中国 製 バイアグラ。 バイアグラ: 中国製の医薬品で死者が出た

中国製の偽物ED治療薬に注意喚起!

中国 製 バイアグラ

北京では違法ラジオ局が暗躍し、医薬品の販売目的で、法律では禁じられている自主制作のCMを放送するなどして、最近2年間で50以上の違法ラジオ局が摘発されたことが分かった。 写真は北京のマンション群(この一室に違法ラジオ局が入っていたとされる=筆者撮影) 中国の首都、北京ではここ数年来、違法ラジオ局が暗躍し、医薬品の販売目的で、法律では禁じられている自主制作のCMを放送するなどして、2014年3月からこれまで50以上の違法ラジオ局が摘発されていることが分かった。 違法ラジオ局の電波で他のラジオ番組が電波ジャックされているほか、旅客機の通信も妨害されるなど、一歩間違えば大きな航空機事故につながる可能性もあるとの指摘も出ている。 北京紙「新京報」が独自ネタとして報じたもので、同紙記者が昨年末から1月下旬までのほぼ1カ月間、小型高性能ラジオをもって周波数を変えながら、違法ラジオ局を探して出しては、当事者に取材した。 それによると、これらの違法ラジオ局の設備などをそろえるのに5000元(約10万円)もあれば足りるということで、ほぼ北京市民の月収分だ。 違法ラジオ局の電波は半径10km圏内に届くため、北京市郊外にラジオ局を設置しても、市中心部には十分届くという。 ある違法ラジオ局開設者は「薬の売り上げは3カ月で80万元あった」と語っており、十分、元手はとれることになる。 しかも、警察関係者によると、違法ラジオ局はマンションの1室でも広さは十分なだけに、見つかる可能性が極めて低いのが現状だ。 このため、現在、北京市内だけで、100以上もの違法ラジオ局が暗躍しているという。 彼らの売っている薬品は強精剤が主な商品で、漢方薬を主な成分とした「中国製のバイアグラ」だ。 朝鮮ニンジンとか、鹿の角などが成分と謳っているものもあるが、ほとんどが偽物とみられる。 実際、これらの偽薬を飲んで、死に至るなど深刻な被害も出ている。 しかし、まれに本物にもぶつかることもあり、しかも、本物に比べてかなり安いだけに、中高年男性の関心が高いのも事実。 短時間で場所を移動し、警察の追及を逃れるなど、手が込んでいる。 しかも、これらの違法ラジオ局は、結果的に同じような周波数の本物のラジオ番組を電波ジャックすることにつながるだけに、社会的な被害も出てくることになる。 さらに、深刻なのは、航空機の通話の周波数と近い場合、正常な通話が妨害されるケースも出ており、「今後、大きな事故につながる可能性も指摘されている」と同紙は警告している。 警察は今年に入って、実行犯グループ7人を逮捕しているが、焼け石に水の状態だ。 東京外国語大学中国学科卒業。 産経新聞外信部記者、次長、香港支局長、米ジョージワシントン大学東アジア研究所でフルブライト研究員、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員を経て、2010年6月末で産経新聞社を退社し現在ジャーナリスト。

