モグワン コスパ。 【モグワン】悪評が多い?使ってる愛犬家の口コミ評判と実食レポ

モグワンとカナガンの違いを比較!成分やコスパなどで評価

モグワン コスパ

ペットフード安全法ではドッグフードやキャットフードのパッケージに、「名称」「賞味期限」「原材料名」「原産国名」「事業者名および住所」の5つを記載しないといけません。 この法律で定められた基準に沿って製造されていれば、安全性に関しては問題ないでしょう。 しかし、ドッグフードの中には粗悪な原材料である「4Dミート」や副産物が使われた製品がありますので、愛犬の健康を守るには飼い主であるあなたが正しい選び方を把握しておくべきです。 通常購入は1袋当たり3,960円と市販のドッグフードと比較して値段が高いのですが、栄養のバランスや安全性を加味すればコスパが良いのは間違いありません。 また、 最大20%OFFで購入することができる割引特典もあるので、気になる方はぜひモグワンをチェックしてみてください!• 愛犬の身体に良いとは言えない着色料や保存料、香料といった人工添加物は一切含まれていません。 ネルソンズドッグフードの定期コースに加入すれば、「1点の購入でも15%OFF」「お届け周期を自由に選べる」という特典がありますので、美味しく食べて健康維持ができるフードをお探しの方は是非一度試してみてください。 内容量1㎏で3,500円ですので格安のドッグフードではありませんが、原材料の多さや安全性で比較すればコスパは抜群です。 「このこ定期コース」に加入すれば15%OFFの送料無料の2,980円で届けてくれますので、「国産のドッグフードにこだわっている」「愛犬の涙やけや目ヤニが気になる」「愛犬の便臭や体臭を改善したい」という方は、このこのごはんを選んでみてください。 「牛肉」|良質な動物性タンパク質を中心に豊富な栄養素を含む• 「北海道産の昆布」|お腹の調子やコンディションを整えるヨウ素を含む• 「かつお節」|タンパク質やビタミン、アミノ酸がバランス良く含む• 「玄米」|脳や腸の健康を身体の内側からサポート メインで使われている原材料の国産牛肉を中心に、レオ&レアはできる限りシンプルなレシピに仕上げていますね。 もちろん、カサ増しの材料や合成添加物など、愛犬に不要なものはレオ&レアの中に一切含まれていません。 また、レオ&レアは他のドッグフードとは違い、愛犬専用のマイカルテが用意されています。 下記のように愛犬の情報を入力してマイカルテに登録すると、その子にピッタリのレシピや給餌量を提案してくれる仕組みです。 コスパの良いドッグフード選びに迷ったらコレ!「モグワン」を選べ! 総合的にみると、 モグワンが1番コストパフォーマンスが高いとみます。 もちろん、モグワンは市販の1kgあたり100円程度のものと比較すると、コスト面では劣るかもしれません。 しかし、それ以上にパフォーマンス面が評価できます。 どこが優れているのかわかりやすく理由を説明しましょう。 無添加&ヒューマングレード まず、あなたは愛犬のことをどう思っていますか? ただのペットでしょうか? 違いますよね。 『家族の一員』ではないでしょうか。 そう思っているのなら、 ドッグフード選びの最低限の基準として「無添加」と「ヒューマングレード」は外せないと思います。 体にどんな影響を与えるかわからない添加物が含まれているドッグフードは与えるべきではありません。 また、私たち人間が食べられるレベル(=ヒューマングレード)でないと安心して与えることができなくないでしょうか? 残念ながら、スーパーやホームセンターで購入できるドッグフードは「無添加」「ヒューマングレード」どちらともクリアできていません。 モグワンはもちろん、添加物を一切使用しない「無添加」でありながら、人間でも食べられる「ヒューマングレード」なので安心して愛犬である家族に与えることができますよね。 原材料が日本のワンちゃん向けに作られている 日本では海外と違い、小型犬が飼われていることが多く、ほとんどが室内犬です。 庭などで放し飼いされている犬と比較すると運動量が減っているため、肥満にもなりやすいです。 豊富なたんぱく質が筋肉量を増やし、新陳代謝をあげ、肥満になりにくい体質へと切り替えていきます。 また、モグワンには「アミラーゼ」という消化酵素が多く含まれる野菜や果物も配合されています。 このアミラーゼが室内犬であれば、一番のお悩みといっても良い『ニオイ』の問題の解決へと一役買います。 