日光アレルギー顔。 紫外線アレルギーの顔の赤みとかゆみ症状を治したい!

紫外線アレルギーは突然やってくる!気になる症状と予防法 | 女性の美学

日光アレルギー顔

Contents• 紫外線アレルギーの症状は?何が原因で起こる? 紫外線アレルギーは 日光アレルギー、光線過敏症と呼ばれる症状の一部で、肌に直接日光や紫外線を浴びることで、 湿疹やかゆみ、腫れなどが出ることを言います。 ひどくなると、水ぶくれや じんましん、吐き気や頭痛、発熱といった症状も引き起こします。 紫外線が肌に与える影響の一つである 日焼けは、 日光によって皮膚が軽度の火傷を負う「外傷」です。 対して紫外線アレルギーは文字通り「アレルギー」であり、花粉症などと同じく 「体内の抗体の異常な反応」に関連して起こります。 時間と共に治る日焼けと違い、紫外線アレルギーは 一度発症してしまうとなかなか改善が難しく、予防が非常に重要です。 日焼けと同じ感覚で 放置したり、独自の判断で市販の薬を使用したりすると、 かえって症状を悪化させる危険があるので、「紫外線アレルギーかも?」と思ったら必ず 医療機関を受診しましょう。 紫外線アレルギーにはいくつか 種類があり、原因によって 「内因性」と「外因性」に分けられます。 紫外線アレルギーの原因:内因性の場合 原因が内因性の症状のうち、代表的なのは 日光蕁麻疹です。 蕁麻疹は かゆみを伴う赤い隆起やみみず腫れのことですが、 日光に当たってすぐ現れる蕁麻疹を日光蕁麻疹と呼びます。 蕁麻疹の症状自体は日陰や屋内に入れば数分~数時間で自然に消えますが、 症状が出やすい期間は長期に及ぶこともあります。 日光蕁麻疹は、 光線照射によってアレルゲンが生成され、それに対してアレルギーが発生しています。 このアレルゲンを生成する光線は可視光線が主ですが、 UVA、UVB、UVCといった紫外線が要因となる場合もあるのです。 この蕁麻疹が広範囲にできると、 頭痛、喘鳴、めまい、脱力、吐き気などを伴うことがあります。 症状によっては、 ヒスタミン(H1)遮断薬、抗マラリア薬、コルチコステロイドなどが処方されます。 紫外線アレルギーの原因:外因性の場合 原因が外因性の症状は、 「光接触皮膚炎」「薬剤性光線過敏症」に分かれます。 「光接触皮膚炎」:ぬり薬を塗った部分や貼り薬を貼った部分に日光が当たるとかぶれる症状。 薬が塗られていた 貼られていた)部分を中心に皮膚症状が出ます。 「薬剤性光線過敏症」(光線過敏型薬疹):内服薬を服用後に、日光が当たった皮膚に発疹ができる症状。 発疹ができる場所は露出部の広範囲にわたるのが特徴です。 「薬剤性光線過敏症」はここからさらに 「光毒性」「光アレルギー性」に分けられます。 このあたりは細かく説明すると話がややこしくなってしまうので、原因が外因性の場合は 「塗り薬や貼り薬を使ったり、飲み薬を身体に取り込んだりした際に、紫外線が それらの薬剤の成分と反応してアレルギーを起こす」と覚えておけば問題ありません。 以下に挙げる 内服薬、外用薬を日常的に服用している方は、皮膚の異常が出たら紫外線アレルギーを疑ってみましょう。 抗不安薬 アルプラゾラム クロルジアゼポキシド• 抗菌薬 キノロン系 スルホンアミド系 テトラサイクリン系 トリメトプリム• 抗うつ薬 三環系抗うつ薬• 抗真菌薬(経口薬 グリセオフルビン• 血糖降下薬 スルホニル尿素薬• 抗マラリア薬 クロロキン キニーネ• 抗精神病薬 フェノチアジン系• 化学療法薬 ダカルバジン フルオロウラシル メトトレキサート ビンブラスチン• 利尿薬 フロセミド サイアザイド系• にきび治療薬(経口薬) イソトレチノイン• 心臓病の薬 アミオダロン キニジン• 皮膚外用薬など 抗菌薬(クロルヘキシジンやヘキサクロロフェンなど) 抗真菌薬 コールタール 香料 フロクマリンを含有する植物(ライム、セロリ、パセリなど) 日焼け止め 参考サイト: 上記の中でも、病気の状態や年齢を問わずもっとも注意が必要なのは、やはり 日焼け止めでしょう。 メトキシケイヒ酸エチルヘキシルや、オキシベンゾン-3といった紫外線吸収剤が含まれているものは、吸収剤の成分が紫外線と反応して アレルギー症状が出ることもあるようです。 紫外線のダメージを防ぐために日焼け止めを塗っているのに、逆にダメージを受けてしまった・・・ということがないように、含まれている成分と自分の肌との相性はしっかり確認しておきましょう。 外因性の症状には主に コルチコステロイドが処方され、あとはアレルギーの 原因になっている物質を回避することが求められます。 紫外線アレルギーの対策は? 紫外線アレルギーを発症してしまったら、原因が 外因性でも内因性でもまず日光に当たらないことが一番の対策です。 