ファンケル 洗顔。 【化粧品】洗顔パウダー│ファンケルオンライン

ファンケル ディープクリア 洗顔パウダーで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証

ファンケル 洗顔

ファンケルに比べると洗浄力は強そうです。 それに対しファンケルは泥を配合してますね。 この泥のおかげで分解した毛穴の汚れを泥で吸着してからめとることができます。 うーん、どちらがいいんだろうか。。。 ということで詳しく2つ見ていきますね。 スイサイ ビューティークリアパウダーウォッシュ スイサイの酵素洗顔パウダーはファンケルよりも先に発売されています。 酵素洗顔の先駆者ですね… こちらが1カプセルを泡立てた状態。 泡立てネットを使用すればボリューミーな泡を作り出すことができます。 泡はキメ細かい濃厚泡というよりも軽い感じ。 実際に洗顔で使ってみるとシュワシュワと大きめの泡が顔を包みます。 優しく泡を動かして洗い流すと顔のザラつきがなくなっていることに驚きます。 そしてこの洗浄力なのにつっぱりにくい!!これまた驚きます!保湿成分のおかげですね。 スイサイの酵素洗顔は、毛穴の詰まり(たんぱく質)にアプローチする酵素だけでなく、皮脂を分解する酵素も含まれているため、ガッツリ汚れを取り除くことができます。 ですが、強い洗顔ゆえに連続の使用は控えた方が良さそうです。 週に1〜2回程度のスペシャルケアとしての利用が良さそうですね! 一般的な洗顔料に比べると1回61円と高め。 ただ、週に1回〜2回程度と考えると継続はしやすいと思います。 関連: ファンケル ディープクリア洗顔パウダー スイサイよりも後に発売されたのがファンケルの酵素洗顔です。 特徴は毛穴の詰まりを分解する酵素だけでなく、汚れをかき出す炭と汚れを吸着する泥が配合されていることです。 そのためパウダーも黒くなっています。 汚れを分解して、吸い上げてくれるのを一つで完結してくれるなんて、ホントいいとこ取りな洗顔料ですよね。 スイサイに比べるとファンケルの酵素洗顔は、キメの細かい濃密泡を作ることができます。 弾力がすごいんです。 洗う時も泡自体を動かすように摩擦を加えず優しく洗うことができます。 洗顔後は、汚れがしっかり落ちているのを実感しつつ全然つっぱらないことに驚きます。 メーカー側が毎日使えると言っているほど、肌にしっかりうるおいも与えてくれます。 スペシャルケアというよりもメインの洗顔料として活用できるのがファンケルの酵素洗顔ですね!ただこちらもお値段は高め。 スイサイの1個61円と比べてもファンケルは1個66円と高く設定されています。 もちろん週1回、2回の利用でもいいのですが、毛穴ケアに対する気持ちが試されますね… 関連: 酵素洗顔パウダーはスイサイとファンケルどちらがおすすめ? どちらも1箱ずつ使ってみた感想としては、ファンケルの方が使いやすいなと感じます。 高いけど… クレイ系の洗顔料のように濃密な泡で肌への摩擦を軽減できますし、それでいてしっかり汚れを落とせます。 さらに洗顔後のつっぱりがないので、継続利用した時にもトラブルが少なく毛穴ケアはしやすいのかなと感じます。 ただやっぱり頻度高く使うにはお財布に優しくないのはネックですよね。 比較すると洗浄力はスイサイの方が強いと感じます。 パックのような感覚で肌の大掃除に使うにはスイサイかなと。 ファンケルのように濃密泡で汚れも吸着させたいならもあるのでこれは参考までに。 後はご自身のお肌と相談してみてください。 刺激に敏感な方で初めての利用の方はファンケルがオススメですし、もし肌に問題なさそうであればファンケルを頻度高く使う、もしくはスイサイを試してみるのも一つですね! まだ使ったことのない方はぜひこの酵素洗顔は体験してみて欲しいです。 そして始めていきましょう、毛穴ケアを!.

次の

ファンケルの酵素洗顔パウダーの成分と口コミは?毎日使っても大丈夫?

