期待 しない 練習。 ラウンド前日の練習はする?しない?する場合の練習方法は?

今日から始められる「期待しない生き方」。今より心が楽になる!

期待 しない 練習

子供に期待しないで信頼しよう 僕たち親が子供に対して何をやった方がいいのか紹介します。 僕もまだまだなので毎日意識して過ごしています。 少しでも参考になれば嬉しいです。 子供をできる限り怒らない 子供がお片付けしなかったり、勉強しなかったりしても怒らないであげてください。 毎日毎日忙しいのはとてもよくわかるのですが、そこで 怒ってしまうと子供が自分のことを「ダメなんだ」と思ってしまい 自己肯定感が低くなってしまいます。 「いつも言ってるのに全然やってくれない・・・」 「どうしてこんなに簡単なことができないの・・・」 その気持ちはめちゃくちゃわかります。 僕もそれは思っていました。 覚えてないだけで僕たちが小さい時もきっと同じようにお片付けできなかったり、言われても宿題ができなかったりしたと思うんです。 なので今は怒らないで優しく見守ってあげてください。 あわせて読みたい 自分のやりたいことを我慢しすぎない 子育てしてると自分のやりたいことをどうしても我慢しすぎちゃいます。 我慢は必要なのですが、我慢のしすぎは体にも良くないしやめた方がいいです。 そんな時は親に頼ったり、ママだったらパパに、パパだったらママに頼ってください。 誰もいないのなら YouTubeやゲーム、TVやお菓子に頼っても大丈夫です。 そういうのはダメって思ってしまっているかもしれませんが、それよりも親の笑顔がない方が子供にとっては良くありません。 疲れた時は食事だってお惣菜に頼っていいんです。 疲れてる時はしっかり休憩して睡眠を取って疲れをとりましょう。 また元気になったら頑張ればいいんです。 じゃないと体が持ちません、頑張りすぎるのは程々にしてください。 子供の発達段階を理解する まずは子供の発達段階について軽く理解しておく必要があるので紹介します。 もちろん個人差があるので絶対ではないのですがさくっと知っておいてほしいです。 必要ないと思ったらここは飛ばしちゃって下さい。 ハヴィガーストの発達課題というものから2つを紹介します。 幼児期の発達課題(0〜6歳) 小学校に上がるまでにできた方がいいことになります。 ・同年齢の友達と仲良くする ・自立的な人間性を達成する ・普通の遊びに必要な身体的技能を学ぶ ・読み、書き、計算の基礎能力を学ぶ などがあります。 学力の基礎的な部分や体の使い方の基礎部分を学ぶことになります。 この2つをみるとわかりますが特別難しいことはありません。 小学校に上がるまでにひらがなができた方がいいとか、宿題を間違いなくきっちりやる必要なんてないんです。 子供は親の背中を見ている そうは言っても子供に勉強してほしいし、テレビやゲームは程々にしてほしいと思いますよね。 そこでどうすればいいのか考えました。 親が子供にしてほしい行動をする 親である僕たちがまずは子供にしてほしいことを実際にやってみましょう。 子供ってとてもよく親のことを見ています。 なので 子供にやってほしいことがあるならまずは自分がやりましょう。 ・読書がしてほしいなら親が本を読む ・勉強してほしいなら親が勉強する ・片付けてほしいなら親が家をきれいにする ・テレビを見て欲しくないなら親がテレビを見ない 僕たち親が変わることで子供も変わってくれます。 というか変わってくれると信頼して続けるしかないです。 そして 子供に変化があったらその変化を見逃さないでしっかり褒めてあげましょう。 いっぱい、いっぱい褒めることで嬉しくてさらに続けてくれます。 この時にご褒美とかは必要ないです。 ご褒美は僕たち親がいっぱい子供を褒めてあげることです。 期待することはやめて信頼する 子供に期待すると色々口を出したくなってしまうのでもう 期待することはやめましょう。 その代わりに信頼してあげてください。 子供がおもちゃなどで集中してる時の目って見たことありますか? とてもキラキラしてて真剣なのが見てわかります。 この姿は本当に見ていてかっこいいです。 信頼することでそのキラキラを伸ばしていってあげるのが僕たち親の役目だと僕は感じています。 子供に期待せず笑顔で生活しよう 子供に期待しない方がいい理由を色々書いてきましたが長くなってしまったのでもう一度まとめておきます。

次の

期待しない方法10選

期待 しない 練習

では、いざ練習場に行ったとき、どんな練習をすると良いでしょう? もしかしたら、練習メニューを決めている方もいるかもしれません。 しかし前日は、そのメニューではなく、1球ずつ違うクラブでボールを打つことと、コースに出たときと同じくらい、一球ごとの間(ま)を持つようにしましょう。 コースでは、自分が打って、すぐにまた自分が打つことはありませんよね。 打った球がたとえチョロだったとしても、そこまで歩いて行く時間もあるはずです。 できれば、翌日に回るコースのレイアウトを見ながら、そこを回っているつもりで1球ずつクラブを選ぶのが良いでしょう。 いわゆるシミュレーションラウンドです。 そうすれば、前日練習から翌日のラウンドまでのリズム感が良くなり、さらにコースの予習もできますので、練習の効果が出やすくなります。 実は、前日練習をしないほうが良いという一因に、メンタルに影響が出る可能性があるから、というものもあります。 練習場は平らで、同じ場所から好きなだけ何度もボールが打てます。 失敗と思えばやり直しもききます。 数多く打つ中で一つ良いボールが出れば、「これはいいぞ!」と、翌日の自分に期待してしまう気持ちも生まれてくるのではないでしょうか。 結果、自分でハードルを上げてしまっている状態になりますし、その状態でコースに行けばそのハードルがそのままプレッシャーに変わってきてしまいます。 プレッシャーを感じると、思うようなスイングができなくなり、ミスが出やすくなります。 そのようなメンタルを作らないためには、前日にナイスショットを連発する練習はやめる選択肢も一つかと思います。

次の

今日から始められる「期待しない生き方」。今より心が楽になる!

