針葉樹林と広葉樹林 地図記号。 地図記号 一覧【読み方と意味付き】|小学生・中学生の社会・地理学習|受験・試験対策

照葉樹林

針葉樹林と広葉樹林 地図記号

地図記号 一覧 地図記号 名称 都道府県庁 とどうふけんちょう 市役所 しやくしょ 町村役場 ちょうそんやくば 町役場と村役場の併称。 官公署 かんこうしょ 国と地方公共団体の諸機関の総称をいいます。 裁判所 さいばんしょ 税務署 ぜいむしょ 森林管理所 しんりんかんりしょ 林野庁の地方支分部局です。 気象台 きしょうだい 気象や地震などの観測・調査・研究を任務とする機関。 消防署 しょうぼうしょ 保険所 ほけんじょ 地域住民の健康や衛生を支える公的機関。 警察署 けいさつしょ 交番 こうばん 郵便局 ゆうびんきょく 小中学校 しょうちゅうがっこう 高等学校 こうとうがっこう 大学 だいがく 短期大学 たんきだいがく 高等専門学校 こうとうせんもんがっこう 病院 びょういん 神社 じんじゃ 寺院 じいん 博物館 はくぶつかん 図書館 としょかん 発電所 はつでんしょ 工場 こうじょう 三角点 さんかくてん 正確な位置を求める測量をおこなうために、国土地理院が作った位置の基準となる 点のことです。 老人ホーム ろうじんほーむ 電子基準点 でんしきじゅんてん 測量における基準点、観測点の一つです。 水準点 すいじゅんてん 水準測量に用いる際に標高の基準となる点のこと。 渡船(フェリー) とせん 渡船(その他の旅客船) とせん 高塔 こうとう 展望台や給水塔、時計台など周囲よりも高い建造物を示します。 煙突 えんとつ 油井・ガス井 ゆせい・がすせい 現在も採取中の 油井・ ガス井で目標となる施設がある場所 銀行 ぎんこう 倉庫 そうこ 墓地 ぼち 立像 りつぞう 立っている姿の像。 起重機 きじゅうき 巨大なものや重いものを吊り上げて運ぶ機械。 鳥居 とりい 神社の入口に立てる門。 検察庁 けんさつちょう 材料置場 ざいりょうおきば 建設資材を置くスペースのこと。 電報・電話局 でんぽう・でんわきょく 自衛隊 じえいたい 史跡・名勝・天然記念物 しせき・めいしょう・てんねんきねんぶつ 文化財保護法に基づき、文部科学大臣が指定する文化財。 温泉 おんせん 記念碑 きねんひ 電波塔 でんぱとう 灯台 とうだい 抗口 こうぐち 人口の鉱坑、道路、鉄道、水路等が地下に出入りする部分および自然に形成された穴の入口。 