60 代 一人暮らし 大切 に したい こと。 28歳、奨学金840万円を返済中だが一人暮らしを始めたい [お金の悩みを解決!マネープランクリニック] All About

[B! blog] 60代一人暮らし 大切にしたいこと

60 代 一人暮らし 大切 に したい こと

西口江利子さんは、今年1月に「なごみの家」にきました。 阪神淡路大震災で自宅が全焼し、その後、長女家族と同居。 孫にとっては、優しいおばあちゃんでした。 認知症や脳梗塞を患い、家での介護は難しくなりました。 しかし、病院や施設での対応に不満があり、末期がんが判明した後、穏やかな最期を送ってほしいと、家族が入居を希望しました。 【長女・浜田節子さん】 「もっと早く出会えていたらもっと回復が…。 タイミングが…入らせていただいただけでよかったかな」 入れ替わりはありますが、暮らしているのは60~90代の6人ほど。 家賃や食事代、そして生活を支える費用などを含め、月に13万円。 24時間、看護師か介護士がいて、住人は、介護保険や医療保険を使って、サービスを受けます。 在宅医療のクリニックを開いている新城拓也医師がやってきました。 かつて新城医師は、病院の緩和ケア病棟で働いていました。 しかし、事故やトラブルが起こらないよう、管理を強めていく病院の姿勢に疑問を感じ、辞めました。 いまは「なごみの家」に協力しています。 【新城医師】 「全然無機質じゃない、色が多くて。 置いてあるものも多いでしょ。 病室は真っ白だもん。 ああいうのは管理されて清潔で綺麗だけど、そういう所にいると、心が暗くなるから、自分で慰めないといけなくなるけど、そんなことは、本当はしなくていいことだってわかるよね」 「お母さんにとって一番気持ちいいのは、風と香り。 (以前)一日中、病院にいたけど、風も香りも何もないから、どんなに人が優しく接しても無理…」 長い間、容態が安定していた西口さん、7月下旬になり、危篤状態に陥りました。 一進一退を繰り返し、一週間後に旅立ちました。 【松本京子さん】 「西口さん、頑張りましたね、きれいな顔、やつれたりしていない。 ご家族も大変だったね。 よくやってくださいました」 【長女・浜田さん】 「ここに出会えてよかった。 病院だったらこんな事、してもらえない。 本当に良くしてもらって、喜んでいると思います」 どんなふうに、最期まで生きて、人生をしめくくるのか…。 本人や家族が、自ら選ぶ時代になりつつあるのかもしれません。 ktv. ぜひご覧ください。

