黒革の手帖 動画。 【第1話から全話まで】ドラマ「黒革の手帖」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

「黒革の手帖」 動画第4話の見逃し配信と無料視聴する方法|情報発信&お悩み解決サイト

黒革の手帖 動画

サイトより 武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)のスペシャル版の制作が決まったと、7月14日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。 記事によると、子育て優先で仕事をセーブしていた武井は、当初オファーを頑なに断っていたが、所属するオスカープロモーションからの説得もありどうにか制作にこぎつけたようだ。 結婚発表の時点で妊娠3カ月だったということもあり、結婚を許してくれないオスカーをねじ伏せるための妊娠だったとさえ言われていますよ。 そういった経緯もあって、武井はつねに家族の時間を大切にしたいと考えているんです。 実際、産休後は映画『るろうに剣心』の撮影には参加したものの、それ以外に目立った仕事はしていないですからね」(芸能記者) 今回の『黒革の手帖』の撮影は、8月くらいに行われると見られているが、ドラマ制作会社関係者は次のように語る。 「連ドラではないので、撮影期間はそんなに長くはないでしょうが、これが終わったらまた武井は子育て中心の生活に戻るみたいです」 大看板女優だった米倉涼子に退社されたオスカープロモーションとしては、次なる看板女優である武井に活躍してもらいたいところだろう。 しかし、だからといって武井のスケジュールを仕事で埋めることもできないままでいる。 「武井はかなり意思が強く、ヘタにプレッシャーを与えると、何をしでかすかわからない。 それこそTAKAHIROとの結婚も、事務所の意向を押し切っての決断でしたしね。 オスカー的には、米倉に続いて武井までいなくなるのは最悪の展開ですから、どうにか武井のご機嫌をうかがいながら、少しずつ仕事をしてもらっているという状況です」(前出・芸能記者) また今回、人気シリーズである『黒革の手帖』に出演することで、武井の立場がさらに強くなりそうなのだという。 「オスカーやテレ朝としては、米倉の『ドクターX』のようなドル箱企画を確保しておきたい。 ここで武井に『黒革の手帖』のイメージが定着すれば、新たなドル箱シリーズになるかもしれない。 一方で、オスカーもテレ朝も『黒革の手帖』をやってほしさから、武井がより働きやすい環境を整えるしかなくなる。 本来はオスカーが武井をコントロールしなくてはならないのに、武井がオスカーをコントロールしているような状況です」(前出・ドラマ制作会社関係者) 米倉涼子が去ったオスカーでは、武井咲が新たな女帝として君臨しそうな気配だ。

