おもちゃ 屋 ケン ちゃん。 AV史に残る伝説の裏ビデオ 『洗濯屋ケンちゃん』 13万本が流通し、12億円を売り上げた

ケンちゃんシリーズ

おもちゃ 屋 ケン ちゃん

5ch. この名作が果たした役割を、AVライターの沢木毅彦氏がレポートする。 * * * 日本初のアダルトビデオは1981年の『OLワレメ白書・熟した秘園』と『ビニ本の女・秘奥覗き』の2作だが、 AVの大衆化に大きな役割を果たしたのが1982年に登場した裏ビデオ『洗濯屋ケンちゃん』だ。 1980年当時ビデオデッキは1台20万〜30万円で、家庭への普及率はわずか1%。 そんな中で『洗濯屋ケンちゃん』は街の家電屋がビデオデッキ購入者のオマケとしたため、 デッキの売り上げが急増した。 同作品は、夫婦の性生活のマンネリ打破のアイテムとしても貢献した。 四十路の熟女AV女優・松本まりなは「『洗濯屋ケンちゃん』でセックスを知った。 あれしか身近にお手本がなかった」と自身の10代を振り返る。 同作品は今日まで13万本が流通し、12億円を売り上げたとされる。 net.

次の

カレー屋ケンちゃんを覚えていますか?|子供の頃の記憶が蘇る理由

おもちゃ 屋 ケン ちゃん

概要 [ ] 『』第4作。 本作の舞台は、「カムラ」というケーキ屋(世田谷区豪徳寺に当時実在)。 出演者は前作とほぼ同じだが、が『』以来2年振りに復帰、以後最終作『』までお母さん役を演じる。 トコちゃん役のは本作をもってシリーズを降板、以後は『』(系列)などといった作品に出演する。 また第30話から「お父さんの知人の娘」として、扮する「マコちゃん」がレギュラーに加入、マコちゃんは次作『』で、トコちゃんに代わるケンちゃんの妹になる。 出演者 [ ]• ケンイチ:• トコ:• マコ:• お父さん:• お母さん:• ユミ子:• ハルミ:• ナミダ:• ジャンボ:• 安さん:• おじいさん:• おばあさん:• サブ:丸山久和• メガネ:• モヤシ:• オサム:• コンドル:• 泉竜太(サッカーのコーチ):• 雷先生:• 大石先生:• 三平:• ホラタツ:• お巡りさん:• その他:、、、 ほか スタッフ [ ]• 脚本:、、、、• 監督:、• 助監督:• 撮影技術:• 照明:• 美術:• 音楽:• プロデューサー:• 制作担当:• 現像:• 舞台装置:• 制作:TBS、 主題歌 [ ] 「ケーキ屋ケンちゃん」• 作詞:多地映一/作編曲:/歌:宮脇康之 各話リスト [ ]• 第1話(1972年3月9日) ボクンちケーキ屋でース• 第2話(1972年3月16日) これが新型ケーキだ• 第3話(1972年3月23日) ケーキとカレーライス• 第4話(1972年3月30日) ひみつのプレゼント• 第5話(1972年4月6日) 大きな兄妹と小さな兄妹• 第6話(1972年4月13日) 夢いっぱいの二人• 第7話(1972年4月20日) 竹馬とサッカー• 第8話(1972年4月27日) ひとりぼっちのナミダ君• 第9話(1972年5月4日) 迷いこんで来たチビと子犬• 第10話(1972年5月11日) ナミダ君のケーキ• 第11話(1972年5月18日) 根性・三つの誓い• 第12話(1972年5月25日) わすれていた約束• 第13話(1972年6月1日) 帰って来たジャンボ君• 第14話(1972年6月8日) ボクたちの青空楽団• 第15話(1972年6月15日) ママゴン作戦• 第16話(1972年6月22日) ケンちゃんの友情試合• 第17話(1972年6月29日) 気のいい仲間たち• 第18話(1972年7月6日) 天使のスカーフ• 第19話(1972年7月13日) ミニミニ探検旅行• 第20話(1972年7月20日) おかしなおかしな手紙• 第21話(1972年7月27日) きんぎょとお巡りさん• 第22話(1972年8月3日) チョウのおんがえし• 第23話(1972年8月10日) チビッコ騎士道• 第24話(1972年8月17日) よかったね!ユミ子姉ちゃん• 第25話(1972年8月24日) オトナになりたい• 第26話(1972年8月31日) おばあちゃんのダイビング• 第27話(1972年9月7日) トコちゃんのヒミツ• 第28話(1972年9月14日) D51とおみこし 第一部• 第29話(1972年9月21日) D51とおみこし 第二部• 第30話(1972年9月28日) マコちゃんがやって来た• 第31話(1972年10月5日) ケンちゃんのウサギ騒動• 第32話(1972年10月12日) 遠くから来た少女• 第33話(1972年10月19日) 帰って来た青空楽団• 第34話(1972年10月26日) ボクたちの冒険旅行• 第35話(1972年11月2日) 人形部隊の大攻撃• 第36話(1972年11月9日) おばあさんのトンチ教室• 第37話(1972年11月16日) 健一は男でござる• 第38話(1972年11月23日) マコちゃんの電話• 第39話(1972年11月30日) シュークリームじいさん• 第40話(1972年12月7日) これがサッカーだ!• 第41話(1972年12月14日) ゴンタをやっつけろ!• 第42話(1972年12月21日) ごめんね!マコちゃん• 第43話(1972年12月28日) ケンちゃんの餅つき• 第44話(1973年1月4日) ケンちゃんの子猫騒動• 第45話(1973年1月11日) 返さなかった本• 第46話(1973年1月18日) チビッコ探偵団• 第47話(1973年1月25日) おじいちゃんの似顔絵• 第48話(1973年2月1日) お巡りさんはお人よし• 第49話(1973年2月8日) おにいちゃん・ありがとう• 第50話(1973年2月15日) マコちゃんのママよ• 第51話(1973年2月22日) 那須であった女の子• 第52話(1973年3月1日) お父さんバンザイ! 放送局 [ ].

