紅蓮華 歌詞 善逸。 アニメ【鬼滅の刃】を考察。オープニング曲【紅蓮華】歌詞に隠された意味とは?

ふと思ったのですが、紅蓮華って歌詞の意味はありますか?自分が思...

紅蓮華 歌詞 善逸

【鬼滅の刃】紅蓮華の2番は善逸(ぜんいつ)を表現していてLISAさんの想いが素敵! アニメ【鬼滅の刃】のOPである紅蓮華の2番は、我妻善逸(あがつまぜんいつ)を表現していて素敵すぎる! LiSAさんの人生も込められた神曲について考察してみました! どうも、タガメ王国の防人リョウです! ・「紅蓮華の2番って、我妻善逸をイメージしてるよね?」 ・「善逸の姿と重なる歌詞で感動する!」 ・「もっと善逸が好きなる歌詞になってる!」 あなたは今、このように感じていませんか? スポンサーリンク そこでこの記事では、紅蓮華の2番が善逸を思いっきり表現している理由をお伝えします。 水面下で絡まる 善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい こうして見ると、「善逸」という言葉が、歌詞にハッキリとありますよね! そして、この部分だけではなく、それ以外にも善逸の想いがたんさん込められています。 禰豆子が入っている箱を、必死で守ってあげたり・・・ やる時はやる!!! 善逸は、そんな優しい奴なんです。 でも、その優しさだけじゃ強くなれないのは、自分でも心では分かっているようにも見えます。 「優しいだけじゃ、俺は強くなれないんだよね?」 「鬼は容赦ないから、時には非情になって戦わなくちゃダメだよね?」 「こんな俺でも、強くなれるのかな?大丈夫かな?」 という、善逸の心の声が響いてきます。 獪岳も元々は、鬼から人を守る立場だったのに・・・ 本当は尊敬していたのに・・・ 善逸はそう感じていても、鬼なった獪岳の心は変わってしまいました。 人間の時は、「先生は本当に凄い人なんだよ!」と言っていたのに、鬼なった獪岳は・・・ 俺を正しく評価し認める者は善。 低く評価し認めないない奴は悪。 あれだけ尽くしてやったのに俺を後継にせずテメェみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ。 このように、師匠であったじいちゃんを恨んでいます。 そういった獪岳の偽善に、善逸が天罰で倒します。 本当は尊敬していた兄弟子の心が透けて見えてしまった・・・ だから、せめてもの優しさで天罰を下そう・・・ そういった、善逸の優しさが溢れる歌詞でもありますね。 」=「ちょっとさ、手伝ってよ!」 このように訳す事ができます。 善逸は、「なんで?!助けてよ、炭治郎!!!」というタイプですよね 笑 ですので、まさにこの英語の歌詞も、善逸を表現しています。 「逸材の花」=獪岳 「挑み続けて咲いた一輪」=善逸 です!!! 獪岳は才能に溢れていて、善逸が使えない雷の呼吸・弐の型~陸の型を使えました。 それに対して善逸は、壱の型しか使えませんでした。 それでも、勝負に勝ったのは善逸です。 「壱の型しか使えなくても、それを極め続ければ強くなれる」 泣きながらも逃げながらも、じいちゃんの教えを実践し続けた善逸だからこそ、素敵な花を咲かせたのでした。 「乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も」というように、そんな善逸が鬼退治をするという事は茨の道でもあります。 