ファンケル 洗顔

こんにちは! 『いちいち気になる』いちのみやです。 この記事では ファンケルの酵素洗顔パウダーの使い方や、 「使用頻度ってどのくらいがいいのかな?」 「毎日使っていいのかな?」 と気になったことを ファンケルのスタッフの方に お聞きしたので 自分の備忘録として残しました。 同じ様に気になっている方の お役に立てればと思います。 どうぞ最後までお付き合いください。 スポンサーリンク 【使い方】ファンケルの酵素洗顔パウダー ファンケルの酵素洗顔パウダー 『ディープクリア洗顔パウダー』の使い方です。 クレンジングのあとに ディープクリア洗顔パウダーを使用します。 カプセル1つが一回分。 パウダーは黒くてとっても細かいです。 【使い方】 清潔な手のひらにパウダーをひとつ出し、 水を少しずつ加えながら 空気を含むように泡立てたあと、 泡を転がしすようにして洗顔します。 出典:ファンケル公式サイト ファンケルの酵素洗顔パウダーは 泡立てネットなしでもしっかり泡立って しかも濃密な泡ができます。 顔と手の間に弾力のある泡が サンドされている感じで 泡を転がしやすいです。 泡立てネットで泡立てると さらにたくさんの泡ができます。 こちらは泡立てネットを使った泡です。 グレーの泡ができます。 スポンサーリンク 使用頻度は?毎日使っていいの? ファンケルの酵素洗顔パウダー 『ディープクリア洗顔パウダー』の 気になる使用頻度。 酵素洗顔パウダーって 刺激が強そうだなとか 洗ったあとお肌がつっぱりそうという イメージがありますよね。 実際私が使ってみたところ 刺激やつっぱり感はなく、 ちゃんと汚れが落ちているのに しっとり潤いがある というのが個人的な感想です。 ですが、 購入時は前述したような不安があったので 毎日使っていいのか、 使用頻度についてお聞きしました。 私は現在特に肌トラブルはなく、 普通肌なら毎日の使用OKということでした。 Q「ディープクリア洗顔パウダー」は毎日使用してもいいですか? A「ディープクリア洗顔パウダー」を 毎日お使いいただく場合は、 肌質やお肌の状態に合わせて様子を見ながらご使用ください。 乾燥する場合は、使用頻度を減らしてお使いください。 乾燥肌の方や肌が特に敏感な方は、 週3回程度のご使用をおすすめいたします。 もし毎日お使いいただく場合は、 週3回程度のご使用から始め、 様子を見ながら回数を増やしていただくようにしてください 出典:ファンケル公式サイト 私は毎日使っても問題なかったので 2. 3日連続で使ったりもしましたが、 きちんと毛穴汚れが落ちているので、 現在は週2. 3回のペースで使っています。 ファンケルには電話相談もあるので、 使用上もし不安なことがあれば 相談されるのがおすすめですよ。 この点も使っていて 安心材料のひとつです。 ファンケルでこちらのサンプルを いただいて、良かったので 1か月セットをお試ししてみようと 思っています。 まとめ 今回はファンケルの酵素洗顔パウダー 『ディープクリア洗顔パウダー』について 使い方や使用頻度 毎日使っていいの?と気になった点を 解決してまとめました。

次の

【楽天市場】ディープクリア 洗顔パウダー 【ファンケル 公式】 [ FANCL 送料無料 洗顔 化粧品 酵素洗顔 酵素洗顔パウダー 無添加 洗顔料 洗顔フォーム 毛穴 酵素 毛穴ケア スキンケア 角栓 基礎化粧品 粉 洗顔石鹸 石けん 洗顔せっけん フェイスウォッシュ 顔 角質 クレイ ](FANCL公式ショップ 楽天市場店)