次の

ケーキ屋ケンちゃん

おもちゃ 屋 ケン ちゃん

概要 [ ] からにかけて放送された チャコちゃんシリーズに続いて放送された。 主に幼児から小学生、およびその家族向けに作られた。 制作は。 1976年頃まで「こども劇場」と冠がついていた。 放送時間は基本的に毎週木曜日の19:30 - 20:00であった。 なお、「チャコちゃんシリーズ」開始前の1960年代中ごろに、アメリカの「 ()」が放送されるなど、この枠は歴史的にも子供向け番組の看板枠だった。 内容は、東京近郊の自営業者の家庭(「ケンちゃんトコちゃん」のみサラリーマン家庭)の子供の生活をほのぼのと描いたものである。 ロケーションは主に国際放映のスタジオのある周辺など、内のの住宅地・商業地で主に行われた。 ただし、ドラマの中で、設定として「東京」以上の具体的な地名が実在・架空にかかわらず出てくることはなく、このロケーション地自体が、ドラマで設定されている舞台かどうかは不明である。 本放送時、TBSの子供向け番組の看板番組的な存在であり、その子役らも人気を博した。 『チャコとケンちゃん』『おもちゃ屋ケンちゃん』など、一時期は劇場用に映画化されたものもある。 1982年のシリーズ終了まで一貫して録画で制作され、VTR収録は用いられなかった。 2010年よりでケンちゃんシリーズが再放送された。 シリーズ一覧 [ ] チャコちゃんシリーズ [ ] 1962年10月15日 - 1963年5月24日放送・全30話=5日1話完結 が演じるチャコちゃんシリーズの第1作。 第4作と共に父親役は四方の実父である、母親も実母が演じた。 この作品のみ、月 - 金の13:00 - 13:30(後の『』の枠)で放送した。 (現:)。 1964年7月16日 - 10月1日放送・全12話 この作品のみ金曜21:00 - 21:30枠で放送。 一社提供。 1965年2月4日 - 1966年1月27日放送・全52話 この作品より、木曜19:30 - 20:00枠で放送。 また、この作品からライオン(当時のライオン油脂・ライオン歯磨)提供。 1966年2月3日 - 1967年3月30日放送・全61話 1967年4月6日 - 1968年3月28日放送・全52話 演じるケンちゃんが初登場。 1968年4月4日 - 1969年3月27日放送・全52話• 作品であるチャコちゃんシリーズのTV版は、これまでに「チャコねえちゃん」のみが株式会社スバックから一部の回のみ収録されたDVD BOXが発売されている(第1話、第5話、第16話、第21話、第23話、第24話、第33話、第38話、第41話、第46話、第49話、最終話の第52話の合計12話分)が、全話分のDVDは発売されていない。 過去に「チャコちゃん」もVHSビデオ版が発売されているが、こちらも一部の回のみ収録されたものであり、全話分は発売されていない。 これまでにCS放送等やチャコちゃん、チャコねえちゃん以外のシリーズのVHSビデオ、DVDソフト化もされていないため、未収録の回のフィルムや他のチャコちゃんシリーズのフィルムの現存は不明である。 ケンちゃんシリーズ [ ] 初代ケンちゃん [ ] 1969年4月3日 - 1970年2月26日放送・全48話 ケンちゃん(設定は小学1年生)の単独出演。 お母さん役で最多出演をすることになるが初登場。 お父さん役は。 ケンイチ - 、お父さん - 前田昌明、お母さん - 岸久美子 1970年3月5日 - 1971年3月4日放送・全52話 チャコちゃんに変わる兄妹設定でトコちゃん()が登場して以降3作連続出演。 しっかり者の妹役としてケンちゃんと名コンビぶりを披露した。 1970年10月1日放送分よりカラー化。 ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 、お母さん - 1971年3月11日 - 1972年3月2日放送・全52話 前作同様ケンちゃんとトコちゃん(設定は小学1年生)兄妹が主人公。 お父さん役としてが初登場。 「久松寿司」を経営する小林家が舞台で、家が(子供の好きなものを扱う小売・飲食業)という設定が今作で始まった。 従業員としてマンガさん(、以降合計4作に役名を変えながら出演)らユニークなが登場するようになる。 他にもおじいさん役で名優が出演、ケンちゃんの柔道のコーチの三五郎(、以降4作連続出演)、小学校の雷先生(、以降3作連続出演)も登場するなどセミレギュラー陣が充実した。 ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 吉行和子 1972年3月9日 - 1973年3月1日放送・全52話 洋菓子店「カムラ」が舞台。 つまり一家の姓は「かむら」。 ケンちゃん、トコちゃん、お父さん役の牟田悌三は前作と同じ。 お母さん役で岸久美子が再登場、以降最終作まで出演する。 牟田と岸は18歳の実年齢差があるが、合計6作で息の合った夫婦役を演じた。 主題歌は「ケンちゃん」役で主演の宮脇康文本人が歌唱した。 ケンイチ - 宮脇康之、トコ - 佐久間まゆみ、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 1973年3月8日 - 1974年2月28日放送・全52話 初めて飲食以外の商店となる玩具店が舞台。 ケンちゃんの妹はトコちゃんから前作でお父さんの知人の子として登場したマコちゃん(永春智子)に交代。 お父さんは牟田悌三が一旦降板し、前田昌明が再出演した。 主題歌は前作に続き宮脇康文本人が歌唱。 ケンイチ - 宮脇康之 妹マコ - 永春智子、お父さん - 前田昌明、お母さん - 岸久美子 1974年3月7日 - 1975年2月27日放送・全52話 家はレストラン「あおぞら」を経営。 宮脇康之演じるケンイチの弟ケンジとしてが初登場。 劇中での呼称はケンイチが「ケンにいちゃん」、ケンジが「ケンちゃん」となる。 以降の3作品ではケンジらが中心となり、ケンイチは彼らを見守ったり助言したりする立場の、実質的には脇役的な存在になる。 お父さん役は牟田悌三が復帰し、以降5作連続出演。 この作品を以てライオン油脂が撤退、『ライオンこども劇場』の枠名が廃止される。 ケンイチ - 宮脇康之、健二 - 岡浩也、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 1975年3月6日 - 1976年2月26日放送・全52話・ネットチェンジのため、近畿広域圏は( - 第4話)から(第5話 - )へ 家は「おゝもり庵」。 長男ケンイチ(宮脇康之)、次男ケンジ(岡浩也、設定は小学1年生)に加えて長女チャコ(:の妹)が登場。 初めて三人兄弟妹となった。 ケンイチは中学生となり、ケンジの小学校の担任・二代目雷先生役でが出演。 スポンサーはライオン歯磨と(現:)に変更。 ケンイチ - 宮脇康之、ケンジ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 1976年3月4日 - 1977年2月24日放送・全52話 「フルーツパーラー山本」が舞台。 三兄弟妹の設定は前回と同様。 ケンイチは本作スタート直後の4月に中学2年生となる設定だが、演じる宮脇の実年齢はひとつ上で、本作終了と同時に中学校卒業となり、本作をもって9年間演じたケンイチ役からも卒業となった。 ケンイチ - 宮脇康之、ケンジ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり 、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 2代目ケンちゃん [ ] 1977年3月3日 - 1978年2月23日放送・全52話 パン屋「ラビットベーカリー」が舞台。 岡浩也が初めてケンイチ役となる。 妹にはチャコ(斎藤ゆかり)、そしていとこのケンタ()が登場。 ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、いとこのケンタ - 佐藤健一、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 1978年3月2日 - 1979年2月22日放送・全52話 牟田悌三がお父さん役を演じる最後のシリーズ。 長男ケンイチ、長女チャコ、次男ケンジの三兄妹弟の設定は「なかよしケンちゃん」まで続く。 スポーツ用品店が舞台だが、店内にはジュースコーナーがある。 本作を以てライオン歯磨が撤退した。 ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、ケンジ - 田村宗正、お父さん - 牟田悌三、お母さん - 岸久美子 1979年3月1日 - 1980年2月28日放送・全52話 お父さん役として(の夫)が登場、以後のシリーズでも演じることになる。 