天気 の 子 サントラ。 新海誠監督『天気の子』サントラ本日発売。RADWINPSによる主題歌/BGM収録、ハイレゾ配信も

RADWIMPS、デジタルシングル1位、2位独占 映画『天気の子』サントラも1位【オリコンランキング】

天気 の 子 サントラ

2019年7月19日 金 より全国公開される新海誠監督の映画『天気の子』のサウンドトラックでもある、RADWIMPSのアルバム。 『君の名は。 』に続く、新海監督とRADWIMPSとの再タッグとなる今作では、新たな試みとして、気鋭の女性ボーカルを起用。 「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」というRADWIMPS野田洋次郎の発案の元、1年ほどにも及ぶ期間をかけて、この映画の世界観を表現できる女性ボーカルを選定するオーディションの結果、若手実力派として高い評価を得ている女優の三浦透子 みうら とうこ が選ばれた。 新海監督とRADWIMPSは前作と同様に脚本段階から密にミーティングを重ね、前作以上に緻密で妥協のない作業が繰り返された。 映画の大切なシーンでRADWIMPSが書き下ろした主題歌5曲、劇中音楽が使用され、主人公・帆高とヒロイン・陽菜2人の心情を表現するかのように、RADWIMPSのメロディー、野田洋次郎と三浦透子の歌声が、美しく繊細に描かれた新海ワールドに彩りを添える。 2019年7月19日 金 より全国公開される新海誠監督の新作『天気の子』のサウンドトラックでもある、RADWIMPSの最新作。 映画『天気の子』予報 予告篇 映像で使用されている「愛にできることはまだあるかい」を含む、主題歌となるボーカル楽曲と、劇伴を収録。 『君の名は。 』に続く、新海監督とRADWIMPSとの再タッグとなる今作では、新たな試みとして、気鋭の女性ボーカルを起用。 <僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい>というRADWIMPS野田洋次郎の発案の元、1年ほどにも及ぶ期間をかけて、この映画の世界観を表現できる女性ボーカルを選定するオーディションの結果、若手実力派として高い評価を得ている女優の三浦透子 みうら とうこ が選ばれた。

次の

天気の子 (アルバム)

天気 の 子 サントラ

のアルバム『天気の子』が、週間3. 週間ポイントの内訳は、CDアルバム:2. 4万PT、デジタルアルバム:1. 4万PT。 本作は、同週付CDアルバムランキングで先週の初登場3位から2位に上昇。 また同週付デジタルアルバムランキングでは2週連続の1位を獲得し、CD、デジタル共に好調。 このCDアルバムとデジタルアルバム両方での売上が大きく反映され、登場2週目にして合算アルバム1位となった。 現在公開中の監督最新作『天気の子』のサウンドトラックとなる本作には、「愛にできることはまだあるかい」、「グランドエスケープ Movie edit feat. 三浦透子」などの書き下ろし主題歌5曲と、劇伴26曲の全31曲が収録されている。 現在、全国ツアー『ANTI ANTI GENERATION TOUR2019』を開催中。 8月29日の横浜アリーナ公演まで、全国11ヶ所全20公演が行われる。

次の

『天気の子』の深すぎる「10」の盲点

天気 の 子 サントラ

事実、新海誠監督は『天気の子』の小説版のあとがきにて、映画というメディアにおける(小説とは異なる)表現方法について、こう記しています。 「映画の台詞は基本的に短ければ短いほど優れている(と僕は思ってる)。 それは単なる文章ではなく、映像の表情と色、声の感情とリズム、さらには効果音と音楽等々の膨大な情報が上乗せされて完成形となるからだ」と。 だからこそ、『天気の子』は1つ1つのシーンそれぞれに「これはこういうことなんだろう」と深読みができる、登場人物のそれぞれの気持ちを考えてみるとさらなる感動がある、重層的な物語構造も持った豊かな作品になったのでしょう。 なお、項目2. 参考としつつ、観た方がそれぞれの解釈を見つけていただけたら幸いです。 例えば、序盤の彼は頰と鼻にバンソウコウを貼っていて、漫画喫茶で過ごしていくうちに剥がしています。 実は、小説版では帆高が「親父に殴られた」という記述があるのです。 映画でのバンソウコウは、その殴られた時の傷を治すためのものだったのでしょう。 そんな帆高は、後に反社会的な行動を繰り返してしまいます。 しかしながら、彼は序盤でお酒を並べられ乾杯を促されても「未成年だから」とジュースを自ら選び取っていて、終盤でもバイクで二人乗りをする時にヘルメットを(あごひもは忘れていますが)ちゃんと被っています。 須賀にはご飯を奢って恩を返していますし、後にアメと名付ける迷子の猫にも栄養機能食品をあげています。 彼は客観的に見れば正しくない、はっきり犯罪と言える行動をしているようで、根っこでは最低限の社会性もあったのでしょう。 その過去を明確に描かなかったことも、観客それぞれの経験や過去を彼に投影しやすくなりという点でもプラスであったと、肯定したいです。 具体的には、彼は冨美という老婦人の家に訪れたとき、肩たたきや肩もみをしてあげているんですよね。 しかも、姉の陽菜が母を亡くしてからずっとバイトをしている理由について「きっと俺のためなんだ。 俺、まだガキだからさ」と、姉が自分のことを大切にしているということを、子供であることも自覚しつつ言葉にしているのですから。 また、凪は終盤に「カナ、こちらアヤネさん。 アヤネ、こちらカナちゃん。 こちら、婦警の佐々木さん」と丁寧にその場にいる人を紹介しています(このカナとアヤネという女の子の名前は演じている人気声優の花澤香菜と佐倉綾音から取られており、それぞれの名前と苗字が入れ替わっています)。 実は、序盤では姉の陽菜も同様に「帆高、この子、弟の凪。 この人、帆高。 私のビジネスパートナー!」と丁寧に紹介しているんですよね。 凪はお姉ちゃんの行動から素直に学び取っている、お姉ちゃんっ子であることもわかるのです。 で後述します)。 鑑賞後にお読みください。

次の