妊娠超初期 カレー。 妊娠超初期~妊娠初期の「だるい」ときに知っておきたいこと

スイーツ、パスタ、カレーもNG!食事制限がキツい、妊娠糖尿病

妊娠超初期 カレー

妊娠初期のだるさの症状 妊娠する前は倦怠感など覚えたことがなかったのに、妊娠した途端に体にだるさを感じるようになった。 これは大勢の妊婦が経験することで、妊娠に伴いあらわれる変化のひとつです。 一日中体がだるく、何もしたくない、ちょっと動くだけで疲れてしまう、疲労感やだるさが抜けない、やる気がでないなど、妊娠初期は倦怠感や疲労感が強くあらわれる傾向にあります。 妊娠初期の症状のいろいろ まただるさや疲れだけでなく、ほてり、熱っぽさ、肩こり、頭痛、眠気など、風邪の症状に似たマイナートラブルがでることもあります。 体の不調だけでなく、イライラ、気分の落ち込み、憂鬱感、不安感、情緒不安定、不眠など、精神的な不調もあらわれやすく、いわゆるマタニティブルーになる妊婦もいます。 さらにつわりが始まると、吐き気や嘔吐も加わり、妊婦の状態は身体的にも精神的にも悪化。 つわりは安定期に入るまで続き、この間ずっと体調の悪さに悩まされる妊婦も少なくありません。 つわりは別にして、妊娠初期のだるさに代表されるマイナートラブルに関しては、その原因や対処方法を知ることが、症状の緩和や予防につながります。 妊娠初期をできるだけ快適に過ごすためにも、妊娠初期の原因について知っておきましょう。 妊娠初期のだるさの原因とは? 妊娠初期のだるさの原因にはいくつかの原因が考えられます。 主な原因は排卵以降に分泌が増えるプロゲステロンの影響ですが、他にもホルモンバランスの変化や精神的なストレスなど、妊婦初期に特有の原因をいくつか挙げることができます。 以下に妊娠初期のだるさをもたらす原因についてひとつずつみていきましょう。 プロゲステロンの分泌の影響 妊娠初期のだるさの主原因は、妊娠にともない生じる女性ホルモンの分泌変化にあります。 妊娠の成立・維持に不可欠なホルモンがプロゲステロン 黄体ホルモン。 プロゲステロンは排卵日以降に分泌が増え、妊娠が成立しなかった場合には分泌量は減ります。 妊娠が成立した場合はそのまま分泌が続き、妊娠を継続させます。 プロゲステロンのはたらきと影響 プロゲステロンには体温を若干高くするはたらきがあり、このためプロゲステロンの分泌が盛んな間は基礎体温が高温期になります。 体温が上がることで、血液循環も促され、骨盤や乳腺の周りに血液を集めていきます。 他にもプロゲステロンには、水分や栄養分を体に溜め込もうとするはたらきがあり、このことが原因でむくみが生じることもあります。 プロゲステロンの分泌による影響とは、だるさ、疲れ、消化不良、ほてり、気分の浮き沈みなどで、これ生理前の症状とも似通っています。 ホルモンバランスの変化 妊娠するとプロゲステロンの分泌だけでなく、ヒト絨毛性ゴナドトロピン hCG の分泌が起こり、さらにエストロゲン 卵胞ホルモン の分泌も増えます。 複数のホルモンの分泌量に変化が起こると、自律神経のバランスも崩れ、このためだるさや疲れを感じやすくなります。 ホルモンバランスと自律神経の関係 ホルモン分泌の変化は自律神経のバランスにも影響を与えます。 ホルモン分泌は脳下垂体で行われていますが、これをコントロールしているのが脳の視床下部で、視床下部には自律神経があります。 ホルモン分泌に急激な変化が起こると、視床下部に負担がかかり、交感神経と副交感神経のバランスも崩れてしまいます。 自律神経の崩れは、疲れ、だるさ、めまい、動悸、ほてり、不眠、微熱、便秘・下痢といった体の不調につながります。 妊娠初期のだるさの一因は、ホルモンバランスの崩れにあります。 精神的なストレス 妊娠すると日常生活のさまざまな局面においていろいろな制約が生じます。 食べ物や飲み物もそのひとつで、おなかの赤ちゃんの安全のために、妊娠中は食べてはいけない、あるいは避けたほうがいい、とされるものがたくさんあります。 また日常生活の過ごし方についても、安定期に入るまではなるべく安静にするように、といわれ、知らず知らずにストレスを溜めてしまうことがあるようです。 妊娠は心待ちにしていたものの、いろいろいろな制約やつわりのせいで、精神的なストレスがたまり、これが引き金になり、倦怠感や気分の落ち込みを感じる妊婦もいます。 精神的なストレスもまた、妊娠初期のだるさの原因のひとつです。 妊娠超初期のだるさは妊娠の兆候? 妊娠超初期とはまだ妊娠しているかどうか確定できない時期を指します。 時期的にはちょうど次の生理予定日の前後に当たり、妊娠を望んでいる方にとっては、妊娠の兆候の有無が気にかかる時期。 