コロナ 越谷。 <新型コロナ>越谷市、一人親世帯などに5万円給付 予算規模6億2千万円超を専決処分 中小企業も支援

新型コロナ 越谷市立病院、スクリーニング開始 発熱患者など 臨時の受付テント /埼玉

コロナ 越谷

) 1 中小企業基本法に規定する中小企業者で、越谷市内に主たる事業所を有する者• 法人 登記事項証明書における本店が 「越谷市」であること。 または、直近の確定申告書別表一における納税地が 「越谷市」であること。 個人事業主 令和元年分所得税青色申告決算書(一般用)、または、令和元年分収支内訳書(一般用)における事業所所在地が 「越谷市」であること。 2 令和元年 2019年 以前より事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思のある者。 3 確定申告を行っている者。 ただし、令和元年 2019年 中に法人を設立し確定申告を完了していない者を除く。 4 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は越谷市暴力団排除条例第3条第2項に規定する暴力団関係者が関与している者でないこと。 5 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「性風俗関連特殊営業」、当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う者でないこと。 6 政治団体でないこと。 7 宗教上の組織又は団体でないこと。 8 支援金の趣旨・目的に照らして、支援金を交付することが適当でないと市長が認める者でないこと。 提出書類 1 越谷市事業継続支援金申請書(兼)請求書 2 本人確認書類(発行から3か月以内のもの)• 法人 登記事項証明書(履歴事項全部証明書又は現在事項全部証明書)の写し• 個人事業主 運転免許証、マイナンバーカード(表面)、健康保険証、住民票のいずれかの写し 3 令和元年 2019年 3月~5月の月別の売上及び確定申告を行っていることを示す書類• 個人事業主• 青色申告者:令和元年分「確定申告書B第一表」及び「所得税青色申告決算書(一般用)」の写し• 白色申告者:令和元年分「確定申告書B第一表」及び「収支内訳書(一般用)」の写し 4 令和2年 2020年 3月~5月の月別の売上を示す書類• 法人・個人事業主 令和2年 2020年 3月~5月の月別の売上を示した帳簿等の写し 5 振込先口座の通帳の写し 6 その他、越谷市が必要と認める書類.

次の

埼玉県越谷市の北辰病院の看護師がコロナ感染!感染ルートや行動歴、場所はどこ?

コロナ 越谷

) 1 中小企業基本法に規定する中小企業者で、越谷市内に主たる事業所を有する者• 法人 登記事項証明書における本店が 「越谷市」であること。 または、直近の確定申告書別表一における納税地が 「越谷市」であること。 個人事業主 令和元年分所得税青色申告決算書(一般用)、または、令和元年分収支内訳書(一般用)における事業所所在地が 「越谷市」であること。 2 令和元年 2019年 以前より事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思のある者。 3 確定申告を行っている者。 ただし、令和元年 2019年 中に法人を設立し確定申告を完了していない者を除く。 4 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は越谷市暴力団排除条例第3条第2項に規定する暴力団関係者が関与している者でないこと。 5 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「性風俗関連特殊営業」、当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う者でないこと。 6 政治団体でないこと。 7 宗教上の組織又は団体でないこと。 8 支援金の趣旨・目的に照らして、支援金を交付することが適当でないと市長が認める者でないこと。 提出書類 1 越谷市事業継続支援金申請書(兼)請求書 2 本人確認書類(発行から3か月以内のもの)• 法人 登記事項証明書(履歴事項全部証明書又は現在事項全部証明書)の写し• 個人事業主 運転免許証、マイナンバーカード(表面)、健康保険証、住民票のいずれかの写し 3 令和元年 2019年 3月~5月の月別の売上及び確定申告を行っていることを示す書類• 個人事業主• 青色申告者:令和元年分「確定申告書B第一表」及び「所得税青色申告決算書(一般用)」の写し• 白色申告者:令和元年分「確定申告書B第一表」及び「収支内訳書(一般用)」の写し 4 令和2年 2020年 3月~5月の月別の売上を示す書類• 法人・個人事業主 令和2年 2020年 3月~5月の月別の売上を示した帳簿等の写し 5 振込先口座の通帳の写し 6 その他、越谷市が必要と認める書類.

次の

<新型コロナ>越谷市、一人親世帯などに5万円給付 予算規模6億2千万円超を専決処分 中小企業も支援

コロナ 越谷

埼玉県越谷市で27日、ドライブスルー方式による新型コロナウイルスのPCR検査が始まった。 市と医師会が独自に共同開設した「越谷市地域外来・検査センター」で、負担過剰気味の保健所の業務を助ける。 県外で導入が始まり、県も「発熱外来PCRセンター」の開設で検討中というドライブスルー方式とは、どういう検査か、越谷市で取材した。 市夜間急患診療所の駐車場で、やってきた車を職員が誘導して停車させた。 25日あったリハーサルの様子だ。 職員が窓越しに保険証を確認した後、防護服やフェースシールドを着けた医師が窓を開けるよう指示。 顔をのぞかせた対象者に「マスクをずらして鼻を出して下さい」。 窓越しにスワブ(医療用綿棒)を入れて、検体を採取した。 その間5分ほど。 検体は県内の民間検査機関に運ばれ、結果が出るまで2日間かかるという。 初日は5人が訪れた。 検査は希望者ではなく、市内の医療機関で医師が「感染し軽症の疑いがある」と判断した人に限られ、医師が同センターを予約する。 「中等症」あるいは早急に検査が必要と判断した場合は、これまで通り保健所の帰国者・接触者相談センターに連絡する。 ドライブスルー方式は、患者との接触時間が短く、医療従事者の感染の恐れを最小限に抑えることができる。 そのため、徒歩や自転車での来場はできない。 越谷市の同方式検査は、当面、日曜と休日を除き5月末までの13~15時。 市医師会が会員から輪番で医師2人、看護師2人、事務員8人(うち3人は市職員)を現場へ派出する。 (春山陽一).

次の