妊娠 貧血 対策。 貧血対策!貧血に良いおすすめの食べ物10種類と飲み物【医師執筆】

【医師監修】妊婦の鉄分補給に役立つ6つの栄養素とは?

妊娠 貧血 対策

妊婦さんは疲れやすかったりめまいがしやすいといわれますが、その症状は 貧血が原因になっているかもしれません。 実は、妊婦さんの約30~40%は貧血症状を訴えているといわれる程、妊娠中は貧血になりやすいのです。 そこで今回は、妊婦さんの貧血の症状、貧血と診断される数値について、貧血対策に積極的に摂りたい鉄分を多く含む食べ物などをご紹介します。 妊婦の貧血の症状は? もともと貧血は男性よりも女性に多く、特に20~30代の若年層の女性に多い症状です。 さらに、日本国内の妊婦さんの貧血の割合は全体の約30~40%に上るというデータもあります。 特に妊娠後期の妊婦さんは貧血になりやすく、分娩時の出血に備えるためにも貧血の対策が必要です。 妊婦さんの貧血によって起こる代表的な症状は次のとおりです。 顔色が悪い• めまいや立ちくらみがある• 疲れやすくて体がだるい• 朝の目覚めが悪い、疲れが取れない• 就寝時の寝付きが悪い• 耳鳴りがする• イライラしたり、情緒不安定になりやすい• 起きている時、ぼーっとしてしまうことがある• 少し体を動かしただけですぐに息が上がる• 少し動いただけで動悸がする• 爪が弱くなり割れる、へこむ これら貧血の症状がひどく感じる妊婦さんは、一度かかりつけの医師に相談しましょう。 また、妊婦貧血は非妊娠時にも起こる脳貧血とは異なり、自覚症状がないこともあります。 妊婦の貧血の数値はどのくらい? 妊婦さんの貧血の検査は、病産院によって異なりますが、一般的には2~3回程度。 主に妊娠初期と妊娠後期におこなわれ、血液検査で数値を測ります。 血液検査では、赤血球、白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット等の複数項目の数値をチェックします。 その中で、貧血と特に関係性が高いのがヘモグロビン濃度(Hb)、ヘマトクリット値(Ht)、赤血球数(RBC)の数値です。 健康な女性のヘモグロビン値は12. WHO(世界保健機構)による貧血の基準では、妊婦の場合、ヘモグロビン値が11. 基本的には、この数値を下回った妊婦さんには、状況に応じて注意勧告や食事の指導、サプリメントのすすめ、さらには鉄剤が処方されることがあります。 また数値が二桁以下になると貧血の症状が強くなります。 妊婦が貧血になりやすい原因とは? 妊婦さんはお腹の赤ちゃんや胎盤に血液を運ぶため、血液内のヘモグロビン濃度が薄くなります。 また、妊娠すると胎児の成長のために鉄分必要量が増加し、母体の鉄分は胎児に優先的に送られるため、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。 妊婦貧血の90%以上は鉄欠乏症貧血だといわれています。 妊婦の貧血の対策に摂りたい食べ物 妊婦さんの貧血の予防・対策には、食事の見直しをしましょう。 鉄分を豊富に含む食べ物を意識的に摂るようにしてください。 また、貧血になりやすいのは妊娠中だけではありません。 産後の授乳中も貧血になりやすいといわれています。 母乳のもとになる「血液」をつくるためにも、鉄分を多く含む食べ物を意識して摂るようにしましょう。 妊娠中に必要な鉄分/日• 妊娠初期:9mg• 妊娠中期~後期:21. 5mg• 2 納豆 3. 3mg ほうれんそう 2. 7mg 小松菜 2. 1mg 煮干し 18mg 干しえび 15. 1mg あさり 3. 8mg 豚肉レバー 13mg 鶏肉レバー 9mg 切干大根 9. 7mg いわし丸干し 4. 4mg 食べ物から鉄分を上手に摂るポイント 薬やサプリメントと違って食材には副作用の心配がなく、妊娠中も安心です。 ただし、鉄分を含む豚レバーや鶏肉レバー、うなぎにはビタミンAが多く含まれており、妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると胎児に影響を及ぼす影響があります。 すべての栄養素にいえることですが、特定の食材・食品を摂り過ぎることなく、できるだけ栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。 また、肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぱく質やビタミンCには、鉄分の吸収率を高めてくれる働きがあるため、一緒に摂るのがおすすめです。 妊婦の貧血の対策に薬やサプリの服用は医師に相談しよう 貧血に効く医薬品は手軽に貧血の対策ができる反面、妊娠中の服用は副作用などに注意が必要です。 市販薬は自己判断で飲まずに、かかりつけの医師に確認してください。 貧血の症状がひどいときは、病産院で鉄剤を処方してもらうことができます。 また、妊娠中に必要な葉酸や鉄分が含まれた、妊婦さん用のサプリメントもあります。 サプリはたくさん飲めば効果がある、というものではないため、サプリに記載の目安量を守るようにしましょう。

