ピエロ 殺人 鬼。 映画「IT/イット」は実話だった?【事実は小説より奇なり】

【殺人事件】6年間で33人を殺害した殺人鬼 殺人ピエロ ジョン・ゲイシー

ピエロ 殺人 鬼

「ピエロ恐怖症」を聞いたことがありますか。 英語では「コロルフォビア」と言われ、あのジョニー・デップも苦しんでいるようです。 理由は様々ですが、映画が原因の場合も多いはずです。 ではそんな恐怖症の原因になりそうな映画を紹介します。 映画「ジョーカー」はホラー映画ではないので入っていません。 IT 恐怖の原点。 ピエロホラーといえばこれ。 あの「IT」がリメイクされて再登場。 なんと1作目が135分、2作目が169分と合計300分 5時間 以上も我々はこのピエロと遊ばなくてはいけないのだ。 問答無用、とにかくこれを見なくては始まらない。 こちらが元の作品。 他の「ピエロホラー」と違うのはピエロが優しそうなところ。 クラウン ピエロの新たな解釈 子供を喜ばせるためにピエロの格好になった父。 しかし、それはただの「衣装」ではなく「皮膚」だった。 ピエロという存在を徹底的に悪者にした現代的なストーリーです。 そして心まで蝕まれていく。 気狂いピエロの決闘 ピエロの格好でおこなわれる血みどろの決闘。 内容が結構えげつない。 ストーリーとしてはサーカス内での三角関係。 美女を巡って片方はDV野郎で片方は思い込み激しい君。 ピエロのままで巻き起こるバイオレンス。 鮮血ピエロの惨劇 ジャケットが最高。 見知らぬ贈り物は非常に危険です。 実際にピエロが暴れ回るわけではないのですが、怖いです。 贈り物のモチーフがピエロってだけで不気味さが何倍にも増します。 「ソウ」的なゲーム系ホラーですね。 道化死てるぜ! タイトル思いついた人に拍手。 いけてる奴らに復讐だ。 ダメダメピエロが営業先の子供のいたずらで死んでしまう・・・ しかし、復活! それ以降は陽気な復讐劇だ。 とにかくタイトルがいい。 デスバーガー パワー系ピエロの殺人。 逃げ叫ぶ女子高生と追うピエロ。 結構スプラッター要素もありますね。 笑いを取らないのでピエロ感はちょっと薄いです。 悪い子にはお仕置きだ。 31 生き残れ。 ピエロの格好をした殺人集団から生き残れ。 陽気なサバイバルホラー。 ピエロ感若干薄めではありますが、種類は豊富です。 とにかく血が噴き出します。 キラークラウン 血の惨劇 表紙のピエロは出てきません。 田舎町で起きた猟奇殺人事件。 夢に現れて死の時間を予告していく。 現れると拍子抜けするかもしれませんが、怖いシーンもあります。 B級ですので、あしからず。 給油ついでに不気味な館へ寄るとそこには「エドゲイン」などが展示されていた。 その中に「ミスターサタン」がいて興味を惹かれる。 ミスターサタンなんてとんでもない名前だ。 変な格好の人をヒッチハイクするなんてどういう神経ですかね。 ダークナイト 忘れてはいけない。 「ピエロ」と言っていいかわかりませんが、この人もいます。 道化を一層怖いキャラクターへ押し上げた作品。 マフィアと渡り歩く姿がイカれててかっこいいですね。 「悪」がいるのは「正義」がいるからだ。 まとめ 怖いホラー映画に「陽気」さと「不気味」さを足すのがピエロの仕事。 あと「猟奇的」な匂いもしますね。 チャールズ・マンソンというアメリカの殺人鬼がピエロの恐怖のもう一つの原点かもしれません。 今後もピエロ作品に要注意。 ハロウィンでも嫌われますので、気をつけて。 こちらはかっこいいハッカー映画です。 TETSUGAKUMAN.

