一人暮らし 部屋。 初めての一人暮らし|部屋探し前に知っておくべきポイントや注意点も紹介!

一人暮らしの部屋の広さ・間取り。現実的なところはコレだ!

一人暮らし 部屋

一人暮らしをしていると部屋の中で生活をしているのは自分一人だけなので、部屋がひどく汚れるといったことはあまり無いでしょう。 平日の昼間の時間は仕事や学校で自宅にはいません。 部屋で過ごす時間と言えば平日の夜と休日の日だけです。 一人暮らしをしている人の部屋の掃除の頻度は、休日の週に1回程度の人が多い 部屋で過ごす時間もあまり少ないので、1日掃除をしなかっただけで部屋が汚れてしまうということは滅多にありません。 そのため一人暮らしをしている人の部屋の掃除の頻度は、週に1回程度まとめて行っているという人が多くいます。 休日を使ってまとめて部屋の掃除をすれば、ゆっくりと掃除をする時間をとることができます。 休日に部屋の掃除をしておけば、1週間程度であれば掃除をしなくても問題なく過ごすことが出来るという人が多いようです。 毎日部屋の掃除をしたいけれど、仕事や学校が忙しくて平日には出来ないというひとも休日の時間を使って上手に部屋をキレイに保っているようです。 一人暮らしの休日の部屋掃除・手順をチェックしてみよう 一人暮らしをしている人が休日にまとめて部屋の掃除を済ませてしまおうと考えるのであれば、効率よく掃除を済ませてしまうことで休日という時間を掃除だけで終らせるのではなく、楽しむ時間もとることが出来るようになります。 一人暮らしの部屋を休日にまとめて効率よく掃除をするコツ 効率よく掃除をするときには、まずは部屋の片付けから行うようにしましょう。 部屋のあらゆる場所に物が置いてあると掃除がしにくいので、まずは物を元の場所に戻すなどして片付けをするところから始めます。 物を片付けるときには、物についている汚れやホコリなども落とすようにしましょう。 部屋の中の物を片づけることが出来たら、水廻りの掃除を始めます。 水廻りというのは部屋の中でも特に汚れやすい場所です。 そのため、台所周り、お風呂、洗面台、トイレなどを掃除してしまいます。 その次に、部屋のホコリやゴミを掃除していきましょう。 ホコリやゴミなどをキレイにするためには、部屋の上の方から掃除をしていきます。 ホコリやゴミは下に落ちていくので、最後に床などの部屋の下のほうを掃除するとキレイにすることができます。 一人暮らしの部屋を綺麗に保つためにしたい掃除の最低ライン 一人暮らしの部屋をキレイに保つためには、最低限掃除をしておきたいラインというものがあります。 その最低のラインとは、リビング、台所、お風呂、トイレの4ヶ所をキレイにしておくことです。 リビングという場所は、部屋での時間を過ごすときに多くの時間を過ごす場所になります。 部屋がワンルームなどの場合には、リビングと寝室を兼ねているという人もいるでしょう。 また、部屋に客人を呼んだときにも、リビングに通すことが多いはずです。 リビングという部屋は、暮らしの中心のとなる場所です。 そのためリビングは、最低限掃除をしておきたい部屋のひとつです。 また台所は自分が食べる食事を作る大切な場所です。 食事をしなければ人間は生きることが出来ません。 台所が汚いということは食事を十分に作ることが出来なかったり、清潔な食生活をすることが出来ません。 部屋に客人が来たときには、お茶のひとつを出すことも出来ず失礼をしてしまうかもしれません。 そのため 台所も最低限掃除をしておきたい場所のひとつです。 そして 、お風呂やトイレも重要な場所です。 お風呂は日々の身体の汚れを落としてキレイな状態にし、また疲れを癒す場所でもあります。 身体をキレイにする場所であるお風呂が汚い状態であると、お風呂に入りたい気持ちにはなれませんし、汚いお風呂では疲れを十分に癒すことも出来ません。 トイレも日々使用するので汚れやすい場所です。 これらの場所は最低限掃除をしておきたい場所です。 スキマ時間にできる簡単掃除!時間がないときでもできる掃除について 一人暮らしをしている人は休日にまとめて部屋の掃除をしている人も多いですが、平日にもあるスキマ時間を活用することによって、休日にまとめて行っている掃除を簡単にすることが出来ますし、スキマ時間の活用の仕方によっては休日に掃除をしなくても部屋のキレイさを保つことも出来るようになります。 スキマ時間を使って簡単に出来る掃除をしてみましょう! 人によって時間を取ることの出来るスキマ時間はそれぞれでしょう。 そのため自分がとることの出来るスキマ時間に応じて掃除をしてみましょう。 スキマ時間も無いという人は、30秒~1分程度であれば時間が取れそうではないでしょうか? 実は、30秒~1分程度のスキマ時間でも出来る掃除はあります。 上手にスキマ時間を見つけて活用してみてください。 スキマ時間で掃除をするコツとしては、多くのことをやろうとしないことです。 スキマ時間で掃除をするときには、部屋の中の一部分だけでいいのです。 一部分だけ片づけをする、一部分だけホコリを取る、一部分だけ拭き掃除を行う。 こんな風に一部分だけで良いので、掃除をしてみましょう。 一人暮らしの休日の掃除を少しでも楽に!毎日の「夜掃除」で簡単お掃除 一人暮らしの休日の掃除を少しでも楽にしたい場合には、毎日の夜に掃除をするようにしてみましょう。 スキマ時間で出来る掃除は多くは出来ません。 スキマ時間よりも少し多くの時間を夜に取ることによって、出来る掃除の幅が増えます。 しかし、夜の時間を使って掃除をするというのも、細かなところまでキレイにするためには時間は足りません。 夜の時間を使って掃除をするときには部屋の中の片づけを中心的に行って、部屋の中が散らかっている状態にならないように掃除するための時間に使いましょう。 こうすることによって最低限部屋の中が散らかるということを防ぐことが出来るので、休日の掃除を少し楽にすることが出来るのでおすすめです。 関連する記事• 2018. 14 これから一人暮らしをするにあたって、今まさに手引書が欲しいと思っている方もいるのではないでしょうか。 一人暮らしを始めるということは、日々のお買[…]• 2018. 16 社会人になって初めて一人暮らしをする男性にとって、一般的に他の人はどのくらい部屋の掃除をしているのか気になりますよね。 平日は毎日仕事で疲れてい[…]• 2018. 03 一人暮らしをしていると、なかなか本格的にお風呂の掃除をする機会もありませんよね。 特に、お風呂の換気扇の掃除はあまり頻繁に行わないかもしれません。 […]• 2018. 10 新しい年を迎える準備の一つに「大掃除」があります。 一人暮らしをしていると、全て自分で掃除をしなくてはならないので、少し大変かな?と思いますよね。 […].