犬特有のニオイの主な原因は体内の老廃物によるものです。 それらを野菜や果物に豊富に含まれるアミラーゼの力によって、うんちとしてしっかりと排出させることが期待できます。 お風呂に入れてもとれない『ニオイ』に対して、体内からアプローチすることができるのです。 【最大20%OFF】お得な割引サービス ドッグフードを買う上でやっぱり避けられないのが、お金の問題ですよね。 市販のドッグフードはもちろん、Amazonや楽天で購入しても割引を受け続けることはできないですよね。 ドッグフードは毎日毎日食べさせるものですので、このような割引が少しでもあるのとないのでは長い目でみると大きく異なってきますよね。 穀物とは、米や小麦などの 主に人間が主食にする炭水化物のことです。 他にも、コーンやソバなども穀物になります。 残念ながら、市販されている多くのドッグフードには小麦やトウモロコシなどの穀物が入っており、良質なものはほぼありません。 それもそのハズ。 安い穀物を入れないと原価が上がって、利益がほとんどなくなるからです。 食物繊維も多く含まれる玄米などであればまだしも、市販のドッグフードに含まれる穀物は小麦やトウモロコシ、白米などの安いものばかりになります。 そもそも、なぜ穀物がダメなのでしょうか? 犬の祖先はもともとオオカミでした。 いわゆる、肉食動物です。 獲物を飼って、生のまま食べていたのです。 小麦やトウモロコシなどの穀物を食べる機会がなかったので、穀物を消化するように体ができていません。 そのため、穀物を大量に摂取するとアレルギー反応を起こし、 体が赤くはれたり、かゆがったりすることがあります。 このようなことがあるので、グレインフリー(穀物なし)、または穀物が少量のみのドッグフードを選ぶべきなのです。 他にも、市販ドッグフードには 酸化防止剤や保存料などの添加物も含まれています。 市販ドッグフードは店舗での在庫として置いておく必要があるので、 長期保存が可能なように酸化防止剤や保存料などが含まれています。 これらも正直、 愛犬の体には良くないですよね。 本当に愛犬のことを考えているのなら、市販ドッグフードのデメリットや悪影響もしっかりと考えるべきです。 今、与えているドッグフードに下記の表のものが含まれているかチェックしてみると良いでしょう。 ゴールデンレトリバーのような大型犬であればまだしも、小型犬や中型犬レベルであればドッグフードを消費しきるよりも 酸化が進んで品質の劣化の方が早いです。 品質が劣化することにより、必要な栄養も失われたり、食いつきが悪くなる可能性があります。 食いつきが悪くなると次第に食べなくなり、結局捨てることに…なんてこともあり得ます。 少しでも安く買おうとした結果、 捨ててムダにすることになるので本末転倒ですよね。 買ったとしても1袋あたり5kg前後までに抑えておくのがベストです。 そんな風に思っているかもしれません。 しかし、よく考えてみてください。 添加物が含まれていたり、粗悪な原材料によって作られているドッグフードを与え続けたときの リスクを。 犬の病気やケガによる病院代を忘れないこと! 粗悪なドッグフードを与え続けると 愛犬の健康にも悪影響が及びます。 人間で例えると、毎日のようにマックや吉野家といった安いファストフードばかりを食べているようなイメージです。 そんな方の健康状態は想像すれば簡単にわかりますよね? 愛犬の体が小さければ小さいほど、添加物や粗悪な原材料の影響をモロに受けることになります。 その結果、病気やケガになってしまったら動物病院に通院させなければなりませんよね。 しかし、アレルギーの元となるアレルゲンがハッキリしていないのであれば、一概にグレインフリーが良いとは言い切れないのです。 しっかりとアレルゲンを見極めてカットするのが大切 アレルゲンがはっきりとしていないのであれば、まずは病院へ行き、アレルゲンが何なのかをしっかりと見極めることが大切です。 アレルゲンが含まれていないドッグフードを与えることが一番のアレルギー対策になります。 しかし、アレルゲンがハッキリとしても小麦などの穀物が含まれているドッグフードを与えるのはやめましょう! 小麦やトウモロコシなどの穀物はアレルギーの発症リスクが高く、与え続けると急に発症することだってあり得ます。 もともとオオカミだった犬は穀物を消化する能力があまり高くありません。 そのため、穀物類が含まれているドッグフードを与えるとしても、玄米や大麦といったお腹にも優しいものだけにしましょう!.

