ご送付いただけますでしょうか。 間違いも多い「いただけますでしょうか」の意味と敬語表現・使い方と例文

お願いのフレーズ

ご送付いただけますでしょうか

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

メールにて。ファイルの「添付」と「送付」の違い。

ご送付いただけますでしょうか

:書類を送付していただけますようお願いします、と、書類を送付してくださいますようお願いします、はどっちが正しいのでしょうか? からですが、2番目のほうが正解となっていました。 「いただく」は下位の者にしてもらう、という動作。 という説明があるのですが、意味が分かりません。 「もらう」を謙譲語の「いただく」にしても一緒です。 例えば「掃除していただきます」は命令です。 」の意味がいまいち分かりません。 この部分をもう少し分かりやすく教えていただけますでしょうか?あと、ご、お=いただくを使えば、相手の行為でも謙譲語でもOKになるということでしょうか? 私も「書類を送付してくださいますようお願いします」の方がより適切であると考えますが、引用されているサイトは、結論はいいとしても根拠は浅薄だと思います。 この考えに立てば、「送付していただけますよう」も「送付してくださいますよう」も、個人差はあるものの、どちらも適切な敬語ということになるでしょう。 その理解のうえで、私は冒頭に書いたように2番の方がより正統的で適切な日本語であると考えます。 その理由は以下に書きます。 さてここに「お願いいたします」を付けるのにはどうすればいいでしょうか。 「送付していただけますよう」を是とするのは、「くださる」よりも「いただく」の方が、より丁寧な物言いではないかとする風潮の後追いではないかと思います。 「して」は「する」の連用形です。 「送付する」のは相手方ですから、相手方の行為になります。 そして、「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 従って、「送付していただく」は、相手方の行為に謙譲語の「いただく」をつけているので間違いなのです。 「もらう」を謙譲語の「いただく」にしても一緒です。 例えば「掃除していただきます」は命令です。 一方、「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 よって、「送付する」という相手方の行為に尊敬語を使っているので正しいのです。 因みに、「して」を省いて「ご送付いただきますよう~」ですと正しい敬語になります。 これは「送付」という言葉が「送る」という意味を表しているだけであり相手方の行為を表していないのと、「お/ご~いただく」が付け足し形の謙譲語だからです。 「ご参加いただく」「お越しいただく」「お電話いただく」「申し込みいただく」など沢山使われています。 「いただく」を使う場合は「して」を付けないのが正しいのです。 補足へ 「掃除してもらう」が命令形なのが良く分からないとのことなので、もう少し具体的に書いてみます。 例えば、Aという部下が仕事でミスしたとします。 その時に上司が「A君、君にはミスした罰として、1週間、便所掃除をしてもらいます」と言ったらどうでしょう。 これは明らかに命令ないし強制ですよね。 この「もらいます」を「いただきます」に換えて「A君、君にはミスした罰として、1週間、便所掃除をしていただきます」としても言葉が少し丁寧になっただけで命令、強制にかわりありません。 「ご/お~いただく」のご説明の前に「いただく」と「くださる」を説明します。 「いただく」は「もらう」の謙譲語であり、こちらがお願いして相手に何かをやってもらう時や相手の行為でこちらに何かの恩恵がありそれを感謝している場合にこちらがへりくだって使うことばです。 例えば、「少々、お待ちいただけますか?」は「こちらから待ってもらうことをへりくだってお願いしている」ことです。 また、「ご来店いただきありがとうございます」は「来店してもらったことに感謝の意をへりくだって表している」言葉です。 一方、「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 こちらは相手が自分の意思で何かをやってくれたことを敬って表現しています。 例えば、「少々、お待ちください」は、相手が自分の意思で待たせて欲しいと言った場合に使います。 また、「ご来店くださりありがとうございます」なら「相手が自分の意思で来店してくれたことに感謝する」ことを敬って表しています。 ここでもう一度、「書類を送付していただけますようお願いします」にかえります。 本文でも書きましたが「送付して」は「送付する」ですから「相手が自分の意思で送付する」ことです。 これに謙譲語の「いただく」を付けると「相手が自分の意思ですることを、相手がへりくだっている」ことになります。 これは相手を低く見ていることになります。 一方、「送付してくださいますよう~」ですと、相手が自分の意思で行ったことを「くださる」と敬っています。 従って、正しい表現なのです。 要するに「~して」を付けると「相手が自分の意思でする」という意味になるので「いただく」は使えないのです。 「送付」だけですと「いただく」を付けた場合は「こちらからお願いして送ってもらう」という意味になるのです。