次の

妊娠中の貧血の症状は注意が必要?原因を知り治療で改善しよう!

妊娠 貧血 対策

妊娠中に、めまいや立ちくらみを起こしやすくなっていませんか? また、頭痛が起こったり吐き気を頻繁にするようになった方はいませんか? それは、もしかすると貧血の症状かもしれません。 妊娠すると貧血になりやすくなります。 しかし、立ちくらみなどの貧血の軽い症状は妊娠前にも起こることなので軽視してしまう方もいらっしゃいます。 お腹が大きい妊婦さんにとって、道端で倒れてしまうようなことは危険なので注意が必要です。 定期的に健診を受けて貧血なのかを診断してもらうようにしましょう。 また、貧血による赤ちゃんへの影響はあるのか心配になっている方はいらっしゃいませんか? 軽い症状の場合は大丈夫ですが、症状が重くなると赤ちゃんに十分な栄養がいかないことも。 栄養が不足することで、発育が遅れて早産になる場合もあります。 妊娠中の貧血は甘くみないで焦らず治していくことや事前に予防をすることが重要です。 貧血の症状とは? 頭がクラクラするような感覚になったことはありませんか。 これは、貧血の症状のひとつです。 貧血は女性がなりやすいといわれています。 また、妊娠するとさらに貧血になりやすく感じる方も。 まずは、貧血とは何かをみてみましょう。 貧血とはどういう状態? 貧血とは「血が貧しくなる」と書くように、血の異常だと分かります。 貧血というのは、簡単にいうと血が薄くなっている状態です。 血が薄くなることで、体に様々な影響がでてしまいます。 貧血の診断基準 貧血は病院で診断することが可能です。 ヘモグロビン濃度とヘマトクリット値を調べることで、貧血かどうかがわかります。 ヘモグロビンとは赤血球のひとつで「血色素」ともいわれるものです。 「血色素」といわれるとおり、血液の色に関係しています。 実は、血液が赤く見えるのはヘモグロビンの影響だったのです。 また、酸素を全身に運ぶという重要な役割を持っています。 ヘモグロビン濃度が低くなると、酸素が全身に十分いきわたらなくなり、息切れが起こりやすくなることも。 ヘマトクリットとは血球の割合をあらわします。 血球とは血液の中の成分のひとつです。 血球の中には赤血球が多く含まれています。 赤血球の割合が少なくなるということは、血液が薄くなるということです。 その結果、貧血の症状がでやすくなります。 非妊娠時の女性• これは、酸素がうまく体に循環していないことから起こる症状です。 また、血流が悪くなることで肩こりや頭痛なども起こりやすくなります。 貧血の症状一覧• 動悸、息切れ• めまい、立ちくらみ• 体のだるさ、眠気• 頭痛がする• 吐き気がする 妊娠中に貧血になる原因 妊娠中は、貧血が起こりやすくなるのはなぜなのでしょうか。 実は貧血になりやすい理由は、お腹の中の赤ちゃんと関係していたのです。 しかし、貧血ぐらいなら大丈夫と思って油断するとちょっと危険かもしれません。 まずは、妊娠中のいつ頃から起こるのかをみてみましょう。 貧血はいつから起こる 妊娠中期から妊娠後期にかけて貧血になりやすくなります。 なぜなら、お腹の中の胎児が大きくなるにつれて酸素や栄養も多く必要となるからです。 しかし、普段から貧血気味の方は妊娠初期の段階から貧血と診断される場合も。 