次の

【黒革の手帖】見逃した動画を再放送で無料視聴!動画配信サービスまとめ

黒革の手帖 動画

もくじ• 黒革の手帖・最終回あらすじのネタバレとは? 「手帖に変わる切り札」とは、「羽田空港滑走路拡張工事に伴う斡旋・収賄容疑の証拠となる1億円の領収書」のことでした! 長谷川はあっさり観念します。 「この領収書と引き換えにカルネは返してやろう、ついでに手帖もな。 「(カルネだけじゃなく)ルダンの権利も譲っていただけますか? 」 さらに、領収書はコピーがとってあって、自分が無事に帰らなければ世の中に出回る仕組みになっていると脅します。 「君の度胸には感服した!いいだろう……ルダンは譲ってやる!」 ルダンを元子に譲渡するという内容の契約書にサインしようとしたその時、急に長谷川は激しくせきこみ始めました。 【公式】『黒革の手帖』テレビ朝日さん kurokawatvasahi がシェアした投稿 — 2017 9月 14 5:00午前 PDT 長谷川は、机につっぷして動かなくなりました。 そのあと元子は、唯一の味方である安島に電話。 安島は「君はとりあえずこれ(契約書)を持って帰れ。 あとは俺がなんとかする! 俺はトラブル処理のプロ。 」 元子は、安島に任せて帰ってしまいます。 安島は、警察には自分と話している最中に発作を起こして亡くなったと説明、なんとか切り抜けました。 元子はまずはカルネから波子(仲里依紗)を追い出しました。 波子は「これだけは覚えておいて!悪党には必ず天罰がくだる」と捨て台詞を残して出て行きました。 橋田が元子に襲いかかる! 【公式】『黒革の手帖』テレビ朝日さん kurokawatvasahi がシェアした投稿 — 2017 8月 17 4:30午前 PDT 元子は、長谷川に母印を押させた契約書を弁護士のところに持っていって、すぐに名義変更してくれとたのみます。 弁護士は、譲渡には莫大な税金がかかりますよ、と。 元子は橋田(高嶋政伸)をカルネに呼び出して、黒革の手帖を武器に2億円をゆすり取ろうとします。 しかしここで 思わぬ橋田の逆襲があります! 橋田は、長谷川会長が亡くなった時に居合わせていて、会長宅を出入りする元子の姿を写真に収めていたのでした! 今度は橋田が元子を脅してきます。 とは言っても、 橋田の目的はお金ではなく元子の愛(いや、体かな? )ですが 笑 とにかく いやらし~い名言がたくさん出ましたので以下にまとめます。 心はいらない、体だけでいい• 愛の偏差値は変わらない• 入学式をあげよう• いいかげん合格させてくれよおっ• 最後はなつかしい金八先生みたいな雰囲気で「悪い子、悪い子、悪い子……」と元子に迫りますが、そこに警察が事情徴収にきたので、しっぽを巻いて退散します 笑 警察の取り調べに元子は? 長谷川会長の邸宅には監視カメラがついていたので、長谷川会長が死亡した日に元子が出入りしていた一部始終は警察も掴んでいたのでした。 元子は「私と会長は男と女の関係でした。 」と言います。 自分は銀座の女だから(会長のご家族に)ご迷惑がかかると思って、自分が愛人であることを知っている安島に全てをお任せした、と。 そして別室で安島も事情徴収されていまたのですが、2人はこうなることを予測して事前に口裏を合わせていたのでうまく切り抜けられました。 楢林クリニックに国税局の強制捜査が入って、何もかも失った楢林(奥田英二)と市子(高畑淳子)の前に、波子が現れます。 波子は一体何のために来たのか? 市子は何故か元子のマンションを訪ねて、「感謝したい」と言います。 全てを失ったけれど、楢林院長だけは自分のところに帰ってきてくれたから幸せなのだとか。 そこにお寿司の出前のインターホンが鳴ります。 市子は「あなたと一緒に食事したかったから注文した」と明らかにアヤシイ発言。 