だるさは妊娠の兆候のひとつとも考えられますが、これだけをもとに妊娠しているかどうかを判断することはできません。 妊娠の兆候を感じる時期はひとりひとり違う 妊娠の兆候をいつ感じるかに関しては個人差があります。 病院での妊娠検査で妊娠が確定した後にだるさやほてりを感じる妊婦もいれば、生理予定日前後に兆候を感じる方も。 また妊婦の中には、つわりがはじまるまでまったく体調に変化を感じない方もいます。 このようにだるさや熱っぽさを感じる時期には差がありますので、これをもとに一喜一憂しないことが大切です。 妊娠を希望している方は毎日欠かさず基礎体温を測り、きちんと記録する習慣をつけることが重要です。 妊娠の可能性にいち早く気付くためには、だるさや熱っぽさといった妊娠の兆候のほかに、毎日記録した基礎体温も参考になります。 不妊治療をしている方や妊活中の方で、妊娠超初期に気になる症状があったら、基礎体温グラフを持参して産婦人科医に相談しましょう。 妊娠初期のだるさの対処法 妊娠初期にだるさを感じるときの対処法についてみていきましょう。 妊娠初期の体調の不調や精神的な落ち込みは、つわりが終わり安定期に入ると徐々におさまっていきますので、あまり心配いりません。 しかしそのまま放置しておくのは、体調だけでなく、精神面にもネガティブな影響を与えます。 妊娠初期にだるいと感じたら行いたいことを挙げてみましょう。 十分に休養をとる まだ妊娠初期だからといって無理をしないよう注意しましょう。 外見的には妊娠前と変わりませんが、妊娠初期の妊婦の体には大きな変化が刻々と起こっています。 ホルモン分泌の影響、精神的なストレス、つわりといった理由により、ちょっとしたことでもすぐに疲れてしまい、昼間でも眠気に襲われてしまう妊婦も大勢います。 妊娠初期は無理せず、休めるときに休み、体力を消耗しないことが大切です。 栄養バランスの取れた食事を心がける つわりが始まると吐き気や嘔吐で、食事時間が不規則になり、食事内容も偏ります。 つわりのせいで食事内容や時間が不規則になるのはやむを得ないことですが、意識的に栄養バランスに注意することも必要です。 無理をしてまで食べるのはかえってつわりを悪化させますが、比較的気分のよい日は、消化によく、胃腸に負担をかけない栄養価の高い食材を摂ることを心がけましょう。 昼寝しすぎない だるさとともに不眠・過眠も妊娠初期のマイナートラブルのひとつ。 昼間だるさを感じてしまうため、昼寝を習慣にする妊婦もいますが、昼寝をしすぎると夜寝付けなくなり、翌日再びたっぷり昼寝してしまう、という悪循環に陥ります。 昼寝をしているので睡眠時間は十分、と思う方もいるようですが、夜間の睡眠と昼寝とでは睡眠のクオリティが違います。 夜の寝つきが悪いと、昼間も倦怠感が抜けず、だるさは増すばかり。 妊娠初期に昼寝をするときは、寝すぎないように注意しましょう。 日光を浴びる 妊娠初期はホルモンバランスに大きな変化が起こる時期。 ホルモンバランスの急激な変化は、自律神経のバランスをも崩す引き金に。 妊娠初期に倦怠感を感じると、体を動かすこと自体が億劫になり、自宅に閉じこもりがちになる妊婦もいます。 だるさを緩和するために随時体を休めることは必要ですが、家に閉じこもり、日光を浴びない生活を続けると、自律神経のバランスはさらに崩れます。 起床時に日光を浴びると、セロトニンの分泌が促され、その結果交感神経と副交感神経のバランスが正常に戻りやすくなります。 他にも睡眠と覚醒やホルモン分泌のリズムも整えてくれます。 倦怠感がひどいときは? なんとなくだるい、やる気がでない、理由もなく気分が落ち込む、といった精神的な落ち込みは、妊娠初期によくあることで、妊娠週が進み、つわりが一段落する頃には落ち着くことがほとんどです。 しかしだるさに加えてめまいや立ちくらみも起こる場合には、貧血も疑われます。 妊娠中の貧血の大半は妊娠中期の後半以降におこりますが、妊娠初期から貧血の症状があるケースも見受けられます。 妊娠前から貧血気味だった方や、めまい、立ちくらみ、吐き気の症状がひどいときは、妊婦定期健診の際に産婦人科医に相談しましょう。 貧血にかかっている場合には適切な治療を受ける必要があります。 まとめ 妊娠超初期~妊娠初期のだるさについて知っておきたい情報を幅広くご紹介しました。 妊娠超初期・妊娠初期にはホルモン分泌の変化に体がついていけず、だるさや熱っぽさをはじめ、さまざまなマイナートラブルがあらわれます。 妊娠初期のだるさの主原因は、妊娠に伴うホルモン分泌の変化。 ホルモンバランスの変化に体が慣れ、つわりがおさまる頃には自然におさまっていきますが、安定期に入るまでの間は無理せず、つらいときは体を休め、乗り切りましょう。