「カレーショップ・ヤマシタ」が舞台。 スポンサーは明治製菓が継続し、新たにが参入した。 ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、ケンジ - 野崎秀吾、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子 1980年3月6日 - 1981年2月26日放送・全52話 ラーメン屋「ファミリーらーめん」が舞台。 チャコ役として新しくが登場。 初代ケンちゃん役の宮脇康之やトコちゃん役で出演していたもゲスト出演。 ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 久米敬子、ケンジ - 野崎秀吾、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子 1981年3月5日 - 1982年2月25日放送・全52話 家はスパゲッティを得意とする洋食屋。 岡浩也の演じるケンイチは中学生となる。 岡浩也はこの作品の途中で声変わりをした関係もあって今作で引退。 なお、その友人が万引きをする設定など、若干青少年問題にも触れる。 主題歌は「なかよしハロー」。 ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 久米敬子、ケンジ - 、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子• 『ケンちゃんシリーズ』のDVDは、にベストフィールド社から全話がHDリマスター版で発売されたが初。 チャコちゃんシリーズ(2) [ ] 1982年3月4日 - 9月30日放送・全26話 1968年4月に制作された作品と同名であるが、 作品ではない完全なオリジナル作品となっている。 事実上、主人公はチャコに交代。 家はフランチャイズではない独立のファストフード店。 久米敬子の演じるチャコ(小学校高学年)と、その弟のケンイチ(幼稚園児)の設定。 これまでの作品と比べドタバタコメディ的な内容が強く、主題歌はロック調である。 これまで安定して確保していた視聴率も低迷する一方となり、チャコちゃんシリーズから続いていたケンちゃんシリーズのドラマがトータルで20年の歴史に幕を閉じた。 チャコ - 久米敬子、ケンイチ - 宮沢公二、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子 劇場版 [ ] 『チャコとケンちゃん』 1969年3月18日公開。 製作国際放映、配給東映。 モノクロ作品。 『』内の一作。 同時上映は『』・『』(第1作)・『』(アニメ第1作)・『』の4本。 『おもちゃ屋ケンちゃん よそではいい子』 1973年8月1日公開。 製作国際放映、配給東宝。 『』内の一作。 同時上映は『』(再映)・『』・『』・『』・『』の5本。 『チャコとケンちゃん』は、にから発売されたDVD「復刻! 東映まんがまつり 1969春」に、同時上映全作品と共に収録されている。 番組の流れ [ ] 『ケンちゃんシリーズ』は、概ねこのパターンで進行する。 映像は、『』()や『』(制作・)同様、実写のが行進したり吠えたりする物だった。 ライオン油脂が撤退した『おそば屋ケンちゃん』からは廃止され、オープニング直後に、ブルーバックに提供名をクレジットした。 店内の場面が映し出され(例外も有り)、ケンちゃんのアップシーンになった時に番組タイトルが映し出されて、オープニングとなる。 オープニング• CM(1)• サブタイトル読み上げは、女性ナレーターがまず番組タイトルを読み上げた後、サブタイトルを読み上げる構成となっている。 CM(2)• ストーリーBパート• ストーリーは、映像がストップモーションになってBGMが出た所で、終わりとなる。 CM(3)• 次回予告• 提供クレジット• ライオン提供時代は、オープニングキャッチと同じ映像を使用していた。 最後の台詞は、『おもちゃ屋ケンちゃん』までは(ケンちゃんと妹)「 バイバーイ、また見てねぇ! 」だったが、『ケンにいちゃん』以降は(ケンちゃん)「 バイバーイ」(弟妹)「 バイバーイ」(全員)「 また見てねぇ! 」となった。 遅れネット局では水曜日19時(末期は週末に放送日移動)から放送していた。 TBS及びTBS系列局では、 本放送期間中に過去の作品の 再放送を行っていた放送局 があった。 