ファンケル 洗顔

ファンケルアクネケア洗顔の成分解析 ファンケルアクネケア洗顔は医薬部外品です。 医薬部外品は、成分を配合率順に並べなくてもよいので、消費者からしたら解析するのが難しいです。 ただ、私の見立てでは、この洗顔はほぼ順番に並んでいますので、推定配合率も出してます。 05〜0. 3 精製水 ベース 50 濃グリセリン 多価アルコール型保湿剤 10 ミリスチン酸 水酸化Kと反応し石けんになる 10 ステアリン酸 水酸化Kと反応し石けんになる 10 水酸化K 脂肪酸の中和剤 5 BG 多価アルコール型保湿剤 5 ラウリン酸 水酸化Kと反応し石けんになる 5 グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液 糖型の保湿剤 1 パルミチン酸 水酸化Kと反応し石けんになる 1 ソルビトール 糖型の保湿剤 1 ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム アニオン性界面活性剤。 選択洗浄効果 1 SEステアリン酸グリセリン 非イオン性界面活性剤、安定化 1 PEG4000 PEG系保湿剤 1 イソステアリン酸POEグリセリル 非イオン性界面活性剤、安定化 1 シャクヤクエキス 漢植物エキス。 保湿 1%以下 トウニンエキス 漢植物エキス。 保湿 1%以下 シソエキス-1 漢植物エキス。 保湿 1%以下 プルーン酵素分解物 プルーンエキス。 皮膚コンディショニング 1%以下 カンテン末 寒天。 洗浄補助 1%以下 ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液 アニオン性界面活性剤、アミノ酸系洗浄剤。 1%以下 ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル) 油性成分。 しっとり感アップ 1%以下 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液 カチオンポリマー。 泡質、しっとり感アップ 1%以下 リン酸1K pH調整剤 1%以下 リン酸2Na pH調整剤 1%以下 天然ビタミンE ビタミンE。 製品の酸化防止 1%以下 大まかな成分組成としては、以下のような処方です。 有効成分・・・GK2が0. 05〜0. 精製水・・・水が50%• 洗浄成分・・・石けん(〇〇酸+水酸化K)が30%• 保湿剤・・・グリセリンなどが20% 以下、特徴的な成分についてピックアップして紹介します。 有効成分GK2 普通、ニキビ予防成分といえば、イソプロピルメチルフェノールという殺菌成分が使われるのですが、ファンケルのアクネケア洗顔は、 炎症を抑える GK2のみ配合で、ニキビケア予防としています。 ここがファンケルのアクネケアシリーズの特徴です。 あえてGK2のみというのは、殺菌剤による肌ダメージを考慮した設計であり、 大人ニキビに狙いを定めている処方です。 10代の思春期ニキビの方は、殺菌剤配合の洗顔の方が良いかもしれません。 石けん成分(脂肪酸K) ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸は脂肪酸と呼ばれます。 成分表には、脂肪酸と水酸化Kという形でわけて記載されていますが、実際の中身は、脂肪酸Kとなってます。 これがいわゆる、石けんと呼ばれる成分で、洗顔フォームには必須の成分です。 洗浄力はしっかりあるタイプです。 グリセリンが多い また、グリセリンが非常に多い処方です。 グリセリンはしっとり感にはほとんど影響ないですが、製品の保存安定性を高めるのに効果的です。 また、泡の感触もクリーミーになる傾向があります。 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液は、カチオン性(プラスの電気を帯びた)ポリマーです。 プラスの電気は肌に吸着しやすいので、洗浄後も肌に残ってしっとりした感触を与えます。 また、泡質がクリーミーになる効果があります。 洗顔やボディソープによく使われます。 ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル) ジエステル系の油性成分で、水を抱えこむ力が強いです。 洗顔後の肌にも残りやすいので、保湿効果を高める狙いがある成分です。 ファンケルアクネケア洗顔の使用感を口コミ 私はトライアルセットだったので、2g入りのミニパウチを使ってました。 トライアルセットには10個のミニパウチが入っています。 しかし、私はケチなので、1個のミニパウチを2回に分けて使っていました。 見た目は白い洗顔クリームです。 固すぎないちょうど良い柔らかさですね。 よかった点 驚いたのは、 泡立ちがかなり早く、さらに泡質がクリーミーです。 クリーミー系の洗顔は、泡立ちが遅いことが多いのですが、さすがファンケルさんの処方設計だと感じました。 気持ちよく洗えます。 私も泡立てるのが苦手なのですが、この洗顔はかなり泡だてやすかったです! 悪かった点 1点だけ残念なのが、価格が高いことですね。 一般的なドラッグストアの洗顔・・・100gで500円= 1gあたり5円• ファンケルアクネケア洗顔・・・90gで1400円= 1gあたり16円 3倍くらい高いです。 性能が良いので、仕方ないですが、ある程度余裕のある人はオススメです。 ファンケルアクネケア洗顔のSNSの口コミ紹介 他にも使った方の口コミを調査しました。 本音の書き込みが多い、ツイッターでの口コミを紹介します。 FANCLはアクネ洗顔と乳液がよい。 化粧水はとろみありすぎで好みじゃなかった。 — m.. maaaa24g 顎の大人ニキビに悩まされて色々なブランドのアクネ専用スキンケア試したけど効果なしで皮膚科へ。 ツムラ漢方とFANCLのニキビ用洗顔フォームで落ち着いてきた。 油断禁物なので洗顔は暫くファンケルにする。 レモン🍋1個分の泡立ちもすぐできるし低刺激で高洗浄。 かつ、乾燥しない。 思春期ニキビだったらファンケルではなく、殺菌剤配合の洗顔の方が良いと思います。 大人ニキビにはファンケルがいいかも。 私も1ヶ月くらい使っている間はニキビできませんでした。 化粧水と乳液も使っているから洗顔だけの効果とは言えないですが。 ファンケルアクネケア洗顔の総評 成分: 4. また、泡の性能もよく、さっぱり、かつ、しっとりという理想的な洗顔でした。 まず肌に合うか試したい方は、私のように アクネケアのトライアルセットを頼むのがオススメです。 洗顔の他にも、クレンジング、化粧水、乳液もついてきますので旅行用にもオススメです。

次の