鉄欠乏性貧血とは 妊娠中の貧血は主に「鉄欠乏性貧血」と呼ばれます。 これは、妊婦さんの鉄分が不足することで起こる貧血です。 鉄分は赤ちゃんと胎盤を成長させるために必要になります。 妊娠中に貧血になりやすい理由は主に3つです。 赤ちゃんを守るため お腹の中の赤ちゃんは血液から酸素や栄養を吸収します。 妊娠中は赤ちゃんを優先するので、母体は栄養不足気味になり貧血に。 血液が変化するため 妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けようと血液量が増えます。 しかし、血液の中の赤血球の増えるスピードが追い付かないということに。 血液の量が増えても、濃度が薄くなるので貧血になるということです。 つわりの影響 つわりになると、食事が思うようにとれなくなる方がいらっしゃいます。 その結果、栄養が不足してしまい貧血になります。 赤ちゃんへの影響は? 貧血が起こることで胎児への影響はあるのでしょうか。 実は軽い症状と重い症状の場合で違ってきます。 症状の重さは病院でわかりますので自己判断はしないように。 軽度の場合 軽い症状の場合は特に注意する必要はありません。 なぜなら、赤ちゃんは自分に必要な鉄分などを確保しようとするからです。 ママが少し貧血になっても胎児の成長には影響がないといわれています。 重度の場合 重い症状の場合は注意が必要です。 十分な酸素や栄養が赤ちゃんに届かなくなることで、発育に影響することで早産になることも。 また、お産での出血が多くなると、ショック症状が起こる場合もあります。 貧血を治療するには? 妊娠中に貧血と診断される方は約70%ぐらいだといわれています。 軽い症状だと思っていても、めまいで倒れてしまい危険なことも。 できるだけ、貧血による症状にならないようにすることが大切です。 食事療法 基本的には食事を改善することで貧血を抑えます。 妊娠中の貧血は、鉄の不足が主な原因です。 鉄分をたっぷりとるようにするといいでしょう。 また、鉄分を吸収しやすい栄養素もとることも大事です。 薬物療法 つわりなどで栄養が十分とれない場合には鉄剤が処方されることも。 鉄剤は赤ちゃんへの影響はないので安心です。 しかし、副作用もあるので体に合わない場合は医者に相談するようにしましょう。 鉄剤による主な副作用• 胃が気持ち悪くなる吐き気• 便秘や下痢 貧血を防ぐ栄養分は? 妊娠中の貧血を防ぐには鉄分が重要です。 しかし、鉄分は吸収されにくい栄養素なので食べ合わせも考えましょう。 鉄分を意識して食事のバランスを考えると徐々に貧血を改善できます。 貧血でとりたい栄養分• 鉄分(ヘモグロビンの原料)• タンパク質(鉄の吸収を助ける)• ビタミンC(鉄が吸収されやすくなる)• ビタミンB6(たんぱく質の合成を助けて、ヘモグロビンを生成する)• ビタミンB12(葉酸と共にヘモグロビンの生成を助ける)• 葉酸(ビタミンB12と共にヘモグロビンの生成を助ける) 貧血で避けたい成分 鉄分の吸収を妨げるタンニンはできるだけ一緒にとらないようにしましょう。 主に緑茶や紅茶、ウーロン茶に含まれます。

次の

【医師監修】妊娠中の貧血の症状と原因とは!?おすすめの改善レシピもご紹介!!

