サンデーうぇぶり pcで読む。 ‎「サンデーうぇぶり」をApp Storeで

『ハヤテのごとく!』『史上最強の弟子ケンイチ』『結界師』の全巻が無料で読める! 漫画アプリ『サンデーうぇぶり』にてキャンペーンが開催中

サンデーうぇぶり pcで読む

小学館は春休み応援企画として、漫画アプリ「サンデーうぇぶり」上で人気コミックスの全巻無料配信を実施しています。 第一弾は「ハヤテのごとく」「史上最強の弟子ケンイチ」「結界師」の3作品で、2020年3月7日までコミックス全巻を無料で閲覧可能です。 「サンデーうぇぶり」は小学館が提供する漫画アプリで、iPhone、Androidに関わらず基本無料で利用できます。 追加作品と公開期間は以下のとおりです。 3月8日(日)から3月14日(土)「MAJOR」「サイケまたしても」• 3月22日(日)から3月28日(土)「GS美神」「リベロ革命」「うしおととら」 関連記事 無料で読める単行本コーナー アプリを起動したときに表示されるトップ画面の中段くらいの場所に、「無料で読める単行本」のコーナーがあります。 今回の春休み企画の対象作品も、この欄にまとめられています。 サンデーうぇぶりのシステム サンデーうぇぶりは他の漫画アプリと同様に、毎日一定量の漫画が無料で閲覧できます。 サンデーうぇぶりでは コイン・ポイント・チケットの3種類を使い分けるシステムで、それぞれの役割は以下のとおりです。 アプリ内から購入。 広告閲覧、アプリのイベント、コイン購入時などに付与。 作品ごとに毎日1枚配布。 他の漫画アプリではあまり見かけない 作品ごとに毎日チケットを1枚配布する仕組みで、多くの種類の作品をつまみ食い的に無料で読めるのが特長です。 ただ作品ごとに1日に無料で読める量は1話程度で、続きを読むには1日待つか、すぐに読みたい場合は有償コインを購入するかたちになります。 スポンサーリンク 無料チケットでかなりの量が読める 他の漫画アプリにはない独自のチケットシステムが、最初使うときにややわかりにくいかもしれませんが、その分無料で読める量が多くなっています。 今回のキャンペーン以外でも単行本まるごと配信なども行われており、ちょっとした空き時間などに読むには無料分だけでも十分な量です。 オールドファンには懐かしい過去の名作も多く配信されているので、興味のある方はチェックしてみてください。 関連記事.

次の

「サンデーうぇぶり」アプリのおすすめ漫画を紹介!

サンデーうぇぶり pcで読む

大盛り上がりの全国高校野球選手権大会に合わせて、高校野球マンガを大特集! 全タイトル合計で460話分を無料開放いたします。 ラインナップ• 『MAJOR』満田拓也:200話無料• 『MIX』あだち充:30話無料• 『』田中モトユキ:100話無料• 『』寒川一之:100話無料• 『』福井あしび:10話無料• 『』伊藤しろ:20話無料 2. 新規インストールで100話分読めるポイントプレゼント! 新規に「サンデーうぇぶり」をインストールすると、100話分読めるポイント(3,000ポイント)をプレゼント! リニューアル前にすでにインストールしている皆様にもボーナスがあります。 サンデー作家のサイン入りTシャツがもらえるTwitterキャンペーン! をフォロー&キャンペーンツイートをRTすると、抽選で10名様以上にサンデー作家のサイン入りTシャツをプレゼントします! 4. チケットアイコンが表示されている話は、チケットを使用して読むことができるようになります。 チケットは1作品につき1枚、23時間ごとに配布されます。 つまり、チケットを使えば毎日無料で全作品1話読むことが可能になりました! 「サンデーうぇぶり」概要 小学館の「少年サンデー」「ゲッサン」「サンデーGX」3誌が運営する毎日更新のWEB漫画サービス。 WEBサイト PC/スマートフォン 、ならびにアプリにてサービスを展開中。 アプリは200万DLを突破。