原因は様々ですが、症状を引き起こす きっかけは紫外線そのものなので、紫外線に当たらないことを心がけましょう。 紫外線アレルギーの症状が出る部位を隠せる服装にし、頭部であれば サングラスや帽子、サンバイザー、日傘、マスク、アームカバー、ハンドカバー、ネックカバーなどで覆うのが有効です。 日焼け止めを使用する場合は、以下の条件を持つものを選んで使用しましょう(既に肌が赤くなっていたり痒みが出ていたりしているときは使用自体を控えた方が良いです)• 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)• ナノ粒子不使用(ノンナノ)• 無香料・無着色・低刺激 また、日光が原因となるので、外出しなければ安心という訳ではありません。 症状にもよりますが、室内でも カーテンやフィルムで窓からの光線を遮りましょう。 食べ物にも注意が必要になります。 レモン、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系や、パセリ、セロリ、しそといった香りの強いハーブ、野菜類は ソラレンという物質を含んでいます。 これは 紫外線を吸収するフロクマリンという光毒性物質の一種です。 ソラレンは紫外線に対する感受性を高めるので、紫外線アレルギーによる 肌へのダメージを受けやすくなってしまいます。 ソラレンの作用は 食後2~7時間続くといわれているので、日光を浴びやすい場所に行く場合、ソラレンを含んだ食べ物を摂るのは控えておきましょう。 このように、一度紫外線アレルギーになってしまうと、痒みなどの症状に悩まされるだけでなく、 日常生活で気にしないといけないことが一気に増えます。 日頃から紫外線を浴びすぎないように、 日光を遮れるものは常備しておきたいですね。 紫外線アレルギーに悩まされる部位、最も多いのは「顔」と「腕」! 紫外線アレルギーに悩まされる人がどれくらいいるのか、ボイスノート会員999人を対象にアンケートを実施しました。 まず、 紫外線アレルギーと診断されたことがあるかを聞いてみました。 紫外線アレルギーと診断されたことはありますか? 「ある」という方は6. 6%と少数でしたが、「ないが、異常を感じたことがある」という方も9. 9%おり、 1割~2割の方は紫外線アレルギーの症状が出たことがあるようです。 続いて、「ある」「ないが、異常を感じたことがある」を選んだ165人に紫外線アレルギーの症状が発生する部位について聞いてみました。 紫外線アレルギーの症状が発生する部位は? 「顔」と「腕」がほぼ同じ割合で多く、「首」がその次に多い結果となりました。 やはり 身体で太陽に近い部位が紫外線アレルギーになりやすいようですね。 これらの方が紫外線アレルギーの症状を防ぐためにどんなことをやっているかも聞いてみました。 紫外線アレルギーの症状を防ぐために行っていることは? 「日焼け止め化粧品の使用」が44. 6%で最も多く、「帽子の着用」29. 5%「日傘の着用」25. 9%と続きました。 多くの人が利用している日焼け止めですが、先ほどもご紹介したように、 日焼け止めも成分によっては紫外線アレルギー発症の原因となってしまいます。 配合されている成分を気にすることはもちろん、 日焼け止めに頼りすぎるのではなく、肌の露出をなるべく減らすことをこころがけましょう。 「特に対策はしていない」という方も2割ほどいました。 紫外線アレルギーは自然に治ることは稀なため、症状が悪化しないことを祈るばかりです・・・。 紫外線アレルギーも心配なし!多機能マスク「ふらは」 紫外線アレルギーの 根本的な対策は、陽射しに肌をさらさないことです。 顔にアレルギーの症状が出てしまうという方は、 マスクで紫外線をガードしてみてはいかがでしょうか? 今回共同で調査を行ったホワイトビューティー株式会社では、 多機能マスク「ふらは」を扱っています。 肌をUVカット生地で覆うというスタイルのこのマスクなら、薬剤でアレルギーが発生する心配があるあなたも、 肌を傷めず紫外線対策ができます。 ゴムの長さが調節できるマスクなので肌との隙間ができにくく付け心地も抜群。 UV繊維使用で、気になる紫外線をなんと98%以上ブロックしてくれます。 繰り返し洗って使えるので、 同じ性能の使い捨てマスクを何度も買うより経済的です。 カラーバリエーションは 豊富な10カラー。 サイズ もS~LLの4種類を選択可。 マスクによる小顔効果を出したいのであればM、しっかりカバーしたければL、LLがおすすめです。 マスクであれば、 日焼け止めの成分で紫外線アレルギーの症状が出てしまう心配もありません。 紫外線を防ぎつつ、おしゃれに気を使いたいというあなたも、 今年は「ふらは」で楽々紫外線アレルギー対策をしてみませんか?.