次の

一人暮らしの部屋干しにおすすめのグッズ15選!部屋干しのアイデアも

一人暮らし 部屋

Sponsored link 一人暮らし1Kのレイアウトはざっくり2つしかない 一人暮らしの部屋のレイアウトを決めるときは、空間の用途を分類します。 一人暮らしに最低限必要な空間は、キッチン、生活スペース(リビング)、寝室の3種類しかありません。 ここからは小難しい理論は不要! 特殊な部屋の間取りを除いて、 1Kでとれるレイアウトは大きく分けて2しかありません。 それはベッドを横に置くか、縦に置くかです。 ベッドを横(部屋の短辺)に置いたレイアウト ベッドを縦(部屋の長辺)に置いたレイアウト 1Kは1部屋に寝室と生活スペース(リビング)の役割を持たせる必要がある 1LDKや2K以上の間取りにしたときにもっとも恩恵に感じる点は、寝室で一部屋使うことができるため、生活スペースを分離できることです。 1Kの場合はリビング兼寝室として利用する必要があります。 ベッドに横になりながらテレビを見たいという方におすすめです。 お尻にクッションを敷いて、背もたれとしてベッドに寄り掛かれば、 ソファーを置かなくて済む分、大分スペースが節約できます。 もしくは、この画像のように低めのベッドをおいて、ベッドに腰掛けて生活するのもあり。 スペース自体の確保は横置きのほうが容易ですが、 ベッドとソファーを兼用することで、そもそも家具が占める面積を減らすことができるというのが縦置き最大のメリットです。 工夫次第で無限の可能性があるので、レイアウトを考えることを楽しめるタイプの人に向いています。 僕はセンスがないので苦手とするポイントです……レイアウトにあれこれ悩みたくない人は横置きのほうをおすすめします。 上記の画像はショートベッドでの画像です。 (画面手前が見切れてますが、左下がベッド) 奥のリビングスペースは、ベッドを横に置いた形にできる正方形の空間ですが、手前のベッドスペースは縦置きのレイアウトです。 これにより、手前の右側に大きなスペースを作ることができます。 また、 そもそもベットを持たずに布団で済ますという選択肢もありです。 (というか僕は引っ越しのタイミングでベットを捨てて布団生活をしています) 布団は敷きっぱなしだとカビてしまうので、朝畳まないといけませんが、スペースの確保が柔軟にできますし、引っ越しの時もらくちんなのでけっこうおすすめ。

