シャチ あだ名。 【facebook.growthbot.org】E

ちょっとメタボなシャチのネックレスペンダント: 手作りの銀製の鈴 ♪音色に魅せられて♪ アクセサリー職人のブログ

シャチ あだ名

おはこんばんにちわ! シャチが死ぬほど大好きなシャチ子です。 その為、あだ名がシャチ子なんですけどね! 加藤さんが私をシャチ子と呼び出したのですが、 凄く気に入っています。 細川よりシャチ子と呼ばれる方がトキメキますね! なんだかシャチの一種みたいで。 この二匹、映りたがりすぎる。 204• 136• 1,468• 379• 100• 181• 153• 112• 129• 1,308• 129• 141• 928• 773• 150•

次の

8/30☆シャチ子のスノーケリング☆ラブ号

シャチ あだ名

職場のPCのホームページ(ブラウザソフト起動時に表示されるページ)は、エロサイトです。 俺の隣の同僚の机の上には、無修正写真の打出しがゴロゴロしてます。 果ては、仕事中にPCの前で、官能小説を読んでいる人がいます。 俺はこの状態を 天国のような地獄と名付けました。 「蛇口をひねるとビールしか出ない世界」みたいなものです。 因みにPCの前で官能小説を読んでいた人は、「エロフレーズを思いつくため」に読んでいた訳です。 あそこまで「付箋まみれの官能小説」を、俺は見たことがありません。 まったくもって! こんな不健全な環境で健全な青少年が育つ訳がない! などと憤慨しきり。 ツッコミどこが「健全」部分か「青少年」部分かは各自の判断に任せます。 どうも。 ちょっと大人の会話テクニックを身に付けたキタナカです、こんばんは。 うわー、なんだか面白い事になってきましたよ。 営業が作成した顧客アンケート。 その実質的な進行と、答えていただく顧客へ送る粗品の作成・物流管理。 及び、予算管理を請け負いました。 役員会議の稟議を通せ!と。 (うちの会社は外に出す金に関してはシビアらしいです)。 ま、俺の日給は六〇〇〇円ですけど。 更には、顧客アンケートのDATA化まで請け負っちゃいました。 ま、俺の日きゅ(略)。 もっというならば。 その会議で、帰宅は日付が変わってからです。 ま、俺のにk(略)。 いえいえ。 嫌々で請け負ってるみたいですけど、私自身こういうのって楽しいです。 結構、ワクワクしてます。 真性のMですからね。 でも、この生活サイクルでスポーツクラブに通え、って方が無理な話です。 ま、俺のn(略)。 ケセラセラ。 なるようにしかならんわな。