次の

紫外線アレルギーの顔の赤みとかゆみ症状を治したい!

日光アレルギー顔

顔に紫外線アレルギーの症状がでても、 腕や足みたいに服で隠せないし、 肌が痒かったりプツプツした湿疹がでたりしていると、 メイクするときにもどんな化粧品を使えばいいのか、悪化してしまわないのか… と、色々気になってしまいますよね…。 それに、患部へかゆみ止めなどの薬を塗るにしても、 市販の薬を顔に塗ってもいいのかわからないし…。 病院へいくのが1番いいかもしれないけどなかなか行く時間もないし…。 みんな顔に症状が出ています^^; というか、 「顔だけに出ている女性」が多いようです。 それはなぜなのかも調べてみました。 まず、日光アレルギーの顔への症状としては、 こんな意見がありました!!• 顔がかゆい• 顔にぶつぶつ・ポツポツとした蕁麻疹や湿疹がでる• 顔がカサカサしている• 顔が腫れる• 顔が水膨れになる• 顔が赤くなる これを見ると、これらが顔への症状として出てきたら 「なにかおかしい」と気がつきそうなものが多いですが、 「顔がカサカサしている」という症状は、単純に 「なんか最近乾燥してるのかな~!いい化粧品ないかしら」 ですませてしまいそうです^^; 先ほど「日光アレルギーの症状は顔だけに出ている女性が多い」 とお話しましたが…それがなぜなのかも気になりますよね!! ということで、 さっそく 日光アレルギーの症状が顔だけに出てしまう原因を調べてみました!! 日光アレルギーの症状が顔だけにでる原因は? なぜ、顔だけに紫外線のアレルギー反応が起こるのでしょうか。 調べた結果、顔だけが日光の影響で荒れてしまうその原因は、 化粧品や日焼け止めなどにあるそうです!! 化粧品や日焼け止めなどの、肌に塗ったものがアレルギー反応を起こし、 その後に紫外線を浴びることで肌を刺激してしまい、 かぶれたりするみたいです。 その症状は、 「光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)」 と呼ばれているそうです。 日光アレルギー?光接触皮膚炎ってなに? 光接触皮膚炎は、化粧品や日焼け止め以外にも、 金属や革製品、香水や湿布などでも症状があらわれる場合があるみたいです。 光接触皮膚炎には2種類あり、 「光毒性」と 「光アレルギー性」というのにわかれるそうです。 光毒性は、肌に塗ったもの(化学物質)が紫外線により、 活性酸素を発生させ、皮膚が傷ついていくみたいです。 光毒性の光接触皮膚炎は、紫外線があたってすぐに症状がでるそうです。 また、 光アレルギー性は、わずかな光でも強い症状が出たり、 免疫反応によって症状があらわれます。 また、症状が重いことがあるそうです。 また、日光に当たってから発症までの時間がかかることもあるようです。 よく、 「症状が出るまでの時間がかかるので、日光アレルギーかどうかわからない」 「紫外線に当たってすぐ症状が出始めて…」 という質問を見かけるのですが、「光毒性」と「光アレルギー性」で 症状が出るまでの期間が違うので、混乱してしまうみたいです。 肌荒れしてしまう化粧品や日焼け止めはどうしたらいい? ということで、 「しっかり日焼けどめを塗っていても症状がでる…」 と言う場合、 化粧品や日焼けどめが原因だと疑ったほうがいいかもしれません。 なので、家で顔に塗れるものといえば、化粧水などの保湿剤で、 しっかり保湿してあげることくらいになってしまうみたいです…。 また、こちらに関しても化粧水や乳液など、 肌に優しいものを選ぶ必要があります。 顔はいつでも隠すことができない部分なので、 お医者さんに正しい対処&治療をしてもらいたいなと思いますね。 日光アレルギーの顔への対策は? 病院へ行かないと、顔へ塗る薬も手に入らない… となると、気になるのは 薬以外のほかの対策ですよね。 とにかく、顔に紫外線が当たらないようにしましょう! 顔への紫外線対策としては、• つばの広い帽子• サングラス• 日焼け止め• マスク などいろいろありますが、 で紹介しているし、 日焼け止めについても先ほど紹介していますので、 ここでは 「私がマスクで顔の紫外線対策をするならどうするか」 について書いていきたいと思います。 マスクは、顔がすっぽりと隠れるので、 すでにアレルギー反応を起こして顔が荒れてしまった場合でも、 「とりあえずの間」はしっかりと隠すことができますよね。 でも、正直白いマスクをしてしまうとなんだか病気みたいだし、 眼鏡をしちゃうとレンズが曇るし…さらに、マスクの紐が短いと耳が痛い!! せっかくおしゃれをしてもマスクをしてるとなんだか決まらないし…。 そんなことってありませんか? ひどい時は「不審者扱いされてしまうんじゃないか…」と心配になることも。 そんな苦しい覚悟も必要かと思っていたのですが、 実際にどんなマスクがあるのかを調べてみたところ… なんと… 今って、すごいんですね!!(笑) ネットで検索すると、 可愛いマスクが山のように販売されていました!! しかも、今はUVカットマスクというのがあるそうで、 マスクでも紫外線対策がばっちりできてしまうみたいです! たとえば、このマスクはデザインも可愛く、 さらに花粉症やPM2.