次の

男の一人暮らしの部屋をおしゃれにするアイテム4選!実際に活用しているものを紹介します!

一人暮らし 部屋

狭い部屋でも風水で開運できる! 一人暮らしの人は、ワンルームや1K、1DKなどのコンパクトな部屋に住んでいることが多いのではないだろうか。 風水の本を見ると、「ベッドルーム」「リビング」「キッチン」など、部屋ごとにポイントが解説されているものがほとんどだ。 すべての部屋がギュッとまとまった狭い部屋でも、風水で開運することはできるのだろうか。 中国命理学研究家の林 秀靜(りん しゅうせい)先生によると「ワンルームや1Kなどの一人暮らしの部屋でも、風水を実践することは可能です!」とのこと。 物を増やせない、家具の配置も制限されてしまう狭い部屋ではどうしたらいいのか、その方法を聞いてみた。 まずはイメージすることから始めてみよう 理想の生活を思い浮かべることが実現への第一歩 本当はもっと広い部屋や、築年数の浅い部屋、日当たりの良い部屋に住みたかったけど、予算の都合で仕方なく……など、今住んでいる部屋が理想とは少し違うという人も多いだろう。 おまけに、仕事が忙しくて片付けられなかったり、収納が少なくて物があふれていたりと、生活そのものも理想と違っている……。 そんな人は、今の状況にとらわれずに、理想の部屋や理想の生活を思い描くことから始めてみよう。 「まずはこんな部屋に住みたい、こんな生活がしたいという理想を思い浮かべてみましょう。 想像できないことは実現しないため、できるだけ具体的に思い描くことが大切です」(林先生)• 日当たりのいい大きな窓がある部屋に住みたい• いつも花を飾るような生活がしたい• 落ち着いたインテリアの部屋でゆったりとコーヒーを飲みたい• 収納がたっぷりあり、生活感を感じさせないホテルのような部屋がいい• 家にいながらハワイにいるようなリゾート部屋にしたい などなど、思いつくことを紙にメモしたり、絵に描いたりするとよりイメージしやすいだろう。 部屋の中の良くない形「形殺」をチェックしよう! 理想の部屋や生活を思い描けたら、できることから少しずつ、実践あるのみだ。 まずは部屋を風水的視点で見てみよう。 「風水には『形殺(けいさつ)』という考え方があり、これは、良くない影響を及ぼす気(殺気)を生み出す状況のうち、物の形が原因となっているものを指します。 住んでいる部屋が周りの建物から受ける形殺ももちろん影響していますが、簡単に引越すことはできないと思いますので、部屋の中の形殺をチェックしましょう」(林先生) 以下の項目で当てはまるものはないだろうか。 もし当てはまっていれば、すぐにでも改善することをおすすめする。 狭い部屋の中にも形殺が隠れているかもしれない 部屋の中の形殺1. ベッドに他の家具の角が向いている ベッドに向かってテーブルや棚など他の家具の角が向いているのは風水的に良くない。 「隔角殺(かっかくさつ)」と呼ばれ、人間関係のトラブルに見舞われてしまうという。 家具かベッドの向きを変えよう。 部屋の中の形殺2. ドアとドアが向き合っている 狭い部屋にありがちなのが、ドアとドアが向かい合っている間取り。 これは、人間関係に良くない影響を与えてしまう。 ドアにのれんやすだれをかけると改善できる。 部屋の中の形殺3. 梁の下にベッドや机がある 梁の下は風水的に、何をするにも良くない場所だ。 とくにその下で寝たり、勉強・仕事をしたりしていると心にも体にも悪影響があるという。 ベッドや机を移動させよう。 部屋の中の形殺4. ペンダントライトの下で寝ている ペンダントライトの下は、梁の下同様、風水的に良くない場所だ。 寝ているときにお腹の真上にあると、胃腸にダメージを受けてしまうという。 