次の

【facebook.growthbot.org】E

シャチ あだ名

キーンコーンカーンコーン。 聞き慣れたチャイムの音と、日直の号令。 ひいたイスの振動が、足に伝わってくる。 普段なら、クラブ活動のあるものは、 部室へと向かい、残りのほとんどが帰路につき 数人が、喧噪の響く教室で、しゃべっている、 そんな時間。 つまり、放課後だ。 今日は、通知票が配られたために、多くの生徒が 教室に残って、通知票を見せあったりしている。 ここは、件の 森の白い建物から、数百メートルほど 離れた場所にある、それなりに、有名な私立の進学校。 いままで、成績に無頓着だった私は、 通知票を気にかけることなど、なかったのだけれど、 今回は、少し状況が違っていた。 友人に、「 みかんなら、本気でやればオール5を 狙える。 」といわれたのを、真に受けて、 まじめに、勉強してみたのだ。 ちなみに、みかんというのは、私のあだ名で、 ホントの名前は、神田夏美。 中学の英語の授業以来、私は、みかんと呼ばれている。 なんでかって?、それは、私の名前を英語読みすれば、 わかる。 だって、夏みかんだ、だもの。 もっとも、それまでも、果汁入りオレンジジュースの ような、あだ名で、呼ばれていたので、 その呼ばれ方に、特に抵抗は、 なかったのだけれど・・・。 どうやら、柑橘類系のあだ名から、抜け出せないことは、 運命づけられていたらしい。 そんな、とりとめのないことを、ぼんやりと考えていたら、 「私にまじめに勉強をするように」と、しきりに勧めた 友人がやってきた。 オール5とれた?」 ほんわかした調子で話しかけてきたのは、 河野沙茅。 幼稚園のころからの、親友だ。 背が高く、中性的な美少年という感じの容貌の彼女を、 私は、 シャチと呼んでいる。 シャチというのは、幼稚園のころの彼女のあだ名で、 いまでも、そう呼んでいるのは、私ぐらいのものだ。 「4.7」 私は、白旗を振るように、通知票をひらひらさせた。 「美術と・・・、音楽と・・・、家庭科、でしょ?」 何かを確認するように、空中を指さしながら、 シャチが、同意を求めてきた。 どちらかというと、ニブイ部類に入る彼女も、 私のことは、よくわかる。 まあ、長いつきあいなのだ。 シャチが、餌をせがむ小鳥のように、 私の顔を、のぞき込んできた。 「そ、結構がんばったつもりだったんだけどね、 神は、私にオール5をとらせてくれるつもりは ないみたいだね・・・。 まったく、ひとことでいうなら、がってむだよ。 」 何が、そんなにおかしいのか、 となりで、シャチがクスクス笑っている。 「お返しに。 」といって見せてくれた バラエティー豊かな数字のシャチの通知票をみていると、 去年クラスメートだった、佐伯さんが教室に入ってきた。 面倒見のいいシャチは、友達づきあいをしていたが、 彼女が、シャチ以外の誰かと親しく話しているところを、 私は、みたことがない。 「さっちゃん、みかん、ひさしぶり! 篠田君、もう3日も学校やすんでてさ。 」 いきなり、話しかけられ、シャチは少し 驚いた顔をしている。 「ほら、浦野君って、 篠田君と仲良かったでしょう? 篠田君が、欠席しはじめてから、 浦野君、なんだか、元気がなくてさ。 篠田君の机をみて、悲しそうな顔をしてるんだ。 きっと、 大喧嘩でも、したんじゃないかしら?」 佐伯さんは、うわめづかいでシャチをみながら、 こう続けた。 困ってる、困ってる。 いきなり、そんなことを聞かれたら、 誰だって困る。 片想いの彼を、元気づける方法なんて、他人に わかるはずがない。 なにせ、なぜ浦野君が、 落ち込んでるのか、どれぐらい落ち込んでるのか、は、 実際のところ、私たちには、わからないのだ。 シャチは、指をぐるぐる絡めながら、 目で、私に、助け船を求めてきた。 そこで、私をみられてもなぁ~。 「ねぇ、みかんは、どう思う?」 うぅ、そこで、私に話をふるの? 困るとすぐに、私に頼ろうとするのは、 キミの欠点だよ、シャチ。 シャチと佐伯さんが、いっせいに 私の顔をのぞき込んでくる。 与えられた情報を整理して、 考えなくちゃ・・・。 「そうだね。 2学期になれば、きっと 篠田君も来るだろうし、 浦野君も、たぶん元気になるよ。 月並みだけど、時間が解決してくれるんじゃ ないかな。 」 「そっか、そうだよね! 話、きいてくれてありがと じゃあね。 」 そういうと、佐伯さんは、くるっと身を翻し、 他の女の子のグループに、話しかけていた。 「ねぇ、みかん、佐伯さん、何をしに きたんだろう?」 シャチが、声を潜めて聞いてくる。 正直、私にだって、わからない。 思い当たること、といったら・・・。 「たぶん、いつもの、片想いの彼バナシの バリエーションなんじゃないかな?」 私たちは、顔を見合わせて、ため息をついた。 たぶん、シャチも似たような思いなのだろう。 佐伯さんは、浦野君という長身の同級生に 片想いをしており、 私たちは、彼女から、ときおり、のろけっぽい ビミョーな自慢話を、聞かされていたのだった。 しかし、結果から言うと、2学期になっても、 浦野君の気が晴れるようなことはなく、 篠田君が、学校に戻ってくることは、なかった。 まさか、 篠田君が、あんなことになっていたとは、 誰も思わなかったに違いない。

次の