年末の挨拶 メール。 年末の挨拶文例:ビジネスの基本マナーについて【まとめ】

年末年始の挨拶メール術 〜コピペして使えるメール文例〜

年末の挨拶 メール

社会人として仕事をしている上で、ビジネスマナーは絶対に欠かせません。 ビジネスマナーと一口に言っても、敬語の使い方から始まり、メール、接客・電話応対、名刺の渡し方、挨拶の仕方など様々です。 ビジネスマナーがしっかりしていないと、上司や取引先の相手、同僚にも良い印象は与えられません。 相手に迷惑や不快な気持ちを与えないためにも、ビジネスマナーについては心得ておきましょう。 年末の挨拶メールは社長や取引先相手などに書く必要がある 当然、忙しいを理由にビジネスマナーをおろそかにしてはなりません。 特に、12月に入り、年末年始にかけてどの企業も忙しくなるでしょう。 しかし、それを理由に年末の挨拶メールを書かない・適当に済ませるなどは決してしてはいけません。 年末の挨拶メールは、自社そして取引先の相手に書くことになります。 自社といえども適当な年末の挨拶のメールを送るわけにもいかないですし、取引先に至ってはきちんと書かなければ、その後の会社同士の関係に悪影響が出てしまう可能性すらあるのです。 ビジネスマナーに則った、年末の挨拶メールのポイントや注意点を知っておく必要があります。 自社へ年末の挨拶メールを送るタイミングは仕事納め日で良い 多くの企業の仕事納めは、クリスマスが過ぎた大体28日~30日の間からが多いでしょう。 自社の場合は仕事納めの日に送れば良いですが、取引先へのビジネスマナーに則った年末の挨拶メールを送るタイミングとしては、クリスマスが終わった直後ぐらいが良いです。 あまりに早く送りすぎてしまうのもおかしいですし、年末ギリギリに送っても見てもらえない可能性があります。 そして、取引先相手への年末の挨拶メールに、以下の内容は必ず記載しましょう。 ・件名 ・メールの宛先の名前 ・本文 ・休業期間 ・年始の営業開始の日付 これらを書かずして、年末の挨拶メールを送る意味はありませんので、漏れ・失礼がないように確認しながら書いていきましょう。 年末の挨拶メール紹介【例文】 自社に年末の挨拶メールを送る場合は、明確な書式があるわけではありませんので、失礼のないように感謝の気持ちや仕事に関することを述べましょう。 取引先の場合は、上記の通り、記載すべき内容を盛り込んだ上で締めの挨拶まできちんと書く必要があります。 それぞれのパターンについて例文をみていきましょう。 今年も残すところあと僅かとなり 何かとご多忙の日々を送られていることと存じます。 貴社におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 それと共に、今年一年大変お世話になり、厚くお礼を申し上げます。 尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りになります。 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 年末の挨拶メールでは自社と取引先とで内容・送るタイミングを分けて例文を参考にしよう ここまで、ビジネスマナーに則った年末の挨拶メールのポイントや例文を紹介してきましたが、いかがでしたか。 メールでは相手の顔が見えない分、言葉の選択、構成、正確な情報が必要です。 一歩間違えれば誤解を生んでしまい、ややこしい問題に発展する場合もあります。 しかし、ビジネスマナーに則った年末の挨拶メールを送れば、お互い気持ちの良い締めくくりと年始を迎えることができるでしょう。