寝る場所を変えるか、ペンダントライトを移動させよう。 狭い部屋の運気を上げるポイントは「明るさ」と「気の流れ」! 部屋の方位を考えたり、ベッドルーム、リビングなど各部屋を分けて考えたりすることは、狭い部屋の場合難しい。 そのような細かいことをせずに、運気を上げる方法はないのだろうか。 「狭い部屋に住んでいる方でも、簡単に風水的に良い部屋をつくる方法があります。 それは、明るさと気の流れを良くすることです。 この2つに気をつけるだけで、心も体もいい状態になり、周りでいいことが起こりはじめます」(林先生) 心も体も元気になり、いいことも起こりはじめるなんて、これはやってみない手はない。 明るさを整えるポイント 明るくするべき場所と暗くするべき場所がある 「明るいほうが陽の気が満ちるため、風水的には部屋は明るいほうが良いとされています。 しかし、すべての場所が明るければいいというわけではありません。 明るくするべき場所、暗くするべき場所、そしてバランスが必要な場所があります」(林先生) 明るくするべき場所(陽のエリア) 玄関、キッチン、トイレ、バスルーム 部屋の入り口である玄関が明るいと、良い気が入ってくる。 また、トイレやバスルームは、陰の気が強い場所。 暗いとより陰の気が溜まってしまうため、明るくしたほうが良い。 暗くするべき場所(陰のエリア) 寝る場所 ベッドや寝室などの寝る場所は、暗くしたほうが良い場所。 光を抑えて、安眠できるスペースを作るのがポイント。 明るさと陰影が必要な場所 リビングなどくつろぎのスペース ソファーなど、くつろぐ際に過ごすスペースは、明るすぎると些細なことで興奮したり、イライラしたりしてしまう。 また、暗すぎるとゆううつな気持ちになりやすい。 白熱灯や蛍光灯ではなく、温かみのあるオレンジ系の間接照明などがおすすめ。 このように、スペースによって明るさを変えることが大切だが、狭い部屋だとスペースが一緒になっていることも多い。 その場合は、時間によって明るさをコントロールしよう。 例えば、メインの照明は明るいものにして活動している間は明るめに照らし、くつろぎの時間は間接照明にするとか、遮光カーテンにして寝る時間は暗くし、朝起きたらカーテンを開けるといったことができるだろう。 気の流れを整えるポイント 「風水では、人や環境は『気』の影響を受けていると考えます。 気は目に見えないエネルギーのことですが、難しく考える必要はありません。 気=空気と考え、空気がどのように流れるかを考えてみましょう」(林先生) 気が部屋の中を巡るようにする 広くて綺麗な玄関 玄関は気の入り口。 狭い部屋だと玄関もせまいケースが多いが、そこに物をたくさん置いてしまうと、さらにせまくなり良い気が入ってこなくなる。 履かない靴は下駄箱にしまうなど、なるべく物を置かないようにしよう。 できることから実践してプラスの運気を呼び込もう! 引越さなくても、部屋を大きく変えなくても、風水を取り入れられることがわかった。 せまい部屋だからこそ、少し変えるだけで部屋全体の運気が変えられるのも魅力。 手をつけやすいところから、さっそく実践してみてほしい。 教えてくれたのは? 林 秀靜(りん しゅうせい)先生 中国命理学研究家。 10代の頃より東西の占術を学ぶ。 1992年より台湾や香港の専門家(老師)に教えを仰ぎ、風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く習得して1998年に独立。 2013年から3年間台湾に留学し、さらに風水と紫微斗数を大師より学んだ。 著書は70冊以上にも及ぶ。 web: イラスト=今井夏子 文=明道聡子.

次の