テレワーク の 意味 は。 【赤面】テレワークの意味、勘違いしてた!

「テレワーク」「在宅勤務」って英語で何て言う?

テレワーク の 意味 は

「リモートワーク」とは? 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェといった会社のオフィスから離れた場所で働くこと」を意味しています。 「リモート remote 」には、 「離れた・遠隔の」という意味合いがあります。 「リモートワーク」というのは、 「今後、IT分野・ウェブ関連 クリエイティブ職 で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」や 「勤務時間や働く場所に縛られない働き方」を意味している言葉です。 「テレワーク」とは? 「テレワーク」とは、 「リモートワークの少し前の呼び方 総務省が使っている公式な呼び方 」であり、 「会社のオフィスではない離れた場所で働くこと」を意味しています。 「テレ」とは 「電話」の意味ではなく、 「遠くの・離れた」を意味する言葉です。 「テレワーク」も 「リモートワーク」と同様に、 「場所と勤務時間にとらわれない働き方」を示している言葉です。 「テレワーク」には、会社に雇われる 「雇用型」とSOHO 自宅利用のスモールオフィス などを営む 「自営型」があります。 「リモートワーク」と「テレワーク」の違い! 「リモートワーク」と 「テレワーク」の違いを、分かりやすく説明します。 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェなど会社のオフィスから離れた場所で働くこと」や 「これからIT分野・ウェブ関連で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」というのは 「リモートワークの少し前の時代の呼び方」であり、 「会社 オフィス ではない場所で働くこと・場所と勤務時間に縛られない働き方」という意味は概ね共通しています。 「テレワーク」は、大きく 「雇用型 在宅勤務・モバイルワーク・施設利用型 」と 「自営型 SOHO・内職型勤務 」に分類することができます。 まとめ 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「リモートワーク」という言葉は、 「会社のオフィスから離れた場所 自宅・カフェなど で働くこと」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」という言葉は 「会社から離れた場所で雇用されたり自営業・自由業の形で働くこと、リモートワークの古い言い方」という意味合いを持っています。 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

次の

英語で「テレワークします」は何て言う?アメリカではテレワーク・リモートワークは別の意味です!

テレワーク の 意味 は

「リモートワーク」とは? 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェといった会社のオフィスから離れた場所で働くこと」を意味しています。 「リモート remote 」には、 「離れた・遠隔の」という意味合いがあります。 「リモートワーク」というのは、 「今後、IT分野・ウェブ関連 クリエイティブ職 で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」や 「勤務時間や働く場所に縛られない働き方」を意味している言葉です。 「テレワーク」とは? 「テレワーク」とは、 「リモートワークの少し前の呼び方 総務省が使っている公式な呼び方 」であり、 「会社のオフィスではない離れた場所で働くこと」を意味しています。 「テレ」とは 「電話」の意味ではなく、 「遠くの・離れた」を意味する言葉です。 「テレワーク」も 「リモートワーク」と同様に、 「場所と勤務時間にとらわれない働き方」を示している言葉です。 「テレワーク」には、会社に雇われる 「雇用型」とSOHO 自宅利用のスモールオフィス などを営む 「自営型」があります。 「リモートワーク」と「テレワーク」の違い! 「リモートワーク」と 「テレワーク」の違いを、分かりやすく説明します。 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェなど会社のオフィスから離れた場所で働くこと」や 「これからIT分野・ウェブ関連で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」というのは 「リモートワークの少し前の時代の呼び方」であり、 「会社 オフィス ではない場所で働くこと・場所と勤務時間に縛られない働き方」という意味は概ね共通しています。 「テレワーク」は、大きく 「雇用型 在宅勤務・モバイルワーク・施設利用型 」と 「自営型 SOHO・内職型勤務 」に分類することができます。 まとめ 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「リモートワーク」という言葉は、 「会社のオフィスから離れた場所 自宅・カフェなど で働くこと」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」という言葉は 「会社から離れた場所で雇用されたり自営業・自由業の形で働くこと、リモートワークの古い言い方」という意味合いを持っています。 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

次の

「テレワーク」の「テレ」って何?「リモートワーク」「在宅勤務」とどう違うの?

テレワーク の 意味 は

混同されがちな「在宅勤務」と「テレワーク」 人材確保や生産性向上を目的とした働き方改革の必要性が叫ばれる中、従来の硬直的な働き方から脱し、多様で柔軟な働き方に転換していくことは、もはや企業にとって避けられない課題です。 近年、ICT(情報通信技術)を活用した時間や場所に縛られない働き方として、企業による「在宅勤務」や「テレワーク」の導入が進んでいるという話題はよく耳にすることと思いますが、 同じような意味で使われがちなこれら2つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか。 ほかにも、「モバイルワーク」や「リモートワーク」など、ICTを活用した柔軟な勤務形態を指すものとして、様々な言葉が飛び交っています。 ここでは、これらの言葉の概念を整理してみたいと思います。 テレワークの種類 在宅勤務とは、テレワークの1つの形態であり、テレワークは在宅勤務よりも広い概念です。 本来、テレワークとは「tele=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語で、ICTを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を意味します。 テレワークには大きく3種類あり、従業員の自宅で仕事を行う 「在宅勤務」、取引先のオフィスや移動途中の駅、カフェなどで仕事を行う 「モバイルワーク」、そして専門の事業者が提供するサテライトオフィスやコワーキングスペース、自社で整備した専用施設などで仕事を行う 「サードプレイスオフィス勤務」が含まれます。 在宅勤務とテレワークのメリット・デメリット 育児や介護といった各家庭の事情に対応しやすい在宅勤務は、人材不足が懸念される企業にとって、女性やシニアなどの潜在的な労働力確保策として注目されています。 育児や介護などがない一般の従業員にとっても、 満員電車通勤からの解放、ストレス軽減や移動時間の削減、これによる生活の質の向上や生産性向上などのメリットが挙げられます。 これには自宅の設備環境や家族の在宅状況などが関連しているようです。 特に首都圏の住宅事情に鑑みると、自宅に書斎などの仕切られたスペースが無い場合も多く、家族がいると仕事モードに入りづらいという声が聞かれます。 また、自宅では時間の管理が甘くなりがちなため、長時間労働になりやすい傾向があるようです。 こういったデメリットにより生産性が下がってしまうとなると、 在宅勤務を導入した企業にとっては本末転倒です。 これを回避できる選択肢として「サードプレイスオフィス勤務」があります。 例えばじっくり集中したい作業があるとき、家族のいる自宅よりも、自宅に近いサテライトオフィスなどの利用が効率的かもしれません。 都心のオフィスまでの通勤時間も短縮でき、時間の効率化と生産性の向上が期待できます。 また、 カフェなどでモバイルワークをする際に懸念される情報セキュリティのリスクがクリアできる点も、企業にとっては大きなメリットでしょう。 それぞれのテレワークを使い分ける 従業員にとって働きやすい環境を用意するための方策は決して1つではなく、また1つに絞り込む必要もありません。 在宅勤務やサードプレイスオフィス勤務、モバイルワークなど それぞれの違いを理解した上で、それらを柔軟に使い分け、認めていくことが、テレワークの推進につながると考えます。

次の