城山 ダム 水位。 【神奈川】城山ダムと台風19号

城山ダム

城山 ダム 水位

ダムの上(「 天端 てんば=てんば」という)に国道が通っているところは、全国でも少ない。 神奈川県内ではここだけ。 天端を渡りきった道路の右側に城山ダムの展望台があり、道路の左側は駐車スペースになっている。 ダム見学に便利な駐車スペースは「しょうわ軒」に隣接しているところだ。 長時間でなければ無料で停められる。 昼寝中の大型車が止まっていたりする。 近くの津久井湖記念館や津久井小城山公園の駐車場も無料。 交通量は非常に多い。 しかも、ダムのゲート側には歩道がない。 車道を渡って近くからゲートを観察するのは大変だ。 相模国っていったら神奈中バスだ。 ダムを通るのも、もちろん神奈中バスである。 昔は車体下部のえんじとクリーム色の境目は波形になっていたが、今は直線になり簡略化されてしまった。 それでも長年続いているこの塗装は相模国の景観に溶け込んでいる。 ゲートが開閉すると跡が付くようだ。 こういうのがカッコイイ。 作業用の階段は地獄に続くが如し。 右岸(川下に向かって右側)の堤体側から撮影している。 歩道はない側だがこの地点にはいくらか空きスペースがあり、クルマがビュンビュン行き交う堤体上とは違って安全に写真を撮影できる。 とはいうものの、道路の横断はなかなか難しい。 高さは宮ヶ瀬ダムにはるかに及ばない。 三保ダムよりも低い。 しかし、城山ダムは急角度な感じがよいのだ。 周辺は桜の名所だが、ダムと組み合わせるのはなかなか難しい。 の下の付近から遠望したカット。 ブナ林以外は、おおむね水系別に上流から下流に向けて並べています• 2016年8月27日• 2017年7月19日• 2019年2月28日• 2018年12月2日• 2017年10月29日• 2016年11月14日• 2018年10月30日• 2017年11月19日• 2018年7月14日• 2017年6月7日• 2016年11月5日• 2016年11月6日• 2016年11月23日• 2016年11月7日• 2016年12月25日• 2016年12月20日• 2016年12月23日• 2016年12月23日• 2016年6月19日• 2016年6月20日• 2017年7月19日• 2016年9月25日• 2016年8月25日• 2017年7月19日• 2016年6月19日• 2016年10月1日• 2017年7月31日• 2016年12月25日• 2016年12月23日• 2016年7月4日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2016年10月10日• 2016年10月10日• 2017年7月30日• 2016年8月11日• 2016年8月11日• 2016年8月11日• 2019年5月3日• 2019年5月3日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2018年11月9日• 2017年4月9日• 2018年12月16日• 2016年6月19日• 2016年9月25日• 2019年4月19日• 2016年8月25日• 2017年6月7日• 2017年6月7日• 2017年4月7日• 2016年6月20日• 2017年5月11日• 2018年4月28日• 2019年1月31日• 2016年10月16日• 2017年9月24日• 2018年4月28日• 2017年8月23日• 2016年6月19日• 2016年8月7日• 2016年8月1日• 2016年8月1日• 2016年10月2日• 2016年8月25日• 2017年7月30日• 2016年6月20日• 2019年2月26日• 2016年8月25日• 2016年10月26日• 2016年8月1日• 2018年8月31日• 2016年7月3日• 2017年3月14日• 2017年4月1日• 2018年6月11日• 2016年6月23日• 2016年6月20日• 2016年8月25日• 2017年6月25日• 2017年5月24日• 2018年5月18日• 2019年5月10日• 2019年6月14日• 2017年11月12日• 2018年11月13日• 2016年7月9日• 2017年12月2日• 2016年7月9日• 2017年12月2日• 2016年7月9日• 2016年6月21日• 2016年11月27日• 2016年6月22日• 2016年6月21日• 2016年6月20日• 2016年11月27日• 2016年6月21日• 2016年6月20日• 2016年11月27日• 2018年4月17日• 2016年6月22日• 2017年12月16日• 2016年7月8日• 2016年6月26日• 2017年7月31日• 2016年6月22日• 2017年10月23日• 2017年2月12日• 2017年8月7日• 2016年8月25日• 2017年10月8日• 2017年10月8日• 2016年7月8日• 2016年7月8日• 2016年7月8日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2017年5月24日• 2018年11月20日• 2017年2月3日• 2017年2月3日• 2017年9月9日• 2017年9月9日• 2016年10月20日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2017年6月25日• 2016年6月26日• 2017年7月9日• 2017年6月25日• 2016年6月21日• 2016年6月21日• 2016年8月19日• 2016年6月21日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2016年7月24日• 2017年9月1日• 2017年4月6日• 2018年9月30日• 2017年8月31日 タグ.