次の

確認のフレーズ

ご送付いただけますでしょうか

「ご相談させていただけますでしょうか」 「ご確認させていたければと思います」 「ご報告させていただければ幸いと存じます」 …こんな文章が書かれているメールが、よく送られてくるようになった。 同業者のソーシャルメディアを覗いてみれば 「担当させていただいた仕事で、受賞させていただきました!」 …みたいな投稿がチラホラ。 テレビをつければ芸能人が 「入籍させていただいたことを、ご報告させていただきます」 …なんて記者会見をしている。 どこもかしこも「させていただきます」だらけ。 なんでこんな世の中になってしまったのか?背景にあるのは「嫌われたくない」という心理だ。 ビジネスのメールであれば、「させていただきます」という書き方をするのは、相手にとってイヤな内容を書くときだ。 「納期の前倒しをご相談させていただければ幸いと存じます」 …といった感じだ。 「入籍させていただきました」も同様だろう。 何がなんでも嫌われたくない。 叩かれたくない。 「させていただけないでしょうか」は、不寛容の時代を象徴する言葉と言えるかもしれない。 しかし、ビジネスにおいて「嫌われたくない」という気持ちが強すぎるのは問題だ。 相手にとって嫌なことを伝えなくてはいけない場面は、どうしても出てくる。 「させていただけないでしょうか」を連発する人は、一見礼儀正しいようで、ビジネスより嫌われないことを優先しているのだ。 では、どんな文章を書けばいいのか? …自己紹介が遅れました。 コピーライターの橋口幸生です。 日々「させていただけないでしょうか」メールを毎日山のように受け取っています(笑)。 この経験を生かして、「させていただけないでしょうか」と使わずにメールを書く方法を解説したいと思います。 次の例文を見てください。 先日のキャッチフレーズについて、その後、再度あらためて検討したところ、方向性や考え方(コンセプト)はおおむね問題ないものの、キャッチフレーズそのものの内容につきましてあらためてご検討・ご相談させていただきたいのですが、ご検討いただければ幸いと存じます。 ありがちな「嫌なことをやんわりと表現した結果わかりにくい上にかえってイラつく文面になった現象」ですね。 ここから「させていただけないでしょうか」的な遠回しな表現を削除してみましょう。 すいません!キャッチフレーズの新案を書いてください。 いかがでしょうか。 後者のほうが短くて分かりやすいし、印象だって良いですよね。 慇懃無礼という言葉があります。 「表面の態度は丁寧だが、心の中では相手を軽くみていること」という意味です。 丁寧すぎる文章は、かえって心象を損ねるのです。 「させていただけないでしょうか」を連発する人が、相手を軽く見ているということはないでしょう。 しかし、ムダな敬語で固められた文章は、どうしても書き手の顔を見えにくくします。 顔が見えない人が信頼されることは、ビジネスでもプライベートでもありません。 文章を書くとき、「させていただけないでしょうか」禁止というルールを意識してみてください。 どんなに書きたくなっても、グッと我慢して、他の言い方を考えるのです。 メールはもちろん個人的なソーシャルメディアの投稿も、グッと分かりやすくなるはずです。 もっと詳しい方法を知りたければ、ぜひ拙著「言葉ダイエット」を読んでみてください。

次の