アリス イン ニューヨーク。 Alice in N.Yの解釈?というかストーリーみたいなのを教えてく...

ミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」|ABC 朝日放送テレビ

アリス イン ニューヨーク

惨めな姿で転げ落ち、ウサギ モデル、またはデザイナー の巣窟のその先で白ウサギ ミク は少年に手を伸ばし嗤って言う 「・・・Chase me, Fashionista」 次のアリスは誰? N. ファッション業界の一大イベント『Alice. 芋虫 KAITO のナイスな後押しで胸に抱き締めていた安いスケッチブックの中味をぶちまける。 女王はそのたくさんあるデザインに満足してOKサイン その後、白ウサギに憧れてワンピースやリップを塗って町中へ出てみたら最近あった芋虫にモデルスカウトされる。 帽子屋がくぽ姐の元で採用され、気がつけば人気モデルの仲間入り。 リン レン の人気に不服なMAYUはリンのチラシをグシャグシャにして、悲しんでいるミクを励ます。 ミクはニヤリ。 レンは元の自分に戻ってひたすらアリスに向けてデザイン案を描く。 過去への思念とミクの言葉を思い浮かべながら、アリスステージまであと少し。 ある時はMEIKOの元でデザインし、ある時は少女として帽子屋の元でモデルの生活をする。 全ては白ウサギを捕まえる為。 喜ぶレン。 そして帽子屋のアリス衣装も完成御披露目。 リン レン はそれを自分が着て歩く姿を想像して苦笑い。 そこにトカゲの黒い影。 本番まで当日。 控え室で帽子屋の仲間達と準備と和やかに談笑している間にリンの衣装をトカゲに奪われる。 気付いた時には遅く、白ウサギがリン 帽子屋 の衣装を着てアリスステージに上がる。 その白ウサギに悲鳴をあげるがくぽ姐。 リン レン は焦る。 ついに着て貰う事が果たせなかった自分が考えたアリス衣装を白ウサギに着て貰えなかった事と、仮の姿・・モデルとして頑張ってきたのは更に近づきたかったから。 其れが潰え、 させない!!!! 一方、トカゲは壁の隅で怪しげに、 その後ろにはチャシャネコの妖しい笑み。 最後にアリスステージに踊り出た少女に皆が驚き驚愕。 そこには自信たっぷりの顔で嗤う、新しい個性に誰もが見惚れしまう異次元 世界。 帽子屋はそのデザインに圧倒され感激する。 白いウサギはステージの床にヘタリこみ真っ白い顔で蒼白。 顔は涙で溢れていた。 そこで差し出されるハンカチ。 それは、アリスステージで一番に輝いた人物「アリス」のリン。 少女は嗤う。 笑うと自分の正体を明かしてー・・ 今年の「アリス」は誰? 2019・4・5 動画を見てすぐ 視聴2. 見事惨めに敗退。 そんな絶望の最中、唯一レン君に手を差し伸べてきた人物は白ウサギのミクちゃん。 どんな状況かわからないけど何かの希望をもらって、今では人気絶頂のミクちゃんに日々憧れそしていつかは自分がデザインした衣装をミクちゃんに着てもらえる夢を抱いて安いスケッチブックを片手にNYまで追いかける。 復讐は果たされた。 ずっと何かの理由でNYのファッションモデルの頂点に立っていたミクちゃんは絶望する。 優勝は結局ミクちゃんに決まってしまい、その後はちゃっかりイモい少年に戻る。 アリスリンはその業界に足跡をのこさず伝説となりやがては風の人になる。 7~から 2019. 転げ落ちたウサギの巣穴のその先で白ウサギが嗤って言ったーー・・ 『 』 次のアリスは誰? N. ファッション 業界の一大イベント「Alice in N. とあるファッション業界の競争、サバイバルゲームに負けて自信を消失。 ドレスアップ、メイクアップ、セックスアップ。 pose1、pose2。 よくある危ない道かもしれないが近道をあえて選び、ファッション界の扉を開く。 ファッションブランド業界のボスとも呼べる女王 代表取締役社長 は美味しくない、不味いものを絶対に好まない。 ここがスタートラインなら悩んでないでぶつかれ!広告代理店代表取締役の鋭い目が見た目冴えない少年の背中を叩き舞い上がるもの。 自分が積み上げてきた大事な作品の花を床に天井に枚散らせ自分もまた激しい衝撃に耐えきれず落下。 今の自分の象徴である眼鏡と見覚えのない誰かの足元の天井から称賛の声。 ファッション業界で殴り合うサバイバルゲームをしよう。 過去への悔しさをバネに、謙虚も普通もなし!好きを好きなだけやっちゃって? さあ、開拓者よ。 白ウサギに憧れて自信なく微笑む。 そこに写るはビル町中のショーウィンドウには鏡に写った影。 イモく冴えない少女の姿だ。 そこへ偶然か必然か止まったロールスロイス。 でモデル採用。 驚き戸惑いつつも連行されるその場所は-・・ 『Mad Fashonista』のお茶会ではいつでも変わったファッションショーを催しされる。 いかれ帽子冠った一流ファッションデザイナーの彼は今日もマーチヘアスタイル。 そこで話し合う人気フォトグラファーの彼女は「ねぇ、トレンディ・コメディー・スタイルはどう?」 「いやいやいや、ロスト・モダンでいきましょう!」お姉さ・・じゃなかった彼は反論する。 そこへ眠りながら会話に割って入ったファッション雑誌敏腕ライターの彼女は大あくびをしながら「とてもBigなインスパイアはまだ~?」 寄り道は往々にして上々? お姉さ・!じゃない、一流ファッションデザイナーのマーチヘアスタイルをした彼は普通の感性や安全なものは好まない許さない。 