リトル ビッチ プラネット。 リトルビッグプラネット Portal Site

【コミケ96】[フニフニラボ][たまごろー][リトルビッチプラネット4

リトル ビッチ プラネット

次世代型テーマパーク [ ] 遊びが学びに変わる。 沿革 [ ]• 2016年9月 - 株式会社プレースホルダ設立• 2017年• 5月 - 「品テクマルシェ on the GREEN 2017」にて、初のリトルプラネットラボを展示• AR砂遊び「SAND PARTY! 8月 - アトラクション「SAND PARTY! 」が第11回キッズデザイン賞受賞• 10月 - 体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」をららぽーと立川立飛に期間限定オープン• 11月 - 日経トレンディ「2018年ヒット予測ベスト20」の13位「キッズARパーク」に「リトルプラネット」が選出• 12月 - 新アトラクション「WORD ADVENTURE」と「NUMBER SPLASH」がオープン• 2018年• 1月 - ネットとリアルが融合! 7月 -• 話して楽しい、食べて美味しい、対話型「しゃべるARクッキー」を発売• 新アトラクション「ZABOOM」を公開• 「リトルプラネット ワイキキアクアリウム」が期間限定オープン• 2018年度経済産業省こどもデーに出展• 2018年• 8月 -• 10月 -• 12月 -• 2019年• 3月 - おとなだけでも入れる「BACK TO KIDS DAY」を開催• 3月 -• 4月 -• 4月 -• 5月 -• 7月 -• 週間東洋経済プラス「すごいベンチャー100 2019年版」に株式会社プレースホルダが選出• 9月 - 新アトラクション「COOKIN' BOO」が誕生• 10月 -• 11月 - 新アトラクション「WONDER AIR ROCKET」が誕生• 12月 -• 2020年• 3月 -• 4月 - 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、全リトルプラネット営業休止• 5月 -• 大見商事が、プレースホルダとライセンス契約を結び運営する• 6月 - リトルプラネット営業再開 アトラクション [ ]• 第11回キッズデザイン賞• 第6回デジタルえほんアワード審査員特別賞• 第12回キッズデザイン賞• 第12回キッズデザイン賞• しゃべるARクッキー「TALKING AR COOKIES」• 魔法の写真体験「MAGIC GREETING」• デジタルトランポリン「FLAPPY」• 落書きウォール「LITTLE PLANET WALL」• 英語でリアクションタッチ「DIGITAL "SPOGLISH"」• ブーの切り分けシェフ「COOKIN' BOO」• ふしぎな空気ロケット「WONDER AIR ROCKET」• 楽器の森の切り株「MELODY STUMP」 マスコットキャラクター [ ] として、モグラをモチーフにしたキャラクター「モグー」がおり、アトラクションに登場したりグッズが販売されている。 リトルプラネットに登場するキャラクター• モグー• フィル• BOO• リス博士 脚注 [ ].

