アクサダイレクトとソニー損保。 ソニー損保の口コミと評判。事故対応とロードサービスはどう?

【自動車保険】ネット・ダイレクト損保と国内大手損保の違いと比較

アクサダイレクトとソニー損保

岡田将生さんのCMでもおなじみのアクサダイレクト。 代理店型の自動車保険からダイレクト型自動車保険に乗り換える場合、事故対応や顧客対応の評判がどうなのか気になるのではないでしょうか。 この記事では• アクサダイレクトの口コミや評判について• アクサダイレクトの特徴3つ• アクサダイレクトとソニー損保の比較• 自動車保険のダイレクト型と代理店型の違いは? についてご紹介します。 この記事ではアクサダイレクトの評判や口コミについて詳しくご紹介しているので、アクサダイレクトの自動車保険への加入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 今すぐアクサダイレクトの見積もりをしたい方は、以下のボタンからどうぞ!いまなら契約すると全員にプレゼントがもらえます。 まずはアクサダイレクトの 口コミ・ 評判についてご紹介します。 こちらの口コミ・評判はアクサダイレクトのサービスを利用したことのある方を対象に、インターネットでアンケートを実施したものを掲載しています。 アンケートの対象期間は2019年7月11日から2019年7月21日になります。 アクサダイレクトの口コミや評判には、 事故対応・ 顧客対応に対してそれほど悪いものが無く、評判としては良い方なのではないでしょうか。 通販型自動車保険は保険料が安いですが、 保険料が安い割には事故対応や顧客対応がしっかりしていると思います。 保険金の不払いなど、「最悪」「使えない」と言われるような評判は無いようです。 事故対応や顧客対応、ロードサービスに対する評価自体は高く、評判もいいようです。 評判や口コミも気になると思いますが、自動車保険を選ぶときは、評判だけでなく補償内容もしっかり確認するようにしましょう。 アクサダイレクトは無料でロードサービスが付帯します。 「 AXAプレミアムロードサービス」と呼ばれています。 AXAプレミアムロードサービスの拠点は、全国に 10,300か所もあり、素早い対応が期待できそうです。 さらに、AXAプレミアムロードサービスの事故対応は、 24時間365日で、いつでも事故対応をしてくれます。 AXAプレミアムロードサービスの内容は、• ロードサイドサービス(バッテリー交換・ガス欠時燃料補給・スぺアタイヤ交換作業など)• レッカーサービス• 修理後車両搬送・引取り費用サービス• 宿泊・帰宅費用サービス• ペット宿泊費用サービス など様々なサービスがあり、基本無料で受けることができるとてもお得なサービスになります。 さらにアクサダイレクトの自動車保険を継続し、2年目以降になると玄関鍵開けサービスなども受けることができるようになります。 アクサダイレクトのロードサービスは対応が早いと評判もいいようです。 特に、 宿泊・帰宅費用やペットの宿泊費用を負担してくれるサービスは、行っていない保険会社もあるので、自動車の任意保険を選ぶ際の一つのポイントになるのではないでしょうか。 ちなみにロードサービスを利用しても、 翌年の等級には影響がないので、安心して利用してください。 AXAパイロットガレージはアクサダイレクトの特徴的なサービスの一つになります。 名前を聞いただけではどのようなサービスなのか、ちょっとよく分からない方もいるのではないでしょうか。 AXAパイロットガレージというのは、アクサダイレクトの 指定修理工場になります。 アクサダイレクトが独自に設定した厳しい基準をクリアした修理工場で、優良修理工場になります。 事故などで車の修理が必要になった場合、アクサダイレクトではまずこのAXAパイロットガレージの紹介を行います。 もちろん、自分で選んだ修理工場に持ち込むこともできますが、AXAパイロットガレージを利用することで、独自の サービスや 特典を受けることができます。 