次の

我が家の柴犬君にモグワンを与えた正直な感想です

モグワン コスパ

できるだけ安くて質のいい餌はどれ?• 餌代にあまりお金をかけられないけど、変な餌は与えたくない。 手作り食も取り入れてるからドッグフード代は少し抑えたい。 こんなことで悩んでいませんか? 2019年4月、犬の飼い主さん91人を対象に「ドッグフードに関するアンケート」を行ったところ、61人がドッグフード1kgあたりに出せる予算が 1,000~2,000円と答えました。 詳しくは後ほど解説しますが、できるだけ家計の負担にならない、それでいて質の良いドッグフードを探している飼い主さんはとても多いようですね。 ここでは、私が良質だと思う人気のドッグフード30種類以上の価格をそれぞれ比較し、 その上で本当におすすめしたいコスパのいいドッグフード5選を紹介していきたいと思います。 1kgあたり1,000円未満・・・11人• 1kgあたり1,000~1,500円・・・ 36人• 1kgあたり1,500~2,000円・・・25人• 1kgあたり2,000円以上・・・19人 1kgあたり1,000~1,500円と答えた飼い主さんがもっとも多いんですね! 逆に、あまり安いとやはり不安を感じるのでしょうか?1kgあたり1,000未満が 11人と、かなり少なめの結果であることが分かりました。 でもこれだけ見たら「じゃあ中身は?」となるので、他にどんなことをドッグフードに求めているのか?その辺りも同じ91人の飼い主さんに聞いてみました。 その結果がこちらです。 この結果も含めて分かったのは、できれば 1kgあたり1,000~2,000円で、 原材料の品質やバランス、安全性にこだわったドッグフードを求めている飼い主さんが圧倒的に多いということです。 これを見る限り、価格と容量のバランスはそこまで気にされているわけではないようなんですよね。 つまり、容量よりも 1kgあたりの質(要はプレミアム感)が重要であるということもこのアンケートの結果から読み取れます。 どれだけ容量があってお得でも、 フードの質と安全性がいまいちなようではコスパがいいとは言えない。 そう思っている飼い主さんが多いということになりますね。 【基本】安心安全なコスパのいいドッグフードの選び方 1kgあたり1,000円~2,000円くらいが負担になりにくいと分かったところで、今度は安心安全なコスパのいいドッグフードの選び方についてサクッと紹介していきます。 選び方のコツは、 「コスパがいい=価値のある内容なのに価格が安い」という意味にちゃんと比例しているかどうかです。 良質な動物性タンパク質が使われている まずコスパのいいドッグフードを見極める1つ目のポイントとして、 良質な動物性タンパク質が使われているかどうかにあります。 主原料に人間も食べれるような質の良い肉や魚が使われており、またそれらにホルモン剤や抗生物質などの薬剤が使われていないといいですね。 産地や飼育環境なども明確だと尚良しです。 さらに生肉・生魚を使用していて、それらを丁寧に 低温加熱調理しているものが理想です。 油脂の種類が明確である どれだけいいお肉が使われていても、使われている油脂の種類がはっきりと分からないものは好ましいとは言い難いですね。 何の動物あるいは植物から採取される油脂なのか分からない 「動物性油脂」「植物性油脂」「魚油」などよりも、「サーモンオイル」「亜麻仁油」といったように 何の油脂を使っているのか明確なものを選ぶようにしましょう。 トレーサビリティが徹底されている ドッグフードの原材料や生産情報、流通経路、販売などが 追跡できるシステム(トレーサビリティ)を導入しているドッグフードを選ぶことも大切です。 何かあった時に追跡できないと、知らずにそのまま愛犬にリコール対象のドッグフードを与え兼ねません。 できれば、パッケージ1つ1つに製造番号が印字されてあるといいですね。 