風車 ふうしゃ 城跡 しろあと むかし城があったところで、現在も天守閣(てんしゅかく)、櫓(やぐら)、 石垣などがあるところをあらわします。 噴火口・噴気口 ふんかこう・ふんきこう 火山の 火口などで噴火、噴気をしている場所。 採鉱地 さいこうち鉱物を採掘している場所。 重要港 じゅうようこう 国際海上輸送網の拠点として特に重要として政令により定められていた港湾を指します。 漁港 ぎょこう 地方港 ちほうこう 重要港湾以外の港湾 採石地 さいせきち いろいろな工事や建築などに使う石の材料をとっている場所 田 た 果樹園 かじゅえん 茶畑 ちゃばたけ 畑 はたけ 桑畑 くわばたけ 桑(くわ)を栽培している土地をあらわしています。 その他の樹木 そのたのじゅもく 広葉樹林 こうようじゅりん 木の高さが2メートル以上の幅の広い葉をつける広葉樹がすき間なく生えているところをあらわします。 ハイマツ地 はいまつち 高い山で木の高さが低いマツの仲間のハイマツ(這松)などがすきまなく生えているところをあらわします。 笹地 ささち 笹(ささ)または篠竹(しのだけ)がすきまなく生えているところをあらわします。 荒地 あれち 雑草が生えた土地や湿地、沼地などで水草が点々と生えているところをあらわします。 針葉樹林 しんようじゅりん 竹林 ちくりん 竹がすきまなく生えているところ。 ヤシ科樹林 やしかじゅりん ヤシ科植物、大型のシダ植物、大型の熱帯 植物が生えているところ 外国人向け地図記号 2016年(平成28年)3月30日に外国人向けの地図記号15種類が公開されました。 2017年(平成29年)7月20日に観光案内所の記号が追加されました。 記号 名称 記号 名称 郵便局 レストラン 交番 トイレ 神社 ショッピングセンター 百貨店 教会 コンビニエンスストア スーパーマーケット 博物館 美術館 温泉 病院 鉄道駅 銀行 ATM 空港 飛行機 ホテル 観光案内所 以上『地図記号 一覧【読み方と意味付き】』を紹介しました。 「重要港」、「漁港」、「地方港」の3つや「渡船(フェリー)」、「渡船(その他の旅客船)」の2つは非常に似ているので注意が必要ですね。 冒頭でも書いたように 「茶畑」と「史跡・名勝・天然記念物」 「町村役場」と「その他の樹木」 は、記号の大きさが違うので注意しましょう。 小 = 茶畑 大 = 史跡・名勝・天然記念物 小 = その他の樹木 大 = 町村役場 畑や樹木関連は、等間隔で複数表示されることが多いのが特徴です。 一通り覚えたら力試しをしてみましょう。 こちらもチェック!.