次の

【楽天市場】コスプレ ピエロ 衣装 大人 恐怖 ホラー 恐いピエロの殺人鬼 コスチューム マスク付:アカムス楽天市場店

ピエロ 殺人 鬼

画『スタンチク』(1862年)。 (スタニスワフ・ゴンスカ)はの黄金時代(15 - 16世紀)に活躍した非常にユニークなタイプの宮廷道化師。 高い教養をもつ優れた政治批評家および思想家の一人でもあり、同時代の他の思想家たちからも尊敬され、その鋭い発言を通じて国政に強い影響を与えていたことが記録されている。 絵は、ポーランド王国(行政区分としてはリトアニア大公国)の東部辺境の国境線を守る要塞都市陥落の速報を首都のヴァヴェル王宮で行われた華やかな宮廷舞踏会の最中に楽屋にていち早く受け取り、表で見せる陽気な顔と異なり、真剣な面持ちで思索にふけるスタンチク。 黄金時代を謳歌するポーランド王国の未来に不吉な影がさしたこと、聡明なスタンチクがそれに最も早く気づいていたことを表現している。 画中のスタンチクの顔は作者のマテイコ自身のものであるとされる。 西洋の道化師の特徴 [ ] 「 クラウン」は派手な衣装と化粧をし、などに登場するコメディアンである。 日本では「 ピエロ」と呼ばれることも多いが、ピエロはクラウンの一種である。 こうしたもののな例は、のイメージキャラクター「」や、のなどにみることができる。 また、などにおけるの起源は、16世紀イタリア即興喜劇に登場するとする説がある。 このほか、フール(fool)、ブッフォン buffon 、(アルルカン、ハーレクイン)など道化師を指す言葉はさまざまある。 英語のフールは「」、ブッフォンは「パッと息を吐く」を意味する言葉を語源とする。 クラウンは、clod(土の塊)、clot(ぬるぬるした塊)などを意味する語から派生して無骨な田舎者をも表すようになり、それが都会人には滑稽に見えたところから「滑稽な人」を指す言葉となった。 アルレッキーノは上述のコメディア・デラルテに登場する定番の道化師で、快活なアルレッキーノに対する内気な相手役として登場するのが、ピエロの語源と言われるプルチネッラ(ピエロット、ペドロリーノ)である。 また、一般に宮廷道化師と訳されるジェスター(jester)は、フランス語のgest 偉業 を語源とし、宮廷人に英雄譚を語り聞かせた者から派生した。 歴史 [ ] 道化師の歴史はまで遡ることができる。 西洋においては、・では物まねや軽口、大食芸などで座を楽しませることで裕福な家の晩餐に与る道化がいた。 の裕福な家では、魔除けとして、小人や知恵遅れ、奇形などを奴隷にもつ習慣があり、これらを「愚者」としてペット感覚で所有する貴族趣味は16世紀末まで続いた。 のなどでは、特権階級にある人物が城内に道化としての従者を雇っていたことが確認されており、「 宮廷道化師」と呼ばれている。 その数は14世紀より徐々に増加して15-16世紀に最高潮に達し、中世の英国においては宗教界・俗界問わず大物は道化を所有しており、居酒屋や女郎屋でも所有した。 宮廷道化師達の肖像は犬と一緒に描かれることが多く、彼らが犬と同様に王の持ち物とされていたことを裏付けている。 の戯曲などにもしばしば登場し、重要な役を担う。 日本ではに初めて曲芸を行った。 宮廷道化師(ジェスター) [ ] 詳細は「」を参照 トランプでよく登場するジョーカーはジャック、クィーン、キングが宮廷の王族を意味する絵柄から関連して宮廷道化師が描かれることが多い。 