ダイサイコ。 【対戦メモ】ダイマックスの効果が多すぎるのでまとめました【ポケモンソード・シールド】

『ダイサイコ』の効果と覚えるポケモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ダイサイコ

ダイマックスは全てのポケモンが使用可能で、専用アイテムなども必要ない。 従来のメガシンカやZ技と違い、持ち物に縛られないので戦略の幅が広い。 こだわり系の効果が無効になる ダイマックス中はこだわりスカーフ、メガネ、ハチマキの効果が無効になる。 メリットである特定のステータスが上がる効果を受けられないが、デメリットの1つの技しか選べない効果も解除され、4つの技から自由に選べる。 特定のフィールドでのみ使える ダイマックスは、スタジアムなどの大きなフィールドでのみ使える。 ストーリー中ではジムやトーナメントなどが該当し、野生のポケモンや一般トレーナー戦では使用できない。 ダイマックスができる場所 場所 概要 ジム ジムリーダー戦はダイマックス可能。 トーナメント 過去作の四天王とチャンピオンにあたる。 クリア後の施設。 BPを稼いでアイテムゲット。 ワイルドエリアでダイマックスポケモンと戦う。 世界中のプレイヤーと対戦できる。 1バトルにつき1回かつ3ターンのみ ダイマックスは強力だが、1バトルにつき1回しか使用できない。 3ターン持続し、効果が切れると元の姿に戻る。 ねむり状態などで動けないターンもカウントされる点に注意。 交代すると強制解除 ダイマックス中に交代すると、ターンが残っていても強制解除される。 その後再び交代しても、ダイマックスした状態では出てこない。 技がダイマックスわざに変わる ダイマックス中は、技が全て特殊な効果を持つ「ダイマックスわざ」に変わる。 ダイマックスしたポケモンが元から覚えている 技の種類やタイプによって、ダイマックスわざが決まる。 また、ダイマックス技は必中となる。 「まもる」を使う場合はもちろん、使われる場合もダイマックスわざのことは念頭に入れること。 物理と特殊の分類は変わらず ダイマックス技の分類は、ダイマックスする前に覚えていた技の分類と同じになる。 例えば、元に覚えていた技が特殊技ならダイマックス技も特殊となる。 技の威力は元の威力に依存 ダイマックスわざの威力は、元のわざの威力に依存している。 元の威力が高いほど強力になる。 HPの最大値が増加する 技の種類 技名 重さを参照する技 ・ ・ ・ ・ 強制交代技 ・ ・ ・ ・ 一撃必殺技 ・ ・ ・ ・ その他 ・ ・ ・ ダイマックス時のみがわりの効果 ダイマックス技に対してもみがわりは有効。 ただし、こちらがみがわりをおいた状態でダイマックスすると、みがわりが消えてしまう。 せっかく置いた身代わりが無駄になってしまうので注意しよう。 状態異常にはかかる ダイマックス中でも、ねむりやまひ等の状態異常にはかかる。 特にねむりでの時間稼ぎが危険なので注意しよう。 定数ダメージは元のHPが参照される 最大HPに対してダメージ量が変化する技は、ダイマックス中であっても元のHPの最大値が参照される。 また、どくややけどといった 定数ダメージは元のポケモンのHPで計算される。 ダイマックスできないポケモン一覧 ソードシールドで登場した伝説のポケモン3体はダイマックスできない。