トレーサビリティを取り入れているドッグフードを選ぶこともまた、 愛犬の命や健康を守ることへとつながります。 注意すべき成分が無添加である そして最後の見極めポイントは、 安全とは言い難い成分(合成保存料、着色料、香料、BHA、BHTなど)が無添加であるかどうかです。 ドッグフードの品質や見た目を良く保つためには必要な成分かもしれませんが、犬が健康的に生きていく上でこれらは必要ありません。 【1kgあたりいくら?】コスパのいいドッグフード30種類の価格を比較! アンケートの結果と4つの選び方ポイントを踏まえて、今度は コスパがいいと口コミで評判のドッグフード30種類の価格を比較してみることにしました。 公平に比較するためにも、まずは初回割引や定期購入割引など一切なしの 通常価格だけで比較していきたいと思います。 先ほど紹介した4つの選び方ポイントに当てはまるドッグフードには1kgあたりの価格の部分を 青色で、何か1つ欠けていて惜しいものは 緑色で示してみました。 商品名 内容量 税込価格 1kgあたりの価格 ナチュロル 850g 3,240円 4,190円 ヤラー(グレインフリー) 2kg 7,452円 3,726円 オリジン 2kg 6,522円 3,261円 アカナ 2kg 6,264円 3,132円 キアオラ 2. 7kg 7,128円 2,640円 モグワン 1. 8kg 4,304円 2,391円 ハロー 1. 8kg 4,212円 2,340円 ロータス 2. 27kg 5,150円 2,269円 ファインペッツ 1. 5kg 3,394円 2,263円 アーテミス「オソピュア」 1kg 2,258円 2,258円 リガロ 1. 8kg 4,000円 2,222円 ネルソンズ 5kg 8,424円 1,684円 アランズナチュラルドッグフード・ラム 2kg 4,304円 2,152円 カナガン 2kg 4,304円 2,152円 ソルビダ 1. 8kg 3,780円 2,100円 アディクション 1. 8kg 3,657円 2,031円 プラぺ 2kg 3,800円 1,900円 シュプレモ 1kg 1,784円 1,784円 ナウフレッシュ 2. 72kg 4,740円 1,743円 ロイヤルカナン 2kg 3,186円 1,593円 ホリスティックレセピー 2. 4kg 3,740円 1,558円 ナチュラルバランス 2. 27kg 3,402円 1,499円 プラチナムナチュラル 1. 5kg 1,667円 1,111円 ユーカヌバ 2. 7kg 2,836円 1,050円 サイエンスダイエット 1. 4kg 1,436円 1,026円 スーパーゴールド 2. 4kg 2,200円 917円 プロマネージ 1. 7kg 1,245円 732円 アイムス 1. 2kg 835円 696円 ビタワン 2kg 1,196円 598円 コストコ「カークランド」 18. 14kg 5,479円 302円 以上30種類のドッグフードの価格を比較してみて分かったのは、 価格が下がるほどお肉の量より穀類の量が圧倒的に多くなっていて、また安全とは言い難い添加物が使われている傾向にあるということです。 それに比べ、1kgあたり1,500円以上くらいになってくると中身がしっかりしてきます。 さらに価格が上がって1kgあたり2,000円以上になると、先ほど紹介した4つのポイントにきちんと当てはまる商品が増えてくることも分かりました。 もちろん価格がすべてではないのですが、やはり良い原料を使用しているドッグフードほどそれなりに価格が高くなりますね。 とくにオーガニック原料を使うヤラーの価格には納得です! さて、通常価格で見る1kgあたりの価格を比較したところで、 今度は定期購入などの割引が入った価格で比較してみたいと思います(青色と緑色が付かなかった商品は除外)。 7kg 割引なし 2,640円 ロータス 2. 27kg 割引なし 2,269円 アーテミス「オソピュア」 1kg 割引なし 2,258円 モグワン 1. 