次の

紫外線アレルギーは突然やってくる!気になる症状と予防法 | 女性の美学

日光アレルギー顔

コンテンツ• 紫外線・日光アレルギーの原因は?光線過敏症と呼ばれる! 日光を浴びることで、皮膚や目に湿疹やかゆみ、蕁麻疹などの症状があらわれることを 光線過敏症といいます。 この光線過敏症には光の波長の種類や原因などにより、いくつかの症状に分かれています。 特に紫外線によって湿疹などの症状がでるものは、• 紫外線アレルギー• 日光アレルギー と呼ばれています。 その他に、光線過敏症の種類としては、• 日光蕁麻疹• 多形日光疹• 光線過敏症型薬疹• 光接触皮膚炎 など原因や症状によって、いくつかあります。 日光蕁麻疹 紫外線や可視光線を浴びることによって 蕁麻疹がでるものを日光蕁麻疹と言います。 日光を浴びてからすぐに症状が現れます。 蕁麻疹は数時間で消えるのが特徴です。 多形日光疹 日光を浴びてから 数時間以上経ってから、湿疹があらわれます。 蕁麻疹とは違いすぐに症状はひかず、完治まで1~2週間かかる場合もあります。 光接触皮膚炎 化粧品や外用薬を塗ったところに日光があたると、反応して湿疹等の症状がでるものです。 光線過敏症型薬疹 特定の薬を服用しているときに、日光にあたると、反応して湿疹等の症状がでるものです。 紫外線アレルギーの症状は?目にでる可能性も! 紫外線を浴びてでる症状で、特に紫外線が強くなる 春から夏の時期に多くみられます。 一度発症すると、完治が難しいと言われています。 また、日光が原因なのはわかっていますが、初めに発症する原因ははっきりと特定できていません。 症状は顔や腕、脚などの他、目に症状がでる場合もあります。 アレルギー症状がひどい場合には、 発熱や頭痛、吐き気を伴うような場合もあります。 顔や腕、足などの皮膚に現れる症状• 発疹がでる• 赤く腫れる• かゆみを伴う 目の症状• 充血する• 涙がでる• 腫れる 紫外線アレルギーの検査「光線過敏試験」と料金 紫外線アレルギーは 「 光線過敏試験」で確認することができます。 日光を浴びたあとに、日焼けとは違う症状がでた場合は、自己判断はせず病院で相談してみましょう。 検査内容は、背中やお腹に光を実際にあてて、皮膚の状態を確認する試験です。 検査では、 UVBとUVAを照射する試験と、飲み薬や皮膚に塗ったものとの反応を見る内容です。 UVBやUVA、そのほかのアレルギーとなる原因を特定するために、血液検査やパッチテストを行う場合もあります。 費用は5,000円前後と言われていますが、検査内容によっても異なります。 アレルギー科や皮膚科で検査することができます。 紫外線・日光アレルギーの薬 紫外線アレルギーの薬は、原因が何かによってかわってきます。 日光そのものが原因の場合 日光にあたると症状がでる場合、 蕁麻疹であれば抗ヒスタミン剤などのアレルギー症状を抑える薬が処方されます。 そのほか、症状が長く続く 湿疹がでる場合は、ステロイド剤などのかゆみと炎症を抑える塗り薬が処方されます。 蕁麻疹は症状がでたあとに、数時間で消えること、違う場所にうつることなどが特徴で、蕁麻疹の場合は塗り薬は効果なく抗ヒスタミン剤などの飲み薬の服用が必要となります。 湿疹の場合は、蕁麻疹のように数時間で消えることはありません。 この場合は、塗り薬、飲み薬の効果が期待できます。 この場合は、原因となる薬や化粧品の使用をやめることになります。 紫外線アレルギーの対策 日光が原因なのはわかっていますので、 紫外線をブロックすることが一番の対策です。 UVを遮断する素材で肌をガード スポンサーリンク 日傘、帽子、シャツで肌を日光にあてないことが大切です。 夏でもUVカットカーディガンやシャツを羽織ることで、腕を日光から守りましょう。 