コロナ と は どういう 意味。 「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

「ウィズ コロナ」って、どういう意味?

コロナ と は どういう 意味

れん コロナハラスメントとは意味は? 精神科医や労働問題に詳しい弁護士によれば、「他者に対する発言・行動等が、 本人の意図には関係なく相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益や脅威を与える行為」のことを「 ハラスメント」といいます。 人間関係がより複雑になっている現代では 「セクハラ」「パワハラ」「モラ(モラル)ハラ」「マタ(マタニティ)ハラ」など、さまざまなハラスメントが問題化しており、その対策や解消が重要な社会的課題となっています。 そして今回の 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、やはり新たなハラスメント被害があちこちで起き始めているようです。 「コロナハラスメント」とは、 コロナウイルス感染に起因するさまざまなハラスメントのことで、ネットなどでは略して 「コロハラ」とも呼ばれています。 では具体的にはどんな「コロナハラスメント」が起きているのか、事例を次に見てみましょう。 疑念が広がるのは、それだけ正確な情報が少ないってことも一因かも。 「本当に正しい答え」が早く知りたいよ! コロナハラスメントの事例集 新型コロナウイルスの感染拡大の「二次被害」ともいえる、社会にはびこり始めた 「コロナハラスメント」。 コロナハラスメントとは具体的にはどんなことなのか、ネット上の書き込みや各種報道からその 主な事例を集めてみました。 店員コロハラ ・マスクをしたスーパー店員が業務中 くしゃみをしたところ、 客が「コロナだろ! 他の店員に変われ! 」と怒鳴り始めた。 店員は花粉症だと説明したが客は聞き入れず他の店員が謝罪。 ・マスク在庫がないことに客が怒り 「入荷はいつ?いつもないじゃない!」「病人がいるのにいつも買えない。 1個くらい取り置きしてよ!」と クレームの嵐。 店員は謝罪するばかりで精神的に疲弊。 逆にマスクの入荷日には客が殺気立って殺到、 店員には過呼吸や貧血を起こす人も。 職場コロハラ ・マスクしていたが喘息のため 職場で咳が出た。 上司も喘息のことは知っていたのに「周囲を不安にさせたから 謝罪するように」と迫られた。 ・感染者が確認された町から通勤しているというだけで 「あいつコロナかもしれない」と周囲から距離を置かれた。 また 家族に中国人がいるという理由で 出勤停止を命じられた。 電車コロハラ ・地下鉄で乗客が「 咳をしているのにマスクしていない人がいる」と 非常通報ボタンを押し、最寄り駅で停車。 駅員が咳をしている人と通報した人を降ろして話を聞き、和解。 ・電車内で咳やくしゃみをした人に、他の乗客が 「マスクをしていないなら降りろ」と怒鳴って迫り、客同士のトラブルに。 クルーズ船コロハラ ・日本災害医学会の声明によると、横浜に停泊していたクルーズ船や武漢からのチャーター機の現場で活動した 医療関係者が 「バイ菌扱い」されるいじめを受けたり、その子供が 保育園などから登園自粛を求められる事態が発生。 健康不安を相談するための県の電話窓口に「 病院の患者の住所を教えてほしい」との要求も。 海外コロハラ ・イタリアで 中国人への暴行や嫌がらせが発生。 中国人従業員が帰国してしまい、営業できなくなったローマの 有名中華料理店が当面閉店に。 米ニューヨークでは 黒人男性がアジア系女性に突如殴りかかる。 ・中東パレスチナで支援活動中のNGOの 日本人女性2人が、通りがかりのパレスチナ人女性から 「コロナ、コロナ」とからかわれ、 つかみかかられた。 現地警察がパレスチナ人女性を暴行の疑いで逮捕。 [本日の報道について]パレスチナ人による日本人女性への暴力は、許されない行為でありパレスチナ政府としても、大変遺憾に受け止めております。 本日、ラマッラのレイラ ガナム知事が被害者の方に謝罪し、またお二人の勤務するNGOに警察署長が訪問しお詫びしました。 — 駐日パレスチナ常駐総代表部 PalestineEmb 要約すると... コロナ禍終息が見えない中、各地でコロナハラスメントが発生• コロナを起因に他人を不当に責めたり嫌がらせする「コロハラ」• 事例多数。 不安や焦りのストレス蓄積で人心に芽生える悪感情 災害リスク学の専門家によれば、今回のコロハラのように、平穏だった社会が突然断層のように変化し、「マスパニック」を起こす現象は過去の感染症流行でもしばしば見られたそうです。 ウイルスという目に見えない恐怖と漠然とした不安。 「絶対に防げる」という決め手がない焦り。 これらが私たちのストレスを高め、他人への差別的・攻撃的感情を引き起こすそうです。 専門家は「フラストレーションがたまると、人は不満などを転嫁するスケープゴートをつくりたがるようになる。 そしてそれは弱い人へ反感・反発・暴力として向かいがちだ」と警告します。 大災害時などとも通じますが、私たちの社会がこうした危機に物質・精神の両面で弱いことが、コロナ禍では再認識させられます。

次の

「ウィズ コロナ」って、どういう意味?