クラウン [ ] 現在では曲芸と曲芸の間の「間(ま)」を埋めて観客の曲芸への余韻を冷めさせない役目として作られたおどけ役の、曲芸もでき司会(日本的な視点ではも行う)もする役者である。 18世紀頃イギリスのサーカス(サーカスの前身である円形の劇場での曲馬ショー)の中で「おどけ役」を演じていた役者が自らのことを「クラウン」と名乗ったのがクラウンの始まりだとされている。 クラウンの意味にはのろま、ばか、おどけ者、おどける、ふざける、田舎ものなどの意味を含む。 18世紀当時は曲馬ショーと曲馬ショーとの間に曲馬乗りを下手に演じたり、パロディをしたりしていた。 ピエロ [ ] クラウン自体はおどけ役だがその中でも馬鹿にされる人と言われる。 つまりクラウンよりもさらに馬鹿にされる芸風(日本的な視点ではツッコミが無い役)を行う [ ]。 クラウンとピエロの細かい違いはメイクに涙マークが付くとピエロになる。 涙のマークは馬鹿にされながら観客を笑わせているがそこには悲しみを持つという意味を表現したものであるとされる [ ]。 またピエロはフランスの喜劇芝居の中に登場する事が多い [ ]。 ホワイトフェイス• sad clown blanc• happy clown オーギュスト、auguste 顔は白、ピンク、赤、もしくは褐色に塗られ、目や口等は協調された黒や赤で塗られる。 役割は無政府主義者、ジョーカー、愚者である。 () もしくはセイクリッド・クラウン ・インディアンの宗教儀式で道化、トリックスター的な役割を行う。 () パフォーマンスを行うピエロ キャラクタークラウン パン屋など色んな役割を演じたピエロ その他 [ ] 奇抜な風貌のために、ピエロに対して極端な恐怖心を持つ(ピエロ恐怖症)も 近年 [ ]注目されつつある。 原作の小説・映画『』に登場する「ペニーワイズ」は特定の人物にしか見えない殺人鬼であり、ピエロに恐怖を抱く少年の姿が描写されている。 の影響もあると思われる。 また、フィクション作品において、正体不明の異形の存在として、あるいは素顔=正体を隠す目的で、ピエロの姿をした悪役が登場することもある。 日本 [ ] には 道外方または 道化方という役どころがあるが、これが最も古い時期に成立した役柄の一つといわれる。 やはり物真似や滑稽な口上で人を笑わせたが、西欧の道化師との大きな違いはそれが純然とした芝居の役どころとして発達したことにある。 では、演目の構成上特に重要な一場面を担当することが多く、それもただ滑稽な演技で観客を笑わせるだけではなく、司会役としての役割を兼ねた役どころだった。 しかしその後の歌舞伎が物語性を追求したものになっていったこと、そしてがほとんどなくなり今日のようなじたてになったことで、道外方の役割はしだいになくなり、のころまでには衰退してしまった。 なお当時のに掛けられる看板には、まず一枚目に一座のを、続く二枚目には人気の若衆方を、そして三枚目にこの道外方を書いて掲げていたが、これが面白可笑しい者のことを指す「」の語源の一つと考えられている。 代表的な道化師 [ ]• () - アメリカではじめてピエロ役となった。 (テレビで活動した道化師) ピエロをモデルにしたキャラクター• - ピエロをモチーフとしたアメリカの。 道化師を題材にした作品 [ ] 文学 [ ]• 『』、『』、『』など 絵画 [ ]• によるの肖像画作品• ()、 ()、 ()、 ()など 音楽 [ ]• (第4曲)• 映画 [ ]• 1930• (1952年)• (1970年)• (ホラー)• (ホラー)• (韓国の道化の話)• (2016年)• (2019年) 脚注 [ ].

