ロイヤル リムジン グループ。 ロイヤルリムジンは不当解雇?金子健作社長の画像!解雇予告手当は?|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

新型コロナ:ロイヤルリムジン、2労組と雇用継続で一致 :日本経済新聞

ロイヤル リムジン グループ

都内を中心に展開するタクシー会社「ロイヤルリムジン」グループが、新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化のため、グループの従業員約600人を解雇すると報じられ、話題となっています。 同社が出した「ロイヤルリムジングループ社員の皆様へ」と題した紙では、「当社は生き残りをかけ、一旦事業を停止することにしました。 完全復旧した暁には、全員にもう一度集まっていただき、良い会社を作っていきたい」とあります。 今回一斉解雇という選択をした理由については、休ませて休業手当を支払うより、解雇して雇用保険の失業給付を受けたほうがいいと判断したと説明しています。 御仲間からまわってきました。 今回の一斉解雇について、弁護士はどう見ているのでしょうか。 最後の最後まで解雇を避けるのが、使用者の責任だ」と話し、解雇はあくまで最終手段であると強調します。 会社の経営上の理由による人員削減としておこなわれる「整理解雇」の場合、(1)人員削減の必要性、(2)解雇回避努力義務の履行、(3)人選の合理性、(4)手続きの妥当性という4つの要件を満たさないと有効になりません。 そのため、「解雇に納得できない労働者は、労働組合を通じて交渉することもできるし、最終的には裁判や労働審判を申し立てることもできる」と話します。 また、「全員を抱えていくことが無理なら、一定の条件を付けて希望退職を募るなど、全員解雇以外の選択肢はあった。 法律的にも社会的な企業の責任としても、解雇は回避すべきだ」といい、全員解雇以外の方法を模索すべきだと指摘します。 これまでとはフェーズが違う」と今回の一斉解雇をみています。 これには、それぞれの手当や給付の計算方法に理由がありそうです。 休業手当がさかのぼって3ヶ月間に支払われた賃金の総額を期間の総日数で割ったものであるのに対し、雇用保険の失業給付は、退職前6カ月の賃金合計を180日で割った数の5〜8割が給付されます。 実際にどの程度売り上げに変動があったかは分かりませんが、倉重弁護士は「新型コロナウイルスにより、タクシー業界はこの数カ月売り上げが減っているでしょうから、半年で計算する失業給付の方が良いと考えたのではないでしょうか」とみています。 厚生労働省の雇用保険課は、「あくまで一般論」とした上で、「元の会社に戻るということで、別の仕事を探すつもりがない場合、失業状態にあると言えないため失業手当の給付は受けられない。 ハローワークでは原則として、4週間に1度、失業状態にあることの確認をおこなっている」と話します。 こうしたロイヤル社の対応は、「アメリカで一般的におこなわれているレイオフ(一時解雇)の日本版」(倉重弁護士)とも言えそうですが、日本で失業給付を受け取るには、次の仕事を探していることが前提となるということです。 倉重弁護士は、今回の新型コロナ問題は世界的な天災と捉えるべきであり、台風などの災害時に法律にもとづいて適用されるのような対応を国が早期に取るべきだと話します。 これは災害によって事業が休止・廃止となり、一時的に離職した人が、事業再開後の再雇用が予定されていても、失業給付を受給できるものです。 ただ、日本中多くの事業所が失業保険を利用することにした場合、大量の離職が発生し、財源が確保できるかが課題となります。 倉重弁護士は「その意味では東日本大震災における復興特別税のような形で、失業保険を利用することとなった事業所には特別の課税を今後することも検討すべきではないか」と話します。 厚生労働省の雇用保険課は、「雇用保険に関連して、どのような措置が取れるかは広く考えている」と言い、現時点で決まっていることはないと話しました。 国は、休業手当などの一部を助成する「雇用調整助成金」の特例措置を拡充しましたが、中小企業に時間の猶予はありません。 次の「一斉解雇」を出さないためにも、国の柔軟な対応が求められています。

