グーグル レンズ。 「Googleレンズ」アプリが面白い!カメラに映したテキストをコピーしたり、商品や動物などを画像検索したり。リアルタイム翻訳もできるぞ

【iPhoneも使える!】グーグルレンズで写真やテキストを検索!景色の場所も特定できる!?

グーグル レンズ

グーグルレンズは、グーグルが提供する 画像認識アプリです。 どんなスマートフォンでも、以下に説明する方法で、 簡単に使用することができます。 1.「グーグルフォト」から用いる方法 (1)アンドロイド端末でもiPhoneでも 「グーグルフォト」をダウンロードして、最新版に更新してあれば、グーグルレンズを使えます。 グーグルフォトに保存してある写真を開くと下に表示されるマークの右から2番目(ゴミ箱マークの左)が、 グーグルレンズのアイコン(ボタン)です。 これをタップすると、写真を認識して、情報を取り出してくれます。 (2)「グーグルフォト」は、できます(無料)。 2.検索ウインドウから用いる方法 アンドロイド端末でもiPhoneでも、 、そこからグーグルレンズを使えます。 (1)iPhoneの場合 Google 検索ウインドウの右端に表示されているマークの右から2番目が グーグルレンズのアイコンです。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 (2)アンドロイド端末の場合 Google検索ウインドウの右端のマークをタップし、開かれた画面の下にある・・・・マークをタップすると、下のように、 グーグルレンズのアイコンが現れます。 これをタップして開かれる画面で、グーグルレンズを使えます。 3.カメラのアプリから用いる方法 アンドロイド端末の場合、カメラ > その他 を選択すると、Googleレンズのアイコンが現れます(これが、これまでのGoogleレンズの標準的な使い方でした)。 4.どのように使い分けたらよいか? 上記のように、いくつかの方法によってグーグルレンズを使うことができますが、つぎのように使い分けたらよいと思います。 (1) とりあえず写真をとり、あとから画像認識したい場合は、 1の方法(グーグルフォトで使う)がよいでしょう。 名刺の画像認識には、この方法が便利でしょう。 また、も、この方法が便利です。 (2) 目の前にあるものについてすぐに知りたい場合には、 2または3の方法が便利でしょう。 何らかの理由で グーグルフォトを利用したくない場合には、この方法がよいでしょう。 *以上の使用法は、私が持っている端末についてのものです。 端末によっては、若干異なるかもしれません。 *Googleの 公式説明は、。

次の

Googleレンズとは?使い方や機能について徹底解説!!|モノログ

グーグル レンズ

なお、2019年11月現在iOS(iPhone、iPad)ではリリースされていないようです。 Googleレンズを起動すると、通常のカメラと似たような画面に。 画面下部のボタンはそれぞれ映したものをどう調べたいかを表しており、左から翻訳、文字(テキスト)、自動認識、ショッピング、食事となっています。 試しに、「文字」で私の名刺の裏側を読み取ってみると……URLやテキストをあっという間に読み取り認識したらしい。 マジですか…? URLは個別に認識しているので、記載されている私のブログやFacebookページにそのままアクセス可能。 ディスプレイに映しているテキストをタップや範囲選択すれば、コピーや検索も思いのまま。 Googleレンズに映した商品やファッションが何なのか?調べる 「ショッピング」ボタンを使えば、Googleレンズに映しているその商品が何であるかを即座に探し出してくれます。 買ったばかりのPS4ソフト「」のパッケージで試してみると、『これだろ?知ってるよ』と言わんばかりに言い当てやがりました。 やるなGoogleレンズ。 その辺にあったものをいくつかショッピング検索してみましたが、どれも問題なく当ててくる。 おそらくGooglebotがネット上で収集した情報に基づいているので、ネット上にある程度画像がアップされているものなら精度高く認識可能だと思われます。 ヴィトンのWebサイトにアクセスし適当なバッグを映してみたところ、商品名は出てこないもののおそらく同製品だと思われるバッグが販売されているサイトを提示してくれました。 実際に試していないのでどこまで可能かはわかりませんが、例えば芸能人が着ている服や身につけているものなどをこのGoogleレンズで調べる、といったこともできそう。 観光スポットの詳細、動物や植物や料理の種類もわかる 観光スポットのランドマークなどに向けて使えば、その場所の詳細や評価、マップについてもすぐに調べることができます。 試しに私が書いた旅行記事の写真をパソコンの画面に映し、Googleレンズをかざしてみました。 マレーシアのも、かの有名なも、Googleレンズは難なく認識。 動物の種類だってわかっちゃいます。 撮影した写真にGoogleレンズを向けてボタンを押すと、動物の種類を推測して提示。 レッサーパンダはわかるけど、このペンギンはケープペンギンという種類だったのか、なるほどなー。 植物に対しても利用可能。 あくまで画像から推測するだけなので間違ったり迷うこともありますが、以下の2例においては第一候補で正解。 「食事」ボタンで料理の検索もできます。 以下の画像は、私が遭遇した3パターン。 一番左は、私が書いたグルメ記事の画像をGoogleレンズで映したもの。 すると私のブログ記事それ自体が候補に出てきて驚きました。 真ん中は、「はなび」の台湾まぜそばを映したら正しく「はなび」が検索結果として表示されたもの。 一番右は資さんうどん。 ちょっとこれは難しかったらしく、全く的外れな候補が出てきてしまいました。 がんばれGoogle。 外国語の文章や看板などをほぼリアルタイムに翻訳可能 おそらくユーザーにとって一番見た目のインパクトがあるのが、Googleレンズの リアルタイム翻訳。 例として、台湾でもらってきた龍山寺のパンフレットを使います。 英語、中国語、日本語の3ヶ国語で記載されており、今回は英語と中国語の部分をGoogleレンズで読み取り。 左が英語、右が中国語を映したときの画像。 英語や中国語の文章の上に日本語がバッと表示されるんですよ。 待ち時間ゼロ、というかほぼリアルタイムに。 なんだこれ……すごいぞ。 横持ちにしてみたところ。 海外旅行なんかに重宝しそうです。 翻訳した文章は原文とともに全文Google翻訳に送ったりコピーできるので、ずっとカメラに映しておかなくても大丈夫。 あとがき こんなに面白くて便利なアプリをこれまで知らなかったなんて。。。 先日台湾に行ったばかりなので、そのときに使ってみればよかった。 ……と過ぎたことを言っても仕方ないので、これからホーム画面に昇格させさまざまな場面で使ってみたいと思います。 Androidスマートフォンユーザーは誰でも利用可能なはずなので、ぜひ試してみてください!.