AXAパイロットガレージを利用する際のサービスや特典としては、• 無料引取り• 無料代車• クリーニング無料• 無料納車• 修理費の割引• ワンオーナー永久保証 などが挙げられます。 AXAパイロットガレージのサービスを受けるには、事前にアクサダイレクトへの連絡が必要になりますが、 車両保険に入っていなくてもサービスを受けることができます。 AXAパイロットガレージの修理工場は、全国に963か所もあるそうです。 さらにAXAパイロットガレージでは、 ガラス交換業者紹介サービスも行っています。 ガラスの交換を自宅や指定した場所で行ってくれるサービスになるようで、忙しい方にはぴったりのサービスになります。 ダイレクト型の自動車保険は、 基本補償と自由に選べる 追加補償があり、一人一人が自由に組み合わせられるようになっていることがほとんどです。 アクサダイレクトの自動車保険では、 基本補償と えらべる基本補償、そして 追加補償に分かれています。 基本補償は• 対人賠償保険• 対物賠償保険• 自損事故保険• 無保険車傷害保険 の4つになります。 えらべる基本補償は• 人身傷害補償特約• 搭乗者傷害保険• 車両保険 の3つになります。 さらに選べる追加補償として、• 対物全損時修理差額費用補償特約• 弁護士費用等補償特約• アクサ安心プラス• 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約• ファミリーバイク特約 の5つになります。 自動車保険には特約として 個人賠償責任特 約というものがあることが多いのですが、アクサダイレクトでは アクサ安心プラスの中の一部になっており、単独で付帯することはできません。 ソニー損保も基本補償にオプション補償をつけて行くタイプの自動車保険になります。 ソニー損保の基本補償としては、• 対人賠償保険• 対物賠償保険• 人身傷害• 無保険車傷害 になるようです。 さらに、オプション補償として、• 搭乗者傷害• 車両保険• 弁護士特約• 個人賠償特約• おりても特約• ファミリーバイク特約 などがあります。 ソニー損保では 基本補償の中でもさらに補償タイプを選ぶことができるため、プラン作成の 自由度はソニー損保の方が高くなります。 また、アクサダイレクトとソニー損保は両方ともロードサービスが無料で付いてきます。 ロードサービスの内容自体は両者とも似ており、拠点数がアクサダイレクトは 10,300か所、ソニー損保が 9,700か所と、アクサダイレクトの方が多くなります。 サービスの大きな違いとしては、ソニー損保は セコム事故現場駆けつけサービスがあるということになります。 事故を起こして不安な気持ちになる方がほとんどだと思いますが、セコムが駆けつけてくれ、いろいろとサポートをしてくれるので安心です。 いかがでしたでしょうか?ここではアクサダイレクトの自動車保険に対する口コミや評判についてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• アクサダイレクトの自動車保険の事故対応・顧客対応の評判は基本的に良い• アクサダイレクトの特徴は、AXAプレミアムロードサービス・AXAパイロットガレージ・ダイレクト型のみ• アクサダイレクトとソニー損保の保険料は、ソニー損保の方が安い• アクサダイレクトとソニー損保のサービスの違いは、ソニー損保は事故現場にセコムを呼ぶことができる• ダイレクト型と代理店型の自動車保険のメリット・デメリットについて になります。 アクサダイレクトはCMも多く流れ、ダイレクト型の自動車保険の中でかなり有名な保険になります。 気になっている場合、一度他のダイレクト自動車保険も一緒に見積もりが行える、一括見積サービスを利用してみてもいいかもしれません。 ダイレクト型の自動車保険を選ぶ際は口コミや評判が気になるかと思います。 しかし、口コミや評判だけでなく、しっかりと自分自身で補償内容などを確かめてから加入するようにしましょう。 ほけんROOMでは他にも自動車に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の