また、CSチャンネル・ホームドラマチャンネルでも放送していた事があった。 毎日放送では、「腸捻転」時代に朝日放送にネットされた作品の再放送を行ったことがある。 内容補足 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2011年5月)• 各作品において、兄弟関係の描写を重視している。 ケンちゃんが長男となる設定の作品では、妹のチャコちゃんや弟のケンジちゃんに対して兄として助言したり看病したりするエピソードも多い。 反面弟・妹の設定のものはトラブルメーカーで問題解決能力に欠ける傾向にある [ ]。 各作品の基本的なパターンとして、ケンちゃんやチャコちゃん、あるいはその友人らに何かしらおきるトラブルなどが、友情や兄・父母の助言で解決というパターンが多い。 ケンちゃんの両親や祖父母の役は、それ以前から実績のある俳優が演じており、父親は、母親はが多く演じており、祖母は、、祖父は、などが演じている。 また、巡査役としての『』で子供たちに親しまれていたが出演した。 「」という設定で、主に夏場に・・など全国各地にロケを行っている。 その地域のが登場したり、現地の子供と交流するストーリーも多かった。 オープニングでは、「カレー屋ケンちゃん」の夏季放送分にの「流れるプール」の映像が流れるなど、のが放送されることもあった。 ある作品では、チャコちゃんに父親がなどの戦争体験を語る回があった。 などの映像も流用された。 動機は、チャコちゃんが服にわがままを言ったことに対し、父親が「物のない時代もあった」と語ることから。 「チャコとケンちゃん(第2作)」を除き、常時高視聴率で、よい子向け番組の代表的存在であり「推薦番組」になることも多かった。 基本的に俗悪なシーンは登場しない。 放送時には、並行して(小学一年生 - 六年生)にこのシリーズの物語版も連載されていたが、その中では「」という、いわば的な位置づけが成されており、目次にもその記載があった。 なお版の作画は、圧倒的に竹中きよしが多く、竹中版「ケンちゃん」は小学館学習雑誌の広告にも登場していた。 また、が『ジャンケンケンちゃん』や『ケンちゃんトコちゃん』のコミカライズを担当したこともある。 新作の本放送に平行して、旧作の再放送が、TBS・上述のネット局ともに盛んに行われていた。 TBSではより土曜14:00で『チャコちゃんハーイ! また地方局では他系列の子供番組などとともに平日午後5時台など夕方に放送された例が多い。 新作・旧作とも当時の子供には好まれた。 またシリーズ終了後も、旧作の「なかよしケンちゃん」まで、関東での再放送は3月まで毎週土曜7:00 - 7:30(当初は土曜7:15 - 7:45。 前述の後継)に放送されていた。 後番組には「」が1年間放送された。 関連商品も食器・帽子など多く発売された。 特にライオン提供時代は、ライオンの子供向け練歯磨「ライオンこどもはみがき」にキャラクター商品として発売した事があり、またライオン製品のにケンちゃんが登場した事もあった。 週一体制となった『チャコちゃん社長』以後、番組が休止になったのは、木曜日が『』本戦中継となる大晦日(。 因みに2006年から現在のに)に当たった『ケンちゃんトコちゃん』と『なかよしケンちゃん』、そして正月三が日に木曜日が重なった『カレー屋ケンちゃん』と『ケンちゃんチャコちゃん』程度で、1970年中盤までは木曜日が正月三が日に当たっても通常通り放送する事が多く、『ジャンケンケンちゃん』と『おそば屋ケンちゃん』は元日()でも通常放送された。 また1974年以後、それまで20:00開始だったが19時台に繰り上がっても、TBS木曜は本作と直後のがある関係上、プロ野球中継は編成しなかった ため、プロ野球中継で休止する事は一度もなかった。 DVD化 [ ]• はベストフィールド社から2018年にDVD化された 関連項目 [ ]• - タイトルをもじった()の作品。 もちろん上記の「ケンちゃんシリーズ」の作品との関係は一切ない。 - 漫画雑誌で連載されたの漫画。 これも「ケンちゃんシリーズ」の作品との関係はない。 連載当初は「 ふんどし刑事ケンちゃんチャコちゃん」だったが途中で改題している。 - 主人公の級友に、ケンちゃんチャコちゃんをもじった「道具屋ゲン」と「道具屋チョコ」という兄妹がいる。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の