キセル 作り方。 家計簿のエクセルでの作り方!セル操作や簡単な計算式の入力方法 [パソコン・PC] All About

【初心者必見】煙管入門ガイド【おすすめの種類から吸い方まで】|jamming

キセル 作り方

Menu• 紙巻タバコの定義は?自分で作る方法は? まずたばこは大きく2種類に分類することができます。 「 葉タバコ」を主な原料とした喫煙具、 ・パイプタバコ ・刻みタバコ ・紙巻タバコ ・葉巻タバコ もしくは非喫煙用の「 製造タバコ」の、 ・噛みタバコ ・嗅ぎタバコ 紙巻タバコは世間一般で言う「タバコ」の形態のことで、「葉タバコ」に分類されます。 その「紙巻タバコ」ですが、何と 自分で作れるのです! 作り方をご紹介しましょう。 この作り方は「ローリング式」と言い、1枚の紙でクルリと巻いて仕上げることが出来るタイプです。 用意するものは ・ローリングマシーン(巻き器) ・チュービングマシーン専用の「さや紙」 ・フィルター ・手巻きタバコ になります。 タバコの葉が飛び散るので、大きな紙の上で作業することがおすすめです。 そして巻き器のローラーを上下に開き、フィルターの一方を端に入れます。 もし回転しにくい場合は、ローラーを前後に2回から3回動かすとよいでしょう。 そして手前にローラーを回転させて巻紙を巻き込ませます。 途中で一旦止めて、ノリ面に水をつけます。 次に紙を完全に巻き込み、形を整えるために何度か回転をさせます。 これで自作の紙巻タバコが完成です! 水タバコとはどのようなもので、どこで吸われているか? 続いてご紹介する「 水タバコ」をご存知でしょうか。 水タバコは専用パイプの中で糖蜜、フルーツエキスなどで香り付けられたタバコの葉を固め、 炭であぶって水でろ過し、その煙を吸います。 実はこの水タバコが最近ブームになっているのです。 この水タバコの発祥地はアラブなどの中近東で、最近は全世界の若者に広まってマーケットが拡大しています。 水タバコは紙タバコと同じでタバコの葉を刻んで製造しますが、違うところは炭であぶって水でろ過し、その煙を吸うところ。 そのため体内に取り込む ニコチンの量は、ろ過する水タバコのほうが紙巻タバコよりも少ないのです。 そして タールも発生しません。 また一般的な紙巻タバコと違ってフレーバーには「バラ」「チョコレート」など、自由な組み合わせで自分好みのオリジナルのタバコを作ることが出来ます。 水タバコの値段ですが50g入ったものが900円から1600円ほどとなっています。 およそ 10gで1時間ほどたしなむことができるでしょう。 つまり1回あたりが180円から320円ほどになります。 さらに水タバコは紙巻タバコとは違い、濡れた状態の葉をいぶして煙を吸いますのでソフトな味わいということ、そして何とお酒やお茶との相性がピッタリなのです。 香りを楽しんだり雰囲気を楽しんだりできる新たな嗜好品となっています。 ただ「水タバコ」はやはり「タバコ」です。 購入や喫煙に関しては法律が適用されており、 20歳以上でなければ吸うことはできません。 キセルの吸い方と注意点 自然なタバコの味を楽しみたい人に愛用されている キセル。 日本独特の喫煙具で、パイプタバコの一種になります。 先端の円形の皿場の部分に刻みタバコを詰めて点火する喫煙具です。 「キセル」を漢字で書くと「煙管」になります。 キセルにはさまざまな種類があるんですよ。 ・基本的な大きさの「六寸煙管」 ・「六寸煙管」の半分の大きさの「豆煙管」 ・竹で出来た「羅宇(らう)煙管」 ・花魁が吸うための「花魁(おいらん)煙管」 ・喧嘩っ早いイメージの江戸っ子らしい煙管の「喧嘩煙管」 では、このキセルの吸い方をご紹介しましょう。 キセルを吸う際に注意しなければならないことがあります。 それは吸い終わった後です。 テレビや映画、そして漫画などで灰皿にカンカンと叩いて灰を落とす姿を見ることがあるかもしれませんが、実はこれはキセルを傷つけてしまう原因となりますので、吸い終わったら 振り落とす、もしくは 指で軽く叩いて灰を落とすようにしなければなりません。 