妊娠できたよ。 妊娠しやすくする方法

“まさかの妊娠”家族にも相談できず事件も…相談の半分は10代女性 「親にばれたくない」悩む女性の助けに : 中京テレビNEWS

妊娠できたよ

28歳で結婚し、それと同時に「妊活」もスタートしました! しかし、現実は甘くなかった…。 避妊をしなければ「すぐに授かれる」と思っていたのに、ぜんぜんうまくいかず…。 それに、結婚して3ヶ月後には 「排卵障害(多嚢胞性卵巣症候群)」が発覚し、はっきり 「妊娠しにくい」と言われました。 その結果、結婚してから約1年後に妊娠し、無事出産することができました。 なかなか妊娠できない理由は「多嚢胞性卵巣症候群」 結婚と同時に子作りを開始。 夫はそれほど協力的ではなかったのですが、私は勝手にスタートしました!! 今思えば、夫の協力なしではじめたので、ずっとイライラしていました。 これも妊活がうまくいかなかった理由の1つです。 結婚して3ヶ月が過ぎた頃、なんとなく「下腹部の違和感」や「生理痛が重いこと」などが気になっていたので病院を受診しました。 そして、そこで思いもよらぬ事を医師から告げられました。 内診とエコー検査を受けているときのことです。 参考記事 失意のドン底…それでもやっぱり赤ちゃんがほしい! 帰宅後もしばらく塞ぎ込みました。 何度も「排卵障害」や「多嚢胞性卵巣症候群」をネットで検索しました。 でも当時、同じ症状で「自然妊娠した!」という記事はみつけられませんでした...。 やっぱり妊娠しにくいんだ… みんな不妊治療頑張ってる… 私もやらなきゃダメかな? でも、夫や義両親が許してくれるかな… 結婚を機に仕事を退職した私は、義実家で義母の仕事を手伝っていました。 なので、本格的に不妊治療するには義母に事情を話して、お手伝いを休まなくてはいけなかったんですね。 でも、言うのが怖い…。 「孫ができないかもしれない」なんて言えない...。 責められたらどうしよう...。 どうしてもマイナスなことばかり考えてしまい、気分が落ち込みました。 でも、夫にだけは事実を伝えなくては! 自分が病院で言われたことをすべて話し、 「どうしても子供がほしい」こと、 「不妊治療を受けたい」ことを伝えました。 だって、ずっと夢だったんです。 私も自分の母のような、 3人の子供をもつ母親になれると信じていたんです。 「簡単になんて諦められない!!」 夫は「不妊」ということを良く理解しておらず、 不妊治療についてはとても消極的な様子でした。 そして数回にわたって話し合いをした結果、まずは 一年間民間療法で病院には通わずに妊活をすることになりました。 ネットで様々な記事を読んだり、もう一度病院を受診し詳しく症状の説明を受けたり。 そして、体づくりをしながら、できることはなんでも試してみることにしました。 私がやったことは• 妊娠のための知識集め• 妊娠占いで気分を回復• ウォーキング• 基礎体温の記録• 妊娠に効くお守りやジンクス• 妊娠に効くサプリ摂取• 妊娠に効く食事や飲み物 ネットや本で調べて、できることはほとんどやりました! 仲のいい子供がいる友達には、思いきって相談もしてみました! すると、意外にもみんな「妊活」をしていたことがわかったんです。 私だけじゃなかったんだ。 みんな、努力してたんだ…。 本当に妊娠できるの? いつできるの? なんで私ばっかり... ネガティブになることが本当に多かったです。 そんなことを願いながら、お役にたてる記事を書いていきたいと思っています。