次の

「58歳から日々を大切に小さく暮らす」ショコラさんの本が売れる理由

60 代 一人暮らし 大切 に したい こと

住宅ローンを返済しつつ、趣味を楽しみながら貯金を増やしたいと思い相談させていただきました。 地方出身の私、様々なストレスから背中に帯状疱疹ができて寝るのもやっと。 当時派遣先とも上手く行っていなかったので、両親を頼り2003年関東へ越してきました。 派遣先に自宅近くの企業を紹介していただき、子会社の正社員として採用され、親会社に吸収されて現在に至ります。 引っ越し当時は妹と両親で2Kに4人住まい。 ふすま隔てた部屋、酒癖の悪い父と口論となり、半年後一人暮らしを開始。 家賃補助の支給開始が2010年頃でしたが、更新料と保証会社更新料がネックと感じ、親会社の吸収が早い段階で分かっていたので、住宅購入に踏み切りました。 完済60歳を目標としています。 アドバイスいただけると嬉しいです。 悩みは、親会社吸収時に勤続年数は引継ぎましたが、確定拠出型年金は数年前からの加入ですので、60歳定年で時間がないため、老後の資金が不足しているのではないのか?再雇用を利用して65歳まで働きたいです。 趣味が5年前に出会った一眼レフ。 いろんな方と交流が増えて旅行する仲間もできたことで、楽しく過ごすモチベーションとなっていますが……。 高額なカメラとレンズ、金利ゼロで分割払いなので完済して、貯蓄して、繰上げ返済に回した方がいいのか? ローン減税分を当てにせずに、100万円単位で繰り上げ返済に回すのがいいのか悩んでいます。 現在の貯金は、ボーナス全額使わず貯金。 満期祝い金の保険積立・子会社の退職金・持株一時解約金などで貯蓄。 財布にあると思うとダメなタイプなので、先取り方式で貯蓄してきました。 もう一つの悩みは、母と妹。 父が数年前、がんで他界。 母は64歳(年金・企業年金・遺族年金受給:約8万円。 2002年破産したため貯金なし)。 妹2名。 1人は結婚しており1人は母と同居中、熱中症にかかり、職場で倒れてから働くことが恐怖となり、引きこもり中。 仕事経験も少ないため、年金はほぼ支払いができていない状況。 貯金100万円。 ただ、家賃更新・通院代に使用している可能性があり、正確な金額は不明。 母の破産の理由は、会社員として働いていた父が独立した事で多重債務に陥ったため。 残っていた私と叔母で、司法書士を介して自己破産(実家もその際、処分)。 賃貸のため、公営の住宅に申し込んでいますが、当選する場所がバスも通らない不便な場所ばかり。 少々足が不自由な母には居住が難しいため断っているので、今後の当選が難しいかも。 生活保護の相談もしたが、できないと断られたそうです。 物件を探している当初は3人で住むことも考えましたが、様々なストレスが溜まり帯状疱疹が再発するのではと不安に。 薄情かもしれませんが、母が元気なうちは2人で頑張ってもらい、ダメ元で生活保護を受けてもらって、妹が自立できる環境にしたいと考えています。 最後は人生相談っぽくなってしまいましたが、いいアドバイスいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 2 加入保険について 合計2万8000円 1. 10年確定年金保険(基本年金額56万3000円) =毎月の保険料1万5000円 2. 医療総合保険・終身払い =毎月の保険料1万1000円 3. 医療保険=毎月の保険料2000円 3 年金について 18歳より社会保険加入。 数年間、国民年金保険加入。 未払い期間1カ月分あり(追加支払不可)。 ねんきんネットの試算: 月額14万5000円 4 退職金の有無について 退職祝いとして支給はあるが、金額は不明。 確定拠出年金:現在の資産25万2000円 現在の運用で試算:225万円 5 家族について 現在、母の年金で生計を立てており、私への支援依頼はない。 父の葬儀後、家族会議を開き、家族間・消費者金融での借金NG、お金の支援なしとしています。 当面の目標は60歳までに住宅ローンを完済したいということですね。 これは問題ありません。 現在の家計収支のままだとして、毎月の貯蓄額は1万6000円。 このうち2000円は火災保険や住宅保険の支払いのための積み立てなので、除外すると毎月1万4000円。 年間で16万8000円です。 これにボーナスの90万円も貯蓄されていますので、年間で106万8000円の貯蓄ができています。 ぽちさんが60歳になるまでの14年間で約1495万円、これに今ある683万円を加えると2178万円になります。 60歳時点での住宅ローンの残りは、おそらく900万円程度。 60歳時点で一括繰り上げ返済しても、1278万円が残ります。 60歳以降については、アドバイス2で説明しますが、金銭的な問題はありませんので、住宅ローンの繰り上げ返済については、60歳で一括繰り上げ返済でもいいですし、100万円ずつ定期的に繰り上げ返済していってもいいと思います。 ただし、常時、貯蓄が500万円は残るよう計画的に行ってください。 