次の

イエッサン

ダイサイコ

Contents• はじめに この記事はネタバレを含むので注意してください あと、適宜追記していきます どうも日々々々(ひよ)です! ウルトラサンムーンでは 総合レート7612で1位、 世界大会に出場し、決勝の解説もしたガチポケモントレーナーです。 この記事では、ソードシールドでの新要素 「ダイマックス」についての仕様を説明します。 ダイマックスはポケモン 対戦環境を激変させる新要素ですので、仕様はきっちり知っておかないとバトルに影響出ること間違いなし。 この記事を見てダイマックスをしっかり勉強しましょう>< また、 動画でも解説してますので、良かったら動画も見て、チャンネル登録してください! (投稿したらリンク張ります!) ダイマックスの基本的な仕様 でっかくなる ではダイマックスの基本的な仕様から。 全てのポケモンが使用可能(持ち物等は不要)• 1回のバトルで1度だけ使用可能• 使用してから3ターンで元に戻る(使用ターンも含む)• 交換したら元に戻る• 全ての覚えている技がダイマックス技に変わる• ダイマックスするとHPが1. 5倍~2倍になる• 怯まない• ダイマックス技は守るを貫通する(Z技と同じ、4分の1の威力になる)• けたぐりや草結びなど、体重変化で威力が変わる技が効かない• 強制交換技(ほえるとか)は効かない。 ただしドラゴンテールやともえなげなどの技はダメージは入る• 道連れ無効化• 金縛り、アンコールの無効化 大事なのは、 1回のバトルで1度だけしか使えず、3ターンで元に戻ることですね。 最後の最後、 切り札として使うか。 それとも 最初からハイパワーで押していくか。 今後のバトルは、ダイマックスするタイミングが鍵になりそうです。 また、 ダイマックスするとHPが増えます。 どれくらい増えるかはダイマックスレベルによって変わり、 最低1. 5倍~最大2倍まで変化します! 画面左下辺り、ダイマックスレベルと10段階のメモリ ダイマックスレベルはマックスレイドバトルで入手できる 「ダイマックスアメ」で上げることが出来ます。 体力が多いほうが対戦では有利ですので、しっかり上げていきましょう。 基本ダイマックス技 一覧 ダイマックスすると、技が全て「ダイマックス技」に変化する ダイマックスしたポケモンは、専用の技 「ダイマックス技」しか使えません。 各技のタイプ毎に、それぞれ固有のダイマックス技に変化します。 なお 変化技はタイプに限らず、全て「ダイウォール」になります。 全ての技に共通する点としては、• PP:元の技と一緒です• 非接触• 物理・特殊:元の技と一緒です• 何らかの追加効果がある です。 そして重要なのが、 技威力! 少しややこしいですが、各ダイマックス技によって威力の最低値と最高値が決まっていて、 元技の威力次第でダイマックス技の威力が決まります。 例えば 10万ボルトを元技にしたダイサンダーは威力130なのに対して、 電気ショックを元技にしたダイサンダーは威力90になります。 雷だと威力は140に! 簡単に言うと、 弱い技の威力は弱くて、強い技の威力は強いってことですね! というわけで、下にそれぞれのタイプ毎に技名・威力幅・追加効果を纏めてみました。 タイプ 技名 威力 追加効果 炎 ダイバーン 90-150 天候を「日差しが強い」に変える 水 ダイストリーム 90-150 天候を「雨」に変える 氷 ダイアイス 90-140 天候を「霰」にする 岩 ダイロック 90-150 天候を「砂嵐」に変える 草 ダイソウゲン 90-150 場を「グラスフィールド」にする 電気 ダイサンダー 90-140 場を「エレキフィールド」にする エスパー ダイサイコ 100-150 場を「サイコフィールド」にする フェアリー ダイフェアリー 90-130 場を「ミストフィールド」にする 格闘 ダイナックル 70-100 味方全体の攻撃を1段階上げる 鋼 ダイスチル 90-140 味方全体の防御を1段階上げる 毒 ダイアシッド 70-95 味方全体の特攻を1段階上げる 地面 ダイアース 90-130 味方全体の特防を1段階上げる 飛行 ダイジェット 90-140 味方全体の素早さを1段階上げる ドラゴン ダイドラグーン 90-150 相手全体の攻撃を1段階下げる ゴースト ダイホロウ 90-130 相手全体の防御を1段階下げる 虫 ダイワーム 90-140 相手全体の特攻を1段階下げる 悪 ダイアーク 100-130 相手全体の特防を1段階下げる ノーマル ダイアタック 90-150 相手全体の素早さを1段階下げる 変化技 ダイウォール — ダイマックス技も防ぐ「守る」 (空欄は後日埋めます) 一気に覚えるのは難しいので、最初は 対戦中にこの表を見ながら対戦しちゃいましょう! キョダイマックス技 一覧 一部の特別なポケモンは、特別な姿にキョダイマックスする 一部のポケモンは専用のダイマックスである 「キョダイマックス」が出来ます。 姿も変化し、特別な技 「キョダイマックス技」を使うことが出来ます。 「キョダイマックス技」は ポケモン毎に、専用のタイプの技が変化してキョダイマックス技になります。 ダイマックス技と同じく、技威力や物理・特殊は元の技によって決まりますので、注意しましょう。 それでは、以下にキョダイマックス出来るポケモンと、それぞれのキョダイマックス技を纏めてみました。