次の

中国バイアグラ、威哥王/ED薬、媚薬、精力剤の厳選 通販

中国 製 バイアグラ

libraclinic. バイアグラ発売開始から8年後の2007年6月、製造元であるファイザーは「バイアグラ錠」(一般名:クエン酸シルデナフィル)を保護する「特許権」に関し、全国の税関に輸入差止申立てを行い受理されました。 これによりバイアグラを模して作られた不法ED製剤を税関が没収、廃棄できることになったのです。 ファイザーはその前年にもバイアグラの「商標権」について税関に輸入差止申立てを行っています。 2000年代中頃から、ファイザーが偽バイアグラの存在に頭を痛めていたことが分かります。 ファイザーによる輸入差止申立てが認められたことで、07年には偽バイアグラなど医薬品の輸入差し止めが急増します。 差し止められた 偽医薬品は9万6591錠。 06年の約23倍にあたる膨大な量です。 うち 8割がバイアグラなどED治療薬でした。 偽ブランドのバッグ、衣類、時計などを含めた偽造品の総計は2万2661件。 史上初めて2万件を突破し、6年連続で最多を更新しました。 偽物の約6割は中国製。 さらに韓国、香港、タイ、フィリピンと続きます。 ネット通販が定着したことで、1件あたりの小口化が進んだことも特徴でした。 偽バイアグラがアウトブレイクした2016年 2016年9月、偽バイアグラ30万錠を所持していた疑いで、中国籍の貿易商が逮捕されました。 (引用元:時事通信) バイアグラ1錠あたりの相場はおよそ1600円ですから、なんと4億8000万円分も売りさばこうとしていたことになります。 押収された 偽バイアグラには、いずれもファイザーのロゴが刻印されていました。 ttiec. html 金色に着色されたラベルには「ゴールドバイアグラ」と書かれており、 有効成分の含有量は日本で販売許可されている 上限の約4倍。 膨大な量にもさることながら、無謀なまでの有効成分含有量にも驚かされます。 同年11月、ED治療薬を販売する4社は合同で、 ネット販売されているED治療薬の4割が偽造品だったとする調査結果を合同で発表しました。 (引用元:) 調査と声明を行ったのはバイアグラを扱うファイザー、レビトラを扱うバイエル薬品、シアリスを扱う日本新薬と日本イーライリリーです。 4社は日本とタイの調査会社に依頼し、両国でネットの輸入代行業者のサイトから計70点を購入。 真贋の判定と成分分析を行いました。 すると 4割にあたる28点が偽物だと判明したのです。 偽物の品質にはばらつぎがあり、 有効成分の含まれていないものや、逆に オーバーしているもの、 不純物の混じっているものもありました。 健康被害につながるおそれもあるとして、4社は注意を呼びかけました。 大阪の偽バイアグラ大量所持事件、製造元4社の緊急アピール。 その背景には10年前とは比べ物にならない偽ED治療薬の横行があるのです。 財務省の調べによると、 15年、日本の税関で輸入差し止め偽治療薬は1030件。 10年前の11件に比べると 約100倍にあたります。 13年に一度減少したものの、偽治療薬は再びハイペースで増え続けているのです。 これらの大半は偽ED治療薬でした。 危険!偽バイアグラのメッカ・中国 偽ED治療薬が日本に入り込もうとする方法は二通りあります。 まず 業者による密輸。 そしてED治療薬を求める 個人ユーザーが自ら持ち込もうとするケースです。 中国の地方空港は近年まで、日本語で「バイアグラあります」と書かれた怪しげな看板がありました。 旅費を差し引いてもなお正規品より安いからという理由で、中国の地方都市へバイアグラを買い求めにくる日本人が後を絶たないのです。 中国には健康保険制度がないため、医者にかかろうとするととても高くつきます。 そこでほとんどの場合、医者に頼らず薬局の薬で治そうとします。 そのため、中国ではコンビニのように薬局が乱立しており、しかも医薬品全般が割安なのです。 バイアグラは普通に薬局のショーケースに並んでいます。 欧米からの並行輸入品もあれば、中国語パッケージのものもあります。 どちらも日本で購入するよりはるかに割安。 並行輸入品はやや高い値段に設定されています。 ちなみに バイアグラの中国語表記は 「万艾可」。 「艾」は薬草の意味なので、「1万回でもできる薬」といったニュアンスでしょうか。 ファイザーはバイアグラの中国版パッケージを製造していないので、 この 「万艾可」は偽物。 中の錠剤は バイアグラと同じ青いひし形でファイザーの刻印も入っていますが、成分はまったく不明です。 16年9月、中国の南寧でバイアグラ密造グループが摘発されました。 彼らの作っていた偽バイアグラの成分は小麦と麦芽糖。 こんな原料ならさぞぼろ儲けできたことでしょう。 タイの薬局ではバイアグラ、シアリス、レビトラいずれも手に入れることができ、やはり日本より割安。 しかし、メーカー4社の合同調査で明らかとなったように、4割以上が偽物なのです。 中国の薬局にある「万艾可」はなんとも言えない「まがいもの感」をかもし出していますが、 タイの偽ED治療薬はすべて英語表記のパッケージ。 ロゴの印刷も精巧で、素人目には本物と区別できません。 店員はカタコトの日本語を話せますし、処方箋いらず。 まとめて買うと割引してくれます。 インド製のジェネリック(こちらは何やら怪しい雰囲気)と並べて陳列されているので、「怪しいジェネリックを買うくらいなら…」とつい偽バイアグラに手を出させるような仕掛けになっているのです。 近年は取り締まりが厳しくなりましたが、タイでは風俗店がまだたくさんあります。 タイでは外国人でも出店できるので、日本人の経営する日本人向け風俗店も盛ん。 暖かいタイでゴルフを楽しみ、格安バイアグラを買って日本語の通じる風俗店で遊ぶのが、日本人男性の定番コースとなってしまっているのです。 もちろんタイの薬局まで出向かずとも、「タイ製のジェネリック」をうたった格安ED治療薬の販売サイトもあります。 日本人の意識やモラルが変わっていかないかぎり、タイ製偽ED治療薬はまだまだはびこり続けるかもしれません。 やはり危ない中国製精力剤!副作用で死のリスクも! バイアグラよりさらに安価だからという理由で、中国製の精力剤に手を出す人もいます。 ネットでは「男根増長素」「威哥王」といった、いかにもな名前の中国製精力剤が出回っています。 例えば、男根増長素には「鹿鞭、淫羊素、亀甲、山茱萸、西洋人参など貴重な漢方薬を精選し、 最新の低温抽出技術で濃縮された精力剤」「短時間でペニスを増大し、血液循環を改善し、血流障害を解消し、セックス時間を延長し、早漏を抑制する」ともっともらしい説明が書かれています。 「価格が安いし、漢方の本場だから」と安易な気持ちで手を出してはいけません。 ネットの個人輸入代行で入手した中国製精力剤を服用した日本人男性が、低血糖による意識障害等をおこし入院する事件も起こっています。 この男性が使った薬には、医薬品成分であるグリベンクラミドとシルデナフィルが検出されました。 グリベンクラミドは糖尿病治療に用いる血糖降下剤、シルデナフィルはバイアグラの成分です。 どちらにもペニス増大、早漏抑制の効果はありません。 肝機能、腎機能障害のある方には使えないといった禁忌事項もあり、うかつに飲んではいけない成分です。 成分の分からない中国製精力剤を個人輸入で手に入れることは絶対に控えましょう。 漢方薬も医師や薬剤師、漢方医の説明を受けて購入するのが望ましいのです。 なぜ偽バイアグラを手にするのか? ここまで偽ED治療薬が跋扈する背景には、やはり「性の悩み」という独特の事情が影響しています。 専門機関に通院するのは気が引けるし、薬局に行くのも恥ずかしい。 そこで自然と通販サイトに目が向いてしまうのです。 EDを扱うクリニックでは、女性スタッフのいる受付を通さず男性医師から直接バイアグラを手渡しするなど、男性心理を考慮した試みも始まりました。 しかし、一番大切なのは本人の意識。 処方箋であるバイアグラなどED治療薬は必ず医師の処方を受け、輸入品には手を出さないように心がけてください。 まとめ 摘発された偽ED治療薬は 10年前の約100倍も! 偽ED治療薬には有効成分が含まれていなかったり、逆に多すぎることも。 効かないばかりでなく、 重篤な副作用を招く危険性があります。 処方箋なしの格安バイアグラを求め、中国やタイに出かける日本人が後を絶ちません。 ED治療薬は医師の処方を受けることが何より大切です。

