ストラディック 19 インプレ。 【シマノ】19ストラディック買っちゃった!15ツインパワーとの比較などインプレ。

【2019】ストラディック19のインプレ。シマノの本気を感じる作品

ストラディック 19 インプレ

やっぱり、ステラはステラで、ストラディックはストラディック。 というお話なんですが、決して ステラ万歳!なお話ではないですよ。 ステラとストラディック 巻き心地の差 満を持してマイクロモジュールギアを採用した19ストラディック。 その巻き心地は、 2万円クラスとは思えない滑らかさ。 初めて巻いた時には、思わず 「うわっ!!!」という声がこぼれてしまったほど 笑 ただ、ストラディックを巻いた直後にステラを使うと、やっぱり ステラはステラだわ、と。 なんというか、ストラディックよりも さらに密な巻き心地というか。 ギアとギアがみっちりと隙間なく噛み合っている感じ。 ハンドルのブレもないし、ローターが回るブレも感じない。 フラッグシップは揺るがないな、と。 スポンサードサーチ ステラvsストラディック デザインの違い 好みの問題っちゃ問題… 私は両方好きですが、 18ステラの独特の高級感は18ステラにしか出せないと思ってます。 フルメッキで流れるようなデザイン。 最高にカッコイイ。 ちなみに、このカッコよさは実際に手に取らないと伝わりません。 ガラスケースを除くのと、手に持つのでは、全く印象が違いました。 なので、お店で触らせてもらったらいいかもね。 ストラディックはステラには敵わないけど… やっぱりね、ストラディックはステラには敵いません。 巻き心地とかの機能面もそうだけど、独特のデザインだったり、所有感だったり。 ステラは特別な存在です。 まあ、 何万円も値段が違いますからね…。 違いが無いと困ります 苦笑 じゃあ、ストラディックは所詮安物(そこそこの値段するけど)なのか?と言われるとそうでもなくて…。 先程書いた巻き心地ですが、両方を使い比べるとやっぱり違いは感じますが、ストラディックを単独で巻くと、 全然不満のない巻き心地なんですよね。 ステラとの相対評価では差は感じますが、絶対評価では十分すぎるほどのクオリティ。 というか、実売2万円少々でここまでのクオリティに仕上げているのは、本当に凄いと思います。 値段と性能からリールの優秀さを考えた時、 工業製品という観点で見た時に優秀なのはステラだけど、 レジャー製品という観点で見た時に優秀なのは、ストラディックなのかも。

次の

【インプレ】19ストラディック買いました!

ストラディック 19 インプレ

シマノの本気。 つまり、 飛距離が伸びて、巻き心地が滑らかで静かになって、より防水性能を高めた という事! また、ギヤの強度も上がっているとか。 なので、これらが実売2万円クラスのストラディックに採用された事実が衝撃を持って市場に受け止められたのだと思います。 実質ハイエンドと変わらんやんって感じですよね! これ絶対売れますよね。 と、ここまで褒めちぎってきましたが、 恐らくですが、 これらの技術は、実際にはそう コストが掛かるものでも無いのだと思います。 ロングストロークスプールはただの形状変更で今後のシマノのスタンダードスプールになるでしょうし、ギヤ関係の変更はギヤ屋であるシマノに掛かればコスト的にかなり無理をした訳でもないと思われます。 つまり、ハイエンドの機能のうち、 ローコストで採用できる機能を盛り込んだのではと推察されます。 ですが、これだけ盛り込んだ事に対して、 シマノの本気 を感じますね。 ハイエンドにのみ採用された機能を下の価格帯の機種に降ろす事は、ハイエンド機の価値を下げる事になります。 という事は、シマノは今後のハイエンド機種に関して更なる技術革新を起こす必要があるんですよね。 既にその算段は付いているのかもしれませんが、より新しい良いものを作っていくんだろうなと感じます。 なので、私はシマノの本気を感じたんですね。 自分が求めるリール 好みの問題ですが、私がある程度釣りを続けてきて、リールを始めとしたタックルに求めるものは、 ストレス無く安心して釣りができる という事です。 なので、リールであれば、 ・壊れない ・防水性が高い といった感じで、「軽さによる感度」よりも「安心して使用できる頑丈さ」を重視するようになりました。 そういったタイミングだったので、この19ストラディック凄く良いと思いましたねー。 それで、 金属ボディである19ストラディックに対抗するダイワの頑丈な中価格帯のリールといえば、 多少の価格差はありますが19レグザでしょうか。 実売価格で、19ストラディックは20,000円位、19レグザは15,000円位だと思いますので、5000円位の価格差はあるので比べてはいけない気もしますが。 このレグザですが、ダイワユーザーである私の印象としては、 下位機種である18フリームスの金属版 という位置づけです。 金属ボディ以外は フリームスと機能が全く一緒なんですね。 なので、19ストラディックから感じたようなワクワク感が個人的に感じられないんです。 ですから、 ・上位機種の機能をふんだんに取り込んだ「19ストラディック」 ・下位機種である18フリームスの金属版「19レグザ」 と比較してしまうと、 約5千円の価格差があるにせよ、シマノの本気が感じられる19ストラディックがとても魅力的に映ります。 シマノの本気に対してダイワはどうする? シマノの本気を感じた19ストラディック。 ダイワユーザーの私からしても、うおー!凄そう!ってワクワクしました。 ロッドやリール等の道具類って使ってみたいっていうワクワク感も重要だと思うんですよ。 私もロングロッド用に4000番を1台買ってみようかなと思っています。 そして、19ストラディックがこれだけ進化したとなると、来年と噂されるツインパワーの新モデルもかなり期待大ですよね。 これに対して、今後ダイワはどう対抗していくのでしょうか? 今後も同じように「これだけ軽くなりました!」っていうLTコンセプトを継続してアピールしていくのでしょうか。 後はモノコックボディがどこまで降りてくるかですかね。 これまでも切磋琢磨してきた両社ですから、シマノの本気に対してダイワもきっとこれから良いものを出してくると思いますので、今後が楽しみです。