妊娠 貧血 対策

妊娠中の貧血になると、どんな症状が? 心臓から送り出された血液は、酸素や栄養分だけでなく、ホルモンや熱などを運搬する重要な役割を担っています。 しかし、貧血の場合は、酸素を運ぶ血色素が不足するため、全身に酸素がうまく行き渡らなくなります。 これを補うために心臓がいっそう動くことで、動悸やめまい、息切れなどの症状が見られるようになります。 身体もなんとなくだるくなったり、疲れやすくなったりします。 お腹の赤ちゃんに影響がある? 貧血の程度にもよりますが、妊婦自身だけでなくお腹の赤ちゃんへも影響が出てくるケースがあります。 赤ちゃんは、母親の血液が運ぶ酸素を胎盤やへその緒を通して吸収・呼吸をしています。 そのため、妊婦が強い貧血になれば、赤ちゃんが酸素不足に陥るリスクがあります。 貧血によって胎児の発育に影響がでる可能性もあります。 ただし、妊娠中期以降の軽度な貧血では、低出生体重児となる可能性はそれほど高くありません。 妊娠中に貧血の原因とは!? 貧血とは、血液の中にある赤血球や血色素が正常より少なくなっている状態を指します。 中でも妊婦さんによく見られるのは、鉄欠乏性貧血です。 妊娠中の女性が鉄欠乏性貧血を起こす理由として、お腹にいる赤ちゃんを育てるために、鉄需要が増加することが挙げられます。 これは赤ちゃんや胎盤などに供給するための血液が必要になる上に、分娩や授乳に向けて備えるためです。 年子を出産する場合は、より鉄欠乏性貧血になりやすいといわれているため、注意しましょう。 妊婦健診では妊娠初期、中期、後期に血液検査を行いますが、妊娠中に循環血液量は徐々に増加し中期に最低値となります。 妊娠初期で7. 0mg、妊娠中期・後期では17. 5mgの鉄を、日々摂取することが望ましいですが、その摂取量をなかなか達成できない妊婦さんも少なくありません。 妊娠後期や臨月の貧血に注意! 妊娠後期には、出産に備えて体液量が増加します。 初期の頃より約2. 5キロ分増えるといわれていますが、これは純粋に水分のみが増えるだけで、血液に含まれる白血球や赤血球などが増えるわけではありません。 ですから、血液が薄まった状態となって相対的に貧血になりやすくなります。 また、妊娠後期にはお腹の赤ちゃんは急速な成長を遂げます。 赤ちゃんの成長には鉄分が必須であり、より多くの鉄分が赤ちゃんに渡されることでお母さんの鉄分不足が加速して貧血になりやすい状態となるのです。 食事を見直して、貧血を改善しよう! 妊娠期は、母体の健康と赤ちゃんの発育のために、特に食生活には気をつけて栄養素をしっかり摂ることが大切です。 赤身の肉や魚などの鉄を含む動物性食品を、積極的に取り入れましょう。 日本人が食事で摂取できる鉄のおよそ85%以上が、吸収率の低い非ヘム鉄であるといわれています。 非ヘム鉄の吸収率は、たんぱく質やビタミンCの摂取量が増えると高まることがわかっているため、食品の組み合わせ方にも気をつけることをおすすめします。 妊婦さんの貧血改善のおすすめレシピ 妊婦さんが貧血になると、病院で鉄剤が処方されることが多いです。 しかし、鉄剤は吐き気や便秘などの副作用もあるため、なるべくなら飲みたくないという妊婦さんも多いですよね。 鉄分は多くの食材に含まれていますから、日ごろからそれらを意識的に摂るようにすれば貧血対策につながります。 そこで、貧血予防や改善に役立つおススメレシピをご紹介します。 低カロリーなのでおかずの追加の一品に加えても安心です。 新人や油揚げ、ひじきなどの具材を油で炒め、酒や醤油、みりん、砂糖などでお好みの味付けをし、煮汁がなくなるまで煮詰めたら完成です。 お浸しにすると低カロリーで、さっぱり味。 つわりがひどい時にも食べやすいおススメの一品です。 ほうれん草はしっかりとあく抜きをします。 あくがある状態だと尿管結石などを生じやすくなりますから注意しましょう。 あく抜きをしたほうれん草を適当な大きさにカットして、めんつゆや醤油でお好みの味付けにすれば完成です。 鰹節をかけると、カルシウムも摂ることができますね。 牛肉にもピーマンにも鉄分が豊富に含まれていますから、貧血の強い味方です。 メインの一品で貧血対策を行うことができます。 牛肉を醤油、お酒で味付けして片栗粉をまぶしたものをピーマンと一緒に炒めるだけで完成です。 ピーマンの量を増やすとカロリーダウンになります。 おわりに:ちょっとした工夫で貧血対策は可能 妊娠中の貧血は、少しの工夫をするだけで対策が可能です。 日頃の食生活に気を配りながら、赤ちゃんに必要な酸素や栄養素を与えてあげられるようにしましょう。

次の