こはく 映画。 映画『こはく』 公式サイト

映画『こはく』あらすじネタバレと感想。キャストの演技に横尾初喜監督の半自伝的ストーリーが温かく滲み出ている

こはく 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 長崎県に住む35歳の広永亮太(井浦新)は、幼いころに別れてほとんど覚えていない父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、経営を立て直しつつある。 その一方、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子と会うことができずにいた。 現在の妻・友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、妻から妊娠を告げられると、父親になることへの一抹の不安を覚える。 また、定職に就かずに母・元子(木内みどり)と暮らす、虚言癖のある兄・章一(大橋彰)の存在も悩みの種だった。 そんな折、章一が街で父を見かけたと言い出す。 いつになく真剣な面持ちで父への恨みを口にする兄の姿に、亮太は衝撃を受ける。 亮太は兄に付き合って父を捜し始め、自分たちと別れた後の父の人生に思いを巡らせる。 忘れかけていた子供時代のことを思い出し、母が垣間見せた孤独な姿が蘇る。 母は今でも父のことを話すことを嫌がり、その理由も語ろうとしない。 そんな母に内緒で父を捜す二人は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の住所を手に入れる。 しかし、その住所を訪ねると、女性はすでに引っ越していた。 そもそも兄が父を見たというのは本当なのかと亮太は疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れる。 母は病床で、「お父さんは優しかったとよ」と初めて語る。 友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後、母はこの世を去る。 葬儀の日、亮太と章一は、父に関する有力な情報を得る……。

次の

映画「こはく」ロケ地モデルコース|モデルコース|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

こはく 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 長崎県に住む35歳の広永亮太(井浦新)は、幼いころに別れてほとんど覚えていない父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、経営を立て直しつつある。 その一方、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子と会うことができずにいた。 現在の妻・友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、妻から妊娠を告げられると、父親になることへの一抹の不安を覚える。 また、定職に就かずに母・元子(木内みどり)と暮らす、虚言癖のある兄・章一(大橋彰)の存在も悩みの種だった。 そんな折、章一が街で父を見かけたと言い出す。 いつになく真剣な面持ちで父への恨みを口にする兄の姿に、亮太は衝撃を受ける。 亮太は兄に付き合って父を捜し始め、自分たちと別れた後の父の人生に思いを巡らせる。 忘れかけていた子供時代のことを思い出し、母が垣間見せた孤独な姿が蘇る。 母は今でも父のことを話すことを嫌がり、その理由も語ろうとしない。 そんな母に内緒で父を捜す二人は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の住所を手に入れる。 しかし、その住所を訪ねると、女性はすでに引っ越していた。 そもそも兄が父を見たというのは本当なのかと亮太は疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れる。 母は病床で、「お父さんは優しかったとよ」と初めて語る。 友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後、母はこの世を去る。 葬儀の日、亮太と章一は、父に関する有力な情報を得る……。

次の

こはく (映画)

こはく 映画

長崎県に暮らす亮太は、幼いころに別れた父が営んでいたガラス細工の工場を受け継ぎ、なんとか毎日を送っていた。 しかし、亮太自身も父と同じように離婚を経験し、子どもたちと会うことがかなわずにいた。 ある日、亮太は定職に就くことなくブラブラした生活を送る兄の章一から、町で偶然父の姿を見かけたと告げられる。 しかし、虚言癖がある兄の言葉を亮太はにわかに信じることができなかった。 そんな折に現在の妻である友里恵から「お父さんになる自信、ある?」と妊娠を告げられた亮太は、自分が父のいない過去を引きずったまま生きていることに気づかされる。 井浦が弟・亮太役、大橋が兄・章一役をそれぞれ演じる。 「ゆらり」の横尾初喜監督が手がけ、横尾監督の幼少期の実体験をベースに「きらきら眼鏡」の守口悠介が脚本を執筆した。 2019年製作/104分/G/日本 配給:S・D・P スタッフ・キャスト 一緒だと思っていたセピア色と琥珀色。 亮太(井浦新)の思い出はセピア色だった気もするのですが、琥珀色とはもっと明るく黄色やオレンジ色が強いらしい。 彼の父親像は5歳の頃に両親が離婚し、正確な顔を思い出せないでいて、思い出のシーンでは常に自分の顔になっているのです。 なんだか、ただ父親とそっくりなのだと感じてました。 「捨てられた」とずっと思い込んでいた亮太。 父親探しに熱心だったのは兄の章一(大橋彰)のほうだった。 怪しい情報ばかりで、たまに嘘を交えてしまう章一。 母親と一緒に住み、定職にも就かずブラブラしていた兄。 しかも偽情報によって余計なエピソードもいっぱい。 嶋田久作って、何か意味があったのだろうか?それにしても鶴見辰吾と鶴田真由のツルツルコンビってトレンディドラマ全盛の頃に共演していた気もするけど、何も見つかりませんでした。 『日日是好日』だけなのかな・・・ 最後は思いっきり泣かされました。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の