フォーブス ジャパン。 「フォーブス ジャパン」 編集部 副編集長 兼 ウェブ編集長 就任のお知らせ|リンクタイズ株式会社のプレスリリース

フォーブス (雑誌)

フォーブス ジャパン

規模は小さいけれども、世界を変える大きな可能性を秘めた企業を讃えるフォーブス ジャパンの「スモール・ジャイアンツ アワード」。 地方大会を含めて、過去最大の規模で実施した第3回目となる今年は、グランプリを含めて19社が受賞企業となった。 そのうちの1社が、「パイオニア賞」を受賞した教材メーカーのアーテック(大阪府八尾市)だ。 大阪の教材メーカーがどうやって世界的な玩具メーカーであるレゴやフィッシャーテクニックに勝ち、モンゴルの国家指定教材に採用されたのか。 そのプロセスを知ることは、逆境に直面するすべての企業にとってビジネスのヒントとなるはずだ。 3月25日発売のに掲載するインタビューを、一部抜粋でお届けする。 フォーブス ジャパン2020年5月号では逆境を克服した19社の「スモール・ジャイアンツ アワード」受賞企業を一挙公開 大阪の教材メーカー、アーテックが開発したロボットプログラミング教材「アーテックロボ」が、モンゴル全土の小学生を対象とする国家指定教材に採用され、同国教育省と売買契約を締結したのは2017年2月のことだった。 「夢でしたから、本当に選んでもらえて感無量でしたね。 モンゴルでの式典に出席して、担当の営業マンと、現地のパートナーと固い握手を交わしました」 社長の藤原悦は、そう振り返る。 競合相手は当初、数十社に及び、最終的には世界的な玩具メーカーであるレゴ、フィッシャーテクニックと競い合った。 なぜ、アーテックが、世界の大手に勝てたのか。 その理由は、約60年にわたって培ってきたユーザーと一心同体となったものづくりのノウハウにある。 モンゴルでは「アーテックロボ」が国家指定の教材に選定。 全国約1万5000人の小学校教師が研修を受講した。 同社が開発する新製品は、年間約500アイテムに及ぶ。 自社の営業や全国に構築した 3000社の販売代理店から新たな教育現場のニーズを日々吸い上げて、次々と製品化するのである。 教育教材の業界は、小中高といった学校別、あるいは教科別に数多くの会社が棲み分けているが、アーテックはそれらすべてに総合的に対応する稀有な存在だ。 「学校の先生たちは、みなさん熱意があり、革新的な教育指導をしたいと考えるものです。 ただ、学校には予算がそれほどありませんし、教材を自作する時間的なゆとりもありません。 ですから、ひとりの先生が欲しい思う教材は、日本全体で見れば、それなりの数のニーズがあるはず。 そう信じて、少量でもまずはつくるというスタイルを貫いています」.