8kg 3,849円 2,138円 アディクション 1. 8kg 割引なし 2,031円 アランズナチュラルドッグフード・ラム 2kg 3,849円 1,925円 カナガン 2kg 3,849円 1,925円 プラぺ 2kg 3,610円 1,805円 ナウフレッシュ 2. 72kg 割引なし 1,743円 ナチュラルバランス 2. 27kg 割引なし 1,499円 ネルソンズ 5kg 7,160円 1,432円 プラチナムナチュラル 1. 5kg 割引なし 1,111円 ファインペッツ 1. 5kg 0円~3,184円 0円~2,123円 割引が入るとグッと安くなるドッグフードが 7商品ほどあり、そのうち以下の5商品が まとめ買いor継続回数でさらに値段が安くなります。 モグワン(1kgあたり 1,901円で購入可能)• アランズナチュラルドッグフード・ラム(1kgあたり 1,710円で購入可能)• カナガン(1kgあたり 1,710円で購入可能)• ネルソンズ(1kgあたり 1,348円で購入可能)• ファインペッツ(1kgあたり 0円で購入可能) ちなみに、緑色のついている商品に関してはトレーサビリティの導入がハッキリとしていないんですね。 ここが気にならないようであれば、緑色がついた商品でも品質はとても良いので安心して購入しても問題ないと私は判断しています。 ただ、今回は4つの選び方ポイントに沿ったドッグフードを紹介するのが私の役目です。 あくまでも私目線ではありますが、 本当にコスパのいいおすすめのドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います! 【決定】犬の餌にコスパのいい安全なドッグフードおすすめ5選! ネルソンズをおすすめする理由• 人間用の安全な食材のみが使われている。 人工添加物、肉の副産物、遺伝子組み換え食品不使用。 穀物アレルギーに配慮してグレインフリー。 お肉をしっかり食べれて野菜や果物もバランスよく摂れる。 オメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが使われている。 トレーサビリティがしっかりしている。 私がネルソンズを高く評価した一番の理由は、 内容がしっかりしているのに価格が安い!ただそれだけです。 もちろん上記のような理由をいろいろ踏まえた上での話ですが、フードに使われる原材料の品質、製造工場の安全性、トレーサビリティなど、あらゆることが徹底されていて 5kgを6,739円(3袋まとめて買った場合)で購入できるのはお得です。 ただ、小型犬のように小粒しか食べない犬、または7歳を過ぎてネルソンズが対象にならない犬もいると思います。 そのような子には、 カナガン、アランズナチュラルドッグフード、モグワン、ファインペッツ、または比較表で緑色で示した商品を利用されてみるといいでしょう。 手作り食とドッグフードはどちらがコスパいいの? 手作り食の方が経済的のように思えますが、 実はドッグフードの方がコスパはいいです。 と言いますのも、手作り食は栄養バランスをよく考えて材料を1から揃えなければならないので、思いのほかコストがかかります。 さらにビタミンやミネラル、必要に応じてグルコサミンやコンドロイチン、乳酸菌などをサプリメントでプラスする必要があるため、結局のところ高くついてしまうのが手作り食です。 農家と契約しているとか、知り合いや家が農家だという場合は食材が安く(あるいはタダ)で手に入るでしょう。 しかしそうじゃない場合、 できるだけ信頼できるドッグフードを利用した方が経済的と言えます。 ただ、私は手作り食を反対するつもりはありませんし、手作り食にはドッグフードのないメリットもあるので肯定的な考えです。 もしも日常的に取り入れたい場合は、愛犬の健康を第一を考え、 犬の体のしくみや栄養学についてしっかり勉強されることをおすすめします。

