生協 外壁 塗装。 生協が手掛ける外壁塗装業者・アイネットコープ埼玉の評判は?

住まいのコープの口コミと評判、体験談

生協 外壁 塗装

施工は提携している約90社の工事協力会社が行う コープ住宅の外壁塗装・屋根塗装を行うのは約90社の工事協力会社になります。 なのでコープ住宅はあくまでも工事を受けるだけになりますが、工事の訪問説明時には業者と共にコープ住宅のスタッフも付き添っていてくれます。 また店舗のスタッフの質の向上にも努めていて、一級建築士なども在籍していますから工事前に不安点などがあれば解消してくれます。 いわゆる『丸投げスタイル』の受注の仕方ではなく、組合員の立場に立ったリフォームの実現に取り組んでいます。 兵庫県リフォーム売り上げランキング第3位(2018年) 参照元: コープ住宅は、リフォーム産業新聞社が発行するリフォーム産業新聞『都道府県別リフォーム売上ランキング2018近畿』で兵庫県第3位となっています。 集計期間は、2017年9月~2017年8月で売上額は52. 5億円になります。 既に多くの実績があることは、これから外壁塗装・屋根塗装をお願いする方にとって安心材料となりますね。 ちなみにコープ住宅の主な販促方法は組合員に向けたチラシからの反響営業で強引な営業などを行っていないことも、好感がありますね。 1回の工事代金の平均は30万円程度と、外壁塗装や屋根塗装、建具の調整、鍵の取り付けなどが多いのも特徴です。 年間で2万件弱の工事を受けるなど、全国のコープ系のリフォーム会社でもトップレベルの売り上げを誇っています。 コープという安心感は外壁塗装、屋根塗装という不透明な分野で何よりもメリットがありますね。 ただ、実際に家に来て工事をするのは地元業者になるわけですから、工事業者の実績や担当者の人間性もよく確認することをおすすめします。 価格的には、下請けを使うということで直接業者に頼むよりは高くなりがちではありますが、安心感を重視される方にはコープ住宅での外壁塗装・屋根塗装を検討してみてもよいでしょう。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の