次の

ツムラ漢方大柴胡湯エキス顆粒(ダイサイコトウ) : 一般用漢方製剤・一般用医薬品

ダイサイコ

ダイマックスの基本仕様• バトル中お互いに1回だけ使用でき、効果時間は3ターン続く。 控えと交代すると解除され、そのバトル中は再び使う事ができない。 端数切り捨て• 解除時は残りHPが同様に除算される。 ひるみ状態にならない。 相手を交代させる技を受けても交代されない。 自主退場系の特性、道具 だっしゅつボタンなど はその効果が発動する。 重さを参照する技やきのみを奪う技を受けない。 (「くさむすび」「むしくい」「やきつくす」など)• 最大HPによってダメージが決まる効果はダイマックス前のHPを参照する。 定数ダメージ含む• 持ち物の効果は一部を除いて通常通り使える。 とつげきチョッキを持ったポケモンは「ダイウォール」を使用できない• 技選択を制限する技・特性の効果を受けない。 こだわり系アイテムの効果はメリット・デメリットの両方が一時的になくなる。 発動に条件の付随する技が元になっていても、その条件を無視して発動できる。 一撃必殺技を受けない。 「みちづれ」の効果でひんしにならない。 「ほろびのうた」はマックスレイドバトルのみ効果がない。 通常のバトルではダイマックス中でも効果がある。 ダイマックス時に自分の場のみがわりが消える。 解除後もみがわりは戻らず、消費したHPも回復しない。 、、はダイマックスできない。 ダイマックスレベル ダイマックスレベルはダイマックス時のHP上昇値に関係し、このレベルに応じて最大HPと残りHPが増える。 通常のHP上限は999だが、ダイマックス中は上限が1000を超える。 ただし、のみHPが一切変動しない。 ダイマックスレベルはマックスレイドバトルの報酬で得られるダイマックスアメを使用して上げる事ができる。 ダイマックスレベル HP増加率 0 1. 50 1 1. 55 2 1. 60 3 1. 65 4 1. 70 5 1. 75 6 1. 80 7 1. 85 8 1. 90 9 1. 95 10 2. ダイマックス前の元の技のタイプのみ継承し、威力や効果はダイマックス技共通のものに変化する。 タイプに関わらず、全ての変化技はノーマルタイプの「ダイウォール」になる。 命中率は無く、全ての技が必中になる。 PPや分類はダイマックス前の技に準拠する。 物理・特殊に関わらず非接触技になる。 ただし、「ダイウォール」ならダイマックス技も完全に防ぐ事ができる。 フェイントは防ぎきれずにダメージを受けるが、ダイウォール自体は解除されない。 ダイマックス技に伴う追加効果はシステム上の追加効果とは性質が異なっている。 特性の効果は発動しない。 威力が上がらず、追加効果が発動する• 特性の効果は発動しない。 被ダメージ時に追加効果が発動する• 追加効果はみがわりを貫通する。 ダイマックス技に伴う追加効果はダメージを与えられれば必ず発動する。 「まもる」や「キングシールド」などでダメージを抑えた場合も追加効果が発動する。 特性で受けても追加効果が発動する。 タイプ相性、特性による無効化、「ダイウォール」での防御は追加効果を発動しない。 特性は威力は上がらずタイプ変化のみ影響を受ける。 のポケモンが使う「ダイアタック」は「ダイフェアリー」に変わる• 特性は命中低下の効果が無くなり、攻撃力補正だけが発揮される。 ダイマックス技を「まねっこ」してもダイマックス技にはならず、そのダイマックス技の元になった技が発動する。 ダブルバトルのみ• 能力が変化するダイマックス技は、味方orもう片方の敵にも効果が発動する。 相手2体もしくは全体攻撃技は対象が単体に変更される。 ダイマックス技or「ダイマックスほう」の「さいはい」は失敗する。 