次の

妊娠初期にカレーが食べたい!カレーうどんやライスは食べてもいいの?

妊娠超初期 カレー

妊娠すると、気持ちの悪さや吐き気、食欲がなくなるなどの変化が現れることがあります。 いわゆるつわりですね。 明確なメカニズムは解明されていませんが、妊娠すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が一因となっているとも言われています。 つわりの症状そのものや重さは人それぞれ。 妊娠の影響で今まで大好きだった好物が食べられなくなったり、特定の食べ物ばかりが欲しくなるなど、食欲に変化が見られる妊婦さんは少なくありません。 吐き気や胃のむかつきがあまりにもひどいときは「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」でOKです。 でも、元気なときやいくらか食べられるときにも「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」を当てはめてしまうのはちょっと待って! 次の項目では、具体的に妊婦が食事でどう気をつけるべきかというポイント、積極的に取り入れたい食べ物、極力避けたいNGな食べ物を紹介しますのでチェックしましょう。 毎日の食事は、1日3食、栄養バランスのよい食事をして、適切な栄養とカロリーを摂りましょう。 一日に摂る食品が多すぎたり、少なすぎたりすることがないよう、いろいろな食材をまんべんなく食べることが大事です。 また、食事の時間が不規則になると食べ過ぎてしまいがち。 そうなると太りすぎてしまい、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気を引き起こしやすくなります。 これらは難産の原因になるだけではありません。 妊娠高血圧症候群は、悪化すると母子ともに命の危険にさらされますし、の場合、赤ちゃんが巨大児となるリスクを高めたり、生まれてすぐに赤ちゃんが低血糖症を引き起こしたりすることがあるのです。 また、体重の増加が気になったからといって絶食するのはNG。 特に健診前日に絶食をすると、尿や血液などの数値が変化してしまって、正確な結果が出せなくなります。 なるべく普段通りの食生活をしましょう。 妊娠中、1日2Lの水分摂取を心がけましょう。 非妊娠時は、1日の目標水分摂取量は1Lから1. 5Lぐらいが目安になりますが、お腹に赤ちゃんがいる時はいつもより500ml~1L増やしましょう。 むくみが気になるからといって、水分補給を控えてしまう妊婦さんは少なくないようです。 しかし、水分をしっかり取ることで血液の流れが良くなり、赤ちゃんにも健康的な血液を届けることができます。 逆に不足すると脱水症状を起こしたり、膀胱炎になりやすくなったりします。 妊娠中の水分補給には水かノンカフェインのお茶が適しています。 同じ水分でも清涼飲料水やジュースは糖分過多になり、妊娠中に必要な体重コントロールの妨げになる可能性があるので控えましょう。 緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。 旬の時期は栄養価が高まるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。 特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸が豊富。 血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンEも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。 生のまま食べるよりも、加熱してかさを減らしたほうがたくさん食べられます。 さっぱり食べられる温野菜サラダや、汁に溶け出した栄養も摂取できるスープや味噌汁がオススメです。 カフェインを含むコーヒーや紅茶といった飲物を、妊娠前から楽しんできた方は多いと思います。 気持ちを落ち着かせ、ストレスを和らげる等の効用もあります。 しかし、大量のカフェイン摂取は、低体重児として出生するなど胎児の発育や妊娠の経過に悪影響を与える可能性も示唆されています。 WHO(世界保健機構)では、一日のカフェイン摂取量が300mg(200mlカップならばコーヒー2. 総合して考えると、コーヒーは1日2杯程度なら問題ないようですが、カフェインレスのコーヒーや紅茶がスーパーや赤ちゃん用品店等で買えますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。 できれば、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選ぶようにしましょう。 妊娠中の食事は、妊活中の食事と気をつけたい点に大きな違いはありません。 基本的には栄養バランスのとれた食事を三食きちんととることが大切です。 ただ、妊娠期間はホルモンバランスの変化の影響などで味覚が変化し、食事の好みが変わることもあります。 特にかもしれません。 妊娠中の食事はママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要ですが、過剰に気にしすぎるとかえってそれがストレスとなってよくない影響を及ぼすことも。 「あのレシピは辛いものだからNG、あの食材はダメ」と神経質になりすぎることなく、まずは少しずつ、できることから取り入れてみましょう。 小さなことでも信頼できる相手に相談しながら、マタニティーライフと美味しい食事を楽しんでくださいね!.