元子が代金を支払いに行った隙に、市子は引き出しから黒革の手帖と領収書を盗みます!!! 市子は、帰り道に派出所に飛び込みます。 まずは安島の結婚式のシーン、「私もいつかこの国のファーストレディになれるかしら」と微笑む京子(江口のりこ)ですが、そこへ東京地検特捜部がやってきます。 次にルダンをオープンする元子のシーンです。 多くの客が訪れて最高の笑顔の元子ですが、やはり警察がやってきます。 元子も逮捕されるのですが、なぜか全く動揺を見せずに不敵な笑いさえ浮かべています。 まさかまさかの、元子も安島も逮捕されるというラストでした。 波子が市子をそそのかして、元子を陥れたのでしょうね。 米倉涼子版• 長谷川会長は死亡しない• 確かに橋田に言い寄られるが、そこまで気持ち悪くない• 最後、元子と安島が逃亡するくだりがある(安島は、車についていた発信機で長谷川に捕まるが、元子は逃げ切る)• 最後、波子によって陥れられる• 個人的に 長谷川にはもっと悪の猛威を見せつけて欲しかったです! 2ですが、確かに米倉涼子版でも橋田は元子にしつこく言い寄っています。 しかし…… こんなに気持ち悪くありませんでした 笑 以下、最終回で橋田(高嶋政伸)が元子に襲い掛かった件についてのツイッターの反響です。 黒革の手帖の武井咲に抱かせろって迫ってた男気持ち悪い 先生の言うこと聞きなさいーッッ悪い子悪い子ーッッ 黒革の手帖見て 黒革の手帖見てるんだけど高島忠宏さんの役が超キモイ。 演技うまいなぁ 黒革の手帖もうさぁ、もうネタなの?最終回なのにぶっとびすぎてんだろwww入学させてくれとか言い回しがほんとキモいww ヒョ~~ーーーー~! 黒革の手帖見てて、理事長の「入学式しよう」はマジで鳥肌立ったし吐きそうだった 黒革の手帖、高嶋の下ネタオンパレードでわろたwwwwww 高嶋政伸さんが俺の中で「HOTEL」で時止まってるから、黒革の手帖で見たらすごくクレイジーな高嶋さんだった 本当に 『武井咲版黒革の手帖』=高嶋政伸さんの橋田ってぐらい強烈な印象を残してくれましたね 笑 3ですが、米倉涼子版では借金まみれの元子と安島が逃亡するくだりがあります。 元子は冷たいのですが、安島の方は本気で元子と海外逃亡までしようと決意を固めていました。 米倉涼子版の安島の方が、元子に惚れていたのかもしれません。 4ですが、今回元子を最終的に陥れたのは市子でしたね。 米倉涼子版では、波子が陥れます。 個人的には、やっぱり最後は波子であって欲しかったですね。 黒革の手帖のエンディング、もう少し先まであってもいいのにー!バサっと切らなくても。。。 続編あってほしい。 武井咲の着物がまた見たい 黒革の手帖最終回めっちゃドキドキした 元子は市子にわざと手帖盗ませた… 最後の元子・安島のニヤリ顔… 波子etcその後気になるから続編やってほしい 呆気なく手帖が盗まれたのが気になるし続編を期待させるような終わり方だったな 最後のツイッターにあるように、呆気なく黒革の手帖が盗まれたのがおかしいですよね? 元子にしては、抜かり過ぎというか……。 市子ごとき(失礼!)に盗まれるのが納得いきませんね~。 引き出しに入っていたのは、本物の黒革の手帖と領収書だったのでしょうか? そして、問題のラストシーンです。 まさかこんな不測の事態でさえも、想定内で2人で事前に計画を立てていたのでしょうか? 個人的には、警察の裏をかく作戦を安島が練っていたと予想します。 スペシャルドラマでは元子も安島も証拠不十分で釈放されて、またそこからストーリーが展開していくのではないでしょうか? もうひとつ予想はあって、元子だけが証拠不十分で釈放されるという展開です。 この予想をしたくない理由は、やっぱり安島がそれじゃあ可哀想過ぎるからですね(苦笑) それに、安島は「俺はトラブル処理のプロ」って言っていたので、なんとか乗り切るんじゃないかな~って。

