マイクラ 命 に 嫌 われ て いる。 嫌われてるサイン7つ!「嫌われている人のあるある行動」と診断方法

命に嫌われているってどこがいいのですか?エゴエゴうるさくてあ...

マイクラ 命 に 嫌 われ て いる

カンザキイオリさんの作品でしょうか。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 本当に死にたいと思ってる人にそんな言葉は関係ないし、そんなことを歌にするのは馬鹿げてる 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 自分は死んでもいいけど周りが死んだら悲しいから「死なないで」って言う自分中心の考え。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかで誰かの命が助かっても所詮どこか他人事。 なんて矛盾した世界だろうって感じ 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 少年が犯人を殺しに行ったのか模倣犯になったのかは分かりません。 けれど、一つの歌で簡単に命が失われることを風刺してると思います 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 今のボカロの歌や、そこらへんの歌では簡単に死にたいだとか、誰かへの恨みを勝手に電波にのせている。 死を押し付けてる お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る 命があるのに、命を使っていない。 これはこの歌を歌っている主人公だと思いました。 命があるのに命を使わないのも命を軽視してる、と自分を嘲笑っている感じでしょうか 少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分たちもいつか簡単に枯葉のように朽ちていってしまうのだ。 最初の歌詞と似てますが、こっちのほうがわかりやすく直球ですね。 自分はしんでもいいけど周りには死んで欲しくない。 どちらも命の大切さは同じはずなのに 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 いじめられてもあなたは正しいからそのままでいなさい、死にたくないなら生きていればいい、といった身勝手な励ましについて、こっちが悲しくなってもそれでもいいならずっとそう言ってればいい。 という感じですかね…うまくいえないですが… 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 本当の幸福はお金を手に入れることでも結婚することでもない、ただ自分の命があることが幸福。 それを知らない僕達はただ「こんな場所に産まれなかったら」と過去を恨んでいる。 主人公は虐待を受けてたのかなとも思います。 カンザキイオリさんの歌はそのような歌が多いので。 投稿日の8月6日。 広島に原爆が落ちてたくさんの命が失われた日であることから、友達や家族が簡単に失われる、そんな本当の別れも知らない僕達は命を軽視してる。 単純にここでは本当に友達や家族が死ぬところなんて経験してないくせに、という感じだと思います。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 幸福も別れも愛情も友情も全部お金で買える時代。 そんなことはいらない、死にたがっている人にそんな言葉は必要ない。 たくさんの人が今のこの瞬間も死んでいくけど、ゆめだって明日だっていらない、ただ『あなたが』生きてくれていればいいんだという強いメッセージが入っている部分だと思います。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 確かにいつか人は死ぬけれどそれでも僕達は必死に生きなければならない。 僕達が思ってる以上に命は大切なものだから。 必死に抱えてどんなに辛くても気持ちを殺して、足掻いて、そして笑っていきていく。 だから生きろ!と言っていると思います。 カンザキイオリさんの作品は虐待されている子の目線で歌ったものなどが多いと思います。 またカンザキイオリさんのTwitterで「あの曲は、生きるだけで大変な環境の人、環境になってしまった人たちに向けた曲であると同時に、友達に向けた曲でもありました。 」とあるので、虐待を受けていた、もしくは受けていない、自殺したがっている友人に向けて歌ったのかなとも思います。 もしかしたらその友人はもう死んでしまっているのかも知れません。 カンザキイオリさんからの強いメッセージを感じる歌ですね! 乱字、乱文、自己解釈失礼しました。 こんな風に解釈しなくても、心に突き刺さったまま感じればいい歌だと思います…! またカンザキイオリさんの「アダルトチルドレン」もいい曲ですのでぜひ聴いていただきたいです(笑).

次の

命に嫌われている。という曲を最近聴きました。この曲の解釈を教えてくださ...