住宅ローン控除の適用期間があと7年ありますが、ローン控除にとらわれることなく、できるときに繰り上げ返済をしていくほうが、ぽちさんの精神的な安定につながると思います。 老後の金銭的な心配がないとしたら、現時点で、家計の見直しをして、支出を整理しておいてもいいのではないでしょうか。 たとえば、カメラの分割払いについては、金利ゼロではありますが、一括で返済してしまい、少額の借金は精算してしまいましょう。 通信費については、見直し予定はないようですが、1人分の通信費としては、やや高いということは心にとどめておいてください。 保険については、医療保険の見直しを検討中とのこと。 ぜひ実行してください。 貯蓄もありますので、過剰に保険に頼る必要はありません。 入院日額5000円で掛け捨ての保険で十分です。 おそらく保険料は半分以下になると思います。 気がかりなのは食費です。 いくら一人暮らしとはいえ、月1万円というのは驚きです。 浮いた保険料分は食費に回し、健康維持のために食生活は大切に考えてほしいと思います。 アドバイス2 60歳以降の支出は減るので、公的年金のみでも大丈夫 60歳以降についても、金銭的に困ることはありません。 先に説明したように、60歳時点で一括繰り上げ返済しても、1278万円が残ります。 60歳から10年確定年金が受け取れますから、563万円が老後資金として上乗せでき、さらに確定拠出年金もあります。 65歳までは再雇用で働くということですから、公的年金の受給開始65歳までは、貯蓄を取り崩さなくていい収入が得られれば、問題なく老後を過ごすことができるでしょう。 60歳時点で、住宅ローンの返済がなくなり、趣味娯楽費も今より少なく、保険料も減っています。 おそらく生活費は10万円程度で収まるのではないでしょうか。 65歳からの公的年金も、現時点での見込みで14万5000円ということですから、貯蓄を取り崩すこともないでしょう。 ご家族のことや勤務先のことで、悩まれたり、不安に思うこともあったようですが、自分の生活をしっかり整え、貯蓄のベースを作られてきたからこそ、この先の安心があります。 よく頑張ってこられました。 このペースを維持していけば、何も心配することはありませんよ。 貯蓄も先取りで、金利のいいところをこまめにチェックされているようなので、それで問題ありません。 つみたてNISAはお休み中とのこと。 無理に継続することはありません。 確定拠出年金は個人型であれば、掛金を増やすことも考えられますが、繰り上げ返済を優先するなら、今の掛け金のままでもいいでしょう。 アドバイス3 お母さまと妹さんへの支援は、もう1人の妹さんと相談を 最後に、お母さまと妹さんのことですが、ご家族にしかわからないこともあります。 FPとしてアドバイスできることには限りがありますので、参考程度に読んでいただければと思います。 まず、生活保護については、難しいかもしれません。 同居していなくても、親子、兄弟姉妹には生活扶助義務があります。 ぽちさんは理不尽に思われるかもしれませんが、生活保護を受ける前に、生活扶助義務者が支援すべき、ということが前提にあります。 できるところまでは、2人で生活してもらう、という考えでいいとは思いますが、もしも、少しだけでも支援することで、妹さんが立ち直るきっかけになるかもしれません。 何よりも2人の健康を維持するために、考えてあげてみてはいかがでしょうか。 ただし、ひとりですべてを背負うことはありませんし、ぽちさんに経時的に依存することになるのは元の木阿弥、絶対に避けてください。 もう1人の妹さんともよく相談されてみてください。 たとえば、ぽちさんが月2万円、もう1人の妹さんが月1万円。 計3万円を援助できれば、お母さまの年金8万円と合わせて月11万円。 2人の生活費としては厳しいかもしれませんが、妹さんが少しでも前に進むためには、最低限の生活費以外にプラスアルファのお金も必要です。 ぽちさんにとっても、精神的に落ち着けるのではないでしょうか? このままでは、お母さまと妹さんの問題は解決しません。 この先もずっと悩んだり、不安に感じてしまうかもしれません。 金銭的に妥協できる範囲で援助することで、あとは、お母さまと妹さんが解決すべき、と割り切り、距離を置くことができるかもしれません。 いずれにしても、地域のサポートを受けるためにも、一度、ご家族で話し合われたほうがいいでしょう。 相談者「ぽち」さんから寄せられた感想 住宅購入後、しばらくは、失敗したかな?と思うこともありましたが、月日が経つにつれて安心して過ごせるようになってました。 それでも時折ローン完済や老後資金には不安に感じていたので、相談して良かったです。 結婚した妹の家計も厳しいので、まずは趣味のカメラの少額負債を完済して、ローン組み替え後をメドに私に依存しない形で母を応援したいと思います。 マネープラン以外の家族の悩みまで、心温まるアドバイスをいただけて気持ちを新たに1歩前進できそうです。 丁寧なアドバイス、本当にありがとうございました。 教えてくれたのは…… 深野 康彦さん.