次の

連続殺人鬼“品川ピエロ”のPV&ポスター公開 漫画『夏目アラタの結婚』2巻発売記念

ピエロ 殺人 鬼

ホラー映画といえば?でみなさん大体予想がついていると思いますが、ペニーワイズのモデルの正体は・・・ アメリカの殺人鬼でした〜!(はい、定番ですね) 殺人鬼の名前は、 ジョン・ウェイン・ゲイシー John Wayne Gacy)。 これは本人の写真です。 うわ〜なんかペニーワイズの方が マシに思えるのは私だけでしょうか?実在したってところに特に反応してしまいます・・・。 ゲイシーは1972年〜1978年の間に、なんと下は9才の男の子から一番上で20才の男性まで、 33人もの未成年者に性的暴行・拷問をした後に殺害したとのこと。 ペニワイズのモデルになっただけあり、相当卑劣な連続殺人犯だったことがわかります。 彼は、アルコール依存症であった実父による虐待に絶えながら幼少期をすごした過去があります。 実父は体罰にくわえ、ひどい言葉の数々をゲイシーに浴びせ、精神的苦痛さえも与える存在でした。 そんな虐待から頻繁に失神を起こすようになったゲイシーは、14〜18才までの期間、長期入院&数回の高校転校によって、高校を落第してしまい卒業することができませんでした。 「 父に認められたい!」その一心で、大人になった彼はチャレンジ精神と生まれながらのIQの高さをもって社会で次々と成功をおさめていきます。 そしてゲイシーは2度もの結婚を経験します。 初婚は 1964年でマリリンという女性が相手でした。 アイオワ州で彼女の父親が所有していたKFCの3店舗のマネージャーを勤めながら、ボランティア活動などにも精力的に参加し、周りからは非常に慕われる人物であったそうです。 しかし 1968年、16才の少年に性的虐待を加えた罪でゲイシーは逮捕されます。 当時の妻マリリンとも程なくして離婚。 懲役10年を言い渡されたものの、非常に頭がキレる彼は わずか7ヶ月で高校卒業の資格を取得するほか、大学の通信教育で心理学などの単位まで取得し、模範囚となりました。 そしてなんと 16ヶ月にして出所を認められることに。 「 父に認められたい 」一心でがんばってきた彼でしたが、その実父は16ヶ月の服役中に亡くなっており、彼にとっての人生の目標はもはや消え失せていました。 そして遂にはじめての殺人をおかしてしまいます。 殺害した青年の死体を床下にかくしたゲイシー。 これが彼の連続殺人の幕開けとなりました。 しかしその殺人の事実もバレることなく、 1971年にはシカゴで建築ビジネスを立ち上げ、キャロルという女性と再婚。 妻のキャロルが、ゲイシーが所有していた男性同性愛モノの趣味嗜好品を発見したほか、彼が未成年男子らをガレージに連れ込むのを目撃したことから、 1976年に二人は離婚。 誰にも監視をされなくなったゲイシーは、離婚成立の1976年から 1978年に逮捕されるまでの期間、もっとも多くの殺人を実行したそうです。 そうして逮捕されたゲイシーには死刑が言い渡され、 1994年に『 薬殺刑』が執行されました。 重大すぎる罪をおかした彼を擁護する気はまったくないですが、「 父に認めてもらいたい 」と思う彼の気持ちには同情するし、虐待親父には腹がたちます。 人の心って難しいものですね。 それにしても「 ピエロ恐怖症」って言葉も浸透しているくらい、ピエロには不気味なイメージばかり付きまとっていますが、これも何でなんだろう?って不思議。 私も小さな頃はきもっ!って思っていた記憶はありますが、今はさほど気になりません。 大人になっていく過程で「 あれ?目が笑っていない 」って人にも出くわしたりするわけで。 少しずつ免疫をつけていくものなのかもしれません。 でもなんとなく、アメリカってピエロ嫌い率がより高いような気が・・・・TVや映画の影響も大きいのではないでしょうか。 そういえば、主人の同僚にホラー大好きな方(私の両親ぐらいのお年)がいるのですが、彼の娘さんが「 お父さん、このホラー映画面白いから見てみてよ!」とよく勧めてくるらしく。 そのときに彼が決まって確認することがあるそう。 「 その映画は実話に基づいてるのか?(真顔)」 娘さんは実話に基づいたホラーを好んで鑑賞するようで、「 うん!そうだよ。 」というと「 じゃぁ、やめとく。 」と即答するそうです。 これを聞いて可愛いパパだな〜と笑ってしまった私ですが、気持ちは分かりますね。 「事実は小説より奇なり」ですからね。 ふふふふふふふ。 それでは、最後までお付き合いいただき、有難うございました。 【 IT 第 1章 おさらい】 ・ ・ ・ ・ 【 IT 第 2章 】 ・ ・.

次の