あんこ 冷凍 保存。 あんこの保存方法|冷蔵庫と冷凍のやり方と保存期間の目安

保存食材で家おやつ。あんこを使いやすく冷凍するコツ

あんこ 冷凍 保存

開封後のあんこは冷蔵で約1週間ほど保存可能です。 すぐに食べる予定がある分は、冷蔵保存がおすすめです。 業務スーパーのあんこは大容量ですので、袋のままではなくタッパー等の保存容器に小分け保存する必要があります。 まず、保存容器は、水分をきれいに拭き取り、アルコール消毒するなど、清潔な物を使用しましょう。 清潔な保存容器にあんこを移し、蓋をします。 この時、空気に触れないようにラップをかけてから蓋をすると、あんこを乾燥から守り、美味しく保存することができます。 業務スーパー等の市販のあんこは、冷蔵でも1ヶ月ほど持つといわれています。 ですが、冷蔵保存分はなるべく早めに、1週間ほどで食べることをおすすめします。 1週間ほどで食べきれない分は、冷凍保存しましょう。 冷凍保存したあんこは、約1ヶ月から3ヶ月ほど保存可能です。 すぐに食べる予定のない分は小分けにして冷凍保存すると、良いでしょう。 美味しい冷凍保存のポイントは、急速冷凍と空気に触れないようにすることです。 1回の使用分ごとに小分けにして、ラップでしっかり包みます。 この時、あんこがなるべく薄くなるように包むと、急速冷凍することができるため、冷凍特有の臭いを防ぐことができます。 ラップで包んだあんこは、ジップロック等の保存袋にいれて、空気が触れないように保存します。 冷凍したあんこを解凍する際は、冷蔵庫または室内での自然解凍がおすすめです。 電子レンジでの解凍は、風味を損なう恐れがあり、あまりおすすめできません。 万が一、冷凍臭がついてしまった場合は、鍋を使用して、一度火を通すことで解決できます。 お汁粉なら、冷凍臭が飛ぶだけでなく、手軽に美味しく作ることができるので、おすすめです。

次の

あんこもちの冷凍保存 レシピ・作り方 by じゃが塩|楽天レシピ

あんこ 冷凍 保存

パンといえば、冷凍保存している方が多い食品だと思います。 食パンや丸パンなど中に何も入っていないパンは保存も解凍もとても手軽ですが、「あんぱん」は果たしてどうなのでしょうか? 実はあんぱんは冷凍保存向きのパン種なんです! こちらのページでは、様々なあんぱんを冷凍保存してきた「東京あんぱん」によるあんぱん冷凍方法をご紹介いたします。 より美味しく、より長くあんぱんをお楽しみいただけると幸いです。 あんぱんのおすすめ冷凍方法 あんぱんの冷凍保存で大切なポイントは以下の3点です。 半分にカットする これは一番大切なポイントです。 大部分のあんぱんは、パン生地の中にあんを詰めているので、そのまま冷凍保存してしまうと、 解凍時に中のあんこにまで熱が届かない状態となります。 あんこにまで火を通そうと加熱時間を増やしてしまうと、せっかく美味しい状態で冷凍したパン生地が硬くなったり、乾燥してパサついてしまう場合があります。 それを防ぐために、あんぱんは必ず「 半分にカットしてから冷凍」保存をしてください。 乾燥しないよう密閉する パンの食感を損なう大きな原因は「乾燥」です。 乾燥によって、パン生地に含まれる水分が減少し、 パサつきが生まれます。 乾燥が大敵なハード系のパンの場合、霧吹きで水を吹きかけてから解凍処理を行う場合もあるほど、パンにとって水分は大切なものとなります。 ですので、 冷凍時は密閉できるジップロックやラップなどでしっかりと密閉してから保存を心がけましょう。 生地によって解凍方法を分ける 3つ目のポイントは、解凍方法です。 食パンなどのシンプルなパンに比べて具が内包されたパンは、生地とあんとで火の通りに違いが生まれます。 また、生地の厚さによっても解凍方法をアレンジした方が良い場合もあります。 以下にパン生地による解凍方法の違いを記載してみます。 ふんわり系/もっちり系 パン生地に比較的熱が通りやすい「ふんわり」「もっちり」系は、電子レンジ加熱がおすすめです。 長時間加熱すると生地の柔らかさが失われてしまうので、 500Wで20秒~30秒を目安に加熱してみてください。 中のあんが多めの場合は、あんの部分を上または下にすることで火の通りが良くなります。 ハード系 クラストと呼ばれる表皮部分が厚めのハード系パンの場合は、電子レンジ+トースターのダブル解凍がおすすめです。 まずは全体をある程度解凍させるために、 電子レンジ500Wで20秒ほど加熱し、その後トースターでクラスト部分をパリっとさせるために2分ほど加熱してください。 中はふわっと外はカリッとな出来立てのような食感をお楽しみいただけます。 薄皮系 薄皮系はあんこの量によっては、解凍が難しい場合があります。 それは、あんこを解凍させるために加熱しすぎると皮が美味しくなくなってしまうからです。 あんこが多く、 電子レンジ500Wで30秒ほどでも解凍されない場合は、少しだけ自然解凍してから加熱するといいかもしれません。 以上があんぱんの冷凍保存のポイントとなります。 各あんぱん紹介ページにおすすめの冷凍保存・解凍方法を記載していますので、そちらも併せてご参照ください。 勿論、あんぱんは出来立てが一番美味しいですが、冷凍してもなお美味しさを保てる工夫をすることで、いつでも好きな時にあんぱんが楽しめるのは嬉しいですね。