またキセルは お手入れが必要なため、そちらもご紹介しましょう。 【1】火をつけてマッチ棒の残り軸で火皿の残りかすを灰吹きして灰皿に落とします。 【2】火皿や煙道内に残っている細かい残りかすを吹きだします。 この時、火皿は灰吹きの途中の壁側に向けて吹かなければなりません。 真上から吹き出すと灰吹きの底に溜まっている灰が吹き上がってしまうのです。 【3】煙管用のモールを使って吸い口側と火皿側の両方から入れて掃除をします。 【4】そしてモールを2つに折って火皿の内部を掃除すると便利です。 葉巻の基礎知識と吸い方 「 葉巻たばこ」はタバコの葉を筒状に巻いたものです。 「葉巻」と呼ばれることが一般的ですが、近年は「 シガー」と呼ばれることも多くなっています。 葉巻はタバコとは違い、 喫煙にある程度の技術が必要となりますが、技術やルールというのは決して難しいことではありません。 さまざまなタイプの葉巻がカットできる「ダブルブレードギロチンカッター」がおすすめです。 灰を長く保ってクールな味わいを楽しむためにも、葉巻を平らにして置くことができる形の灰皿をおすすめします。 では葉巻の吸い方をご紹介しましょう。 より良く味わうためにはカットが大切です。 ・キャップの大きさを確認 ヘッドの部分をよく見ると、側面に横に走る線を見ることができます。 その部分がキャップの底辺です。 ここで葉巻のキャップの大きさが分かります。 ・葉巻をしっかりと持つ 葉巻はデリケートですが、しっかりと持ちましょう。 ・キャップの3分の2を残す キャップの3分の2を残す感覚でカッターを葉巻にあてます。 キャップが小さい場合や分かりにくい場合は、少なめにあてましょう。 ・カットする 葉巻をカッターに押し付けるようにカットをします。 ・柔らかい吸い口ができる キャップ内に切り口がおさまると、丸みがある柔らかな吸い口ができます。 ・葉巻を転がす 葉巻を手の中で転がすようにして外側だけではなく、中心部分にもゆっくりと火をつけていきます。 熱を葉巻に取り込んでいく感覚です。 もし不十分であればもう一度繰り返します。 そうすると葉巻に苦いこげ味を与えて味わいが損ないますので注意しましょう。 まとめ~どんなタバコでも害があることを理解しておこう!~ タバコにもいろんな種類や吸い方があるんですね。 さらに近年、タバコの種類は多様化し、電子タバコや加熱式タバコも増えました。

次の

煙管

キセル 作り方

Contents• 煙管とは? キセルは日本にタバコが伝来して以来、独自の進化と文化を形成した喫煙具です。 当初はインディアンが儀式に使う様な「長いパイプ」として日本に伝わったキセルですが、「刻みたばこ」の登場により火皿は小さくなり、それに伴い「長いパイプ」は小型化していき、今日の煙管を成す形となりました。 江戸時代に流行したキセルですが、当時は嗜好品というよりファッションアイテムとしての側面が強かった様です。 当時の男性からすれば、唯一個性を出せるアクセサリーがキセルであり、各々特注のキセルを注文して自身のステータスをあらわしていました。 更にこの特注品の中には、「 喧嘩煙管」と呼ばれる極太のキセルも存在していて、刀を持てない農民などが護身用の武器としていたとか。 一方、女性では 花魁(おいらん)が長いキセルを持っているイメージがありますが、実はコレもステータスを表していて、 格の高い遊女ほど長いキセルを持っていました。 この様に面白い背景を持つキセルですが、更に興味深い事に身分によってキセルの持ち方も違いました。 煙管の持ち方 キセルの持ち方は図の様に分かれていて、各々持ち方が違いました。 と言っても実際当時の人々がしっかりコレに当てはまっていたかは不明で、これは歌舞伎役者がそれぞれ演じるキャクターの身分に応じてこの持ち方をしているそうです。 