次の

「フォーブス ジャパン」新創刊決定。 世界有数の経済誌を創る、副編集長及び編集者を求めています

フォーブス ジャパン

FEATURE STORY BE THE CHANGE パンデミック vs. ビリオネア 変革を先導せよ 孫正義 ソフトバンクグループ 会長兼社長 「過去は忘れてください」 孫正義が見据える帝国の夜明け ラリー・エリソン オラクル 創業者 大富豪がハワイでつくる実験ユートピア データで仕掛ける「コロナ後の世界」 メグ・ホイットマン Quibi 共同創業者兼CEO テック界No. 1女性ビリオネアの富豪スタートアップ コロナ時の船出を「絶好のチャンス」に エリック・ユアン Zoom Video Communications 創業者兼CEO リモートワーカーの救世主 利用者爆増、ズームの舞台裏 ミハエル・トイナー 連続起業家、作家 0. 彼女が世界を憎むのは一体なぜなのか? バタフライ・ドクトリン 胡蝶の夢 波多野聖 今号の特集は「パンデミック vs. ビリオネア」。 フォーブス恒例の「世界のビリオネア・ランキング 2020」を発表するとともに、新型コロナウイルスによる未曾有の危機へビリオネアの起業家や経営者はどう立ち向かったのか、彼らの姿を追った。 カバーストーリーでは、ソフトバンクグループ・孫正義会長兼社長のインタビューを掲載。 そのほか世界5位の大富豪、オラクル創業者のラリー・エリソンがハワイに作る「未来の健康」島構想や、ビデオ会議ツール「ZOOM」CEOが語る新型コロナ禍での利用者急増の舞台裏などをお届けする。 1女性富豪が63歳で起業 FEATURE STORY/エリック・ユアン コロナ時代の必需品? ZOOM爆発 FEATURE STORY/ミハエル・トイナー Mr. 経営幹部から若手のビジネスマンまで幅広く対応する情報を提案してくれます。 世界の38カ国800万人が愛読しているのが特徴のワールドワイドなビジネス雑誌で、Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)はフォーブスの日本バージョンです。 日本のビジネスシーンだけでなく海外のビジネスの情報も知る事ができるのが特徴で第一線で活躍している人たちに焦点を絞り情報提供をします。 掲載されている情報は国内外のビジネスパーソンや著名経営者から投資家などの記事も盛りだくさんです。 Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)の2019年1月号は日本の小さな大企業にスポットを当てた特集を行っています。 他にも産業装置を世界一にする方法や注目の小さな企業17選など今知りたい情報がたくさん掲載されているのが特徴です。 世界が注目する量子コンピューターなどの情報も掲載されているのでトレンドの情報を知りたいときに最も役立ちます。 アイデアやテクノロジーは常に進化しており新たなものが常に生まれているのが現状です。 ビジネスにおいてこれから注目される技術などをいち早く知りたいときにForbes JAPAN(フォーブス ジャパン)は救世主となってくれるでしょう。

次の

フォーブス (雑誌)

フォーブス ジャパン

FEATURE STORY BE THE CHANGE パンデミック vs. ビリオネア 変革を先導せよ 孫正義 ソフトバンクグループ 会長兼社長 「過去は忘れてください」 孫正義が見据える帝国の夜明け ラリー・エリソン オラクル 創業者 大富豪がハワイでつくる実験ユートピア データで仕掛ける「コロナ後の世界」 メグ・ホイットマン Quibi 共同創業者兼CEO テック界No. 1女性ビリオネアの富豪スタートアップ コロナ時の船出を「絶好のチャンス」に エリック・ユアン Zoom Video Communications 創業者兼CEO リモートワーカーの救世主 利用者爆増、ズームの舞台裏 ミハエル・トイナー 連続起業家、作家 0. 彼女が世界を憎むのは一体なぜなのか? バタフライ・ドクトリン 胡蝶の夢 波多野聖 今号の特集は「パンデミック vs. ビリオネア」。 フォーブス恒例の「世界のビリオネア・ランキング 2020」を発表するとともに、新型コロナウイルスによる未曾有の危機へビリオネアの起業家や経営者はどう立ち向かったのか、彼らの姿を追った。 カバーストーリーでは、ソフトバンクグループ・孫正義会長兼社長のインタビューを掲載。 そのほか世界5位の大富豪、オラクル創業者のラリー・エリソンがハワイに作る「未来の健康」島構想や、ビデオ会議ツール「ZOOM」CEOが語る新型コロナ禍での利用者急増の舞台裏などをお届けする。 1女性富豪が63歳で起業 FEATURE STORY/エリック・ユアン コロナ時代の必需品? ZOOM爆発 FEATURE STORY/ミハエル・トイナー Mr. 経営幹部から若手のビジネスマンまで幅広く対応する情報を提案してくれます。 世界の38カ国800万人が愛読しているのが特徴のワールドワイドなビジネス雑誌で、Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)はフォーブスの日本バージョンです。 日本のビジネスシーンだけでなく海外のビジネスの情報も知る事ができるのが特徴で第一線で活躍している人たちに焦点を絞り情報提供をします。 掲載されている情報は国内外のビジネスパーソンや著名経営者から投資家などの記事も盛りだくさんです。 Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)の2019年1月号は日本の小さな大企業にスポットを当てた特集を行っています。 他にも産業装置を世界一にする方法や注目の小さな企業17選など今知りたい情報がたくさん掲載されているのが特徴です。 世界が注目する量子コンピューターなどの情報も掲載されているのでトレンドの情報を知りたいときに最も役立ちます。 アイデアやテクノロジーは常に進化しており新たなものが常に生まれているのが現状です。 ビジネスにおいてこれから注目される技術などをいち早く知りたいときにForbes JAPAN(フォーブス ジャパン)は救世主となってくれるでしょう。

次の