生協のリフォームって千葉で評判良いの?【詳細や特徴まとめ】

生協 外壁 塗装

アクリル塗料• ウレタン塗料• シリコン塗料• フッ素塗料• ラジカル塗料 この5つの塗料の中で、 「費用ランキング」「耐用年数ランキング」「総合ランキング」を紹介していきます。 外壁塗装の塗料「費用ランキング」 外壁塗装における、塗料の費用ランキングはこちら!• 1位「ウレタン塗料」• 2位「シリコン塗料」• しかし、現在ではスタンダードになっている「シリコン塗料」も値段が下がってきて、ウレタン塗料とほとんど値段の差がありません。 あくまで費用のランキングですので、安いから良いというわけではなく、家の状態や状況に応じて塗料を選択しましょう。 なぜ費用ランキングに「アクリル塗料」が入らないの? 外壁塗装の塗料について、ご存知の方は多いと思いますが、「アクリル塗料」が一番安い塗料です。 なぜ費用ランキングに入ってこないのでしょうか? その理由は、「アクリル塗料」で外壁塗装をすることをオススメしないからです。 アクリル塗料は、一昔前にまだ他の塗料が高かった時代に、価格が安いことから外壁塗装にも使用されていました。 しかし、現在は他の塗料も安くなりましたし、アクリル塗料は紫外線や雨などの耐候性に乏しく、耐用年数が短い塗料です。 そのため、現在では外壁塗装でアクリル塗料は、ほとんど使用されていません。 なるべく費用を抑えたい外壁塗装ですが、アクリル塗料での外壁塗装は避けたほうがいいでしょう。 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」 外壁塗装するなら、耐用年数を重視したい! 耐用年数が長い塗料はこちらになります。 1位:「フッ素塗料」• 2位:「ラジカル塗料」• 3位:「シリコン塗料」 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」選考理由 「フッ素塗料」「ラジカル塗料」「シリコン塗料」の耐用年数を見てみましょう。 そのため、耐用年数はフッ素塗料がピカイチで長いです。 耐用年数の長さを証明するように、橋・ビル・大型物件のような、一般家庭に比べ外壁塗装が大変な物件には、このフッ素塗料が使われています。 また、2位のラジカル塗料も、外壁塗装を劣化させる「ラジカル」を発生させないこと目的に作られた塗料です。 ラジカル塗料は、ラジカルの発生を抑えて、外壁が劣化しにくい状態を保つことに長けている塗料です。 外壁塗装をする際に、 「耐用年数」をメインに塗料選びをするなら、 「フッ素塗料」と「ラジカル塗料」をオススメします。 外壁塗装の塗料「総合ランキング」 費用と耐用年数のバランスがとれ、費用対効果はもちろんのこと、信頼のおける塗料のランキングです。 1位:「ラジカル塗料」• 2位:「シリコン塗料」• 3位:「フッ素塗料」 外壁塗装の塗料「総合ランキング」選考理由 外壁塗装をするのであれば、費用と耐用年数のバランスがとれた、費用対効果の高い塗料を選択したいと思う人が多いと思います。 それぞれの費用・耐用年数の方を見てみましょう。 また、費用面を考えると「ウレタン塗料」は安いですが、耐用年数の短さや紫外線や汚れに弱い面があります。 そういった現状から、外壁塗装の人気塗料といえば、費用と耐用年数のバランスがよい「シリコン塗料」。 しかし、ここ数年でシリコン塗料より耐用年数が長く、フッ素塗料より安い「 ラジカル塗料」という塗料が出ました。 ラジカル塗料は、まだ世の中に出てきて日が浅い塗料ではありますが、今後は外壁塗装の塗料のメインになる可能性が高いです。 これらのことから、 耐用年数・費用の面を考えた結果、「 ラジカル塗料」が総合ランキング1位という結果になりました。 外壁塗装の塗料の種類を、少しずつ選択肢が絞れてきたところで、次は注意点を紹介します。 外壁塗装の塗料選びの注意点 塗料の種類を選択するのは、外壁塗装をする上でとても重要です。 しかし、ウチは「〇〇塗料」だから安心だ!ということにはならないのが、外壁塗装の注意点です。 塗料を決めてからが難しくて重要! 外壁塗装の注意点を見ていきましょう。 塗料の種類だけではなく塗料のメーカーも気にすること 例えば、「シリコン塗料」で塗装したいといっても、様々なメーカーが「シリコン塗料」を出していて、それぞれ費用や耐用年数も異なります。 そのため、外壁塗装の塗料メーカー選びも重要になってきます。 塗料のメーカー選びの際は、信頼と実績の高い、大手メーカーの塗料を選ぶことが一番です。 特に、 「日本ペイント株式会社」(通称:ニッペ)は、130年以上の歴史を誇り、世界基準の塗料メーカーです。 外壁塗装の際に、塗料メーカー選びで迷ったら、日本ペイントの塗料を選べば間違いはないでしょう。 逆に注意が必要なのは、 「自社開発のオリジナル塗料だから安い」などを謳った、自社製品を推してくることです。 同じ「シリコン塗料」だったとしても、大手の「シリコン塗料」に比べ、シリコンの含有量が少なく、耐用年数・機能性が著しく低い可能性もあります。 大手に比べて開発予算も少なく、実績も少ない 「自社開発塗料」「オリジナル塗料」は、費用が安くてもオススメしません。 外壁塗装の塗料には水性塗料と油性塗料がある 外壁塗装をする際に、塗料の中には「水性塗料」と「油性塗料」があります。 それおぞれのメリット・デメリットを簡単に説明すると、 水性塗料のメリット• 油性塗料と比べ価格が安い• 薬剤のにおいが油性塗料よりきつくない 水性塗料のデメリット• 気温が低いと施工ができない• 油性塗料と比べて耐摩耗性が効くく剥がれやすい 油性塗料のメリット• 水性塗料と比べ耐用年数が長い• 雨水に強い 油性塗料のデメリット• 水性塗料より値段が高い• 薬剤のにおいが強い こうしたメリット・デメリットを踏まえ、家に合った塗料選びをしましょう。 施工会社の資格・実績を確認させてもらうこと 信頼できるメーカーの素晴らしい塗料を使っても、外壁塗装業者の腕が悪くては、塗料の性能も落ちてしまいます。 注意するべき点は、• 塗装工事業の許可・職人が資格を持っているか• 保証やアフターフォローがしっかりしているか• お客様の声や口コミから実績を確認する• 自分がやりたい外壁塗装の塗料の実績があるのか確認 実はあまり知られていませんが、塗装業を行うのに基本的には、許可や資格は必要ありません。 もちろん、資格や許可を取っていなくても腕の良い職人はいらっしゃるかもしれません。 ただ、安心感・信用度を重視するなら、 塗装工事業の許可を取っている会社で、 資格を持った職人さんをオススメします。 また、外壁塗装会社の保障やアフターフォローは確認しましょう。 「保証」とは、塗装がすぐ剥がれたり・色あせた際に、無料で直してくれるかどうかということです。 見積時に、保証内容の確認は、絶対に行いましょう。 塗料の実績確認も外壁塗装をする際は、とても重要です。 特に、外壁塗装において比較的新しい塗料、「フッ素塗料」「ラジカル塗料」は、施工実績が少ない会社も多いです。 自分のやりたい塗料の施工実績の確認は忘れずにしましょう!.