次の

モグワンのコスパ・口コミ。100円モニター制度もあります。

モグワン コスパ

2020-06-01 口コミで評判のドックフードのモグワンですが、ステマサイトや悪評が多いのも事実です。 確かに、犬にも好き嫌いがあるため、良い評判や悪い評判があるのは当然のことで、実際のところどうなのか気になるところです。 この度、モグワンの100円モニターセットと言うものを申し込んで、我が家のワンちゃんの食事に出してみました。 正直に、このモグワンのモニターセットの結果を書きますので、口コミの一評価として、参考にしていただければと思います。 この記事を読むとこんなことが分かります ・モグワンの食いつき具合 ・モグワンを3日間食べ続けた体調の変化 ・モグワンの正直な感想 ・100円モニターセットの申し込み先 スポンサーリンク 1.モグワンを我が子に与えた初日の反応 まずは、いつもの2. 2kg 800円のフードに半分くらい100円モニターセットのモグワンを混ぜて与えることにしました。 モニターセットとは、以下の通り100gの容量で数回分の食事が入っており、本購入前の試供品といったところです。 モグワンのモニターセットの袋を開けた瞬間に、結構なニオイがします。 しかしこれは、犬が好きそうなニオイだと感じました。 ニオイがキツイと言うのは、口コミサイトで見た通りです。 分かっています。 異常ではなく、香料を使っていないからですよね。 色々な口コミサイトを見て前知識を詰め込み過ぎたせいで、何も驚きません。 こんな具合に、いつものフードの上にモグワンを載せ、優先的に食べさせようとする作戦です。 さて、我が子は、この食事を見るなり、「ん?」とずっとモグワンを見ています。 「食いつきが違います!」とのセールスコピーですが、ちょっと意外な反応を見せています。 しかし、これも想定内です。 口コミサイトで、散々「全然食べない!」という記事を見ていたからです。 すると、敢えて上に置いてあるモグワンを避けて、下側のいつものフードを食べ始めました。 きっと、モグワンを避けているはずが、いつものフードに少しモグワンが混じってしまったのでしょう。 「なんだ、うまいじゃん!」と言わんばかりに バクバクと食べ始め、30秒ほどで無くなってしまいました。 そうそう、思い出しました。 フードを切り替えた時はいつも、慎重に様子を見るのがうちの子でした。 その日の夕方、朝と同じようにいつものフードの上にモグワンとおやつを載せた夕食を出してみました。 すると、出した瞬間の食いつきが凄い! 朝とは全く違う反応です。 おそらく、朝食の味見で、「これは問題ない」と確信したのでしょう。 本能のままに、ガッツいています。 朝食の時あれだけ慎重だった様子は全く無く、夕食はあっという間に無くなってしまいました。 引き続き、翌日モグワンを同じように出すと、さらに食いつきが激しくなっています。 明らかに、モグワンを狙ってガッツいています。 ヤバイです。 あと一回分しかないのに、明日からモグワンの無い食事を出す勇気がありません。 正直、数回で飽きて元のフードに戻るのが落ちかなぁと思っていた私がバカでした。 感触ですが、モグワンはうちの子のように、物凄く好きか、全然食べないかどちらかに分かれそうなフードだと思いました。 2.その後の体調の変化 モニターセット100gを、他のフードに混ぜながら3日間与えた体調の変化を報告します。 結論から言うと、体調は、モグワンを与える前と変化なしですね。 たった3日間しか与えていないので、変化が出る訳ないかもしれませんが、少なくとも 、モグワンを食べて異常が出なかったと言うことは、うちの子に合ったということです。 排便に関しても、 口コミで言われているような軟便になったりすることも無しです。 柴犬が全犬、うちと同じような感じになるとは思いませんが、参考になれば幸いです。 3.総合的に見た本音の感想 いつもは、2. 2kg 800円で愛犬の食事を購入している我が家。 正直、ドックフード1. 8kgで3,960円は、 いつものフードの5倍の価格であり、非常に高価な印象が拭い去れないです。 約2週間で、一袋消費するとして、1カ月で8,000円です。 確かに、食いつきは非常に良く、原材料も穀物不使用、高タンパク、着色料・香料不使用で素晴らしいのは分かります。 人間で考えた場合、いつもの食事をある日突然、価格5倍の高級食材に切り替えることと同等です。 ただし、「家計を切り詰めて」です。 家計を切り詰めなくても、やっていけるご家庭であれば、このモグワンは、素晴らしい食事になると思います。 我が家での結論は、「家計を切り詰めない」で、このモグワンを購入し続けることが出来ません。 よって、残念ですが、うちでは今回のお試しのみで終了することになりそうです。 さて、我が子は、あれだけパクついていたモグワンが突然無くなり、明日からいつものフードを食べてくれるのだろうか。 4.100円モニターセットの申し込み先 前述しましたが、まずは100円モニターセットでお試ししてから、本購入する流れがお薦めです。 では、どこから 100円モニターセットを申し込むのか。 実は、 100円モニターセットは通常の公式サイトから申し込むことができません。 申し込みは、ランダムに出てくる広告でのみ実施しているのですが、いつも広告が出てくるわけでは無さそうで、時期があるようです。 ちなみに、モニターセットで検索しても申し込みサイトはヒットしません。 まずは、 モグワンの公式サイトを検索エンジンで検索して訪問してみましょう。 そうすることで、検索履歴と閲覧履歴がパソコンやスマホに残り、モグワンの100円モニターセットの広告も出やすくなります。 5.購入先は公式サイトが得 購入先は、 公式サイト 、Amazon、YAHOO! が一般的ですが、お得なのは です。 単品購入の場合、送料、消費税を考慮すると、どこもほぼ変わらない価格となります。 しかし、 公式サイト は、定期コースを申し込むことが出来て、10%~20%OFFで購入可能です。 今後、継続して購入する方は、 公式サイトがお得です。 モニターセットで食いつきOK確認し、購入する決心がついたら、検討してみてください。 もう一袋、様子を見たい方は、定価3,960円(送料抜き、税抜き)で。

次の