次の

‎「サンデーうぇぶり」をApp Storeで

サンデーうぇぶり pcで読む

Google Playでダウンロード 小学館がサービスを提供している「サンデーうぇぶり」は、webサイト版とスマートフォン・アプリ版があります。 また、「サンデーうぇぶり」のみで公開・連載中の作品もあります。 サンデー3誌の掲載作品ということで、ジャンルは少年/青年マンガが中心なのですが、新旧のアニメ化原作も多く、性別問わず、幅広い年齢層が楽しめるのも特長でしょう。 まずは、「サンデーうぇぶり」で掲載中のオススメ6作品をピックアップしてみます。 「さんでーうぇぶり」のオススメ作品 サンデーと言えば、やっぱりこれ!大人気アニメの原作、コナン! ~名探偵コナン 説明不要の人気キャラクター、「身体は子ども頭脳は大人」の名探偵・江戸川コナンが大活躍するミステリーコミック「名探偵コナン」。 謎の組織に飲まされた薬のせいで子どもの姿になってしまった高校生探偵工藤新一が、幼なじみの毛利蘭、その父親で私立探偵をやっている毛利小五郎、隣人の阿笠博士たちと共に、「江戸川コナン」として数々の難事件に挑みます。 「少年サンデー」の看板作品でありアニメも大人気の本作品ですが、「最初の話を知らない」という人もいるのではないでしょうか。 1巻から最新93巻の単行本の電子版購入も可能です。 懐かしいと言う人も知らないという人にオススメ。 高校野球マンガの名作 ~タッチ 1980年代に連載され、アニメ化もされたあだち充先生の代表作「タッチ」。 対照的な性格の上杉達也と双子の弟・和也、そして幼なじみの浅倉南の三人を中心とした高校野球グラフティは当時大人気となりました。 アニメを見ていた人も、名前だけ知っているけど読んだことないという人も、サンデーうぇぶりで読むことが出来ます。 語り継がれている数々の名シーンをぜひコミックスで堪能してみましょう! 現在、毎日1話ずつが掲載更新実施中(1~3話と更新最新話は無料、他はコインを消費)。 またコミックス全26巻の電子版も購入可能です。 根強いファンがいるライトノベル原作の「され竜」コミック版 ~されど罪人は竜と踊る 輪舞 咒式(じゅしき)と呼ばれる術を駆使する咒式士たちと最凶の能力を持つ誇り高き竜族との戦いを描いたライトノベルが原作の作品です。 スタイリッシュな絵柄で綴られる独特世界観と迫力満点のアクションが魅力のコミック版は、サンデーうぇぶりで現在連載中。 1~3話と最新話が無料、他はコインを消費して各話を読むことも出来ます。 単行本は1巻が発売中。 もちろん、電子版購入可能です! 新撰組がまさかのタイムスリップで戦国時代は桶狭間の戦いに参戦!? Webコミックと侮るなかれ、骨太かつ緻密な筆致で描かれる硬派な本作品はサンデーうぇぶりにて連載中。 1~3話と最新話は無料、他はコイン消費で各話を読むことができます。 単行本は既刊2巻が電子版で購入可能です。 明治維新後の日本によく似た「八国」を舞台に繰り広げられるピカレスクロマン活撃 ~新世のリブラ 日本に似て異なる国「八国」では、明治維新において民の平等を謳い、新しく「貴族制度」を敷いたが、実態はより格差が大きくなっていました。 貴族たちに虐げられる下層民である二十歳の青年「鈴(せず)」は、自分と容姿がそっくりであるという理由だけで影武者となれと強要してきた侯族・間宮薫に成り代わり、生まれ故郷の里を守るため、剣の達人であるイノと共に奔走します。 頭脳派の鈴と武闘派のイノのコンビが綱渡りしながら侯族・間宮家の乗っ取りを謀る冒頭はヒヤヒヤしっぱなし。 政府高官の北方謂弼との出会いをきっかけにしていよいよ国政の中枢である太政館への出入りが許されますが、いきなり財政問題を突きつけられます。 素性を隠して政府高官たちと腹の探り合いを繰り返し、鈴たちはどこまで理想の実現に突き進むことが出来るのでしょうか。 コミックスは既刊4巻、現在1~3話及び最新話は無料公開中。 また、コイン利用で全話閲覧可能です。 隔週金曜日更新。 