次の

スギやヒノキの人工林を広葉樹林に戻すのは、どこまで進んでいるか?

針葉樹林と広葉樹林 地図記号

この記事の目次• 針葉樹と広葉樹、まずは「葉っぱ」の違いがわかりやすい まず、そのネーミングからしてわかりやすいのは、「葉っぱ」の形の違いです。 針葉樹は文字通り、針のように細く尖った形をしたものが多いです。 スギのように針状の小さい葉が集まってできている葉や、モミのように本当に先が尖っていて触るとチクリと痛い葉っぱもあります。 (例外として、針葉樹なのに平べったい葉っぱのナギや、落葉する針葉樹のカラマツもあります。 ) いっぽう、広葉樹の葉っぱは、こちらも文字通り広くて平べったい形をしています。 ちなみに広葉樹の中には、常緑と落葉の2種類があります。 落葉と常緑がある という見分け方をするとわかりやすいでしょう。 針葉樹はまっすぐ、広葉樹は丸っこく育つ 葉っぱの次は、木の「樹形」全体について見てみましょう。 針葉樹は、上に真っすぐ成長する性質があり、太い幹が一本伸びて枝が付き、全体的にとんがった三角形(円錐形)の樹形をしています。 クリスマスツリー(モミの木)の形をイメージするとわかりやすいですね。 いっぽう、広葉樹の樹形は樹種によってさまざまですが、枝分かれして大きく樹冠を広げ、全体的にこんもりと丸い形になります。 このように針葉樹と広葉樹では、木の成長の仕方に違いがあります。 そのため、木材にする場合は、真っすぐな針葉樹の方が直材を取りやすいため、日本の木造建築の柱などにはおもにスギやヒノキといった針葉樹が使われてきました。 また、針葉樹はフローリングにしてもまっすぐな長い板が取れるため、目が通ってすっきりした印象にしたいときにはよく使われています。 広葉樹は枝分かれして育つため、真っすぐな幹が少ないですが、大きく育てば柱などにも使うことができます。 お寺の丸柱などには、樹齢百年や数百年のケヤキが使われていますよね。 広葉樹をフローリングに使うときは、長いものが取りにくいのて、短く切って使うことが多いです。 また、広葉樹は、木目を生かした家具、工芸品などにも使われてきました。 まず、針葉樹林と広葉樹林は、生えている場所が違います。 針葉樹は厳しい環境にも耐えるので、寒い地域や標高が高い山にも生えています。 北欧やロシアには針葉樹ばかりの広大な天然林がありますし、日本でも標高の高い場所や、やせ地などの厳しい環境にはマツなどの針葉樹が多く生えます。 また、日本では、針葉樹は人工林にたくさん植えられています。 日本国内の人工林(約1,000万ヘクタール)のうち、広葉樹が植えられたのはわずか30万ha(クヌギ6. 6万ha、ナラ類1. 4万ha、その他22万ha)にも満たず、そのほかはスギ、ヒノキ、カラマツなどの針葉樹が植えられています(平成24年林野庁統計情報を参照)。 広葉樹は、どちらかというと暖かい地域に多く生えます。 たとえば、アマゾンの熱帯林も広葉樹林です。 日本では、原生林から里に近い雑木林まで広い地域に生えていて、東北や北海道など涼しい地域では落葉樹が多く、南の方には常緑樹が多いです。 それでは、森の雰囲気は針葉樹林と広葉樹林でどのように違うのでしょうか? 常緑の針葉樹林では、木の下に光が届きにくいため、森の中は少し暗くなっています。 特に人工林は間伐などの手入れを行わないと森の中が暗くなり、他の植物が育たなくなってしまうので、しっかり管理することが大切と言われています。 いっぽうで広葉樹林ですが、広葉樹林の中でも落葉樹の森は明るい感じがして、地面にも色々な植物が生えて、秋には美しい紅葉が見られます。 常緑のシイやカシなどが茂る照葉樹林はうっそうとしていて、暗くジメッとしています。 広葉樹林の雰囲気は、樹種によって違います。 明るい森と暗い森がある と、ざっくり覚えておきましょう! 