ソニー損保かアクサダイレクトか?迷ったらこっちがおすすめ!自動車保険選びの5つのポイントを詳しく解説!

アクサダイレクトとソニー損保

ソニー損保とアクサダイレクトといえば、ダイレクト保険の中でも常に人気上位に位置している代表的な自動車保険会社です。 保険料においても両者は同等の設定になっているパターンが多く、自動車保険選びの最終候補としてこの二社を残す方もたくさんいらっしゃいます。 しかし比較すると甲乙つけがたい部分が多いためどちらを選ぶか迷ってしまいます。 ソニー損保はご存知ソニーが母体となっていますので、その大手企業による安心感というものは非常に大きく、決め手となるポイントかもしれません。 またアクサダイレクトの方は外資系ではありますが、現在は認可を受けて日本の損害保険会社として運営を続けている保険会社ですので、こちらも不安はないといってよいでしょう。 各所での自動車保険に対する口コミなどでも、ソニー損保とアクサダイレクトはお互い好評価を得ていることが多く、オペレーターなどの対応をはじめ、事故後の処理や対応も良かったという声が多いのです。 もっとも批判的な意見もあるのは事実ですが、それもどちらも同じくらいの数で、そうした批判は必ずどの保険会社にもあるものですからあまり参考にならない場合が多いのです。 どちらかというと好評価をされている口コミ等の内容、どうして良いのかといった部分を重視したほうが、より保険選びの参考になるのは間違いないでしょう。 このようにいくつかの保険会社を比較してみて、どちらにした方がよいのかということで迷ってしまった場合には、インターネットでの自動車保険一括見積もりを利用してみるのが効果的です。 いずれにしろ最終的には、候補としている保険会社の見積もりを取る必要がありますので、その前に一度は各保険会社の見積もりを見て比較検討しておく、というのも失敗しない保険選びの重要ポイントです。 一括見積もりでは必要な情報を入力すればすぐに、複数の保険会社の見積もりを申し込むことができますので、いろんなところと比較して良い条件のところを見つけたいという場合にはとても役に立ちます。 現在アクサダイレクトとソニー損保で迷っている、という場合でもその両者の見積もりはもちろん、他社の見積もりも判りますからさらに視野を広げて検討することが可能になってきます。 それまでは上記の二社に絞ったつもりでいても、複数見積もりを見ることで考えが変わってくるかもしれません。 まずは保険会社の比較をしてみることが、満足できる保険会社の選び方の第一歩となります。