「ダイアタック」や「ダイジェット」による素早さ変化、「ダイバーン」等で天候orフィールドが変化した場合 行動順の変更は次のターンからではなく、そのターンまだ行動していない残りのポケモンに即座に適用される。 技一覧 ダイマックス技 タイプ 追加効果 主な使用感 ダイアタック ノーマル 相手の素早さを一段階下げる。 対スカーフor高速アタッカー、ダブルでこごえるかぜ相当。 トリパミラーで難あり。 ダイバーン ほのお 天候をひざしがつよいにする。 炎技火力アップ、対水耐性、の発動。 ダイストリーム みず 天候をあめにする。 水技火力アップ、かみなり・ぼうふうの必中化、対炎耐性、の発動。 ダイサンダー でんき フィールドをエレキフィールドにする。 電気技火力アップ、対睡眠。 ダイソウゲン くさ フィールドをグラスフィールドにする。 草技火力アップ、一部地面技耐性、少量回復。 ダイアイス こおり 天候をあられにする。 ふぶきの必中化、定数ダメージ、の復活、・の発動。 ダイナックル かくとう 攻撃を一段階上げる。 威力の高いグロウパンチ相当。 追加効果に伴い元技から威力減も。 ダイアシッド どく 特攻を一段階上げる。 必ず発動の毒チャージビーム相当。 追加効果に伴い元技から威力減も。 ダイアース じめん 特防を一段階上げる。 対特殊アタッカー性能アップ。 ダイジェット ひこう 素早さを一段階上げる。 対スカーフor高速アタッカー、抜き性能アップ。 トリパで難あり。 ダイサイコ エスパー フィールドをサイコフィールドにする。 超技火力アップ、対先制技。 ダイワーム むし 相手の特攻を一段階下げる。 対特殊火力、疑似特殊耐久アップ。 ダイロック いわ 天候をすなあらしにする。 岩タイプの特殊耐久アップ、定数ダメージ、の発動。 ダイホロウ ゴースト 相手の防御を一段階下げる。 対物理耐久、疑似火力アップ。 霊特殊アタッカーと噛み合わず。 ダイドラグーン ドラゴン 相手の攻撃を一段階下げる。 対物理火力、疑似物理耐久アップ。 ダイアーク あく 相手の特防を一段階下げる。 対特殊耐久、疑似火力アップ。 悪物理アタッカーと噛み合わず。 ダイスチル はがね 防御を一段階上げる。 対物理アタッカー性能アップ。 ダイフェアリー フェアリー フィールドをミストフィールドにする。 龍火力半減、耐状態異常。 ダイウォール ノーマル ダイマックス技も完全に防げる。 ただし守り状態を無視する技は貫通する。 ほぼ確実にターンを稼げる。 「フェイント」「ゴーストダイブ」の守りを解除する効果も受けない。 ダイマックス技の威力 ダイマックス技の威力はダイマックス前の元の技の威力に応じて決まる。 ダイマックス技の追加効果によって自身の攻撃や特攻を上げられるかくとうタイプとどくタイプは、他のタイプと比較して威力が低くなっている。 第七世代のZワザ同様、条件付きで威力が増加する技は通常時の威力が基準となる。 通常の技 その他 ダイマックス技の威力 マルチアタック 95 アシストパワー 130 つけあがる ウェザーボール ダイマックスほう 140 キョダイマックス 一部のポケモン、その中でもキョダイマックス仕様のポケモンのみがキョダイマックスする事ができる。 キョダイマックス時は特定のタイプ技がキョダイマックス技になり、通常のダイマックス技と異なる効果が発動する。 通常のダイマックス技以上にダブルバトル向けの効果を持つ技が多く、単独では大きく恩恵を得られないものが多い。 威力はダイマックス技と同じであり、ダイマックス技同様かくとうタイプとどくタイプのキョダイマックス技は威力が低い。 キョダイマックスポケモンはランクバトルや特殊ルールのレギュレーションによっては使用不可になる場合がある。 なお、「へんしん」やでキョダイマックスポケモンをコピーしても、キョダイマックスできず通常のダイマックスとなる。 