次の

増改築・屋根・外壁改修|みやぎ生協

生協 外壁 塗装

アクリル塗料• ウレタン塗料• シリコン塗料• フッ素塗料• ラジカル塗料 この5つの塗料の中で、 「費用ランキング」「耐用年数ランキング」「総合ランキング」を紹介していきます。 外壁塗装の塗料「費用ランキング」 外壁塗装における、塗料の費用ランキングはこちら!• 1位「ウレタン塗料」• 2位「シリコン塗料」• しかし、現在ではスタンダードになっている「シリコン塗料」も値段が下がってきて、ウレタン塗料とほとんど値段の差がありません。 あくまで費用のランキングですので、安いから良いというわけではなく、家の状態や状況に応じて塗料を選択しましょう。 なぜ費用ランキングに「アクリル塗料」が入らないの? 外壁塗装の塗料について、ご存知の方は多いと思いますが、「アクリル塗料」が一番安い塗料です。 なぜ費用ランキングに入ってこないのでしょうか? その理由は、「アクリル塗料」で外壁塗装をすることをオススメしないからです。 アクリル塗料は、一昔前にまだ他の塗料が高かった時代に、価格が安いことから外壁塗装にも使用されていました。 しかし、現在は他の塗料も安くなりましたし、アクリル塗料は紫外線や雨などの耐候性に乏しく、耐用年数が短い塗料です。 そのため、現在では外壁塗装でアクリル塗料は、ほとんど使用されていません。 なるべく費用を抑えたい外壁塗装ですが、アクリル塗料での外壁塗装は避けたほうがいいでしょう。 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」 外壁塗装するなら、耐用年数を重視したい! 耐用年数が長い塗料はこちらになります。 1位:「フッ素塗料」• 2位:「ラジカル塗料」• 3位:「シリコン塗料」 外壁塗装の塗料「耐用年数ランキング」選考理由 「フッ素塗料」「ラジカル塗料」「シリコン塗料」の耐用年数を見てみましょう。 そのため、耐用年数はフッ素塗料がピカイチで長いです。 耐用年数の長さを証明するように、橋・ビル・大型物件のような、一般家庭に比べ外壁塗装が大変な物件には、このフッ素塗料が使われています。 また、2位のラジカル塗料も、外壁塗装を劣化させる「ラジカル」を発生させないこと目的に作られた塗料です。 ラジカル塗料は、ラジカルの発生を抑えて、外壁が劣化しにくい状態を保つことに長けている塗料です。 外壁塗装をする際に、 「耐用年数」をメインに塗料選びをするなら、 「フッ素塗料」と「ラジカル塗料」をオススメします。 外壁塗装の塗料「総合ランキング」 費用と耐用年数のバランスがとれ、費用対効果はもちろんのこと、信頼のおける塗料のランキングです。 1位:「ラジカル塗料」• 2位:「シリコン塗料」• 3位:「フッ素塗料」 外壁塗装の塗料「総合ランキング」選考理由 外壁塗装をするのであれば、費用と耐用年数のバランスがとれた、費用対効果の高い塗料を選択したいと思う人が多いと思います。 それぞれの費用・耐用年数の方を見てみましょう。 また、費用面を考えると「ウレタン塗料」は安いですが、耐用年数の短さや紫外線や汚れに弱い面があります。 そういった現状から、外壁塗装の人気塗料といえば、費用と耐用年数のバランスがよい「シリコン塗料」。 しかし、ここ数年でシリコン塗料より耐用年数が長く、フッ素塗料より安い「 ラジカル塗料」という塗料が出ました。 ラジカル塗料は、まだ世の中に出てきて日が浅い塗料ではありますが、今後は外壁塗装の塗料のメインになる可能性が高いです。 