そんな茨の道でも、善逸だからこそ乗り越えられる・・・ そんな意味が込められた、素敵な歌詞ですね。 でも善逸は、弱音を吐きまくっても、「本気で行くよ!自分が誰よりも弱いのは分かるけど、乗り越えてみせる!」と、歩き続けています。 弱くても進む、善逸の勇気が表現されて部分ですね。 ここで、善逸の1つの夢が消えてしまいます。 「じいちゃんを本当は守りたかったのに、守れなかった」 「じいちゃんに自分が成長した姿を見せたかった」 何度も何度も自分を気にしてくれた、じいちゃんに恩返しできなかった・・・ 善逸の純粋な心が、ここに表現されています。 失った大切な存在(じいちゃん)があるからこそ、命の大切さを理解した。 じいちゃんは自分の心の中にいて、いつだって鬼に立ち向かう勇気をくれるから。 そうして、おじいちゃんとの1つ1つの思い出が、自分の血肉となって紅蓮地獄のように過酷な鬼の世界を生き抜く。 そういった、善逸の想いが溢れている歌詞ですよね。 1番の歌詞は竈門炭治郎を表現している ここまで紅蓮華の2番の歌詞についてお伝えしました。 2番は善逸を表現する歌詞になっていますが、1番は主人公である竈門炭治郎を表現する歌詞になっています。 これらは、原作の序盤を彷彿とさせるキーワードにもなります。 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に、妹の禰豆子(ねずこ)以外の家族を殺されてしまい・・・ ただただ絶望するしかない現実を、必死で受け止めて、歩き出す兄の炭治郎(たんじろう)。 鬼となってしまった禰豆子の運命やいかに・・・ という感じの、ちょっと絶望感を感じつつも、どこか家族愛を感じる。 1番の歌詞は、そのように感じて。 まさに、優しさに溢れる主人公・竈門炭治郎を表現していますよね。 実は、紅蓮華の2番はLiSAさん自身の人生も表現されている 紅蓮華の2番の歌詞は、善逸を表現していると、お伝えしてきましたが。 実は、この曲を作ったLiSAさん自身も表現しているんです。 「逸材の華より 挑み続け咲いた一輪が美しい」 この歌詞に注目してください!!! まず、LiSAさんは、紅蓮華についてこう伝えています。 紅蓮華とは、水面から咲く赤いハスの華。 そして寒さでめくれた皮膚で咲く、紅蓮地獄という意味です。 傷だらけになっても守りたい場所が、叶えたい夢が出来てしまった、私のうた。 傷だらけになっても守りたい。 叶えたい何かを持ったキミのうた。 傷だらけになっても咲き誇れ。 鬼滅の刃の物語と照らし合わせると、鬼舞辻無惨によって家族が殺され、残された妹が鬼化してしまうという、残酷な現実を突きつけられる炭治郎。 それでも人生に絶望せず、妹を人間に戻すために、修行して鬼殺隊を目指す。 そういった覚悟の意志が歌に込められているのが分かります。 LiSAさんは、音楽を始めて、ロックの世界で逸材になれずにいました。 そして、挫折してアニメの世界にやって来て、成功しています。 「ソードアートオンライン」・「Fate」・「魔法科高校の劣等生」などなど、LiSAさんがアニメの世界で曲を作って、挑戦し続けている事が分かります。 そして、挑み続けたからこそ、開花した事をご自身で体験している。 だからこそ、LiSAさんはとてもとても素敵に感じますし、1つ1つの言葉が染み込んできます。 そうして生まれた紅蓮華という神曲は、これからも忘れられる事無く、鬼滅の刃と共に多くの人々へ感動を届けて行くと僕は感じました。