次の

60代からの断捨離は今までとちょっと違う!収納場所に入るものを最小限にする理由

60 代 一人暮らし 大切 に したい こと

多くの奨学金のおかげで希望の職業に就くことができたので、忙しくても何とか乗り越え毎月感謝しながら返済しています。 コツコツと返済していく覚悟はしていたのですが、最近将来的に家庭を持ちたい、勤務が不規則なため実家を出て賃貸暮らしをしたいと思うようになり、奨学金の繰り上げ返済を検討しています。 今回ご相談させていただきたいことは繰り上げ返済についてです。 ・どのくらいの貯蓄があればどの程度繰り上げ返済が可能かどうか ・やはり有利子の奨学金から繰り上げ返済するべきかどうか ・一時的に繰り上げ返済できたとしても返済は続くので今後の生活が不安であること(実家を出たとしても両親のために月5万の仕送りは続けたいです) そもそも額が多いので、多少の繰り上げならもっと貯蓄を増やしてからの方が良いのかなど迷っています。 アドバイスいただければ幸いです。 宜しくお願い致します。 しかし、購入費、維持費等を考えると、クルマ通勤には可能な限りしたくないとのこと。 (4)一人暮らしについて 想定される家賃は、治安、通勤の利便性を考えると共益費込みで、少なくとも月7万円はかかる。 (5)結婚について 付き合っている男性あり。 同い年。 結婚する場合、30代になってから。 (6)一人暮らし後も親へ仕送りをする理由 相談者コメント「実家に貯蓄はなく、家のローンがおそらく残っています。 母の現在の年金受給は少額で、地方で一人暮らしをしている私の兄弟からも仕送りを受けています。 私たちは奨学金返済がありますので、父の年金受給が始まり、生活が安定すればともに仕送りはしない予定です。 ただし、奨学金の繰上返済は住宅ローンとは違い、一般には期間短縮型のみなので、完済しなければ毎月の返済額は変わりません。 ちわさんの場合、現在の家計収支では十分に貯蓄体質ですが、近いうちに一人暮らしを希望されている。 そうなると、大きく貯蓄ペースが落ちるため、毎月の奨学金返済が今以上に家計負担となります。 一方、現時点でまとまった貯蓄はありますが、結婚などライフイベントも控えていることを考慮すれば、手元にある程度資金は残しておきたい。 そう考えると、借りている奨学金が3種類ありますから、そのうち、もっとも完済がしやすいものから繰上返済をしていく方が合理的だと思います。 アドバイス2 一人暮らしを始める時期に応じた返済を 繰上返済のタイミングですが、手持ち資金300万円の維持をひとつの目安にしてはどうでしょう。 つまり、それを超える分は繰上返済に回すという考え方です。 その間、貯蓄は増えませんが、絶えずまとまった資金は確保されていることになります。 現在のそれぞれの奨学金の残高ですが、高校の分が70万円、大学の無利子が200万円、有利子が480万円くらいでしょうか。 したがって、高校での奨学金は今すぐ完済できます。 それでもまだ手持資金は400万円残ります。 ひとつ完済したという意味で、精神的な重荷も軽減されるのではないでしょうか。 その後は、一人暮らしを始める時期によって返済プランも変わってきます。 一人暮らしが来年であれば、1年間は今の貯蓄ペースが維持できます。 高校の奨学金返済がなくなりましたから、それも貯蓄に回し、毎月の貯蓄額は7万8000円に。 これにボーナスから60万円の貯蓄が可能とすれば、それも加算して年間154万円。 1年後には貯蓄が554万円になりますので、その時点で、大学の無利子の分を完済できます。 これで、奨学金返済は月2万円強と今の半分になり、一人暮らしでの家計のやりくりが多少なりともラクになるはずです。 