マイクラ 命 に 嫌 われ て いる

本家も良いですが、 こちらも力強くて 特に後半部分 魅力的ですね。 どちらも、それぞれの良さがあります。 では、本題の歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え 今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 心から苦しくて 「死にたい」 と思っていている人に、 そんな言葉が響くわけがありません。 もしも、そんな言葉で心が救われるのなら その人は、心から 「死にたい」 なんて思っていないのでしょう。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかの誰かの「命」なんて所詮、他人事。 みんな、当たり前のように人の悪口を言って、誰かを陥れ、今日をのうのうと生きています。 そんな醜い世界なのに 「平和に生きよう」 と、綺麗ごとが転がる 矛盾めいた世の中を なんて素敵なことでしょう。 と 皮肉を込めて嘲笑っています。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 誰かの死が取り上げられるニュースや それに、ついて歌われた歌。 その影響を受けた少年が誰かの命を奪いにく といった情景が描かれています。 「命の軽さ」 「命を軽視していること」 が、この部分では訴えられているのでしょう。 サビ1 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 本来 「死」という言葉は 最も重い言葉であり、 軽視してはいけない言葉のはずです。 それなのに簡単に 「死にたい」だとか「死ね」 といった言葉が行きかう世の中。 そんな世の中 自分 を蔑んでいます。 命を軽視しているから、命に見離される。 それを 「命に嫌われている。 」 と言っているのでしょうか。 スポンサーリンク 2番 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか つまり 「自分の感情 想い を 既存の言葉で表現されてたまるか」 と言っています。 しかし、それは つまらない意地ともわかっています。 わかっていながらも、どうすることもできず、同じような日々を繰り返してしまうのです。 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる どんな人間でも、いずれ枯葉のように朽ちていく。 絶対に避けては通れない「死」 を 憂いているのでしょう。 一生死なずに生きていく。 というのは、 死んだような生活ではなく 光に満ちた活気あふれる生活 を夢見ている主人公の 情景でしょう。 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 1番と類似しています。 矛盾している 「独りよがりな、ワガママ」 と分かっているからこそ 怒られてしまう。 と言っているのです。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 という、正当化された言葉に対して、 悲観的になってしまう主人公。 そんな自分 または同じような人 に 喝をいれるように ずっと一人で笑えよ。 と吐き捨てているのでしょう。 サビ2 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 命を軽視している、 私たちは命の重みを分かっていない。 命を軽視しているから、 日々の小さな幸せに気付くこともできず 「周りのせい」「環境のせい」 と言い訳をしてしまうのです。 そして、命を軽視しているから 本当に「死」という意味をわかっていない。 一時的に会えなくなるサヨナラや 感動のお別れなんかとは違うのです。 でも、それを僕らは知らない。 スポンサーリンク 3番 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 たくさんのものがお金で手に入れることができる。 滑稽な世界だけど、金さえあれば大半のことは上手くいくし、やり直すことができる。 そんな世界でも 「死」だけはやり直すことができない。 そして、死というのは誰にでも訪れることで もしかすると、明日かも知れない。 すべてを失くしてしまうかもしれない。 夢を叶えることや、キラキラした明日を迎えることよりも、大切なのは 「生命」 それこそが人間の根底。 命を軽視するような軽々しい歌 考え ではなく、もっと人間の本質部分に触れるような歌 考え を歌いたいのです。 ラストサビ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 いずれ朽ちる命。 だからこそ、かけがえのないものであり 軽々しく考えてはいけないもの。 自分が考えている以上に、大切で価値のある命。 その 命の灯が消えないように 生きて、生きて、生きろ! と背中を押しているのでしょう。 感想 心に刺さる歌詞の連続でした。 聴くたびに、心が浄化されたような気分 になるのは私だけじゃないはずです。 表面上ではなく、深部に刺さる。 そんな楽曲であったと思います。 【カンザキイオリ/命に嫌われている。