次の

【LiSA/紅蓮華】歌詞の意味を徹底解釈!アニメ「鬼滅の刃」の大ファンが解説する。

紅蓮華 歌詞 善逸

【鬼滅の刃】紅蓮華の2番は善逸(ぜんいつ)を表現していてLISAさんの想いが素敵! アニメ【鬼滅の刃】のOPである紅蓮華の2番は、我妻善逸(あがつまぜんいつ)を表現していて素敵すぎる! LiSAさんの人生も込められた神曲について考察してみました! どうも、タガメ王国の防人リョウです! ・「紅蓮華の2番って、我妻善逸をイメージしてるよね?」 ・「善逸の姿と重なる歌詞で感動する!」 ・「もっと善逸が好きなる歌詞になってる!」 あなたは今、このように感じていませんか? スポンサーリンク そこでこの記事では、紅蓮華の2番が善逸を思いっきり表現している理由をお伝えします。 水面下で絡まる 善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい こうして見ると、「善逸」という言葉が、歌詞にハッキリとありますよね! そして、この部分だけではなく、それ以外にも善逸の想いがたんさん込められています。 禰豆子が入っている箱を、必死で守ってあげたり・・・ やる時はやる!!! 善逸は、そんな優しい奴なんです。 でも、その優しさだけじゃ強くなれないのは、自分でも心では分かっているようにも見えます。 「優しいだけじゃ、俺は強くなれないんだよね?」 「鬼は容赦ないから、時には非情になって戦わなくちゃダメだよね?」 「こんな俺でも、強くなれるのかな?大丈夫かな?」 という、善逸の心の声が響いてきます。 獪岳も元々は、鬼から人を守る立場だったのに・・・ 本当は尊敬していたのに・・・ 善逸はそう感じていても、鬼なった獪岳の心は変わってしまいました。 人間の時は、「先生は本当に凄い人なんだよ!」と言っていたのに、鬼なった獪岳は・・・ 俺を正しく評価し認める者は善。 低く評価し認めないない奴は悪。 あれだけ尽くしてやったのに俺を後継にせずテメェみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ。 このように、師匠であったじいちゃんを恨んでいます。 そういった獪岳の偽善に、善逸が天罰で倒します。 本当は尊敬していた兄弟子の心が透けて見えてしまった・・・ だから、せめてもの優しさで天罰を下そう・・・ そういった、善逸の優しさが溢れる歌詞でもありますね。 」=「ちょっとさ、手伝ってよ!」 このように訳す事ができます。 善逸は、「なんで?!助けてよ、炭治郎!!!」というタイプですよね 笑 ですので、まさにこの英語の歌詞も、善逸を表現しています。 「逸材の花」=獪岳 「挑み続けて咲いた一輪」=善逸 です!!! 獪岳は才能に溢れていて、善逸が使えない雷の呼吸・弐の型~陸の型を使えました。 それに対して善逸は、壱の型しか使えませんでした。 それでも、勝負に勝ったのは善逸です。 「壱の型しか使えなくても、それを極め続ければ強くなれる」 泣きながらも逃げながらも、じいちゃんの教えを実践し続けた善逸だからこそ、素敵な花を咲かせたのでした。 「乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も」というように、そんな善逸が鬼退治をするという事は茨の道でもあります。 そんな茨の道でも、善逸だからこそ乗り越えられる・・・ そんな意味が込められた、素敵な歌詞ですね。 でも善逸は、弱音を吐きまくっても、「本気で行くよ!自分が誰よりも弱いのは分かるけど、乗り越えてみせる!」と、歩き続けています。 弱くても進む、善逸の勇気が表現されて部分ですね。 ここで、善逸の1つの夢が消えてしまいます。 「じいちゃんを本当は守りたかったのに、守れなかった」 「じいちゃんに自分が成長した姿を見せたかった」 何度も何度も自分を気にしてくれた、じいちゃんに恩返しできなかった・・・ 善逸の純粋な心が、ここに表現されています。 失った大切な存在(じいちゃん)があるからこそ、命の大切さを理解した。 じいちゃんは自分の心の中にいて、いつだって鬼に立ち向かう勇気をくれるから。 そうして、おじいちゃんとの1つ1つの思い出が、自分の血肉となって紅蓮地獄のように過酷な鬼の世界を生き抜く。 そういった、善逸の想いが溢れている歌詞ですよね。 1番の歌詞は竈門炭治郎を表現している ここまで紅蓮華の2番の歌詞についてお伝えしました。 2番は善逸を表現する歌詞になっていますが、1番は主人公である竈門炭治郎を表現する歌詞になっています。 これらは、原作の序盤を彷彿とさせるキーワードにもなります。 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に、妹の禰豆子(ねずこ)以外の家族を殺されてしまい・・・ ただただ絶望するしかない現実を、必死で受け止めて、歩き出す兄の炭治郎(たんじろう)。 鬼となってしまった禰豆子の運命やいかに・・・ という感じの、ちょっと絶望感を感じつつも、どこか家族愛を感じる。 1番の歌詞は、そのように感じて。 まさに、優しさに溢れる主人公・竈門炭治郎を表現していますよね。 実は、紅蓮華の2番はLiSAさん自身の人生も表現されている 紅蓮華の2番の歌詞は、善逸を表現していると、お伝えしてきましたが。 実は、この曲を作ったLiSAさん自身も表現しているんです。 「逸材の華より 挑み続け咲いた一輪が美しい」 この歌詞に注目してください!!! まず、LiSAさんは、紅蓮華についてこう伝えています。 紅蓮華とは、水面から咲く赤いハスの華。 そして寒さでめくれた皮膚で咲く、紅蓮地獄という意味です。 傷だらけになっても守りたい場所が、叶えたい夢が出来てしまった、私のうた。 傷だらけになっても守りたい。 叶えたい何かを持ったキミのうた。 傷だらけになっても咲き誇れ。 鬼滅の刃の物語と照らし合わせると、鬼舞辻無惨によって家族が殺され、残された妹が鬼化してしまうという、残酷な現実を突きつけられる炭治郎。 それでも人生に絶望せず、妹を人間に戻すために、修行して鬼殺隊を目指す。 そういった覚悟の意志が歌に込められているのが分かります。 LiSAさんは、音楽を始めて、ロックの世界で逸材になれずにいました。 そして、挫折してアニメの世界にやって来て、成功しています。 「ソードアートオンライン」・「Fate」・「魔法科高校の劣等生」などなど、LiSAさんがアニメの世界で曲を作って、挑戦し続けている事が分かります。 そして、挑み続けたからこそ、開花した事をご自身で体験している。 だからこそ、LiSAさんはとてもとても素敵に感じますし、1つ1つの言葉が染み込んできます。 そうして生まれた紅蓮華という神曲は、これからも忘れられる事無く、鬼滅の刃と共に多くの人々へ感動を届けて行くと僕は感じました。

