ライオン 3d。 Google検索のARで出せる実物大動物の種類は?3D動物園を作る方法は?

ライオン・キング ディズニーデジタル3D : 作品情報

ライオン 3d

A post shared by jonfavreau on Jul 26, 2019 at 12:31pm PDT 「『ライオン・キング』で唯一の実写です。 アニメーターとCGアーティストは1490ものレンダーショットを作りました。 僕はその中にアフリカで撮影した1ショットを紛れ込ませました。 誰か気付くかと思って。 これは『サークル・オブ・ライフ』の最初のショットです。 」 見覚えある絵ですね。 ええ、あの「 ンナァーツィゴェンニャー 」の部分で見る美しいアフリカの大地を照らす朝日です。 1ショットだけ実写という話を聞いた時、それが動物を含まない背景オンリーのものだとは思っていましたが、まさかここだとは。 というか、 アフリカの日の出って本当にこんなにドラマティックなんですね…。 そりゃ、みんな本物を見たがるわ。 私もいつか行って自分の目で見てみたい。 その時の答えを抜粋して紹介します。 「難しいですね。 というのもどちらとも違うから。 あなたの基準によって答えは変わると思います。 本物の動物も本物のカメラも使っていませんし、現実世界で撮ったデータから得た本物の演技も中に入れていません。 全てアーティストの手によるものです。 でも、それをアニメーションかと聞かれたら、アニメーションだと期待して劇場に行った人にとっては違って見えるでしょう。 」 一足早く試写会で鑑賞しましたが、超実写版『ライオン・キング』はとても不思議な作品でした。 ファヴロー監督に単独インタビューした際、「ドキュメンタリータッチの『ライオン・キング』を目指した」と言っていましたが、まさにそんな感じ。 ナレーションもセリフも動物たちが担当している『ダーウィンが来た!』のような感じで、これまでのディズニー実写とも違うおもしろさがありました。 超実写版『ライオン・キング』は8月9日公開です。 Source:• Tags :•

次の

3Dプリンター導入事例|消費財分野:ライオン株式会社様

ライオン 3d

〈超実写版〉という言葉の通り、そこにはアニメーションも実写も超えた新しい世界が待っていました! リアルに動物達が演じているのではないか!? と思わず錯覚してしまうほど、細部にまで作り手のこだわりを感じる完璧な映像技術。 アフリカの大草原をイメージした美しいミュージカルナンバーの数々が映像に華を添え、歌姫ビヨンセの熱い歌声にも心を打たれました。 『ライオンキング』の物語はそのままに、多くの ドキュメンタリー要素が加わった印象。 動物達が繰り広げるどこか切なく重たい空気感を醸し出しながらも、プンバァとティモンが登場してからは空気が一変。 All Rights Reserved. ライオンといえば、MGMスタジオ「レオ・ザ・ライオン」の一件を思い出しました。 映画が始まる前にライオンが凄まじく吠えるロゴ、ご存知の方も多いと思います。 数年前、モノクロ写真におさめられた1924年当時の撮影方法が話題となりました。 CG技術もなければ高性能のカメラも無い時代、ライオンとの距離は1mほど。 まさに、命がけの撮影です。 当時の人々に、本作『ライオンキング』を見せることが出来たとしたら、どのような反応をするのでしょう…。 笑 そんなことを考えれば考えるほど、映像技術の進化を見に染みて感じます。 シアター選びこそ、映画を更に楽しむコツ! 最近のマイブームは、映画作品によってシアターを選択すること。 大画面で楽しみたい時はIMAX、動きが欲しい時は4DXやMX4D、音にこだわりたい時はドルビーアトモス、声を出したい時は応援上映…など。 特にIMAXは個人的に大好きでこれまでに何度も足を運んできましたが、本作『ライオンキング』は 断トツでNo. 1です! 今回のシアター 109シネマズ 大阪エキスポシティ が特別なこともありますが、厳選されたミュージカルシーンが 1. 43:1の画角まで拡大されていて、 ビル6階分のスクリーン全体を埋め尽くしていたのですから…それはもう圧巻でした。 お近くに劇場がある方は、是非 IMAXで。 大きなスクリーンを見ながら「今から作品をご覧になる皆さんが本当に羨ましい!」と何度も口にされていた賀来さん。 3D上映を体験された門山さんは、「動物たちが飛び出してくるので楽しい!」と大絶賛。 またRIRIさんは、開催場所の大阪について「いつも温かく迎えてくださるので、嬉しい!」とコメント。 今回は更なる最先端VR技術を駆使し、感動の映像体験へと誘ってくれます。 動物の動きはリファレス(参考資料)からシーンに合う自然な行動を引き出して集めたそう。 ディズニーのテーマパーク「アニマル・キングダム」にも足を運んだとのこと!• 作品データ.

次の

ライオン・キング ディズニーデジタル3D : 作品情報

ライオン 3d

3Dプリンターで髪の毛を再現する…という話はからありました。 でも、今回はひと味ちがいますよ。 ユーチューバーの(和訳:3Dプリントオタク)さんが完成させたのは、上の画像のとおり、ふさふさな毛並みまで3Dプリントで再現したライオン。 作り方はちょっと特殊です。 3Dプリントが終わった時点では、ライオンの体がプラスチックの毛を支える円柱の型に包まれた状態。 これをナイフで切り抜いていくと、今度は直毛のライオンが登場。 そしてここから ドライヤーをあてていくと、ふさふさのヘアセットが完成するのです。 3Dプリントは熱で溶ける樹脂フィラメントを使って成形するので、この性質に着目してドライヤーの熱で髪を再現しました。 特に青いライオンは約30cmもあり、「もしかすると世界一大きなプラスチック製ライオンかもしれない」と紹介されています。 それ相応にドライヤーをかける時間も長いですが…。 また3Dプリント中に、おしりの辺りに少々不具合があったと繰り返し話していますが、出来上がると目立たず、見事に完成しているのがわかります。 ライオンのプラスチック製オブジェも十分良いのですが、やっぱりこの手法をもっと実用的なものに活かしたい…とすると、みなさんはどんなアイデアが思い浮かびますか? たとえば、同じようなプロセスで着用者の頭のサイズにフィットするものをつくれば、カツラやウィッグを3Dプリンタでつくるなんていうのも、そう遠い未来の話ではなくなりそうです。 今回のプラスチック製ライオンの3Dデータは、からダウンロードできます。 ・ ・ image: source: via Andrew Liszewski - Gizmodo US [] (Rina Fukazu)• Tags :•

次の