次の

中国製のバイアグラもどきを個人輸入し意識障害|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

中国 製 バイアグラ

中国製バイアグラもどき-低血糖に注意 勃起機能不全 ED 治療薬として有名なバイアグラの「偽物」に関する問題で、中国製の「偽物」をめぐるトラブルが続発しています。 中国旅行に出かける友人に頼んでの購入や、ネット通販利用など「お手軽入手」が目立つ一方、服用後に倒れて救急車で運ばれ、入院するなど、深刻な健康被害に至るケースも発生しているのです。 (中略) 同社が直接問題視しているのは、「バイアグラ」という商品名の「偽物」ですが、直接はバイアグラを名乗っておらず、「類似品」に関してもトラブルが続発しているとのこと。 代表的なのは「男根増長素」と銘された製品で、08年だけでも、3件の健康被害の疑いが報告されています。 08年3月、埼玉県で発生した事例では、50代の男性が1錠服用し、翌日から低血糖症状で起きられなくなり、その翌々日には入院する事態にまで至ってしまったとのこと。 08年2月に広島県でも、30代の男性が低血糖症状で倒れ、病院に運ばれる事例が報告されています。 いずれのケースも、製品はインターネット通販などの、個人輸入を通じて入手されていたそうです。 問題の「男根増長素」1錠からは、バイアグラの主成分「シルデナフィル」12ミリグラムが検出された一方、糖尿病治療薬成分である「グリベンクラミド」が120グラムも検出されているとのこと。 グリベンクラミド120グラムという量は、1日あたりの最大使用量の、なんと12倍。 血糖値を下げる成分であるため、大量に摂取すると急激に血糖値が下がるので、意識障害を起こしてしまうのだそうです。 グリベンクラミドをめぐっては、中国製の健康食品に含まれていて問題化したこともあったため、「健康食品が標榜している作用を増強する目的だったのはないか」と指摘されています。 今回のケースでも、同様の目的でグリベンクラミドが大量に含まれていた可能性が高いそうです。 くれぐれも認可された医薬品を服用するように 新しい医薬品を開発するのに、どれくらいの期間・費用が掛かるか、ご存知ですか?実は、たった一つの薬を開発するのにも、十数年ほどの期間と数十億~数百億円程の費用が掛かっていると言われています。 医薬品メーカーの側でも安全性について入念にチェックされていますが、そこからさらに厚生省の審査を経て、承認を得られて初めて販売することが認められるわけです。 そうなった理由については、先に触れた医薬品開発のプロセスを踏まえていただければ、お分かりいただけるはずです。 認可も受けていないでしょうし、医薬品の開発に必要な安全性のチェックが欠けていたのでしょう。 こちらのニュースから得られる教訓は、「認可を得られていない医薬品に手を出してはいけない」ということ。 当たり前の話ですが、安い・便利といった理由から、個人輸入サイトで「バイアグラと同じか、それ以上の効能」とうたう薬に手を出してしまっている人がいることは、このニュースから見ても明らか。 目先のちょっとした違いに釣られて、一番大事な自分自身の健康を失うことが無いようにくれぐれも気を付けてください。 バイアグラの偽造品も危険なのですが、「バイアグラと同じ効果がある」とうたう類似商品も危険。 もちろん日本で認可を得ている商品は別ですが、怪しい中国製などの海外製の商品には間違っても手を出さないようにしましょう。

次の