次の

【19'ストラディックインプレ】上位機種に迫る性能と抜群のコスパ

ストラディック 19 インプレ

2500番なら色々使い途あるしね〜と自分自身への言い訳をしながら・・・ いざ! 箱は白。 高級感はありません。 中身は・・・。 本体と説明書、分解図、調整用シム、あとよく分からないけど透明のシール?必要最低限のもののみ。 ハンドル装着! 見た目は、ザ・中級機という感じです。 目立つ差し色も無く、かと言って落ち着きのある雰囲気とも違う。 そう、地味なんです。 いい感じに地味。 (笑) な〜んか、ダイワっぽさを感じるのは何なんだろう。 スプール?色合い? マレーシア製。 そういえば『SHG』という表記なんですね。 前は『HGS』だったんですが。 19ステラSWと並べてみました。 ・・・・・。 15ツインパワー 無印 と並べてみました。 ちなみにストラディックの前モデルや派生モデルは持っていません。 右がストラディック。 ツインパワーはC3000HGSに2500Sのスプールを乗っけていますので、ボディもスプールも同じ番手です。 ストラディックもツインパワーも、アルミボディに高強度樹脂ローター。 ですが、ストラディックはフルアルミではなく強化樹脂とのハイブリッドボディ。 自重はストラディック220g、ツインパワー240gです。 ストラディックはビスが見える側が樹脂なので、高級感はやはりツインパワーが勝ります。 ちなみに定価の差は約15,000円。 こんだけ機能てんこ盛りなのに、ストラディックすげえ! ステラとヴァンキッシュにしか搭載されていなかったロングストロークスプールが採用されています。 ラインクリップがシンプルな形になっていて使い易そう。 スプールを入れ替えてみました。 互換性は無いので入れ替えての使用は出来ません。 気付いたこと ・ベールを起こすと・・・。 ローターのブレーキが強めで、ベールを起こしてハンドルを回そうとすると結構な抵抗がかかります。 ツインパワーとは明らかに違う感触。 マニュアルリターンのステラSWと同じ感じです。 そのままハンドルを回すとベールは返るのでオートリターンではあるのですが、ちょっと力を込める必要があります。 ただしキャスト時にハンドルが動いて稀に返ってしまったりという事はかなり防げそうで、個人的には嬉しい仕様です。 ・リジッドサポートドラグは非搭載 写真では分かりにくいですが・・・スプールとスプール受けにはベアリングが入っていません。 スプール受けはカスタム出来るとして、スプール内はおそらくベアリング追加出来ないので、この辺りは上級機種との差別化が図られています。 ・巻いた感じは・・・? 一言でいうと、 重っ!! ギアのグリスがまだ全然馴染んでいないからでしょうか。 マイクロモジュール云々よりも巻き始めの重さが気になって、あとは慣性で回る感じなので巻き心地がどうなのかさっぱり分かりません。 (笑)これは1日釣りに使って馴染ませないとダメですね。 というわけで、軽くですが触ってみた感想です。 まあ、マイクロモジュールもサイレントドライブも付いているとはいえ、マレーシア製なので過度な期待はしない方が良さそうです。 それでも全体的な質感などは良く出来ていると感じました。 ひとまずハンドルノブとスプール受けには簡単にベアリング追加出来そうなので、そこはカスタムしようかと思います。 ライバルは・・・やっぱりカルディアかな?実売価格はだいたい同じですね。 軽さは断然カルディアですが、ザイオンボディのカルディアに対しアルミボディのストラディックなので、この辺りは軽さと剛性どちらを取るかということになるでしょう。 でも2500番クラスで取れる魚は言うほど剛性とか必要か?現代の技術なら樹脂で充分じゃないか?と思ってます・・・。 15ツインパワーと比べてみると、搭載した機能だけで言えば19ストラディックの方が断然魅力的ですね。 来年あたりに発表となるであろう新しいツインパワーは、これを踏まえてスペックを充実させてくるんでしょうね〜。 そちらも早くも楽しみです。 (笑) で、結局のところ19ストラディックは買いなのか!? 買いでしょう!!! だってマイクロモジュールとサイレントドライブ搭載機種の中で一番安いんですよ!? ・・・と、言いたいですが、それは人によりけりですし、まだ使ってませんので分かりません。

次の