次の

命に嫌われている。

マイクラ 命 に 嫌 われ て いる

本家も良いですが、 こちらも力強くて 特に後半部分 魅力的ですね。 どちらも、それぞれの良さがあります。 では、本題の歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え 今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 心から苦しくて 「死にたい」 と思っていている人に、 そんな言葉が響くわけがありません。 もしも、そんな言葉で心が救われるのなら その人は、心から 「死にたい」 なんて思っていないのでしょう。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」 っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかの誰かの「命」なんて所詮、他人事。 みんな、当たり前のように人の悪口を言って、誰かを陥れ、今日をのうのうと生きています。 そんな醜い世界なのに 「平和に生きよう」 と、綺麗ごとが転がる 矛盾めいた世の中を なんて素敵なことでしょう。 と 皮肉を込めて嘲笑っています。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 誰かの死が取り上げられるニュースや それに、ついて歌われた歌。 その影響を受けた少年が誰かの命を奪いにく といった情景が描かれています。 「命の軽さ」 「命を軽視していること」 が、この部分では訴えられているのでしょう。 サビ1 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けて いつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる 僕らは命に嫌われている。 本来 「死」という言葉は 最も重い言葉であり、 軽視してはいけない言葉のはずです。 それなのに簡単に 「死にたい」だとか「死ね」 といった言葉が行きかう世の中。 そんな世の中 自分 を蔑んでいます。 命を軽視しているから、命に見離される。 それを 「命に嫌われている。 」 と言っているのでしょうか。 スポンサーリンク 2番 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、 無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉で この傷が表せていいものか つまり 「自分の感情 想い を 既存の言葉で表現されてたまるか」 と言っています。 しかし、それは つまらない意地ともわかっています。 わかっていながらも、どうすることもできず、同じような日々を繰り返してしまうのです。 少年だった僕たちは いつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、 一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる どんな人間でも、いずれ枯葉のように朽ちていく。 絶対に避けては通れない「死」 を 憂いているのでしょう。 一生死なずに生きていく。 というのは、 死んだような生活ではなく 光に満ちた活気あふれる生活 を夢見ている主人公の 情景でしょう。 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて 怒られてしまう。 1番と類似しています。 矛盾している 「独りよがりな、ワガママ」 と分かっているからこそ 怒られてしまう。 と言っているのです。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 という、正当化された言葉に対して、 悲観的になってしまう主人公。 そんな自分 または同じような人 に 喝をいれるように ずっと一人で笑えよ。 と吐き捨てているのでしょう。 サビ2 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて 本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 命を軽視している、 私たちは命の重みを分かっていない。 命を軽視しているから、 日々の小さな幸せに気付くこともできず 「周りのせい」「環境のせい」 と言い訳をしてしまうのです。 そして、命を軽視しているから 本当に「死」という意味をわかっていない。 一時的に会えなくなるサヨナラや 感動のお別れなんかとは違うのです。 でも、それを僕らは知らない。 スポンサーリンク 3番 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 たくさんのものがお金で手に入れることができる。 滑稽な世界だけど、金さえあれば大半のことは上手くいくし、やり直すことができる。 そんな世界でも 「死」だけはやり直すことができない。 そして、死というのは誰にでも訪れることで もしかすると、明日かも知れない。 すべてを失くしてしまうかもしれない。 夢を叶えることや、キラキラした明日を迎えることよりも、大切なのは 「生命」 それこそが人間の根底。 命を軽視するような軽々しい歌 考え ではなく、もっと人間の本質部分に触れるような歌 考え を歌いたいのです。 ラストサビ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だって いつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きろ。 いずれ朽ちる命。 だからこそ、かけがえのないものであり 軽々しく考えてはいけないもの。 自分が考えている以上に、大切で価値のある命。 その 命の灯が消えないように 生きて、生きて、生きろ! と背中を押しているのでしょう。 感想 心に刺さる歌詞の連続でした。 聴くたびに、心が浄化されたような気分 になるのは私だけじゃないはずです。 表面上ではなく、深部に刺さる。 そんな楽曲であったと思います。 【カンザキイオリ/命に嫌われている。

次の