1年後、先輩を追って同じ高校に入学したが、やっぱり弟扱いは変わらない。 明斗とゆい子先輩を中心とした高校生たちの、「ひとつばな」の暗喩を下敷きにした、ダーク・ビターな恋模様。 それと、ちょっとエロいよゆい子先輩。 ジャンルとしてはダウナー系ラブストーリーですが、明斗が経験値低いせいでかなり振り回されている感じがします。 ゆい子先輩という「ひとつばな」を手に入れるためなら「地位も名誉も、常識さえも捨て去ってしまう」悪い男になるのか?!なれるのか明斗!? 他にも数多くの作品が掲載されている「サンデーうぇぶり」。 掲載作品は小学館のサンデー3誌を中心としている点、PCで閲覧できるweb版とスマートフォンでの閲覧が可能なアプリ版があるという点が大きな特徴となっています。 「サンデーうぇぶり」は、小学館が提供するサービスで、かつサンデー3誌掲載作品が中心です。 ご紹介した「名探偵コナン」や「タッチ」の他にも、「犬夜叉」や「ムシブギョー」など、数々の作品を読むことが出来ます。 逆に言えば、web・アプリでサンデー掲載作品が閲覧出来る唯一のサービスですので、 「むかし、サンデー本誌で読んだけどまた読みたい」という作品がある人にはインストール必須でしょう。 また、「週刊少年サンデー」と「ゲッサン!」、「月刊サンデーGX」3誌の電子データ版の購入も可能です。 なお、小学館が配信しているマンガサイトには「裏サンデー」があり、そのアプリ版が「Mangaワン」となっています。 「サンデーうぇぶり」では「裏サンデー」の掲載作品は閲覧出来ないのでご注意を。 webサイトとアプリでのサービス提供 「サンデーうぇぶり」は、PCで見ることが出来るwebサイト版と、スマートフォン・アプリ版とがあります。 無料マンガ配信サービスでwebとモバイルの両方を展開しているのは、少数派ではないでしょうか。 「サンデーうぇぶり」は、アプリ版はストアからのダウンロード、webサイト版は会員登録制となっています いずれも無料。 また、webサイト版とアプリ版の同期も可能です。 webサイト版は、登録作品の検索と無料公開作品の閲覧、コミックスの試し読みは、実は会員登録・ログインしなくても利用出来るようになっています。 サービス利用前に読みたい作品が掲載されているかどうか、気になる作品の試し読みが出来るので、利用を検討している方は、webサイト版を先にチェックしてみることをおすすめします。 また、通常は有料の単行本が、キャンペーンで期間・巻数限定で無料公開されることもあります。 閲覧形式は、レンタル形式の「話」と、購入形式の「巻」・「雑誌」の2パターン サンデーうぇぶり掲載作品は、無料の他、コインを消費して作品を読むことが出来ます。 その際、1話ずつレンタルで読む「話」と、コミックス1巻分及び雑誌1冊分を購入して読むことになる「巻」・「雑誌」の2パターンがあります。 「話をレンタル」で読む 3種類のコインのいずれかを消費して読むことが出来ます。 こちらはレンタル形式で、レンタル期間は3日間となっています。 ページ数によって必要なコイン数は変わります。 「巻で買う」または「雑誌を買う」 有料の「金のコイン」を消費して読むことが出来ます。 こちらはデータを購入する形となっており、購入後は「マイページ」の本棚からいつでも閲覧が可能です。 なお、webサイト版、アプリ版いずれも専用ビューワーを通じての閲覧になります。 プロバイダとの契約に準じたデータ通信料が別途発生します。 通信環境が悪いと閲覧出来ない場合がありますのでご注意を。 検索機能と無料公開をうまく使って、読みたい作品を探そう 作品名や作者名で読みたい作品を探そう webサイト版、アプリ版のいずれも、トップページの一番上のところに虫眼鏡のマークがあります。 ここで作品・作者検索が可能ですので、読みたい作品がある場合は、こちらで探すことが出来ます。 また、検索機能は「マイページ」で利用することも出来ます。 また、「巻」・「雑誌」は冒頭一部の「立ち読み」が可能です。 「お気に入り」機能を有効活用しよう! 