次の

挨拶メールのポイントって?初めての相手に送るメール文例を徹底解説

年末の挨拶 メール

はじめに 皆さんも年末になると、顧客や取引先など、社外の方に年末のご挨拶メールを送る機会があると思います。 また、実際に会って、年末のご挨拶をすることも多いと思いますが、お世話になった社外の方への年末のご挨拶メールは、ビジネスにおいては不可欠です。 そこで、今回は、社外の方に向けた「年末のご挨拶メール」のポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」を書く際のポイントは、大きくは以下の3点です。 ・メール件名 ・メール本文 ・メールを送るタイミング 次からそれぞれのポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール「件名」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の一つ目のポイントは「 メール件名」です。 年末のご挨拶メールにおける「件名」は、 シンプルで分かりやすい「件名」にすることがポイントとなります。 年末のご挨拶メール「本文」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の二つ目のポイントは「 メール本文」です。 年末のご挨拶メールにおける「本文」は、年末で忙しく、かつ、数多くメールを受信するであろう相手を考慮し、 長文は避けて用件を簡潔に記載することがポイントとなります。 また、年末のご挨拶メールには、自分の会社の 年末年始の営業予定などを入れることもポイントとなります。 年末のご挨拶メールを送るタイミング! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の三つ目のポイントは「 メールを送るタイミング」です。 年末のご挨拶メールを送るタイミングは、 年内最後の出社日より前に送ることがポイントとなります。 その理由は、年内最後の出社日は、相手側も何かと忙しいことと、ぎりぎりに送ってしまうと、せっかく送った年末のご挨拶メールを読んでもらえないという可能性もあるため、 遅くても年内最後の出社日の2日~3日前には送っておくことをおすすめします。 そういう意味では、クリスマス頃からメールを出し始めるのが良いです。 また、可能であれば、 事前に相手の方の年内最後の出社日を確認しておくことにより、確実に年末のご挨拶メールを送ることができます。 ちなみに、 2020年については、12月29日(火)前後が仕事納めという方がほとんどだと思いますが、年末のご挨拶メールの送受信としては12月25日~12月29日(特に12月28日)がピークになると思われます。 年末のご挨拶メールの「例文」! 上記で説明した年末のご挨拶メールのポイントを踏まえて、下記に社外向けの年末のご挨拶メールの例文を記載します。 本年は大変お世話になりました。 本年は佐藤様のご支援により、円滑にプロジェクトを進めることができ大変感謝しております。 また、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 なお、弊社の年内の営業は12月29日までとなり、新年は1月4日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧をお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 このように、シンプルで分かりやすい「件名」、長文を避けて用件を簡潔に記載した「本文」にすることがポイントです。 それは、年末のご挨拶メールは、同じような内容を色んな社外の方にまとめて送ることが多いと思います。 そのため、 宛先、件名、本文の内容を間違わないように!注意が必要です。 最後に 年末の後に、すぐに年始が始まりますが、あくまでも年末のご挨拶メールと年始のご挨拶メールは切り離して、重要な顧客や取引先、お世話になった社外の方には年末のご挨拶メールを出しておくことをおすすめします。

次の

先方が「おっ」と目を引く、年末の挨拶メールの書き方・注意点:社内・社外・取引先向け

年末の挨拶 メール

最近では虚礼廃止や経費節減などの観点から、年賀状を送らない会社が増えています。 それに伴い、ビジネスシーンにおいて年末の挨拶をメールで済ませるケースも珍しいことではなくなりました。 しかし、基本的な構成やメールを送るタイミング、取引先から先に挨拶メールが来たときの返信の書き方など、実はよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。 年末の挨拶メールは、ビジネスにおいて重要な位置づけになりうるものです。 相手に好印象を与えられる文章を送ることで、新年のおつきあいがスムーズに展開するかもしれません。 今回は、取引先やお客様に挨拶メールを送る場合に気をつけるべき点や、内容について、文例とともにご紹介します。 ぜひ書き方の参考にご活用ください。 社外の方へ年末の挨拶メールを送る場合、時候の挨拶、そして一年間のお礼、健康や繁栄への気づかい、来年に向けてのメッセージを入れるのが一般的です。 基本的なマナーを守ることは大切ですが、あまりに堅苦しいメールだと反対に相手が困惑してしまうかもしれません。 一年の締めくくりとして、その年のおつきあいに対する感謝の気持ちを素直に伝えましょう。 なお、宛先を「お取引先各位」などとして、複数名に同じ内容のメールを一斉送信すると、先方に事務的な印象を与えてしまいます。 また、社会人として当たり前のことですが、敬語や丁寧語をきちんと使いましょう。 普段何気なく使いがちな「良いお年を」といった言葉も「良いお年をお迎えください」と略さずに書きます。 送信する前には、誤字脱字がないか、変換ミスがないか、しっかり確認してください。 いよいよ年の瀬も迫り、 お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 来る年もさらなるサービス向上を目指し、 より一層の努力をしてまいりますので、 変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の営業日についてご案内申し上げます。 向寒の折から、お体を大切に、 どうぞ良いお年をお迎えください。 今年も残すところあとわずかとなりました。 本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。 来年もスタッフ一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。 なお、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。 年末年始休業 2018年12月30日(日)~2019年1月3日(木)まで 休業中のお問い合せにつきましては、 2019年1月4日(金)以降に対応させていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 明くる年も変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、 年末のご挨拶とさせていただきます。 ご多忙にも関わらず、 ご丁寧に年末のご挨拶をいただき誠に恐れ入ります。 本年のご愛顧に心より感謝いたしますと共に 来年も変わることなくお付き合い下さいますよう よろしくお願い申し上げます。 なお、弊社の本年度の営業は、 12月28日(金)17時をもって終了となります。 年明けは1月4日(金)9時より営業を開始致します。 ご迷惑をおかけいたしますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 今年も残り少なくなりました。 (メール署名) 時代の流れとともに年賀状を廃止する会社が増えてきましたが、ビジネスにおける信頼関係を築くために年末年始の挨拶が重要なことには変わりません。 年末の挨拶メールを送る際には、基本的なマナーを守りつつ、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。 今回ご紹介したのは、ほんの一例です。 これらを参考に、あなたらしい文章を作成してください。 デジタル派が増えてきたとはいえ、まだまだ年賀ハガキの人気も根強いのが事実です。 相手によっては、臨機応変に対応する必要があるでしょう。 『』ではビジネスシーンをはじめいろいろなシーンで使える年賀状テンプレートを豊富にご用意しています。 こちらもぜひご活用ください。

次の