あるいは、一人暮らしの時期が2年以上先であれば、2年間で300万円貯蓄を上積みできますから、先に有利子分を返済する方が、繰上返済としては効果的と言えるでしょう。 では、もしも、すぐにでも一人暮らし始めるとしたらどうでしょう。 家計収支はほぼトントンとすれば、貯蓄はボーナスから。 それが年間60万円は可能とすると、2年間で120万円。 この時点で大学の無利子の分を完済する。 あるいは3年後180万円にして、そのときは有利子の残高も300万円程度に減っていますので、そちらを完済してもいいと思います。 その際、軽減できる支払利息は20万円前後となるはずです。 まず、ご両親への仕送りですが、「父の年金受給が始まり、生活が安定すれば仕送りはしない予定」とのことですが、一方で「実家を出たとしても両親のために月5万の仕送りは続けたい」と言われている点。 お父さんが65歳になる来年、公的年金(老齢厚生年金と老齢基礎年金)の受給が始まります(ただし、年齢的にすでに特別支給の老齢厚生年金は受給しているはず)。 そうなると、例えば、ちわさんがすぐに一人暮らしを始めたら、少なくとも1年は月5万円の仕送りを続けることになります。 しかし、その結果、おそらく家計収支は毎月赤字となるでしょう。 奨学金返済をしながら一人暮らしをする。 その目標そのものが、きびしいものになってしまいます。 さらに言えば、お父さんが年金を受給しても生活が安定しないなら、65歳以降も仕送りを続けることになるのでしょうか。 ちわさんのマネープランにおいては、それが望ましいとは言えません。 親を思う気持ちはもちろん理解できます。 仕送りを実際に行うことは大変立派です。 ただし、資金は有限です。 その優先順位を考える際、親よりも自分が、結婚されれば自分の家族が、少なくとも資金面では優先されるべきだからです。 つまり、年金が出るまでの仕送りは月2万円程度として、自身の貯蓄ペースを上げることが、ライフプランにとっては重要ということです。 また、確認しづらいとのことですが、ご両親がどれだけ年金を受け取り、生活費はどのくらい必要なのか。 ご兄弟と一緒に確認しておく。 その上で、生活がままならない限り、親は親の資金で生活をしてもらう。 つまり、「仕送りは65歳になるまで」と、その期限をしっかり線引きをしておくことが大切です。 仕送りの他に気になるのが、ちわさんの健康面です。 健康を害しては、奨学金返済も含めた、今後のマネープランが大きく崩れます。 健康管理はしっかりと行ってください。 とくに精神面。 頑張ることも大切ですが、返済にしろ、貯蓄にしろ、継続することがポイントです。 そのためには定期的な息抜き、生活のメリハリは欠かせません。 節約一辺倒ではなく、ときにそのために支出をする。 それもまた有意義なお金の使い方なのです。 最後に、保険料が月400円の保険の中身が不明ですが、今後一人暮らしを始めるなら、最小限の医療保障は確保しておいた方がいいでしょう。 入院日額5000円、終身保障終身払いのシンプルな内容で構いません。 共済でも単体の医療保険でもいいと思います。 相談者「ちわ」さんから寄せられた感想 今まで有利子分の月々の返済額ばかり考えて、全て完済できるのはまだまだ先のことと悩んでいました。 今回、すぐに完済できる部分、今後の状況に応じて返済する点を具体的に示していただいて、最低限の貯蓄を残しながらでも完済までの期間を短縮する希望がもてました。 仕送りについても、続けるのではなく明確に区切るという考えをもつことができました。 また、体調面についてもお気遣いのアドバイスをいただき感謝申し上げます。 アドバイスを生かし、メリハリのある生活を心がけます。 ありがとうございました。 教えてくれたのは…… 深野 康彦さん.

次の