次の

自動車保険ランキング

アクサダイレクトとソニー損保

自動車保険はソニー損保かアクサダイレクトかどっちがおすすめ? 1-1. 保険会社の中には、不要な特約を勧めてくるような会社もありますが、ソニー損保は本当に必要なものだけを揃えたシンプルなプランを薦められますので、その点も良心的であると言えるでしょう。 ホームページ上の文字も大きめで、イラストによる説明なども多く取り入れられていますので、「インターネットは苦手」という方にも易しい仕様になっています。 つまり、「これは必要ないかな…」と思うものに関しては、補償自体を省く事も出来るというわけです。 これにより、大きく保険料を抑える事も可能ですし、補償内容をさらに充実させる事も可能なんですね。 初心者におすすめの保険でもありますが、自由度の高さは保険上級者も納得といったところでしょう。 1-2. 特に、「元々の保険料が高くて困っていた」「見積もりを出すと、どこも保険料が高くなってしまう」という方におすすめです。 アクサダイレクトの割引システムは、保険料が高いほど割引率も高く、最大で20,000円の割引を受けられます。 元々保険料が安い場合には、他社の方がリーズナブルになってしまう事もありますが、見積もりを出して比較してみる価値はあるかと思いますね。 全国9,385箇所のロードサービス拠点があり、僻地のような場所でトラブルがあってもすぐに対応してくれるという安心感は嬉しいですよね。 他社からアクサダイレクトに切り替えられた方の満足度が高いのは、このあたりのサービスの充実度が大きな理由ともされています。 ・過去に事故を起こした経験が無い人 事故を起こすと、手続きのために何度か保険会社と連絡を取り合う必要があるわけですが、連絡するたびに担当者が違ったりする事もあり、手続きが円滑に進まないというケースがあります。 そういった際に、きちんと最後まで手続きを行ってくれる専任チームの存在は、非常に頼りになる存在であると言えるでしょう。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【評判・口コミ】の違いは? 2-1. 情報量は多いのに、イラストを交えて分かりやすく説明されている。 リンクの行き先が分かりやすいので、スムーズに見積もりまで進める。 契約後の手続き方法なども書かれているのが嬉しい。 また、事故対応に関しては、担当者の方が親身になってスムーズに解決出来たという声が多く見られ、満足度の高さが伺えます。 2-2. 「無料のAXAプレミアムロードサービス」「納得のグッドプライス」など安さへのアプローチが分かりやすい。 インターネット割引の安さ、見積もりの保険料の安さで決めました。 他社と比べた時に、同等の内容で一番保険料が安かった。 多かった口コミは上記のような内容で、ロードサービスの迅速さについての口コミも多く寄せられていました。 アクサダイレクトを選んでいる客層としては、「普段そんなに車に乗らないけど、いざという時のために保険は入っておきたい」という方の割合が多いようです。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【保険料】の違いは? 3-1. インターネット割引や、ペーパーレス割引も含めての金額が上記となりますので、少々割高な結果に感じられます。 3-2. ソニー損保の見積もりと比べますと距離の条件などの差異がありますし、細かい年齢や居住地域などによっても保険料が違ってきますので、全くの同条件で比べた場合、もう少し近い数字にはなるかと思います。 しかし、それらを加味した上でも、保険料の点ではアクサダイレクトの方が安価に収められるように感じられます。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【補償内容】の違いは? 4-1. 対物修理超過費用は、事故を起こしてしまった際に、相手の損害が対物補償の範囲を上回ってしまった場合に受けられる補償で、これがある事によって示談交渉がスムーズに行えるというメリットがあります。 アクサダイレクトは、対物修理超過費用を特約として設けていますが、セットに含まれている方が安心感は高いと言えるでしょう。 4-2. アクサダイレクトの補償内容 アクサダイレクトの補償内容の特徴としては、事故の際に自分や相手だけではなく、同乗者まで補償される特約が存在する事です。 自動車事故を原因とする怪我の治療、手術などに掛かる費用の補償はもちろん、携行品やペットに関する補償など、様々なケースに合わせた補償を受けられるのがアクサダイレクトのメリットであると言えるでしょう。 災害時に車が全損してしまった場合にも、50万円の一時金が補償されるなど、ソニー損保とは違った特徴を持っています。 特にペットに対しての補償が手厚いのは、アクサダイレクトならではと言えます。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【事故対応・ロードサービス】の違いは? 5-1. 両者共に指定工場までの牽引は無制限ですが、修理工場を指定する場合、ソニー損保は最大150km、アクサダイレクトは35kmとなっており、ソニー損保の方が大幅に優位となっています。 事故対応のみをクローズアップしますと、口コミから伺えるスタッフの対応、対物修理超過費用の補償がある事を加味して、こちらもソニー損保が優位であると言えるでしょう。 5-2. アクサダイレクトの事故対応・ロードサービス アクサダイレクトのロードサービスで優れている点は、やはり9,385件のサービス拠点を持っている事でしょう。 これによって、事故を含むトラブルに対して迅速に対応する事が出来ます。 細かい点でソニー損保と比較してみますと、鍵の閉じ込みについての補償に関して、ソニー損保は「イモビライザー無しの開錠に限る」となっていますが、アクサダイレクトは「イモビライザー付きの鍵も対応可能な場合もある」となっており、この点においてはアクサダイレクトの方が優位であると言えるでしょう。 また、走行中や事故などによってスペアタイヤに交換する際に関しても、ソニー損保がタイヤの交換のみの対応に対し、アクサダイレクトは交換だけではなく、タイヤの点検も同時に行なってもらえますので、その点でもソニー損保との違いがありますね。 実際に事故を起こすと、保険会社に連絡した後に「あれからどうなっているんだろう?」と不安になる方も多いかと思いますので、このサービスにおいては非常に有効であると言えるでしょう。 自動車保険の選び方まとめ 自動車保険の大手2社を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。 例えば、今回の記事では保険料はアクサダイレクトの方が安い結果になりましたが、保険料も年々変動するものですので、翌年にはアクサダイレクトの方が高くなっているという事も考えられるわけですね。 自動車保険のパンフレットを見るだけでは目に付かない部分も多いかと思いますので、この比較が読者様の保険選びに少しでも役立てば幸いです。 自動車保険はロードサービスや事故対応のの評判が気になりつつも、 やっぱり決め手になるのは保険料の安さです。 もし、できるだけ安く抑えたいならしてみましょう! 保険料はどこの会社もそこまで変わらないと思われているかもしれませんが、同じサービス内容でも会社によって 平均35,000円近く安くなることもあり、 5万円以上安くなったという方もいます。 同じサービス内容なのに値段がここまで変わるのかと驚かれることでしょう。 さらに、 補償内容を見直せば数万円単位でグンと安くなることもあります。 ロードサービスや事故対応の評判が気になるのであれば、保険料を比較した上で安い会社から評判を調べると、調べる手間が少なくなるのでおすすめです。

次の