コロナ と は どういう 意味

解説 原語 「ウィズ コロナ」は " With Corona" という英語をカタカナで表記した言葉だと考えられます。 " with" は「~と共に」という意味です。 " Corona" は、"Coronavirus COVID-19 " として知られるウイルスによる感染症のことです。 解釈 「ウィズ コロナ」は、 コロナとの共存すなわち 集団免疫の獲得を目指すという意味だと思われます。 「ウィズ コロナ宣言」において小池都知事は次のように述べています: 「感染拡大を防ぐ手立ては、結局のところ私たち自身の強い意思と行動のみとなる。 新型コロナウイルスとの戦いは長期に渡ることが見込まれ、我々は否応なくウイルスとともに生きていくということを認識しなければならない。 『ウィズ コロナ』という考え方は 避けられない現実として、共通認識を持っていく必要がある」 「感染拡大を防ぐ」という言葉を使ってはいますが、全体的なメッセージとしては 防疫を諦めて「集団免疫」を獲得する方向に進むことをほのめかしています。 「『ウィズ コロナ』という考え方は避けられない現実」という言い方から、小池知事が「ウィズ コロナ」をできれば避けたいものとみなしていることが伺えます。 「ウィズ コロナ」は「 コロナと手を取り合って」などという意味ではないのです。 「ウィズ コロナ」は「 集団免疫の獲得」をオブラートに包んで別の言い方にしたものにほかなりません。 東京都が完全な防疫を諦めて「集団免疫の獲得」に舵を切った以上、日本全体もそっちを選択するしかないでしょう。 東京をロックダウンでもしない限り、東京から全国各地に人が移動するのですから。

次の

コロナハラスメントって何?意味を事例集でわかりやすく!そこから見える深い闇

コロナ と は どういう 意味

「コロナ鍋」ではなく「コロナ禍」 最近、新聞やネットメディアなどで「コロナ禍」という言葉をよく目にするようになりました。 今まであまり見ることのなかった漢字ですよね。 コロナ鍋?と空目してしまいがちですが、「コロナ禍」とはどういう意味なのでしょうか? 今回はこれについて調べてみました。 スポンサーリンク コロナ禍の禍は「災禍」 コロナ禍の「禍」は「か」と読みます。 「禍」とは「よろこばしくない事態・災難」という意味です。 この字を含んだ言葉として、「禍福は糾える縄の如し」という有名なことわざがあります。 災いも見方を変えればメリットになる、といった意味ですが、コロナウイルスに関してはメリットはあまり見当たりませんね…… 広い目で見れば環境が改善している、くらいのものでしょうか。 それも経済活動の停滞によって起きているものなので、人間の側からすれば大打撃です。 つまり、「コロナ禍」とは、「新型コロナウイルスによってもたらされる災い・打撃」といった意味になります。 新型コロナウイルスははやり始めたころはワクチンのないインフルエンザみたいなものだ、といわれていましたが、しだいに警鐘でもインフルエンザよりずっと症状が重く、致死率も高いということが明らかになりつつあります。 人々の健康に与える打撃も大きなものですが、それ以上に新型コロナウイルスの流行は人々に自粛生活を強いることで、社会経済が大きな打撃を受けてしまうことにあります。 コロナ禍の影響は病気だけではなく、世界的な大不況 IMFは2020年の世界全体の経済成長率を大幅に引き下げ、-3%になるとの見方を示しています。 新型コロナウイルスの流行は人々の活動を停滞させ、投資も消費も縮小させてしまうので、大不況の到来が避けられなくなってきました。 コロナウイルスに感染して重症化するより、経済的危機で大打撃を受ける人が多くなります。 こちらがコロナそのものよりもっと深刻な「コロナ禍」です。 最近、ローマ教皇がベーシックインカム導入の必要性を訴えましたが、それくらいの経済危機がやってくるという認識があるということです。 リーマンショックの時は、失業した人々が他のサービス産業に吸収されていくという流れになりましたが、コロナショックが影響を与えるのはほぼ全業種と考えられます。 とくに強い影響を受けるエンターテイメント産業・観光業などで失われる雇用の受け皿となる産業がすぐにできるとも考えられません。 失業率もかなり上がると思われるので、こうした人々を救うには、もはやベーシックインカムを導入するしかないのかもしれません。 自粛生活が続くことによるストレス・社会不安の増大 コロナウイルスの蔓延を防ぐためには、どうしてもある程度の自粛生活を強いられます。 ロックダウン中はもちろんのこと、厳しい外出規制をかけられていない日本においても、緊急事態宣言中は気楽に飲み歩いたりすることはできません。 「3密」を避けるためには人が集まることができないのでライブイベントや演劇などの活動もやりにくく、外でストレスを解消することが難しくなります。 どうしても家でストレスを解消することになるので、動画を見たりゲームで遊んだりすることになりますが、これでストレス解消ができる人だけではありません。 旅行が趣味の人なども今はそうそう出かけられないので、かなりストレスフルな生活をしなくてはいけないことになります。 また、テレワークをすることになり、慣れない就業形態で働くこともストレスになります。 結婚している人の場合、配偶者がいつも家にいることもストレスになりますし、「コロナ離婚」も増える傾向にあります。 今は収入が減っていない人も、その収入をいつまで維持できるのかという不安に見舞われることになり、そうした不安が身近な人にぶつけられる可能性も出てきます。 こうした「社会の不安の総量の増加」もまた、「コロナ禍」のひとつといえます。

次の