追加DLC第1弾「鎧の孤島」で追加された要素である「ダイスープ」(要ダイキノコ3個)を使用すると、通常仕様とキョダイマックス仕様を自由に変更できるようになった。 キョダイコワク むし 相手全員をどく・まひ・ねむりのいずれかの状態異常にする。 キョダイバンライ でんき 相手全員をまひ状態にする。 じめんタイプもまひ状態にできる。 キョダイコバン ノーマル 相手全員をこんらん状態にする。 お金を貰える効果は通信対戦では発生しない。 キョダイホウマツ みず 相手全員の素早さを2段階下げる。 キョダイゲンエイ ゴースト 相手全員を交代できなくする。 キョダイシンゲキ かくとう 自分と味方の急所ランクを1段階上げる。 キョダイセンリツ こおり 味方の場をオーロラベール状態にする。 天候があられ以外でも発動する。 キョダイホーヨー ノーマル 異性の相手全員をメロメロ状態にする。 キョダイサイセイ ノーマル 自分と味方が使用したきのみを再生させることがある。 キョダイシュウキ どく 相手全員をどく状態にする。 キョダイコランダ くさ 元の技に関係なく威力が160になる。 相手の特性を無視して攻撃する。 キョダイカキュウ ほのお 元の技に関係なく威力が160になる。 相手の特性を無視して攻撃する。 キョダイソゲキ みず 元の技に関係なく威力が160になる。 相手の特性を無視して攻撃する。 キョダイフウゲキ ひこう 壁・罠・フィールドを消滅させる。 キョダイテンドウ エスパー 場を重力状態にする。 キョダイガンジン みず 相手の場にステルスロックを設置する。 キョダイサンゲキ くさ 相手全体の回避率を1段階下げる。 キョダイカンロ くさ 自分と味方の状態異常を回復する。 キョダイサジン じめん 相手全体にすなじごくと同じ効果。 キョダイカンデン でんき 相手全体をまひ、もしくはどく状態にする。 ダブルでは技を受けなかった相方のじめんタイプもまひ状態にできる。 キョダイヒャッカ ほのお 相手全体にほのおのうずと同じ効果。 キョダイテンバツ フェアリー 相手全員をこんらん状態にする。 キョダイスイマ あく 相手の眠気を誘う(あくび状態にする)。 キョダイコウジン はがね 相手の場にキョダイコウジンを設置する。 場に出た時にはがねタイプとの相性に応じたダメージを与える。 キョダイゲンスイ ドラゴン 相手全員が最後に使用した技のPPを2減らす。 キョダイイチゲキ あく ダイウォールを含む守り状態を無視して攻撃する。 キョダイレンゲキ みず ダイウォールを含む守り状態を無視して攻撃する。 ダイマックスの利点・欠点 プラス要素• HP上昇による耐久力の向上。 技の威力上昇による攻撃性能の向上。 技の追加効果によって、攻撃しつつ能力や天候・フィールドを操作できる。 命中の概念が無いため、技を外すリスクが少ない。 相手が「そらをとぶ」などでフィールドにいない場合は失敗する• こだわり系アイテムを一時的に解除して技を選択できる。 定数ダメージはダイマックス前のHPで計算を行うため、「いかりのまえば」やいのちのたまなどのダメージを軽減できる。 全ての技が非接触になるので、ゴツゴツメットのダメージを受けず、接触技に対する特性の効果を発揮されない。 マイナス要素• かくとう、どくタイプは元の技よりダイマックス技の威力が低くなる場合がある。 連続技やパンチ技なども全てダイマックス技になってしまうため、「スキルリンク」や「てつのこぶし」などの特性が適応されなくなる。 変化技が全て「ダイウォール」になってしまうため、積み技や状態異常技、回復技などが使用できない。 先制技の効果が失われるため、素早さによる縛りを受けやすい。 こだわり系アイテムの効果が失われるため、一時的に火力や素早さが下がる。 ダイマックス前に出した自分の「みがわり」はダイマックス時に消えてしまう。 「きょじゅうざん」「きょじゅうだん」「ダイマックスほう」の被ダメージが2倍になる。

次の