期待 しない 練習

『反応しない練習』を読みました。 仏教の教えをもとに、悩みを解決する方法を書いた本です。 私は祖母が熱心な仏教徒だったので、仏教の教えは身近にありました。 あ、祖母が入信していたのは無理な勧誘やお布施のない実直な団体で、私に入会をすすめたことは一度もありません。 母は祖母に付き合って名ばかりの会員になっていましたので、家には会報誌が届けられていました。 私は会報誌を読んで、お釈迦様(仏教の開祖であるブッダのことです)の教えってけっこういいな~くらいの感覚で育ちました。 森田療法の本を読んだときに仏教に通じるものがあると感じたので、ひさしぶりに仏教に触れたくなり、『反応しない練習』を手に取りました。 SNS、ツイッター、ネット記事に常に反応……毎日、ムダな「反応」をしていませんか? すべての「苦しみ」は、自分が「反応する」ことから始まっています。 それを理解することが、悩みを解決する第一歩です。 その事実と、具体的な方法論を教えてくれるのは、2500年前の悟った人、ブッダ 原始仏教。 本書では、原始仏典を紐解きながら、現代人の人生に活かせる合理的な考え方を紹介します。 第1章 反応する前に「まず、理解する」• 第2章 良し悪しを「判断」しない• 第3章 マイナスの感情で「損しない」• 第4章 他人の目から「自由になる」• 第5章 「正しく」競争する• 最終章 考える「基準」を持つ 仏教は悩みや苦しみから抜け出す方法を学ぶ宗教 仏教を知らない人にとって、仏教のイメージはどんな風でしょう。 苦しいときの神頼み?お経をとなえれば天国に行ける? 実は、仏教はお釈迦様であるブッダの教えを学ぶものなのですよ。 (20ページより) 強迫性障害を治すためにたくさんの本を読んできましたが、「お釈迦様も同じことを言っていたなあ」と思うものが多くありました。 本書の中から、強迫性障害や不安に役立ちそうなものを紹介します。 妄想を「上手にリセットする」方法がある 仕事や家事に「追われている(あれもこれもやらなきゃ)」と感じたり、「この先どうなるのだろう」と不意に不安に駆られたり、悲しい過去を振り返って落ち込んでしまったりという心境もまた 「妄想」から来ています。 (42ページより) 妄想…妄想かぁ。 たしかに、何かをしていても頭の中では別のことを考えているという状態は多いです。 強迫性障害の最中はほとんどそうでした。 「どうしてあんなことをしてしまったんだろう」「こうなったらどうしよう」という過去や将来の不安ばかり考えていました。 妄想をリセットする基本は、「今、妄想している」と客観的に言葉で確認することです。 (42ページより) さらに、妄想と現実の区別をつけること、妄想と現実の感覚の違いを意識することも、妄想から抜け出す秘訣だそうです。 認知行動療法のマインドフルネスやACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)にも取り入れられている方法ですね。 どんな判断であれ、「執着」してしまうと苦しみが生まれます。 (58ページより) 諸行無常(しょぎょうむじょう)キター!と、盛りあがってしまいました。 諸行無常とは、世の中の物事はたえず移り変わり、変わらないものはないという意味です。 仏教的に言うと、永遠の愛とかもないのです 笑 執着が無駄なのは、変わりゆくものだからなのですね。 強迫観念も決めつけや思い込みであり、「判断」「執着」です。 これらを手放すには、シンプルに「役立つかどうかで考えていい」とのこと。 なぜ人は判断するのかというと、わかった気になれる気持ちよさと、自分は正しいと思える快楽があるそうです。 判断のメリットを覚えておくと、逆に手放しやすいと思います。 何かをやめるときには、そのメリットを捨てる覚悟が必要ですから。 「こうでなければ」という、自分の人生や、相手への期待も、それだけならただの「判断」。 それはアタマの中にしか存在しないから「妄想」です。 (59ページより) 強迫観念は、いかにも役立つ・必要そうなふりをするので難しいのですよね。 でも一方で、無駄な「妄想」だということもわかっています。 強迫観念がわいたときにしっかりと、「頭の中だけの妄想なんだ」と切り離せるようにしたいです。 「妄想にすぎない「判断」に執着して、今なお、自分や相手を苦しめている」という部分は、身にしみました…。 強迫性障害のときは、無駄なことはわかっている、それでも強迫行為をやらずにいられないんだ!と考えていました。 けれども強迫行為をしている時点で、わかっていない、「判断」を手放せていなかったのだと思いました。 私がくだした「判断」は、執着として行動にあらわれていたのでしょう。 『反応しない練習』の感想 ボリュームとしては、ごく普通の単行本です。 文章はさらさらと読みやすいです。 あらためて仏教に触れてみて、やはりお釈迦様の教えは心を楽にしてくれて良いと思いました。 私が自分で認知行動療法をできたのも、心の根底に仏教の教えがあったから、強迫観念を手放すことやコントロールを諦めることを受け入れられたのかもしれません。 また、世の中に出ている悩みの解決方法の多くが仏教の影響を受けていることを再確認しました。 悩みがある人はもちろん、マインドフルネスやACT、森田療法に興味がある人も、それらの元になっている基本の書として読んでおくと理解が深まると思います。

次の