次の

「城山ダム緊急放流」舞台裏 担当者が振り返る緊迫の1日

城山 ダム 水位

神奈川県所有の多目的ダム。 城山ダムの貯水池名は津久井湖。 ちなみに、すぐ上流に本沢ダムがあり、こちらの貯水地名は城山湖という名前で、ちょっと紛らわしい。 堤体はいたってシンプルな重力式コンクリートダムで、クレスト部にラジアルゲートを4門備えている構造。 堤体下流側の中段ほどの位置に、パイプラインが取り付けられている。 これは残念ながら、景観のマイナスポイントだろうか。 また、天端は国道413号線が通っており、かなりの交通量がある。 車で通行すると、ダムの天端を走っているという感覚がなく、湖にかかっている橋を通行しているようにしか思えない。 堤体に隣接している大きな駐車場を見て、はじめてダムの存在に気づくという感じだろうか。 ダムというと、ひっそりと佇んでいるイメージがあるが、このダムに限ってはそんなことはない。 水の運用面でも忙しいダムである。 お隣にある本沢ダムを上部ダム、このダムを下部ダムとして、城山発電所にて最大192. その他、別ルートで、最大32. ダム湖の有効貯水量が少なく、神奈川県の人口をカバーするほどの貯水ができない欠点を補うため、 隣の河川にある宮ヶ瀬ダムと総合運用をしている。 このダムの上流にある道志ダムと、宮ヶ瀬ダムを導水管でつなげ、一時的に道志ダムの水を宮ヶ瀬ダムに貯水する。 宮ヶ瀬ダムの有効貯水量は大きいため、無駄なく貯水する事ができる。 そして、水が必要な時には、宮ヶ瀬ダムの水を、導水管にて城山ダムに放流するという仕組みをとっている。 そんな複雑な運用をしているダムだが、ちょっとだけ古めな、シンプルな造りの平凡なダムだった。 立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。 下流左岸側より堤体を眺める。 クレストゲートは6門かと思いきや、4門である。 常用洪水吐はここからは見えない。 もう少し堤体に寄り撮影。 堤体にかかるパイプラインがいただけない。 上流より堤体を眺める。 非常用洪水吐はラジアルゲート4門。 左側に津久井(1号)発電所の取水口が見える。 ラジアルゲートのアップ。 色から検討するに、ステンレス製だろうか。 天端を眺める。 とんでもない交通量。 下流を眺める。 90度左にカーブしている。 正面から写真を撮りたかったが、良い場所が見つからなかった。 ダム湖の様子。 スワンボート乗り場もあった。 休日は家族連れで賑わうのだろうか。 津久井(1号)発電所の取水ゲート。 スペック ダム名 城山(しろやま)ダム ダム形式 重力式コンクリートダム 河川名/水系名 相模川/相模川水系 所在地 神奈川県津久井郡城山町川尻字水源8 位置 北緯35度35分09秒 東経139度17分00秒 着工年/完成年 1960年/1964年 用途 洪水調節、防災/上水道用水/工業用水/発電 堤高 75. 0m 堤頂長 260. 0m 堤体積 362,000立方m 流域面積 1201. 3平方km 湛水面積 247ha 総貯水量 62,300,000立方m 有効貯水量 54,700,000立方m ダム湖名 津久井湖(つくいこ) 管理 神奈川県 本体施工者 熊谷組 地図 水位 設計洪水位 サーチャージ水位 EL 125. 5m 常時満水位 EL 124. 0m 制限水位 EL 120. 0m(6月1日~10月15日) 予備放流水位 EL 113. 0m 最低水位 EL 95. 0m 放流設備 用途 形状 サイズ 放流能力 非常用洪水吐 ラジアルゲート W10.

次の

城山ダム放流で浸水も!動画あり!相模原市、平塚市、茅ヶ崎市、厚木市、海老名市、座間市、寒川町、愛川町要警戒!

城山 ダム 水位

勘違いしておられるようですが・・・ ダムがあるから放流のタイミングをある程度見定めることが出来るんですよ? ダムが無ければ今頃多くの河川が氾濫を起こしていたはずです。 ダムの目的は大きく分けて ・流域の住民への安定した生活用水の供給 ・流域の洪水被害の「軽減」 ・水力発電 です。 台風が来る前にダムの水を空にしていたら、台風の進路が逸れた場合誰が生活用水の面倒を見れますか? 台風の被害に合わなければ何でも良いわけではありません。 「その後」のことはあなたは考えていますか? 多くの人は「お役所のやることなんてそんなもの」と言いますが、「その後」のことも考えられない馬鹿者がお役所に勤めておられたら毎年毎年干ばつが各地で起こります。 次に、「緊急放流」とはダムの保護のために上流から流れてきた分をそのまま下流へ垂れ流すことです。 少し考えたら分かることですが、ダムが無ければ台風が来る前から常時緊急放流状態です。 台風が来てから何時間それを後ろ倒しに出来ましたか? もしかして避難のためにはその時間では足りなかったでしょうか? もともと自然災害というどうにも出来ない脅威に対して抗っているだけのものです。 完璧に防げるのならこの台風の中河川敷でラグビーW杯でもやったらよろしい。 他の回答者の投稿を見て思ったことですが・・・・ ダムの目的は洪水被害を0にすることじゃない。 城山ダムは充分その役目を果たしているし、そのコントロールをしている職員もこの雨の中充分時間を稼いだ。 回答者の誰かと一緒で「お役所の人間はこんなもの」と言いたいのであれば その資格を得るために莫大な税を納めて城山ダムを三峡ダムにするか 各家庭に貯水タンクを設置してダムが万が一空になっても文句が無いようにしてから言えばいい こんな口だけの大馬鹿者達の為にこの風雨の中仕事をしているかと思うと可哀想でならない。 あなたが純粋な疑問でこの質問を投稿されたのかどうかは分かりませんが、 物事を考えるときにたった1つの面からしかその問題を捉えられないと簡単にこんな馬鹿者達の仲間入りを果たすことになります。 どうか多角的な視点で物事を捉えるようにお願いいたします。 自分の視野が狭いせいで平気で人を傷つける愚か者が見れたでしょう? あなたもなる必要はありません。 その役は彼らだけで充分です。

次の