因みに「農民持ち」は、畑仕事で手の皮が厚くなった当時の人々だからこそ出来たもので、腑抜けた我々現代人がやると大火傷しますのでご注意を 煙管のメリット 臭いが少ない キセルにしてまず変わったのが、臭いに対する周囲の反応です。 調べてみると タバコ独特の不快な臭いは、葉を包んでいる「紙」にあるそうで、これに使われている燃焼材などの化学物質が臭いを発しているそう。 余談ですが、タバコの発ガン性の最もたるものはこの巻き紙にあるとまで言われています。 健康被害についてはともかくとして、臭いは 「普通に葉っぱが燃えてる匂い」との事。 それも決して良い臭いとは思えませんが、如何にこれまでの紙巻きが臭かったのか痛感します。 中には「お線香の様でむしろ好きな香り」との声もあり、大幅に臭いが減るのは事実のようですが鼻が麻痺してる我々はしっかり周囲に配慮しましょう。 値段が安い 市販の紙巻きタバコは現在も値段が上がっていて、最終的には一箱千円になるとまで言われています。 一万円以上違うと「よし、キセルにしよう!」と思ってしまいますが、デメリットもチェックしときましょう! 煙管のデメリット 手入れ・掃除が面倒 キセル唯一のデメリットがこの手入れの面倒くささです。 キセルは定期的に掃除をしなければならないので、これが吸ったら捨てるだけの紙巻きと比べハードルを上げています。 と言っても吸ったらその都度やる訳ではなく月に1、2回程度で充分ですので、慣れの問題です。 (もちろんどの煙管とタバコ葉を選ぶかによって多少前後します。 ) 因みにエタノールとモールは、する時に使用するので、「キセルにしてもすぐやめちゃうかもしれないし…」という場合は後回しでも構いません。 さらに、あると便利な小道具に キセル入れなどもあります。 煙管の吸い方 煙管の吸い方は意外とかんたんで、図の様にタバコ葉を丸めて火皿にセット マッチやライターで火をつけて、ゆっくり吸っていき煙を楽しみます。 時折 優しく吹き返すと火が安定して吸いやすいです。 この時「スープをすする様にゆっくり」吸うのがベストとされてますが、あくまで「キセルを活かしたおいしい吸い方(クールスモーキング)」であって絶対にそうしなければ吸えない訳ではありませんので、最初はあまり構えずゆったり吸いましょう。 煙は肺に入れていいの? 歴史的にみるとタバコの煙を肺に入れる様になったのは、紙巻きタバコが登場したつい最近の事で、それ以前は 口腔喫煙と言って口と鼻で煙を楽しんでいました。 そういう訳で、古い歴史を持つ煙管も基本的には口腔喫煙がおいしい喫煙具ですが、だからと言って 肺喫煙をしてはいけないのかと言えばそんな事はなく、個人の好みでどちらの吸い方も楽しめます。 僕も紙巻きタバコからキセルに移ったので、当初はどうにも口腔喫煙だけでは満足感が得られず、肺喫煙で煙管を楽しんでましたが、最近はその時々で口腔喫煙も楽しんでいます。 煙管で吸えるタバコの種類 日本固有の喫煙具であるキセルには、「刻みたばこ」と呼ばれる専用のたばこ葉があります。 しかし現在では「刻みたばこ」の銘柄が少ない為、代わりに手巻きタバコの専用葉である「シャグ」を使って様々な味を楽しむ事も出来ます。 その他、 市販の紙巻きタバコを切断して火皿に詰めて吸う事も出来るそう。 代表的な刻みタバコ 小粋 「キセルと言えば小粋・小粋と言えばキセル」と言われるほどの代表的な刻みたばこです。 世界的にも類を見ない髪の毛の様に細く刻まれたタバコで、日本刀の様な高度な刃物を作る技術を持っていたからこそ、ここまで細く刻めたのだそう。 味はもう文句なしにおいしいです。 とってもおいしい。 「和」って感じ。 「日本のタバコだ!」って感じ。 我ながら抜群の表現力です。 ただ小粋は扱いがちょっと難しく、 ビギナーからすれば「めんどくさい」タバコかも知れません。 極細のため管理を怠るとすぐに乾燥してしまい、掴むとホロホロと崩れてまともに吸えない状態になってしまいます。 