配列 数式 エクセル。 エクセル 配列数式、CSE数式とは、仕組みと使い方

Excelで「Ctrl + Shift + Enter」 配列数式(CSE数式)って何よ?

配列 数式 エクセル

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに があります。 ワークシートのセルの範囲を使用する、最もよく使用するが、する必要はありません。 [できますをもう一度使いやすいようにします。 定数は、配列数式の中でも単独でも使うことができます。 配列数式でかっこ、値の場合、および右かっこを入力します。 定数を使って複数の値を同じ列に入力する 1 つの列に複数の値を入力するには たとえば列 C の 3 つのセル 、次のとおりに操作します。 使うセルをすべて選びます。 セミコロン定数で指定した値をカンマではないと、テキストを入力する場合は二重引用符で囲みます。 定数の例を次に示します。 専門用語では、これを 1 次元垂直定数といいます。 定数を使って複数の値を同じ行に入力する 1 つの行に複数の値をすばやく入力するには たとえばセル F1、G1、H1 、次のとおりに操作します。 使うセルをすべて選びます。 定数は次のようになります。 専門用語では、これを 1 次元水平定数といいます。 定数を使って値を複数の列と行に入力する• 目的のセルをすべて選びます。 選ぶ行と列の数が、定数内の値の数と一致していることをご確認ください。 たとえば、定数を使って 4 列 3 行にデータを書き込む場合は、これと同じ数の列と行を選びます。 等号と定数を入力します。 この場合は、各行内の値をカンマで区切り、各行の末尾にセミコロンを入力します。 次に例を示します。 専門用語では、これを 2 次元定数といいます。 列と行にデータが入力されるからです。 ただし、3 次元定数は作成できません。 つまり、定数を別の定数の中に入れ子にすることはできません。 定数を数式の中で使う 配列定数について理解したので、実際に使ってみましょう。 なぜでしょうか。 必要であれば、両方の値セットを次のように配列定数として入力します。 結果は同じになります。

次の

配列数式(CSEの数式)

配列 数式 エクセル

2013. 20 エクセルの{}が付いている数式はなに 配列数式 こんにちは、の篠原です。 今日は、エクセルの配列式についてです。 (エクセルの{}が付いている数式はなに) エクセルの数式に「{} 中括弧)」が付いている式を見たことはありませんか。 これは「配列数式」といって、縦方向や横方向に同じ数式をまとめて指定する計算式です。 同じ計算式であれば、あとはコピー貼り付けも可能です。 ここで紹介する「配列数式」は、このひと手間を省くことが出来る、数式の機能です。 例:B列とC列にデータがあり、D列にその乗算の結果を計算する「配列数式」を入力して見ましょう。 図1-1 D列のD2~D21を選択します 図2-1 D2が入力できるようになっています。 この時点で、まだ「ENTER」を押してはいけません。 図4-1 「Ctrl」+「Shift」+「ENTER」キーを同時に押します。 ここで、「Ctrl」+「ENTER」を押してしまうと、数式の一括入力になっていまし、数式は、行が変わるごとに数式の行も変わってしまいます。 入力された配列数式を見ると、全て同じ数式になっていることが分かるでしょう 図5-1 「配列数式」が入力されました。 「数式バー」を見てください。 これが「配列数式」です。 「配列数式」を修正する場合は、配列数式として入力した範囲を選択してから、該当する数式を編集します。 変更が終わって数式を確定する場合も「Ctrl」+「Shift」+「ENTER」キーを押して入力を確定します。 図6-1 「ENTER」を押した場合は、「配列の一部を変更できません」とエラーが表示され、入力を確定することが出来ません。 「配列数式」では、こうしてエラーを出して、一連の数式の整合性を保持するように促されます。 一連の数式を使って計算する場合、誤って異なる数式を設定してしまうリスクを排除してくれる機能と考えられますね。 配列数式については、関数の中でも使えますので、別の機会に解説したいと思います。 以上で、「配列数式」については終わりです。

次の

Office TANAKA

配列 数式 エクセル

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに があります。 ワークシートのセルの範囲を使用する、最もよく使用するが、する必要はありません。 [できますをもう一度使いやすいようにします。 定数は、配列数式の中でも単独でも使うことができます。 配列数式でかっこ、値の場合、および右かっこを入力します。 定数を使って複数の値を同じ列に入力する 1 つの列に複数の値を入力するには たとえば列 C の 3 つのセル 、次のとおりに操作します。 使うセルをすべて選びます。 セミコロン定数で指定した値をカンマではないと、テキストを入力する場合は二重引用符で囲みます。 定数の例を次に示します。 専門用語では、これを 1 次元垂直定数といいます。 定数を使って複数の値を同じ行に入力する 1 つの行に複数の値をすばやく入力するには たとえばセル F1、G1、H1 、次のとおりに操作します。 使うセルをすべて選びます。 定数は次のようになります。 専門用語では、これを 1 次元水平定数といいます。 定数を使って値を複数の列と行に入力する• 目的のセルをすべて選びます。 選ぶ行と列の数が、定数内の値の数と一致していることをご確認ください。 たとえば、定数を使って 4 列 3 行にデータを書き込む場合は、これと同じ数の列と行を選びます。 等号と定数を入力します。 この場合は、各行内の値をカンマで区切り、各行の末尾にセミコロンを入力します。 次に例を示します。 専門用語では、これを 2 次元定数といいます。 列と行にデータが入力されるからです。 ただし、3 次元定数は作成できません。 つまり、定数を別の定数の中に入れ子にすることはできません。 定数を数式の中で使う 配列定数について理解したので、実際に使ってみましょう。 なぜでしょうか。 必要であれば、両方の値セットを次のように配列定数として入力します。 結果は同じになります。

次の