針葉樹は軽く、広葉樹は重たい:材質の違い 針葉樹と広葉樹は、木材にしたときの性質も違います。 日本では、針葉樹は比較的速く成長するので、木材は軽くなります。 広葉樹はどちらかというとゆっくり成長するものが多いので、材質が緻密になって重たくなります。 ここで、木材の重さを表す「比重」を、いくつかの樹種で比べてみましょう。 【針葉樹】 ・スギ(0. 30~0. 45) ・ヒノキ(0. 34~0. 54) ・アカマツ(0. 42~0. 62) ・カラマツ(0. 45~0. 60) 【広葉樹】 ・ミズナラ(0. 45~0. 90) ・クリ(0. 60) ・ケヤキ(0. 47~0. 84) ・ヤマザクラ(0. 62) となっています。 数字のばらつきはありますが、全体的に広葉樹の方が重たい木が多いですね。 ざっくり、針葉樹は軽く、広葉樹は重たい、といえそうです。 ただし、広葉樹の中でも例外があります。 たとえば、桐たんすや桐下駄の材料になるキリの木はものすごく成長が速いため、国産の木の中では最も軽い木(比重0. 19~0. 40)です。 また、木は育った環境によって成長スピードも違いますし、同じ木でも材質がばらつきます。 針葉樹でも屋久杉のようにゆっくり育った木は、とても重たくなります。 そのため、木材にしたときの雰囲気も、針葉樹は軽やかで、広葉樹は重厚感があります。 理科の授業で習ったことがあるでしょうか? 水を吸い上げる木の細胞として、針葉樹の細胞には「仮道管」しかありませんが、広葉樹には「仮道管」「道管」の両方があります。 道管は仮道管よりも太く、物によっては肉眼で見ても違いが分かるほどです。 この細胞の違いによって、針葉樹と広葉樹では見た目の「年輪」の様子も違ってきます。 針葉樹の年輪は、仮道管でできていて、春には勢いよく成長して大きくて太い細胞が生まれ(夏目)、成長が遅い冬には小さく緻密な細胞が作られます(冬目)。 この細胞の大きさの差が年輪となって現れるため、違いがくっきりとわかりやすい年輪になります。 いっぽう、広葉樹も季節による成長の違いはありますが、仮道管に加えて道管の配列によって、さまざまな年輪を作ります。 くっきりと年輪が見えるケヤキのような木もあれば、道管が散らばっていて年輪があまり見えないホウなどの木もあり、かなりバラエティがあります。 この違いが、木材にしたときの表情の違いになります。 針葉樹は明るい色、広葉樹はとてもカラフル:色の違い 最後に、木材にしたときの色の違いについて見てみましょう。 針葉樹の木材の色は、白、黄、赤、茶系の明るい色が多くなっています。 たとえば、ヒノキのように白~ピンクの肌をしているもの、スギのように芯が赤っぽいもの、コウヤマキのように黄金のような色などがあります。 広葉樹の木材は、とってもカラフルです。 灰色がかった色のナラや、赤~ピンクのサクラ、黄色っぽい茶色のクリといった木が、フローリングなどの建材としても人気です。 変わった物では、うぐいす色(緑系)のホウ、真っ黄色のウルシ、さらに海外の木では鮮やかな紫色のパープルハートなど、まるで彩色したように、とってもカラフルな色をしています。 この色の違いは、樹液などに含まれる成分の違いが影響していますが、この成分が、色だけでなく香りや耐久性などの木の個性も生み出しています。 ちなみに写真の樹種は、 (左:針葉樹)上からアカマツ、カラマツ、スギ、サワラ、ネズコ、コウヤマキ、ヒノキ (右:広葉樹)上からセン、クリ、ホウ、ケヤキ、ヤマザクラ、トチ、ナラ です。 まとめ:針葉樹と広葉樹、こんなに違う! 針葉樹と広葉樹は、ただ葉っぱの形が違うだけでなく、森の様子から細胞までさまざまな違いがあり、それぞれの特性をいかして木材が使われていることがわかりました。 針葉樹と広葉樹の違いがわかる人になって、奥深い木の世界を味わってみたいですね。 あなたが好きなその木は、針葉樹ですか、広葉樹ですか?.