そんな訳でコンディションを保つには少し経験値が必要ですが、値段は380円とお手頃なのでキセルを始めたら是非試してもらいたい銘柄です。 宝船 小粋に比べて宝船は「シャグ」に近い質感で、かんたんに丸める事が出来て管理も比較的楽チンです。 僕もキセルを吸い出して当分は宝船を愛飲していました。 味に不満がなければ宝船をベースに、時折別のタバコにチャレンジして行くのも楽しいです。 煙管におすすめのシャグ シャグとは 手巻きタバコ専用の刻みタバコです。 銘柄の少ない煙管用の刻みタバコに比べ、シャグは種類も豊富でメンソールなども選べます。 DRUM(ドラム) 手巻きタバコのシャグとして人気の高いDRUM(ドラム)です。 欧州では一番売れているシャグで「かつお節」の様な独特の香りと、そこからは想像できない味わい深いコクがあります。 加湿されしっとりしてるので、煙管で吸う場合には封を開けて30分ほど風通しの良い場所で乾かしておくと吸いやすいです。 コルツ・クリアメンソール 強烈なメンソールでメンソール好きから評価の高いコルツ・クリアメンソールです。 探してみると意外と少ない、しっかりとした煙草の旨味と強メンソールを両立したシャグで、充分な満足感を得られます。 シャグや刻みタバコはどこで買えるの? コンビニで買える紙巻きタバコと違って、シャグや刻たばこを購入できる場所は限られています。 取り扱いがあるのは「たばこ屋さん」と「量販店」そして「 専門の通販サイト」です。 おすすめはやはり一番種類が多く、いろいろ選べる「たばこ屋さん」で、探してみると近所や駅の周辺に意外とあります。 また、店舗によってはドンキホーテなどの「量販店」でも取り扱ってる事がある様です。 そして、初回購入時に免許証の写真を送ったりと、厳重な年齢確認がちょっと面倒ですが、どうしても近所に取り扱いがない場合は「通販」で購入する事も可能です。 因みに楽天市場ではコチラの店舗で購入可能です。 煙管の種類と選び方 キセルを選ぶ際にチェックしておきたいポイントはザックリ分けて 「種類」と「長さ」の2つです。 どちらも主に味に影響するので、自分の好みに合わせて選びましょう! 煙管の種類「延べ」と「羅宇」 キセルには大きく分けて2つの種類あります。 全体が 金属で作られた「延べ煙管」 そして、 一部に竹などを使用した「羅宇煙管」です。 延べ煙管の特徴 延べ煙管は全体が金属で作られたキセルです。 特徴として、煙草の味をダイレクトに味わえるため、辛めの吸口が好みの方や、喉に刺激が欲しい方に好まれています。 更に延べ煙管の良いところは、なんと言っても手入れのしやすさ!金属のため本体をまるごと洗う事が可能で、掃除が非常に楽チンです。 はじめてキセルにチャレンジするという方には断然「延べ」をおすすめします。 煙管の長さ クールスモーキングとは? 煙草には「クールスモーキング」と呼ばれるおいしく吸うテクニック的なものがありまして、 要は熱い煙より冷たい煙の方が雑味が少なく、タバコ葉本来の味を楽しめるというものです。 キセルの「長さ」はこれに影響し、長ければ長いほど煙が口に届くまでの間に冷やされるという事で、先述の「煙管の吸い方」にあった、「スープをすする様にゆっくり」というのもこの為です。 更に長さはタールの調整にも影響していて、長いとマイルドになり、短いとハードになります。 携帯性にも影響するので慎重に選びたいポイントですが、ポケットに入れて携帯したいのであれば個人的に20センチが限界だと思います。 煙管おすすめ それでは最後に個人的おすすめキセルを紹介します。 あまり多く紹介してもどれを選んで良いか分からなくなるので、実際使ってきた中で初心者におすすめのキセルを「羅宇」と「延べ」から1つずつ選びました。 大きな火皿が特徴的で、何度も葉を詰め替えなくても一度で満足感を得られる上に、手巻きやパイプなどの刻みが荒いシャグ にも対応してます。 さらに火皿・雁首・羅宇・吸口と4分割に分解出来るので掃除が非常に楽チンです。 真鍮製の黒ニッケルで仕上げられていて、使い込むと徐々に下地の真鍮が顔を出し味のあるビジュアルになっていきます。 雁首と吸口が六角形のため、コロコロと転がる事がなくデスクで使用する場合などに扱い易いキセルです。 全長 約20センチと少し長めで、羅宇煙管ならではの柔らかな喫味を楽しめます。