次の

妊娠超初期~妊娠初期の「だるい」ときに知っておきたいこと

妊娠超初期 カレー

もくじ• 生肉 生肉には寄生虫「トキソプラズマ」が付着している可能性があります。 すべての哺乳類や鳥がこの寄生虫に感染する可能性があり、日本では豚からの感染例が多く挙げられていますね。 もし、妊娠中の女性がトキソプラズマに初感染した場合、生まれてくる子供に 「精神発達の遅れ」「視力障害」「脳性まひ」などの先天性障害を生じる可能性があるのです。 トキソプラズマは67度以上の加熱によって死滅しますので、肉を食べる時にはしっかりと焼くようにして下さいね。 ちなみに、猫のうんちにもトキソプラズマがいることが多いそうですので、猫を飼っている女性も要注意。 また、生肉を食べることで「O-157」に感染する危険もありますので、とにかく生肉は食べないように注意しましょう。 生卵 卵の殻には「サルモネラ菌」が付着している可能性があります。 サルモネラ菌に感染した場合、それが直接胎児に影響するわけではありませんが、妊婦さんが食中毒になって嘔吐や下痢を引き起こします。 そして、下痢になると腸管が激しく蠕動するので、 子宮筋も収縮するために、それが原因で流産につながる可能性もあります。 ですので、卵を食べる時には、しっかり加熱調理しましょう。 ユッケやレバー等の生肉にもサルモネラ菌が含まれているので、生肉はほんと食べないように注意です。 生の魚介類 お刺身やお寿司などの生のお魚は、新鮮なものであれば食べても問題ありません。 もし食べるのであれば、鮮度に関して安心できるものを選びましょう。 ただ、妊娠中は免疫力が低下しているために、普段なら大丈夫なものでも、食中毒にかかるリスクが高くなってしまいます。 食中毒になった場合、嘔吐や下痢によって胎児の発育に影響が出てしまう可能性が…。 また、生の貝類は特に新鮮なものでないと、食中毒を起こしやすいです。 こういった事から、妊娠中は、なるべく加熱処理をした料理が好ましいでしょう。 大型の魚 生態系の上の方にいる大型の魚は「水銀」が多く含まれています。 胎児は水銀を排出することが出来ない上に、その影響を受けやすく、脳神経障害を起こす可能性もあるとされています。 気を付けるべき魚や食べ方については、厚生労働省が公表しています。 これらは食べてはいけないのではなく、 水銀量を考えた上で「量を控えめに」ということ。 一般的に近所のスーパーで売っているような魚は、大丈夫であることが分かりますね。 ただ、栄養素の偏りを防ぐためにも、 同じ魚ばかりを食べ続けないようにご注意を! 昆布 昆布にはヨード ヨウ素 が含まれていますが、 このヨウ素を過剰に摂り過ぎると、胎児の甲状腺機能低下をまねく可能性があります。 摂り過ぎには要注意です。 昆布・ひじき・わかめ・のりなどの海藻類が豊富に獲れる日本は、世界一のヨード摂取国です。 昆布だしやインスタント食品などにも含まれていますので、 「カップ麺のスープを飲み干す」などは控えるようにしたいですね。 ちなみに、これはリスクを回避するための考えです。 「昆布を毎日常用しない」という程度に捉えて問題ないでしょう。 ひじき 2004年7月、英国食品規格庁は 「ひじきは無機ヒ素を多く含むので食べないように」という勧告を出しました。 ただ、厚生労働省によると、体重50kgの成人の場合、 「1日4. 7g 乾燥 以上のひじきを毎日継続的に食べなければ問題ない」としています。 ひじきはカルシウム、カリウム、リン、鉄などを多く含んだ栄養豊富な食材です。 週に2回くらい適量を食べる程度であれば問題ないでしょう。 過剰摂取には注意ですね。 レバー レバーは鉄分や葉酸などの栄養素が含まれた優れた食材。 