次の

地図記号 一覧【読み方と意味付き】|小学生・中学生の社会・地理学習|受験・試験対策

針葉樹林と広葉樹林 地図記号

地図記号 一覧 地図記号 名称 都道府県庁 とどうふけんちょう 市役所 しやくしょ 町村役場 ちょうそんやくば 町役場と村役場の併称。 官公署 かんこうしょ 国と地方公共団体の諸機関の総称をいいます。 裁判所 さいばんしょ 税務署 ぜいむしょ 森林管理所 しんりんかんりしょ 林野庁の地方支分部局です。 気象台 きしょうだい 気象や地震などの観測・調査・研究を任務とする機関。 消防署 しょうぼうしょ 保険所 ほけんじょ 地域住民の健康や衛生を支える公的機関。 警察署 けいさつしょ 交番 こうばん 郵便局 ゆうびんきょく 小中学校 しょうちゅうがっこう 高等学校 こうとうがっこう 大学 だいがく 短期大学 たんきだいがく 高等専門学校 こうとうせんもんがっこう 病院 びょういん 神社 じんじゃ 寺院 じいん 博物館 はくぶつかん 図書館 としょかん 発電所 はつでんしょ 工場 こうじょう 三角点 さんかくてん 正確な位置を求める測量をおこなうために、国土地理院が作った位置の基準となる 点のことです。 老人ホーム ろうじんほーむ 電子基準点 でんしきじゅんてん 測量における基準点、観測点の一つです。 水準点 すいじゅんてん 水準測量に用いる際に標高の基準となる点のこと。 渡船(フェリー) とせん 渡船(その他の旅客船) とせん 高塔 こうとう 展望台や給水塔、時計台など周囲よりも高い建造物を示します。 煙突 えんとつ 油井・ガス井 ゆせい・がすせい 現在も採取中の 油井・ ガス井で目標となる施設がある場所 銀行 ぎんこう 倉庫 そうこ 墓地 ぼち 立像 りつぞう 立っている姿の像。 起重機 きじゅうき 巨大なものや重いものを吊り上げて運ぶ機械。 鳥居 とりい 神社の入口に立てる門。 検察庁 けんさつちょう 材料置場 ざいりょうおきば 建設資材を置くスペースのこと。 電報・電話局 でんぽう・でんわきょく 自衛隊 じえいたい 史跡・名勝・天然記念物 しせき・めいしょう・てんねんきねんぶつ 文化財保護法に基づき、文部科学大臣が指定する文化財。 温泉 おんせん 記念碑 きねんひ 電波塔 でんぱとう 灯台 とうだい 抗口 こうぐち 人口の鉱坑、道路、鉄道、水路等が地下に出入りする部分および自然に形成された穴の入口。 風車 ふうしゃ 城跡 しろあと むかし城があったところで、現在も天守閣(てんしゅかく)、櫓(やぐら)、 石垣などがあるところをあらわします。 噴火口・噴気口 ふんかこう・ふんきこう 火山の 火口などで噴火、噴気をしている場所。 採鉱地 さいこうち鉱物を採掘している場所。 重要港 じゅうようこう 国際海上輸送網の拠点として特に重要として政令により定められていた港湾を指します。 漁港 ぎょこう 地方港 ちほうこう 重要港湾以外の港湾 採石地 さいせきち いろいろな工事や建築などに使う石の材料をとっている場所 田 た 果樹園 かじゅえん 茶畑 ちゃばたけ 畑 はたけ 桑畑 くわばたけ 桑(くわ)を栽培している土地をあらわしています。 その他の樹木 そのたのじゅもく 広葉樹林 こうようじゅりん 木の高さが2メートル以上の幅の広い葉をつける広葉樹がすき間なく生えているところをあらわします。 ハイマツ地 はいまつち 高い山で木の高さが低いマツの仲間のハイマツ(這松)などがすきまなく生えているところをあらわします。 笹地 ささち 笹(ささ)または篠竹(しのだけ)がすきまなく生えているところをあらわします。 荒地 あれち 雑草が生えた土地や湿地、沼地などで水草が点々と生えているところをあらわします。 針葉樹林 しんようじゅりん 竹林 ちくりん 竹がすきまなく生えているところ。 ヤシ科樹林 やしかじゅりん ヤシ科植物、大型のシダ植物、大型の熱帯 植物が生えているところ 外国人向け地図記号 2016年(平成28年)3月30日に外国人向けの地図記号15種類が公開されました。 2017年(平成29年)7月20日に観光案内所の記号が追加されました。 記号 名称 記号 名称 郵便局 レストラン 交番 トイレ 神社 ショッピングセンター 百貨店 教会 コンビニエンスストア スーパーマーケット 博物館 美術館 温泉 病院 鉄道駅 銀行 ATM 空港 飛行機 ホテル 観光案内所 以上『地図記号 一覧【読み方と意味付き】』を紹介しました。 「重要港」、「漁港」、「地方港」の3つや「渡船(フェリー)」、「渡船(その他の旅客船)」の2つは非常に似ているので注意が必要ですね。 冒頭でも書いたように 「茶畑」と「史跡・名勝・天然記念物」 「町村役場」と「その他の樹木」 は、記号の大きさが違うので注意しましょう。 小 = 茶畑 大 = 史跡・名勝・天然記念物 小 = その他の樹木 大 = 町村役場 畑や樹木関連は、等間隔で複数表示されることが多いのが特徴です。 一通り覚えたら力試しをしてみましょう。 こちらもチェック!.

次の