次の

エクセルで住所録作成(改訂版)【Excel住所録の作り方】

キセル 作り方

朱羅宇。 羅宇(管部分)が赤く塗られたもので、が使用した 大きくわけると、を詰める火皿(椀形の部分)に首のついた「雁首」(火皿の付け根から羅宇と接合する部分まで)、口にくわえる部分の「吸い口」、それらをつなぐ管の「羅宇」(らう/らお)にわけられる。 また、羅宇の語源は、羅宇国(現在の)の竹(黒斑竹)を使用していたことによるというのが定説である。 一方「キセル」またはキセルの部位の語源を東南アジアに求めることに疑問は多く、ポルトガル語に rabo(「柄」の意)、スペイン語に rabo(「軸」の意)があることから、こちらを語源と考えたほうがより自然であるとする説もある。 なお、上記の様な区分けがなく全て繋ぎ目なく繋がっているものは「延べ(延べ煙管)」という。 細かく種類分けをすると、その形状に応じて「石州」「女持ち」「如心」「刀豆」「手綱」「光大寺」「砧」といった名称が存在する。 材質 [ ] 雁首、火皿、吸い口については耐久性を持たせるためにその多くが金属製であり、羅宇については、高級品ではなども見受けられるが、圧倒的に竹が多いようである。 このように羅宇が植物性の煙管を「羅宇煙管」と呼ぶ。 以降には吸い口に草花などの彫刻や鍍金装飾がみられる。 これに対して、全体が金属製の煙管を「延べ煙管」と呼んでいる。 使用される金属の種類は、、、、、、またはそれらの合金など多様で、やを施したものもある。 また全体が陶製やガラス製のもの(最近のガラスパイプなどとは形状が違う)もあり、中には竹や木でできた簡易煙管もあった。 同じ銘柄のたばこであっても煙管の材質によって風味が大きく変わり、また羅宇の長さによって口当たりや温度も変わる。 同じ材質であっても長く吸うことにより煙管内部に成分が付着し味が変化するため、こだわりをもつ人も多い。 使用方法 [ ] 煙草盆。 陶製の火入れの中に埋められた炭火を起こして火を付け、竹製の灰吹きに吸殻を捨てる は以下のようにして吸われる。 細く刻まれた繊維状のを適当な大きさに丸める。 雁首の火皿に丸めたたばこを詰める。 袋物のたばこ入れの中に雁首を突っ込んで詰める人もいる。 の炭火に雁首を近づけて火を点ける。 たばこをそっとゆっくり喫う。 たばこが燃え尽きて煙が出なくなったら、煙草盆の灰吹きのふちを軽く叩くなどして灰を落とす。 火皿に灰が残っていたら空吹きをして灰を飛ばす。 火皿一杯で満足できない場合は、1 — 6 の繰り返し。 燃え尽きる前の火のついた灰の塊を掌に載せ、それが消える前に新しいたばこを火皿に詰め、掌の燃えさしで着火し、連続して喫煙する人もいる。 中には刻み煙草ではなく、市販の紙巻きタバコを分解して利用する方法やパイプ向けに販売されている煙草を用いるユーザーも居り、使用方法も多岐にわたる。 この場合、メンソール等のフレーバーが添加されていると管部分に残留物が残り、煙管そのものの寿命を縮める原因となる。 しかしながらそれによって風味の変化も発生するためあえてそれを楽しむという考え方もある。 煙管の手入れ [ ] パイプ用の掃除具や紙を捻ったコヨリなどの細い物を管に通してをとる。 煙管全体が金属製の場合は、ぬるま湯に浸けおくとふやけてくるので掃除がしやすい。 また、アルコールなどの有機溶剤を流してヤニを取る方法もある。 前述の通り、材質や長さ、使用方法によって味が大きく変わることもあるため掃除の方法一つとっても決まった手順はなく、人によってメンテナンスの頻度、方法は大きく異る。 羅宇屋 [ ] らう屋、またはらお屋とも読む。 