無料公開で読んだ作品が気に入ったら、「お気に入り」にしておくことをおすすめします。 「お気に入り」はトップページの「お気に入り」タブで確認することができますので、レンタル期間が終了した作品をあとで探すときに便利です。 web版 無料でどこまで読める? ~「サンデーうぇぶり」で使用するコインの種類について 「サンデーうぇぶり」内で使用できるコインは3種類あります。 フリーコイン 無料コインです。 「話をレンタル」でのみ使用可能です。 登録もしくはアプリダウンロード時点で配布されます。 消費すると15分に1枚のペースで回復しますが、保有数に制限があります。 保有上限数は「レベル」が上昇するとアップします。 なお、1日1回だけチャレンジできるスロットゲームでフリーコインの回復ができますが、保有数上限以上は持てません。 スロットゲームをチャレンジする前に、フリーコインを消費しておくことをオススメします。 ボーナスコイン 無料コインです。 「話をレンタル」のみで使用可能です。 Webサイト版では、「金のコイン」を購入すると、ボーナスコインが配布されます。 配布枚数は購入金額によって変わります。 アプリ版では「サンデーうぇぶり」のアプリをインストールすると2,000ボーナスコインがプレゼントされます。 その他には、連携しているアプリのインストール等で獲得することが出来ます。 金のコイン 有料コインです。 「話をレンタル」及び「巻」・「雑誌」の購入での使用が可能です。 Webサイト版ではクレジットカード決済、アプリ版ではアプリストアでの決済方式が適用されます。 webサイト版とアプリ版の同期機能について Webサイト版とアプリ版の同期ですが、iOS端末のみ、同期が可能。 メリットは同期すると、本棚のデータが共有されますので、購入した単行本・雑誌をPCとiOS端末の両方で楽しむことができます。 デメリット コインについては、フリーコインとボーナスコインは同期しますが、金のコインはweb版とアプリ版の同期はしません。 「巻で買う」、「雑誌を買う」を利用する場合は購入したデータの管理上、同期した方が便利ですが、「話をレンタル」のみの利用の場合は、アプリとwebでフリーコインが別々に入手できることも考えると、同期の必要性は低いと言えるでしょう。 詳しくは、webサイト版及びアプリ版の「」をご確認ください。 アプリ版は、インストール後にアプリ内で確認することが出来ます。 さんでーうぇぶりの操作性について 操作性については、まだ改善して欲しい点がいくつかあります。 まず、web/アプリ版共に「閲覧履歴」の確認が出来ないのがわりと解せません。 webはブラウザの閲覧記録があるからまだしも、アプリ版はなぜマイページに「閲覧履歴」がないのでしょうか。 「お気に入り」のチェックをし忘れると、もう一度読みたくなてもタイトルを覚えてないと探せないので不便です。 また、アプリ版は、本棚及びマイページからトップに戻る操作がわかりにくいです。 特にいくつかページを見た後にマイページに行って、そこからトップに戻る場合の操作が不便です。 本棚及びマイページ内に、タップ一つで「トップに戻る」の動作ができるボタンがあればいいのになあと感じます。 さんでーうぇぶりの使い勝手、ラインナップまとめ 「サンデー3誌」掲載作品に特化したアプリなので、 サンデー掲載作品ならほぼ確実に閲覧が可能という点は大きなアドバンスだと思います。 アプリオリジナルの作品は、webマンガにありがちな欠点(背景がない、立ち絵中心で動きがない、ストーリー展開が唐突、など)がある作品もありますが、書籍化を期待したい作品や「巻」で買っても損はない作品もいくつかあります。 歴代サンデー連載作品といえば、高橋留美子先生の「うる星やつら」「犬夜叉」、「ムシブギョー」などのアニメ化作品、先頃連載が終了した「マギ」などの人気作品がたくさんあります。 これらの作品を読みたいけど、「巻数が多いから書籍で買うのはちょっと・・・」という人に特におすすめです。

次の