次の

LiSA紅蓮華の読み方や意味とは?歌手やかっこいい歌詞・ツイッターで口コミも紹介

紅蓮華 歌詞 善逸

炭次郎は、禰豆子を人間に戻す方法を見つけるべく、鬼殺隊に入隊しようと考えました。 ところが、鬼殺隊への入隊は簡単ではなかったのです。 それでも炭次郎は、厳しい修行に耐えた末に水の呼吸の使い手となり、無事に最終選別を生き残ることに成功。 同じ最終選別を生き残った雷の呼吸の使い手である、善逸や獣の呼吸の使い手である伊之助とも出会い、協力しつつ物語は進んでいきます。 その後、 鬼を連れた珍しい隊士として、元十二鬼月や下弦の十二鬼月と闘いを重ねることになるのです。 炭次郎と鬼たちの闘いの中でも印象深いのは、那田蜘蛛山での十二鬼月の累との闘い。 それまでの鬼には水の呼吸を駆使して何とか勝ってきた炭次郎でしたが、累が使う蜘蛛の糸の強度に破れ、日輪刀が折れてしまいました。 まさに絶体絶命。 炭次郎は、決死の覚悟で自分の持つ最強の技である水の呼吸・拾の型・生生流転を繰り出します。 それ以外の技では切ることすらできなかった糸が切れる!勝てる!そう思っていたのも束の間。 累の鬼血術の前に、炭次郎は敗北を覚悟します。 さすがの炭次郎も負けるのか……。 しかし、ここで炭次郎を助けたのは彼の家族でした。 炭次郎が、子供の頃に父親が踊っていた神楽の舞で技を発動すると、禰豆子は炭次郎までも失いたくないという想いから鬼血術を繰り出します。 「ヒノカミ神楽 円舞」「鬼血術 爆血」この2つの技にはシビレました。 アニメ主題歌【紅蓮華】の考察 アニメのオープニング部分は炭次郎と禰豆子を歌っている? オープニング曲の冒頭「強くなれる理由を知った 僕を連れて進め」について。 炭次郎は数多くの鬼と闘うことになりますが、簡単に勝てる闘いは中々ありません。 しかし、彼は 勝利のための闘いの中で成長していきます。 冒頭ではまさに、そんな 炭次郎の様子が歌われていると考えていいでしょう。 炭次郎が強くなれる理由というのは、禰豆子を人間に戻したい一心でのこと。 また、炭次郎は水の呼吸の使い手ですが、 鼻がとんでもなく利くという特殊能力のようなものを持っています。 【紅蓮華】の1番に「夜の匂いに空睨んでも 変わっていけるのは自分自身だけ」という歌詞があります。 鬼の活動時間である夜は、鬼の匂いがしないかどうか細心の注意を払う必要があります。 鬼がいるのか?いたら闘わなければいけない。 そんな炭次郎の緊張感が伝わってきます。 次に1番のサビの部分「世界に打ちのめされて負ける意味を知った」という部分。 これは、那田蜘蛛山での累との闘いで、鬼がいる世界、鬼に家族を奪われてしまった理不尽な世界に打ちのめされている炭次郎と禰豆子のことを指しているように思えます。 そんな状況で炭次郎が累に負けそうで、禰豆子は捕らわれている。 本当の意味での負けとは 唯一残った家族を失うことだと、累との闘いを通じて改めて自覚するのです。 さらにサビでの「紅蓮の華よ咲き誇れ!」という歌詞は、まさに炭次郎が「ヒノカミ神楽 円舞」を使っているシーンにピッタリでした。 ここまでの考察を踏まえると「紅蓮華」という曲の1番では、炭次郎と禰豆子について歌われているのではないかと考えます。 アニメで歌われていない2番部分は誰について歌われているのか では、曲の2番はどうなのか。 2番の歌い出しを見てみると「イナビカリの雑音が耳を刺す」となっています。 イナビカリといえば雷。 2番では、雷の呼吸の使い手である善逸について歌われている可能性が高いです。 さらに「優しいだけじゃ守れないものがある?わかってるけど」という歌詞があります。 優しく、臆病な善逸。 そんな自分が嫌いであるという描写は、鬼との戦闘シーンなどで幾度となく描かれています。 那田蜘蛛山では、善逸も鬼と闘いますがひとつの技しか使えないことを見破られ、苦戦していました。 雷の呼吸・壱の型・霹靂一閃。 この技を決める善逸が最高にかっこ良く、普段とのギャップにやられているファンの方も多いと思います。 そんな善逸のことを歌っていると思われる歌詞が「逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい」という部分です。 まさに、善逸が極めた雷の呼吸・壱の型・霹靂一閃こそが「挑み続け咲いた一輪」。 この技で、那田蜘蛛山での鬼との闘いにも勝利するのですから、もはや 逸材と言っても過言ではありません。 そして、2番のサビ前の歌詞には「善」「逸」という言葉が使われているという点も、何か運命のようなものを感じます。

次の