かつては、羅宇のヤニ取りやすげ替えを生業とする露天商があって、羅宇屋と呼ばれていた。 小型のボイラーから出る蒸気で羅宇を掃除し、その際に鳴る「ピー」という笛にも似た音が特徴的であった。 ラオ屋は戦後に急激に数を減らし、には東京で4軒だけとなった。 にはに熱中するあまり、羅宇問屋から流しの羅宇屋に身をやつした人物をにした「紫檀楼古木(したんろうふるき)」 という作品がある。 刻みたばこ [ ] 刻みと呼ばれているが、紙巻きたばこの中身のように細かく刻まれたものではなく、干した葉を重ねて包丁もしくはカンナで糸のように細く切ったもの。 世界のたばこ製品の中で最も加工度が低いものの一つで、タバコ葉本来の味が楽しめるとして熱心なファンが多い。 江戸時代には、手間賃を取って葉タバコを刻むという職人がいた。 専売制が実施される前は個人経営のたばこ店がそれぞれの刻みたばこを製造販売し、何千種類もあったが、の下で化が進んだことと、紙巻きたばこの消費増大で需要が減ったことで数銘柄からさらには1銘柄に減り、ついには国内での製造が打ち切られた。 しかし日本の伝統文化として復活と存続を望む声が多かったため、たばこ農家に在来種の栽培再開を依頼し、1銘柄(『』)ではあるが昔ながらの良質の刻みたばこが復活した。 現在ではその他にがベルギー製の煙管用刻みたばこ『』を販売している。 葉は在来種ではなくアメリカンブレンドとなっており、刻みは小粋ほど繊細ではない。 煙管と文化 [ ] 根付と煙草入と煙管筒 多くの等で煙管は重要な小道具として登場するが、以前には伝来していない。 またや商家などでは、贅沢の禁止と防火の意味からには喫煙を禁止することもあり、誰もが煙草入れをぶら下げていたわけではない。 の場合はステータスシンボルと同時に自分の志の表現として、特別に自分の好みを施した煙管を注文したりした。 後にされたので、護身用にとないし重量のある鉄の煙管を持ち歩く達もいた。 においては、多くの場合に大店の主人や等が自分にあった道具を誂えたりと、嗜好の世界というより一種のやステータスシンボルであった。 また、煙草入や煙管筒に流行もあったといわれる。 この中ではのような関係する工芸文化も存在し、この根付はの交易に関連して海を越え、にまで愛好者を増やした。 のには、この根付コレクションの展示室も存在する。 煙管を吸う遊女 の等の(上等な女郎屋)の(上等の)などの間では、位が上ると帯の幅が広くなり、それに合せてその帯に挿す煙管の赤塗りの羅宇も長くする仕来りがあり、煙管の長さで女郎の格をはかることができた。 (長羅宇:ながらう・ながらお) は気に入った客に煙管を差し出し、客が受け取るとその遊女を気に入ったということになる。 『』の台詞にある「煙管の雨」とは、助六の男っぷりを暗に示す。 及びここから派生した時代物の劇画では、登場人物のや武士等が咥え煙草を動かしたり、煙草盆に叩き付ける仕草をする。 特に等では、煙管を口に銜えたまま振ったりと、親分の意思表示の小道具に使用される。 例えば、銜えたままの煙管の雁首を上げることは、強く噛み下唇を突き出す怒りや不快感の表情を強調するなどであるが、この他にも煙草盆に強く叩き付ける(灰を捨てる)動作で、休息を取り止め行動に移るなど気持ちの切り替えを表す。 またこれ以外にも身近な棒状の道具として、手に持ったり銜えたりした煙管を振るなどの動作で配下に対して、のように指示を出したりした。 しかしながら現実問題としては火が付いたまま雁首を上げてしまうとヤニが煙管内部に侵入し、耐久度が下がるばかりかその後の喫煙に支障を来す恐れがある(俗に言う「ヤニが下がる」という状態)。 煙草盆に叩きつける行為についても煙管自身の破損の恐れが出てくる他、火が付いたままのたばこが飛び散ってしまい当時の基本であった木造家屋では火災へと直結する非常に危険な行為である。 時代劇等で表現される本行為はあくまでも演出としての意味が強いことを念頭に置く必要がある。 