエーションは、ミント、ホワイト、ブラック、ブルーの4種類。 2020年5月下旬以降に発売予定で、価格は未定です。 「Galaxy A41」 希少な高画素インカメラ搭載機 「Galaxy A41 SC-41A」は、背面と前面共に高画素カメラを搭載したサムスン電子製のスマホです。 「Galaxy A41 SC-41A」 アウトカメラは約4800万画素で細部まできれいに描写でき、123度の超広角カメラを使えば自分が見ている景色とほぼ同じ範囲の景色を写せます。 インカメラは800万画素未満の機種が多いなか、同モデルでは2500万画素を実現。 美肌モードにも対応するため、カメラ好きはもちろん、きれいにセルフィーを残したい人にもおすすめです。 さらに 6型有機ELディスプレイは鮮やかなだけでなく、指紋センサー内蔵で触れるだけでロックを解除できるなど実用性もバッチリ。 防水、防塵、おサイフケータイなど基本機能にも対応します。 カラーバリエーションは、ブルー、ホワイト、ブラックの3種類。 2020年6月以降に発売予定で、価格は未定です。 「LG sytle3」上位機向けのCPUを搭載 LGエレクトロニクス製の「LG style3 L-41」は、 ミドルレンジでありながら上位機種向けの高性能プロセッサー「Snapdragon 845」を搭載したスマホです。 5G通信には非対応であるものの、アプリの起動やゲームプレイなどで快適にサクサク動作するのはメリットですね。 「LG style 3 L-41」 背面には、約4820万画素のカメラを搭載し、高精細な撮影が可能。 アウトカメラとインカメラの両方でポートレート機能に対応し、被写体をよりきれいに映し出せるのもポイントです。 カラーバリエーションとしては、オーロラホワイトとミラーブラックの2色を展開。 特に前者は、光の反射や角度で色合いがオーロラのように変化する点が特徴的です。 防水・防塵に加え、耐衝撃性能も備えており、耐久性に優れます。 また、指紋認証とおサイフケータイに対応。 2020年6月以降に発売予定で、価格は未定です。 こちらの記事も要チェック!.

次の