次の

私は持病で妊娠できません。

妊娠できたよ

妊娠・出産をつかさどる大切な器官、「子宮」。 女性ホルモンの影響により、様々なトラブルがおきることもあります。 代表的なものは、子宮筋腫と子宮内膜症。 月経痛や腹痛などを症状とするこれらの疾患は、20代から40代の女性が発症することが多く、最近では不妊の原因としても注目されています。 そこで今回は「子宮周りのトラブル」として、子宮筋腫と子宮内膜症を取り上げます。 前編では、子宮筋腫の症状や治療法について、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師にお話を伺っていきましょう。 まずは子宮の働きと妊娠、月経の仕組みを理解しましょう 子宮筋腫について教えていただく前に、子宮とその周りの生殖器と月経について理解しておきましょう。 子宮とは膣の奥の骨盤内に位置する袋状の器官で、子宮壁とよばれる厚い筋肉でできています。 妊娠していない時の成人女性の子宮は、長さ約8㎝、幅約4㎝で、重さはだいたい40gほど。 子宮の左右の端は卵管とつながっていて、卵管は卵巣から一定のサイクルで排出(排卵)される卵子を取り込み、精子がくるのを待ちます。 受精に成功すると、受精卵は卵管を通って子宮に移動して着床します。 こうして妊娠して子宮の中で胎児が育ち始めるのです。 また卵巣は、女性が生れながらにもっている卵胞を成熟させ卵子にして放出する働きのほか、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンを分泌する重要な役割を持っています。 子宮壁は子宮内膜と子宮筋層、漿膜(しょうまく)の3つの層から成り立っています。 内側にある子宮内膜は水分を多く含む粘膜層です。 真ん中の子宮筋層は筋肉と結合組織でできている平滑筋(内臓や血管の壁になる筋肉)で、子宮壁で一番大きな部分になっています。 外側の漿膜とは、体の内臓器官を包んでいる薄い半透明の膜のことです。 子宮壁の厚さは健康な女性の場合、1~2㎝程度と言われています。 「子宮内膜は排卵の後、妊娠した場合に子宮で赤ちゃんを育てるための準備として少しずつ厚くなっていきます。 妊娠が成立しないと、新しいものに生まれ変わるためにはがれ落ち、はがれ落ちた内膜は血液と一緒に排出されます。 これが月経です」(吉村先生) 一定の周期で繰り返す月経は、妊娠・出産のための準備が整っていることをからだが教えてくれているのですね。 できる部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫という3つのタイプに分かれます。 良性の腫瘍ですから、転移したり、体を衰弱させてしまうことはありませんが、からだの正常な新陳代謝とは関係なく増殖を続けて大きくなっていくので、さまざまな症状につながることがあります。 「特に強い症状が表れるのが子宮内膜の近くにできる粘膜下筋腫です。 子宮の内側にせり出すように大きくなるので、 月経量が異常に多くなったり、貧血や不正出血などが見られることもあります。 また子宮内の障害物となり 受精卵の着床を妨げるので不妊症の原因にもなると言われています」(吉村先生) 次に子宮壁の筋層内にできるものを筋層内筋腫と言い、子宮筋腫の多くがこのタイプです。 小さいものならほとんど症状を感じない女性も多いようですが、 大きくなると貧血や月経痛、不妊にもつながります。 粘膜下筋腫や筋層内筋腫の場合、月経量が多くなったり、月経の期間が長くなるのは、腫瘍によって子宮の内腔が広がって、内膜の表面積が大きくなってしまうために、はがれ落ちる量も増えるためです」(吉村先生) 子宮筋腫は性成熟期の20代から40代の女性が発症することが多い疾患で、女性ホルモンのエストロゲンが、腫瘍の増大に関係していると見られています。 「そのため、初潮前の子どもには腫瘍が見られることが少なく、また50代女性の腫瘍は閉経すると小さくなります」(吉村先生) 子宮筋腫の発症数は子宮疾患の中では最も多く、 30代の女性の3割、40歳になると4割ぐらいの女性に見られますが、 「発症する人の数は以前とほとんど変わらない」と吉村先生。 それなのに最近になって注目されるようになってきたのはどうしてなのでしょう。 その理由として吉村先生があげたのは、「晩婚化、高年齢出産の増加によって妊娠・出産の時期と子宮筋腫の発生年齢が重なってきた」こと。 「以前は 子宮筋腫が問題になる頃には出産を終えていた女性が多かったために、子宮を全て取り除く手術が行われてきました。 ところが、 最近はこれから妊娠したいという女性に子宮筋腫が見られた場合、子宮を残す手術を行わなくてはなりません。 子宮筋腫の発症数はほとんど変わらないにもかかわらず、出産適齢期の女性が患うケースが増えてきた結果、難しい問題になっているというわけです」(吉村先生) 大切なのは早期発見 年に1回は婦人科検診を受けましょう 子宮筋腫の治療は腫瘍の数や大きさ、できた場所によって大きく違います。 また、子宮筋腫が見つかったからと言って、妊娠ができなくなるというわけでありません。 「2~3㎝の腫瘍があっても気づかないうちに妊娠していて、妊婦検診で腫瘍が見つかるということも少なくないし、経過を見みながらそのまま無事に出産までこぎつける人もたくさんいらっしゃいます。 つまり、子宮筋腫=妊娠・出産ができない、というわけではありません。 30代で3割の女性がなる病気なので、 『誰でもなりうる病気』とも言えます。 基本的に命にかかわる病気ではないのですが、腫瘍が見つかったら最良の治療法をお医者さんと相談して決めてもらえたらと思います」(吉村先生) 仮に子宮筋腫が見つかった時に妊娠を希望しない場合は、「ホルモン剤でコントロールして腫瘍を大きくしないという治療法も考えられます」と吉村先生。 「妊娠を望む女性にとって子宮は失うことのできない体の一部。 どうにかして腫瘍だけを取り除く方法を医師は模索します。 なかには開腹手術でなくては取れない筋腫もありますが、通常は腹腔鏡手術で取り除けます。 しかし、手術した場合はその後の出産が帝王切開になってしまう可能性が高くなるという問題もある。 なので大切なのは、いかに早期に発見するかということ。 小さな子宮筋腫は症状が出にくいので、早期発見のためには検診を受けるしかありません。 経腟の超音波ならすぐに腫瘍を見つけることができますから、ガン検診の時に見てもらうといいでしょう。 年に1回が理想ですが、最低2年に1回は定期的に検診を受けていただきたいです」(吉村先生) 子宮筋腫は予防法がなく、誰にでも起こりうる病気。 だからこそ、早めに対処することが大切なんですね。 続く後編では、最近増加しているという「子宮内膜症」について教えていただきます。