これらのことから、 耐用年数・費用の面を考えた結果、「 ラジカル塗料」が総合ランキング1位という結果になりました。 外壁塗装の塗料の種類を、少しずつ選択肢が絞れてきたところで、次は注意点を紹介します。 外壁塗装の塗料選びの注意点 塗料の種類を選択するのは、外壁塗装をする上でとても重要です。 しかし、ウチは「〇〇塗料」だから安心だ!ということにはならないのが、外壁塗装の注意点です。 塗料を決めてからが難しくて重要! 外壁塗装の注意点を見ていきましょう。 塗料の種類だけではなく塗料のメーカーも気にすること 例えば、「シリコン塗料」で塗装したいといっても、様々なメーカーが「シリコン塗料」を出していて、それぞれ費用や耐用年数も異なります。 そのため、外壁塗装の塗料メーカー選びも重要になってきます。 塗料のメーカー選びの際は、信頼と実績の高い、大手メーカーの塗料を選ぶことが一番です。 特に、 「日本ペイント株式会社」(通称:ニッペ)は、130年以上の歴史を誇り、世界基準の塗料メーカーです。 外壁塗装の際に、塗料メーカー選びで迷ったら、日本ペイントの塗料を選べば間違いはないでしょう。 逆に注意が必要なのは、 「自社開発のオリジナル塗料だから安い」などを謳った、自社製品を推してくることです。 同じ「シリコン塗料」だったとしても、大手の「シリコン塗料」に比べ、シリコンの含有量が少なく、耐用年数・機能性が著しく低い可能性もあります。 大手に比べて開発予算も少なく、実績も少ない 「自社開発塗料」「オリジナル塗料」は、費用が安くてもオススメしません。 外壁塗装の塗料には水性塗料と油性塗料がある 外壁塗装をする際に、塗料の中には「水性塗料」と「油性塗料」があります。 それおぞれのメリット・デメリットを簡単に説明すると、 水性塗料のメリット• 油性塗料と比べ価格が安い• 薬剤のにおいが油性塗料よりきつくない 水性塗料のデメリット• 気温が低いと施工ができない• 油性塗料と比べて耐摩耗性が効くく剥がれやすい 油性塗料のメリット• 水性塗料と比べ耐用年数が長い• 雨水に強い 油性塗料のデメリット• 水性塗料より値段が高い• 薬剤のにおいが強い こうしたメリット・デメリットを踏まえ、家に合った塗料選びをしましょう。 施工会社の資格・実績を確認させてもらうこと 信頼できるメーカーの素晴らしい塗料を使っても、外壁塗装業者の腕が悪くては、塗料の性能も落ちてしまいます。 注意するべき点は、• 塗装工事業の許可・職人が資格を持っているか• 保証やアフターフォローがしっかりしているか• お客様の声や口コミから実績を確認する• 自分がやりたい外壁塗装の塗料の実績があるのか確認 実はあまり知られていませんが、塗装業を行うのに基本的には、許可や資格は必要ありません。 もちろん、資格や許可を取っていなくても腕の良い職人はいらっしゃるかもしれません。 ただ、安心感・信用度を重視するなら、 塗装工事業の許可を取っている会社で、 資格を持った職人さんをオススメします。 また、外壁塗装会社の保障やアフターフォローは確認しましょう。 「保証」とは、塗装がすぐ剥がれたり・色あせた際に、無料で直してくれるかどうかということです。 見積時に、保証内容の確認は、絶対に行いましょう。 塗料の実績確認も外壁塗装をする際は、とても重要です。 特に、外壁塗装において比較的新しい塗料、「フッ素塗料」「ラジカル塗料」は、施工実績が少ない会社も多いです。 自分のやりたい塗料の施工実績の確認は忘れずにしましょう!.

次の