妊娠中は貧血になりやすいので、「貧血予防にレバーをたくさん食べた方が良い」と思っている妊婦さんも多いようです。 しかし、実はレバーは妊娠中の女性にとって、危険な食べ物でもあるのです。 ですので「レバーが大好きで止められない!」「貧血予防で食べたい!」という場合も、 分量に注意して過剰摂取にならない程度に食べるようにして下さい。 うなぎ うなぎは「万葉集」の時代から強壮食品として、夏の暑い日、土用の丑の日などに食べられてきました。 しかし、 レバーと同様にうなぎにもビタミンAが豊富に含まれています。 ですので、もちろんうなぎを食べるのは構いませんが、1日40~50g程度に量をおさえて食べるようにしましょう。 ナチュラルチーズ 加熱殺菌していないナチュラルチーズには「リステリア」という菌が含まれています。 妊婦さんがリステリア菌に感染すると、胎児にも感染する可能性があり、 ・流産や早産 ・新生児の髄膜炎や敗血症 などの原因になることがありますので要注意です。 妊婦さんは通常時の20倍も感染しやすいとのこと…。 ナチュラルチーズとは「カマンベール・ブルー・ウォッシュ」など。 加 熱殺菌処理されているプロセスチーズなら食べても大丈夫です。 チーズを食べたい時は、加熱殺菌されているかどうか確認するようにして下さい。 アルコール飲料 「妊娠したらアルコールは飲んではいけない!」とはよく耳にすることです。 妊婦さんがアルコールを摂取すると、 先天性疾患である「胎児性アルコール症候群」のリスクが高まるからです。 また、普段からお酒をたくさん飲む人は、飲まない人と比較すると、流産の確率が上がることが分かっています。 どちらも必ずそうなるワケではありませんが、赤ちゃんのために避けられるリスクは避けたいところですね。 アルコールに関してさらに詳しい情報は【】をご参照下さい。 甘酒には「米こうじ」で作ったものと「酒粕」から作ったものの2種類があります。 酒粕で作った甘酒はアルコールが多少は入っていますので、控えることをオススメします。 カフェイン飲料 スウェーデンの研究によれば、 1日カフェイン100mg以上を摂取してる場合に流産する人が多いそうです。 そして、カフェインには「胎児の中枢神経を興奮させる作用」があるとのことで、子宮内での胎児発育遅延の危険性が高くなるという問題もあるとのこと。 さらに、イギリスの研究でカフェインと出生体重の関係を調査した結果… 1日のカフェイン摂取量100~199mgで低出生体重児のリスクが20%UP、200~299mgで40%UP、300mg以上で50%UP と報告されています。 どうしてもコーヒーや紅茶を飲みたくなったら、 1日カフェイン100㎎以内なら問題ないようなので、カップ1杯くらいにしておくことをオススメします。 各ドリンクのカフェイン量に関しては、1杯を150mlとすると次のようになります。 妊娠中NGの食べ物&飲み物まとめ 以上、妊婦さんに注意して欲しい「妊娠中NGの食べ物&飲み物」を11品目ご紹介しました。 ・生肉 ・生卵 ・生の魚介類 ・大型の魚 ・昆布 ・ひじき ・レバー ・うなぎ ・ナチュラルチーズ ・アルコール飲料 ・カフェイン飲料 の11品目ですね。 アルコールや生もの系は基本的にNGですが、他の品目については 「分量を守り過剰摂取しなければ」特に問題ないことが分かっていただけたと思います。 元気で健康な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中には気を付けて欲しいと思います。 妊娠中によくある疑問としては、次の記事も参考になるかもしれません。

次の