のでは毎年9月5日に「きせる祭」が開かれる。 現代の煙管 [ ] 現在は、たばこの喫煙用としての煙管使用者の絶対数は少なく、煙管の製造業者も激減している。 例えば金属加工が盛んなでは、200軒近い煙管で400人近くが働いていたが、時点では職人1人が残るのみである。 とはいえ下記の理由などでその文化は存続している。 自然なたばこの味を楽しむ(を使わない刻みたばこを吸う方法として最良であること)。 そのためクールスモーキングを体得する必要がある。 紙の問題への配慮から(紙巻たばこの紙からのタールが癌の原因という説があるため)• 臭いが出にくい(紙巻きのの臭いや手に臭いが移りにくいため)• 趣味の世界として(時代劇ファンやコレクター)• 喫煙の頻度や吸い方によっては紙巻より安価• シャグ(手巻きたばこのたばこ葉)だけで吸えて安価• 両切りたばこの場合「葉が燃え尽きるまで吸えて経済的」「葉が口に入らない」などのメリットがある(平成期の青年に、煙管の先に紙巻煙草を差して、喫煙をしている例がある)• パイプたばこを細かく刻んで少しずつ利用することが可能• 紙巻たばこの吸殻の再利用のため• 煙管の形状によって味わい方も変化することから• 煙管自体は、まともな製造で作られた金属製のものなら長く保てる。 ただし、一定期間ごとに掃除が必要。 物珍しさからによるお土産等としての販売(京都府、伊勢神宮等) 喧嘩煙管 [ ] 喧嘩煙管(けんかきせる)とはにが主に用いていた煙管である。 町奴はであるゆえ、のようなや長いの携帯が許されなかった。 そこでに対抗するための武器として総鉄製の煙管を造らせ、これを携帯していた。 長さは40 — 50cm、太さも数cmあり、羅宇を六角形にしたり、羅宇全体にいぼをつけるなどさながらの加工がなされている。 フィクションの時代劇(『』『』など)でも、煙管で斬撃を防いだり、相手を打擲したりする描写がある。 生物の名 [ ] 生物のなかでもその形状がキセルに近いものにその名が付けられている。 以下は「キセル」を取り込んだ正式和名の数例。 類:オオギセル、アオギセル、ツメギセルなど、多くの種類がある。 よく似た別群にもある。 () - 万葉集では、「思い草」と詠まれた植物• ・()• () 歌舞伎の煙管 [ ] 助六が敵役である髭の意休にキセルを足で差し出す場面 観客の眼を引くように大きく、かつ軽く作られる。 「楼門五三桐」のの銀の延煙管、「博多小女郎浪枕」の毛剃のオランダ模様のある大きな煙管など、歌舞伎狂言によってそれぞれ形があり、なかでもの朱羅宇煙管は「煙管の雨が降るようだ」の名台詞とともに好劇家にはなじみ深いものである。 その他 [ ]• 煙管関係の職業としては、羅宇を付け替える職業の人がいた。 江戸時代には、寝煙草を原因とする火事も多かった。 参考:• 慣用句として『雁首をたれる』という表現がある。 雁首を上げて吸うと、格好は良いが脂(やに)が下がるので味が落ちる。 このことから格好優先で煙管を吸う男を「やに下がった」と表現するようになった。 キセル乗車 [ ] 「」も参照 キセル乗車( キセル)あるいは( 中間無札 (ちゅうかんむさつ))とは、旅客の旅行区間において、有効区間が連続せず乗車駅および下車駅についてのみ有効な乗車券を所持し、中間の区間の運賃支払いを不正に免れようとする行為を指す。 中間無札はとりわけ(定期券)や、およびや初乗り運賃の乗車券を使用(悪用)したものが見られる。 言葉の由来は、 煙管では吸い口とを乗せる部分である雁首(がんくび)にのみ金属を使用することから、「入るときと出るときは金を使うが、中間には金を使わない」意味とされる。 「行為全般」を指す言葉として「キセル」と誤用されることもあるが、本来の意味はあくまでも中間無札のみである。 参考文献 [ ]• 『日本食生活史』。 著 『喫煙伝来史の研究』。 鈴木達也著 『喫煙伝来史の研究』 思文閣出版• 昭和39年3月5日記事• に関連の辞書項目があります。

次の