次の

ドラマ|黒革の手帖スペシャル白い闇の動画を無料で見れる動画配信まとめ

黒革の手帖 動画

視聴時間: 58:41 東林銀行に勤める原口元子 米倉涼子 は、今日も営業用の笑顔で窓口に座っていた。 その一方で、銀行の架空名義口座から大金を横領しつつ、架空名義預金者たちのリストを愛用の黒革の手帖に記していた。 横領金が1億2千万円に達したとき、支店次長の村井 渡辺いっけい らが元子の横領に気づく。 それを知った元子は、そのまま銀行の外へ飛び出した。 追いかけてくる村井をかわし、ほかの銀行に預けていた横領金をすべて引き出すことに成功した元子は、その夜、銀座の一流クラブ『燭台』で、きらびやかなドレスを身にまとい、ママの叡子 山本陽子 と共に客を見送っていた。 必死で返済を求める村井らに、元子は黒革の手帖のリストを読み上げる。 視聴時間: 45:55 楢林美容外科クリニックの婦長で楢林 小林稔侍 の愛人でもある市子 室井滋 を呼び出した元子は、楢林と波子 釈由美子 の仲を中傷し、いかに市子が楢林のクリニック発展に貢献したかを褒め上げる。 市子の嫉妬を煽り、楢林と波子の仲を裂くように仕向けなければならない。 市子の信頼を得るために、元子はしたたかな計算を働かせていた。 元子の告白に衝撃を受ける市子に、元子は自分の連絡先と波子のマンションの住所を渡す。 家に戻った市子は、元子の思惑通り、病院を辞めたいと言い出すが、楢林は市子が波子に妬いているだけだと思い、適当にあしらうのだった。 そんななか、橋田 柳葉敏郎 が安島 仲村トオル を『カルネ』に連れてくる。 視聴時間: 45:55 安島 仲村トオル に危ないところを助けられた元子 米倉涼子 は、警察に連絡するという安島に、藤岡 小野武彦 は不倫相手で大ごとにしたくないと誤魔化す。 だが安島は、藤岡と元子の会話を立ち聞きしていた。 数日後、楢林美容外科クリニックを訪れた元子は、出し渋る楢林 小林稔侍 から5千万円を受け取り、その内の1千万円を楢林からの退職金だといって市子 室井滋 に渡し、この金で喫茶店を始めることを提案、市子と一緒に不動産めぐりを始める。 一方、元子に好意を持つ橋田 柳葉敏郎 が、本格的に元子へのアプローチを開始してきた。 自分の誘いをうまくかわす元子に、橋田は「銀座一のクラブ『ロダン』を買ってやる」と言い出す。 視聴時間: 45:55 安島とベッドをともにした元子は、これは過去を知られたことに対する口止めであり、自分は一生誰も愛さないと安島に言い放つ。 それは、安島に惹かれていく自分自身への戒めの言葉でもあった。 一方、赤坂の高級料亭『梅村』の元仲居だった新入りホステスの澄江 吉岡美穂 から、橋田が『梅村』を買い取るらしいと聞いた元子は、その事実を確認。 『ロダン』を手に入れるべく、『梅村』を橋田から取り上げる材料として、医大への裏口入学斡旋の証拠を手に入れようと計画を練り始める。 同じ頃、楢林から買い与えられたマンションを追われた波子 釈由美子 は、総会屋の長谷川 津川雅彦 に、楢林の仕打ちとその要因となった元子のことを訴えていた。 視聴時間: 45:55 元子 米倉涼子 に、裏口入学周旋の証拠を突きつけられた橋田 柳葉敏郎 は、それはニセモノだと笑い飛ばす。 というのも、澄江 吉岡美穂 が元子を裏切り、橋田と共謀、彼女が元子に渡した証拠はニセモノだというのだ。 だが、元子は動じなかった。 偶然、橋田と澄江が仲良く買物する姿を目撃した元子は、澄江を問い詰め、すべてを白状させていたのだ。 さらに、元子にはもうひとつの切り札、"黒革の手帖"に書きとめた橋田の架空名義口座の記録があった。 橋田はそれ以上抵抗できず、料亭『梅村』を元子に譲る旨の念書を書く。 早速『梅村』の転売利益を見込んだ元子は、銀座一のクラブ『ロダン』を買収する契約を長谷川 津川雅彦 と交わす。 視聴時間: 45:30 元子が新装オープンさせた『ロダン』に、波子 釈由美子 が客としてやってくる。 元子や店のホステスたちに散々嫌味を述べ立て、店を後にする波子。 翌日、元子は京都に向かった。 離れて暮らしていた母親が京都の病院に入院したという連絡があったのだ。 久しぶりの再会に、複雑な想いで病院に向かう元子を待っていたのは、昏睡状態の母だった。 その一方で、元子は、婚約者と一緒にいる安島と、偶然にも京都で再会する。 元子の前を素通りした安島だったが、数時間後、元子の携帯に安島から連絡が入る。 約束の場所に現れた元子に歩み寄り、強く抱きしめる安島。 だが、安島は「君が言うように、もう二度と会わないことにしよう」と別れの言葉を口にする。 視聴時間: 01:17:12 安島 仲村トオル の口から長谷川 津川雅彦 の屈辱的な伝言を聞かされ、愕然とする元子 米倉涼子。 長谷川に『ロダン』の残金2億1千万円どころか、キャンセル料8千4百万円さえも払えなくなってしまい、自分の着物や装飾品を売ってまで金を作ろうとするが、とても足りるような額にはならない。 さらに、『ロダン』のマネジャーが店の売上金を持ち逃げしたことが発覚。 困った元子は、叡子 山本陽子 に借金を申し込むが、逆に銀座のルールを説かれてしまう。 そんななか、長谷川から連絡が入った。 許しを請うどころか、殺されても一晩付き合うことはできないと答える元子に、長谷川は、自分の女になれば、一生面倒を見ようと申し出る。

次の