次の

あんこの賞味期限はどれくらい?冷凍保存のポイントをご紹介!

あんこ 冷凍 保存

パンといえば、冷凍保存している方が多い食品だと思います。 食パンや丸パンなど中に何も入っていないパンは保存も解凍もとても手軽ですが、「あんぱん」は果たしてどうなのでしょうか? 実はあんぱんは冷凍保存向きのパン種なんです! こちらのページでは、様々なあんぱんを冷凍保存してきた「東京あんぱん」によるあんぱん冷凍方法をご紹介いたします。 より美味しく、より長くあんぱんをお楽しみいただけると幸いです。 あんぱんのおすすめ冷凍方法 あんぱんの冷凍保存で大切なポイントは以下の3点です。 半分にカットする これは一番大切なポイントです。 大部分のあんぱんは、パン生地の中にあんを詰めているので、そのまま冷凍保存してしまうと、 解凍時に中のあんこにまで熱が届かない状態となります。 あんこにまで火を通そうと加熱時間を増やしてしまうと、せっかく美味しい状態で冷凍したパン生地が硬くなったり、乾燥してパサついてしまう場合があります。 それを防ぐために、あんぱんは必ず「 半分にカットしてから冷凍」保存をしてください。 乾燥しないよう密閉する パンの食感を損なう大きな原因は「乾燥」です。 乾燥によって、パン生地に含まれる水分が減少し、 パサつきが生まれます。 乾燥が大敵なハード系のパンの場合、霧吹きで水を吹きかけてから解凍処理を行う場合もあるほど、パンにとって水分は大切なものとなります。 ですので、 冷凍時は密閉できるジップロックやラップなどでしっかりと密閉してから保存を心がけましょう。 生地によって解凍方法を分ける 3つ目のポイントは、解凍方法です。 食パンなどのシンプルなパンに比べて具が内包されたパンは、生地とあんとで火の通りに違いが生まれます。 また、生地の厚さによっても解凍方法をアレンジした方が良い場合もあります。 以下にパン生地による解凍方法の違いを記載してみます。 ふんわり系/もっちり系 パン生地に比較的熱が通りやすい「ふんわり」「もっちり」系は、電子レンジ加熱がおすすめです。 長時間加熱すると生地の柔らかさが失われてしまうので、 500Wで20秒~30秒を目安に加熱してみてください。 中のあんが多めの場合は、あんの部分を上または下にすることで火の通りが良くなります。 ハード系 クラストと呼ばれる表皮部分が厚めのハード系パンの場合は、電子レンジ+トースターのダブル解凍がおすすめです。 まずは全体をある程度解凍させるために、 電子レンジ500Wで20秒ほど加熱し、その後トースターでクラスト部分をパリっとさせるために2分ほど加熱してください。 中はふわっと外はカリッとな出来立てのような食感をお楽しみいただけます。 薄皮系 薄皮系はあんこの量によっては、解凍が難しい場合があります。 それは、あんこを解凍させるために加熱しすぎると皮が美味しくなくなってしまうからです。 あんこが多く、 電子レンジ500Wで30秒ほどでも解凍されない場合は、少しだけ自然解凍してから加熱するといいかもしれません。 以上があんぱんの冷凍保存のポイントとなります。 各あんぱん紹介ページにおすすめの冷凍保存・解凍方法を記載していますので、そちらも併せてご参照ください。 勿論、あんぱんは出来立てが一番美味しいですが、冷凍してもなお美味しさを保てる工夫をすることで、いつでも好きな時にあんぱんが楽しめるのは嬉しいですね。

次の