次の

Google レンズ

グーグル レンズ

Contents• 【iPhone】「Googleレンズ」の使い方 Photo: iStock by Getty Images iPhoneや,その他のiOSデバイスでも「Googleレンズ」を利用することができます.iPhoneやiOSデバイスで「Googleレンズ」を使う場合は,• Googleフォト• Googleアプリ のどちらかを利用します. すでに撮影している画像(デバイス内にある画像)をGoogleレンズで調べたい時は「Googleフォト」,今目の前にあるモノをGoogleレンズで調べたい時は「Googleアプリ」,のように使い分けると便利です. Googleレンズを使ってできること• 植物や動物の種類や名前を検索• 本の表紙から情報を検索• 画像から文字をテキスト化する• バーコードをスキャンする• 建物やランドマークから場所や住所を検索 植物や動物の種類や名前を検索 「Googleレンズ」の使い方の項目で紹介した方法を使えば,画像から植物や動物の名前を検索することができます. 花の名前,ワンちゃん・猫ちゃんの種類など,画像から様々な情報を調べることが可能です.魚の種類なども比較的精度が高いようです.ちなみに,最近カメラにハマっているのでレンズを画像検索してみましたが,こちらの検索精度はイマイチでした.(残念…) 本の表紙から情報を検索 本を検索するときも「Googleレンズ」は便利です.表紙を検索すればかなりの精度で書籍の情報がヒットするので,簡単にAmazonのリンクに飛んで購入したりすることができます. アプリもサクサク動くので,しばらくはAmazonアプリの画像検索ではなくGoogleレンズから書籍の検索をしてみようと思います. 画像から文字をテキスト化する 「撮った写真に写った文字を,テキストにできれば便利なのに」と感じるシーンは,結構多いのではないでしょうか?! 個人的におすすめなのが,Googleレンズを使ったテキスト認識.ウェブページのスクリーンショットや,本のページの画像などから,簡単にテキストを起こすことができます. もちろんテキストは,簡単にコピペで他のアプリに記録しておくことができるので,メモアプリやノートアプリと組み合わせて使うと,利用の幅がかなり拡がります. 文字をそのまま翻訳する Googleレンズで認識した文字は,そのまま翻訳することもできます.翻訳したいテキストを選択すると,「コピー」「検索」「翻訳」と選択肢が表示されるので,ここで「翻訳」をタップします. するとウェブ版のGoogle翻訳が起動して,そのまま選んだ言語に翻訳してくれます.Google翻訳のアプリとも使い方は似ているので,普段Googleで翻訳をしている人は,簡単に使いこなせると思います. バーコードをスキャンする 「Googleレンズ」では,バーコードのスキャンも可能です.書籍検索と同じように,バーコードから簡単に製品ページにアクセスすることができるので,目の前にあるバーコードを読み取ってネットショッピングするときにも最適です. 建物やランドマークから場所や住所を検索 有名な建造物やランドマークから,場所や住所を検索することもできます.建物の情報や営業時間なども,簡単に調べることができます. お店のレシートから店舗情報を調べたり電話を掛ける 建物やランドマークから検索する方法と似ているのですが,お店のレシートから店舗情報を調べたり,お店に直接電話を掛けたりすることもできます. 例えばスタバのレシート(電話番号が表示されている部分)をGoogleレンズで調べると,画面下に「検索」「共有」「通話」「マップ」と選択肢が表示されます.• 検索をタップ…お店の詳細を検索• 共有…友達などに情報を共有• 通話…お店に電話を掛ける•

次の