次の

妊娠超初期に中絶はできない?費用や方法とおろす前に注意したい4つのこと

妊娠できたよ

これが「心拍」です。 つまり、赤ちゃんの心臓の動きのこと。 妊娠6週頃に胎児の心拍が確認できるようになります。 妊娠初期、心拍が確認できない原因とは? 妊娠6週以降でも、心拍が確認できないこともあります。 原因はいくつかありますが、多いものとしては以下が考えられます。 ・生理不順などが原因で、妊娠週数に誤差があるため。 実際には週数が早くてまだ心拍が確認できない。 ・超音波の位置やおなかの赤ちゃんの位置などの関係で、たまたま心拍が確認できない。 妊娠週数のずれなどで胎児の心拍が確認できないときは、1週間程度時間をおいて、再度調べます。 また、おなかの赤ちゃんが順調に成長していないことも考えられますが、医師から健診のときに特に何も言われなければ心配ないでしょう。 妊娠初期に心拍が確認できない…流産の可能性 まず、流産とは。 妊娠22週より前に胎児が母体から外に出てしまうことを「流産」といいます。 流産が起こるのは妊娠全体の約10〜15%程度。 そのうちの約9割が、妊娠12週までの初期に起こっています。 したがって、妊娠14週の流産の確率はかなり低いといえます。 妊娠13週~21週までの流産は、流産全体の約1割です。 初期流産の主な原因は、赤ちゃんの染色体異常です。 つまり、流産の大半は、もともと育つことがむずかしい受精卵だったということが多いのです。 35歳以上の妊娠になると、胎児の染色体異常が増えるというデータがあります。 流産の原因のほとんどは赤ちゃんの側にあり、40歳以上では流産率が40%といわれています。 それ以外の母体の側の原因としては、子宮の奇形や子宮筋腫など、子宮のトラブルによるものや免疫的な因子、血液の凝固障害などがあります。 妊娠したすべての人のうち、6〜7人に1人は流産するといわれるほど、流産は思っている以上によく起こることです。 もし流産しても「たまたま」ということがほとんどですが、2回以上流産を繰り返した場合は不育症の検査を受けることも考えてみましょう。 妊娠初期に心拍が確認できないからといって、かならずしも「流産」ということではありません。 おなかの赤ちゃんが順調に成長していないことも考えられますが、まだ心拍が見える前の超初期の可能性もあります。 医師から説明と、「1週間後に再度調べましょう」などの指示があるでしょう。

次の