UVカット率が書いていないものは、色が濃いものの方が紫外線をカットしてくれます。 白よりも黒の方が光を防いでくれるということです。 また、UVカット仕様のものにはサングラスもありますので、目の症状が気になる方は使用してください。 日焼け止めをこまめにぬる おすすめの日焼け止めは、 紫外線吸収剤を使用していないものです。 日焼け止めには、 紫外線吸収剤または 紫外線散乱剤のいずれか、もしくは両方が入っているものがあります。 紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することによって、肌へ届く紫外線の量を減らすものです。 紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて、肌へ届く紫外線をカットするものです。 わたしたちが浴びている紫外線には、UVAとUVBがあります。 UVA UVA 紫外線A波 を防ぐ効果の度合いは「 PA」で表示されています。 SPFの後に表示されている値が大きくなるとほど、紫外線をカットする効果が高くなります。 また、日焼け止めの効果は、一定時間をすぎると効果が弱くなります。 3時間を目安に小まめに塗りなおすようにしましょう。 紫外線吸収剤を使用していない、ノンケミカルの肌にやさしい日焼けどめもあります。 わたしはアトピー体質なので、なるべく天然成分のものを使用しています。 夏の肌荒れ対策におすすめです。 一度症状がでてしまった際は、それ以上日光にあたらないように最新の注意が必要です。 屋内にいても、日焼け止めを塗りましょう。 紫外線量の多い季節、時間帯を把握して対策する 紫外線は4月から増え始めます。 また、 一日の中で10時~14時は最も紫外線量が多いので、紫外線の強い時間帯は外出しない、もしくはきちんとしたUV対策をとりましょう。 紫外線アレルギーの体験談 わたしは、毎年5~6月頃になると日光湿疹がでます。 半袖にシャツなどを羽織る時期にでることが多く、特に腕にブツブツがでます。 症状は、日光を浴びた日の夜、もしくは次の日に、腕の広範囲に湿疹がでて、 かなりの痒みを伴います。 ステロイド剤を塗っても、アトピーのようにすぐに症状は回復せず、 1 週間から10日くらいは、湿疹がおさまりません。 すぐに症状がひかないので、蕁麻疹ではなく湿疹なのでしょう。 症状から察するに、わたしのケースは「 多形日光疹」ではないかと思います。 また、紫外線量が増える 5~6月に一度発症すると、その年は日光による湿疹はでません。 18歳頃に発症し、当時は年に1度だけではなく、数回発症していました。 その頃は北海道に住んでいたので、日差しが強くなったり弱くなったりするせいか、曇りや涼しい日が続いた後に再発するといった状態でした。 関東に引っ越ししてからは、5月頃に一度でるとそのあとのシーズン中はでなくなりました。 そんな状態ですので、紫外線量が多くなりはじめる時期は日焼け止めを腕や脚にたっぷりと塗るように気を付けています。 4月から日焼け止めを気を付けて塗って、徐々に紫外線に慣れると、湿疹がでない年や、湿疹がでても軽い症状の年もありますので、やはり 日焼け止めは、紫外線アレルギーの対策としてとても有効であることがわかります。 まとめ 紫外線アレルギーの症状はさまざまですので、もちろんわたしとは症状が違う方もたくさんいると思いますが、日焼け止めはもちろん、日ごろの対策を忘れずにしていきましょう。 日焼け止めはブロックする効果が高いものは、肌への負担も強くなる傾向があります。 強い焼け止めを塗る時期に肌荒れが気になる方は、ノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

次の