次の

運転手解雇のロイヤルリムジン、グループ会社を再開方針:朝日新聞デジタル

ロイヤル リムジン グループ

2020年4月14日 火 タクシー会社ロイヤルリムジン コロナ口実に退職強要 国制度を活用し雇用守れ 自交総連が要求 新型コロナウイルスの感染拡大を口実に、従業員600人全員を退職に追い込もうとしている東京都内のタクシー会社ロイヤルリムジングループに対し、グループ内の自交総連・目黒自動車交通労働組合(全労連)は、脱法的な退職強要を批判し、雇用を守るよう要求してたたかっています。 (田代正則) (写真)金子社長に説明を求めるタクシー運転者たち=11日、東京都目黒区 ロイヤルリムジン傘下のタクシー運転者たちは7日からネットや報道で「解雇」と流れてきたのをみて、はじめて事態を知りました。 しかし、8日朝の点呼で何も言われず、「全員解雇らしい」「これからどうなる」と不安やうわさがひろがりました。 昼食休憩で同僚から知らされた男性(72)は「大事なことを従業員に何も言わずに決めるなんて許せない」と強調します。 11日、210人が働く目黒自動車交通での会社説明会で金子建作社長は、「解雇」という言葉を避け、「会社都合でやめていただく」と述べ、「退職合意書」にサインするよう指示。 何の保証もなく「11月に営業を再開し、再雇用の声をかける」と言いました。 男性(48)は、「『解雇』という言葉を、間違った形で報道させている。 実態は、退職強要だ」と批判。 目黒自交労組の漆川(しつかわ)麻夫書記長は、「雇用を守る努力もせず、突然、退職を言い出すのは認められない」と指摘します。 ロイヤルリムジンの手法は、判例で確立した「整理解雇の4要件」( 1 人員整理の必要性 2 解雇回避努力 3 人選の合理性 4 労働組合・労働者との協議)に反し、賃金30日分の解雇予告手当すら支払わずに放りだそうとする脱法的なものです。 金子社長は、休業補償より退職して失業給付を受け取る方が有利だと言い訳しました。 しかし、雇用期間が短く給付日数が少ない人や、65歳を超え毎月給付を受けられない人もいます。 個人タクシー開業を目指す運転者は、10年以上の勤務歴などの条件があり、人生設計が壊されます。 自交総連は、雇用調整助成金や、タクシー車両を休ませると点検費用などを削減できる期間限定特例休車を活用し、雇用を維持するよう要求しています。 労働者の声に押された金子社長は、「運行継続が総意であれば切り替える。 話を聞いて最終決断する」と述べ、15日に回答するとしました。 日本共産党の宮本徹衆院議員は10日の厚生労働委員会で、ロイヤルリムジンが解雇回避努力をせず、30人以上離職する場合の「大量雇用変動の届出」もしていないと指摘し、「ルールなき解雇はだめだ」と追及しました。 加藤勝信厚生労働相は「問題事案を把握したら指導する。 まずは雇調金で雇用維持をはかることを説明していく」と答えています。

次の

ロイヤルリムジン・グループ、DiDiモビリティジャパン社とのパートナーシップを締結

ロイヤル リムジン グループ

新型コロナの影響で、タクシー業界は厳しく、 先日ロイヤルリムジンで600人の従業員の 解雇問題が注目されていました。 タクシー会社「ロイヤルリムジン」グループの 金子健作社長の失業保険の不正受給が問題に なっております。 ここでは、「金子健作社長の経歴」と 「ロイヤルリムジン(株)とは?」に迫ってみました。 ・ロイヤルリムジンではタクシー事業で東京都 と神戸に9社の約530体制と拡大していました。 ロイヤルリムジンの解雇とは? タクシー事業などを展開するロイヤルリムジン グループが運転手約600人に解雇を言い渡した 問題で、グループ中核社の金子健作社長と、 傘下の「目黒自動車交通」のが27日、 に伴う休業中に従業員を 解雇することなく、雇用を維持するとの内容の 文書を取り交わしたことが分かった。 労組が明らかにした。 労組によると、文書には休業補償を支払う ことや、退職合意書を提出した従業員が 希望する場合は合意の撤回を認めるとの 内容も含まれている。 24日の団交で、金子社長が「解雇撤回する」 と述べたため、労組が書面での回答を求めていた。 そしたら労組は「社長の言動は2転3転」と文句を言う。 意味わかんないよね。 モンクレじゃんよ。 収益見込めない現状で固定費維持して会社倒れたら 意味ないじゃん。 即時失業保険貰っときゃええやん!ほんと何考えてんだか……。 🔸解雇が「従業員にメリット」は正しくないと、 ロイヤルリムジン大量解雇を受けて。 なお同社の手法は「解雇」と紹介されるが 実際は退職合意書へのサインを求め、 (賃金30日分)すら払わない 脱法的なもの。 「大変だから」で済ませず、 雇用維持に最大の支援を。 🔸解雇だと騙されて、実質は合意の退職に サインさせられていた。 失業手当てが出ない者もいたし、 などに労働相談が相次ぎました。 解雇で支払うべき手当てを逃れようとする なのがロイヤルリムジン。 元々が胡散臭い会社だったのが明るみに 出て良かったネ! 🔸流石に、解雇して即失業手当給付させて 、給付終了したら改めて雇用するという 古典的な給付金詐欺と同じスキームは 例えこの時期でも許されなかったか。 まとめ いかがでしたか? 新型コロナは様々な影響を事業者に与えております。 最後までお読みいただきありがとうございます。 oyakudachi395.

次の