次の

リトルプラネットとは?特徴や料金・割引情報・開催場所Q&Aまとめ

リトル ビッチ プラネット

最近気になるのがLBP、LBP2開発元のMedia Molecule社の「Dreams」。 購入予定だけどモーションコントローラーは2本も 必要なのかな?あれ形がカッコ悪いし、すごく光るし、ちょっと太いし あまり持ちたくないんだけど.. PS4クリエイトゲーム「Dreams ドリームズ 」についてはこちら リンク: 「リトルビッグプラネット3」プレイメモその13。 クリエイトをしよう トップビューのマイキャラ作り3 リアル3Dカメラ編 今回のリアル3Dカメラ制作では「LBP2」でアップロードした 過去作品のステージを使います。 このステージは「LBP3」とは 仕様が違うので先にそのことを説明します。 これはグリッチ バグ ? 「LBP3」は過去の「LBP」と「LBP2」のコミュニティーステージを 遊べるようにしてあるのはご存知。 今まで「LBP」と「LBP2」で作ったステージの修正や 夢半ばにステージを途中までしかできなかったステージを 「LBP3」で完成するのには役立ったとは思います。 ただしクリエイターさんの惜しみない努力の甲斐があって... というのも過去作をそのままステージエディットに 使っていて不具合に気付いた方も多いかと思います。 3レイヤー仕様が16レイヤー仕様になっています。 一見いいように見えますが 「3レイヤー仕様のエディットは自分で調整して下さい」という仕様です。 本音は「LBP2」ステージは「LBP2」で作ってねということのようです。 2つのグリッチ バグ ・レイヤー移動のムーバーが動かせない。 アドバンスの方は「LBP3」の新ムーバーだからいいとして 前からある「イン・アウトムーバー」も動かないなんて... ・カメラのズームインが3レイヤーまでで止まるが 焦点の移動は16レイヤーまでできる。 リビッツもロビッツもそれ自体でレイヤー16まで移動できるのに LBP3仕様 、 カメラはレイヤー3までしかズームインできません。 LBP2仕様 しかしカメラの焦点 十字マーク はレイヤー16を移動できる LBP3仕様 、実際見えているのはレイヤー3上 という変な状態。 ここから先にズームインできない。 リビッツのいる場所がレイヤー16になります。 今回のリアル3Dカメラはこのカメラのズームインバグを使って できるものです。 ですから可能性は低いとは思いますが アップデートで修正されることもあるということを 考慮しておいて下さい。 プレイ動画 最後のジェット機はこれまでの「ぐるっとカメラ」とは違う最新のカメラ。 いつも同じ角度 マイキャラの真後ろ ではなくプレイヤーの見たい方向に カメラが自動で向くカメラです。 通常のレースゲームのような感覚だと思います。 よりリアル感があるカメラです。 いつか紹介できたらと思います。 それでは作成します。 「ぼくの地球」にある「LBP2」でアップロードしたステージを 「ぼくの惑星」にコピーします。 このステージを「LBP3」で使います。 必ずエディットできるようにアップロードして下さい。 ジャンプの高さも考えればレイヤー3を基準にしていいと思います。 それ以降にした場合のカメラもできますがマイキャラが見えづらくなります。 ただし、これを利用してFPS視点ができます。 タグのフォローを使ったレイヤー移動 基本的な仕組みは 地面のタグをフォローすれば着地。 ジャンプ頂点 移動レイヤー地点 へのタグをフォローすればジャンプ。 この一連の動作ができれば良い。 タグはステッカーパネルにくっつけます。 動画での説明はこのようになっています。 リビッツのコントロールギアはレイヤー移動速度を[0]にすることで 一定のジャンプと着地の高さになります。 もし段差を色々変えたいのならセンサーや発信マイクロチップの信号を ジャンプチップ側で読み取れるようにしていきます。 ジャンプ機能だけ載せたチップをジャンプチップと呼んでいます。 以前あった「レイヤームーバー」を外してフォロワーを 取り付けています。 Tips:タグのレーベル タグが足りない? センサーや発信マイクロチップを多用することでタグを 多く使うことになるかもしれませんが心配はいりません。 タグは8色ですがレーベル 名札 を付けてることで さらに細かく識別できます。 動作で色分けしたりすることで、後で手直しもしやすくなります。 そのため3レイヤー付近でまだ動ける奥の焦点角度を変えると 急角度にオブジェを眺めることができる状態になるのです。 分かりやすく真正面からズームイン[L2]をしてみます。 レイヤー3に焦点はあると思われます。 ですがさらにズームはできるのでし続けます。 [R]スティックを動かして角度を変えます。 角度を変えて気に入らなかったら、最初の焦点 十字マーク の 位置を決めるところからやり直して下さい。 プレイ状態でのカメラ視点はこのように急角度で ロビッツを見ることができます。 ですが... ぼけぼけ。 このぼけぼけは次の設定である程度直せます。 ですが設定である程度は良くなります。 カメラ設定の[フォーカス]にある[被写界深度]について説明します。 Tips:被写界深度 また難しい単語。 これはカメラ用語です。 リアル3Dカメラで触るのは[プレイやフォーカス]のみでいいのですが ついでですから他の項目も説明します。 被写界深度とは良く見える範囲 ピントが合う位置 のことです。 カメラ範囲は設定にある[ゾーン]から決めることができます。 このゾーン内でないとカメラは反応しませんし、 当然、被写界深度の適応外になります。 「カメラ」のフォーカス設定 被写界深度 後ろ : ゾーンにぼかしを入れます。 %を高くするほど後ろのレイヤーのぼかしが強くなります。 キャラを目立たせたい時に有効です。 被写界深度 正面 : ゾーンにぼかしを入れます。 %を高くするほど前のレイヤーのぼかしが強くなります。 [プレイヤーにフォーカス]と組み合わせれば奥にいるキャラを 目立たせます。 プレイヤーにフォーカス: プレイヤーのレイヤーとすぐ後ろのレイヤーをはっきりさせます。 %が高いほどはっきりします。 もう簡単ですね。 トップビューに関してまだ敵AIとかもやりたいのですが その前に間挟んで「クリエイトをしよう 車の作り方」をやりたいと 思います。 つづく。 購入には北米アカウントが必要です。 他のクリエイターのステージをプレイしたい、あるいは他のプレイヤーと遊びたい, 作ったステージをアップロードしたいのなら北米版の購入をオススメします。 北米版と国内版の違い ・国内版のDLCは北米版では使用不可です。 本編1、2のアイテムは過去にオンライン上で遊んでいた場合のみ北米版 国内版以外 にインポートは可能です。 北米版のDLCは北米版LBPで遊ぶのなら国内アカウントでも遊ぶことができます ・国内版でバックアップしたデータを北米版でインポートはできません。 ・北米版は日本語テキストの入力はできません。 インポートされたものは残ります ・トロフィーは国内版、北米版統一です。 ただし進行状況、獲得アイテムは同期しません。 PS3の国内版はオフラインでのバックアップができます。 PS3の北米版はそのデータをインポートでき、北米版では日本語のテキスト入力も可能です。 またPS3北米版は決定ボタンも国内版と同じです。 Dynamic Sackboy Create Tools.

次の

[たまごろー] LITTLE BITCH PLANET Vol.3

リトル ビッチ プラネット

Developed by Tarsier Studios and Double Eleven Limited. Published by Sony Computer Entertainment Inc. Developed by Media Molecule. All Rights Reserved. Published by Sony Computer Entertainment Inc. Developed by Media Molecule. LittleBigPlanet is a trademark of Sony Computer Entertainment Europe. Published by Sony Computer Entertainment Inc. Developed by SCEE Cambridge Studio. All rights reserved.

次の