ここがターニングポイント?ならプライドも羞恥心も脱ぎさって新しい自分で飛び込め!! 迷いこんだかつては冴えない少女Aliceはモード時代のメシア 救世主 ?個性同士がぶつかり合うサバイバルゲームをしましょう。 突如として表れたファッション界を騒がせる新生。 「アリス」候補であるファッション業界のメシアAliceにモデルの彼女達は全員が揃って騒ぎ倦む。 Girls,Be Historia!! トカゲのビルは悔しがり、白いウサギは悲しみます。 二人は同じように・・のファッションモデル。 互いに支え励まし合う事も暫しある中二人の心情には其々の歴史を抱えている。 年に1度の一大イベントの日まで、あと間近。 各々個性の光が違う二人はアリスの勝敗は譲れないものを抱えていた。 そんな1人、暗闇の影に隠れて涙を溢していた白いウサギは嗤う、まるであの時のようにーーー・・・ 一方。 デザイナーを目指している少年は真っ白なスケッチブックに思いつく限りの案を一真に考えては描き殴り、それでも全て納得のいくものとはいかず無残にも時間は過ぎていく。 Alice in N. その夜、スケッチブックにデザインを描き綴るがまだまだ納得のいくものにはならない。 悩み悩んで試行錯誤した結果、新人少年デザイナーは彼女の為に仕上げたデザイン衣装に幸せの笑みを浮かべる。 あとは着てもらー・・。 変なタイミングで帽子屋から連絡を貰ってしまい マーチヘアスタイルのお姉さ・・ いや、彼は「アリス」ステージで披露するファッションデザインがやっと今完成させた事の報告と、そのモデルである少女Aliceと皆で打ち合わせは口実で何度目かの騒がしいお茶会を始めるのであった。 内心、 複雑な心境の少女Alice。 そんな色々な問題に頭をぐるぐるさせていると突然名前を呼ばれ我に帰る。 一流デザイナーの帽子屋の隣で大はしゃぎな三月ウサギのグミと眠りネズミのイアは少女 レン を挟んで止まらない弾丸妄想トークを永遠リピート その楽しいお茶会の談笑に混じって忍び寄る黒い影。 そしてついに当日本番 「Alice in N. 」!! アリスステージの控え室では本番前にぷち予行練習をリン レン と帽子屋チームは出番がくるまで何度目かの打ち合わせをしている。 ねえ、ここがファイルステージならなんやかんやさらけ出して誠心誠意ぶっ飛ばせ。 鏡のAliceリン レン は自分が着るはずだった帽子屋のアリス衣装が突然消えさった事に蒼白する。 「Alice in N. かつて過去の自分のように惨めで悲惨な道を辿っー・・ そんな事はさせない! いま自分は何の衣装もない裸のアリスだ。 頭にアイディアとフル回転。 白ウサギのtail 追うtale 描いて。 帽子屋の異変と極一部の関係者達から悪意と失望の目が一斉に白いウサギに向けられる。 白いウサギは何の事かも分からず、ただ同じモデルでもあり相談役でもあり友人役でもあるトカゲのMAYUの姿を見つけてー・・! それはそれは初めて魅せた邪悪な笑顔ー・・?? 白いウサギは今の自分の状況に震えペタりと床に膝まずく だが、 アリスステージはまだ終わってはいない。 白ウサギの無実と名誉と潔白を守る為にまだ、 まだフォローするチャンスがある!!! ModestyなんてNO. NO !! 「好き」を「好きなだけ」やっちゃえば?「Normalか?」なんてくだらない そうだった。 ここ「Alice in N. 過去の隅々までファインダーに焼き付けたもの 憧れ経験努力 を身に付けてさあ、嗤え 堂々と!!!! Girls. Be Historia!! 自分は今だけ主役「アリス」になれ。 鏡合わせAliceはモード時代の後継。 彼女の後を追いかけ今だけアリスとして取って代わる。 誰かの 陰謀 復讐ゲームを制する!!! 誰もが憧れる夢の舞台、アリスステージから 出場停止 引きずり落とされる! ー・・はずだった白ウサギは目を疑った。 この世界が どういう場所であるかは充分分かっていた。 大勢の前で陥れられる事はけして珍しい事ではない。 そう覚悟を決めようと、したその時だった。 その、タイミングに誰も白いウサギを咎めない。 いつの間にか関係者皆の視線対象から外された事に驚く。 自信たっぷりに堂々とpauseを決めて謎の多い少女Aliceは舞い降りた。 そこには誰にも飾れない独特の個性が一際輝いていたからー・・ 大歓声! アリスの舞台は黄色い大歓声が会場を覆う。 インスパイアたっぷりデザイン衣装に身を包んだ見覚えのある少女Aliceに、帽子屋も三日月ウサギも眠りネズミも同時に驚き喝采す! 最高のサプライズを魅せられた時のような驚きに帽子屋はもう落ち着きを取り戻していた。 誇りを汚された訳ではないと気付いた至れたからこそ帽子屋は素直に素晴らしいバトルができたと涙ぐむ。 だって・・あのアリスデザインは見事なまでに素晴らしい 個性の光 作品だったのだらー・・ 「好き」を「好きなだけ」やっちゃって? 涙を溢しながら白いウサギは信じられない後継に 光景に 大きな目を見開いた。 Alice in N. 「アリス」の冠はその少女であると誰もがそう思った事だろう。 それが何故だろうか? 一番の大喝采と皆の注目を浴びた少女がまっすぐこちらの方に向かってくるのだ。 今 一番惨めな姿でもあるからきっと嘲笑いに来たのか、 それとも哀れに思って同情に? なぜだろう。 こんな時なのに不思議なフラッシュバッグが脳裏を瞬く、フとあの時に出会った少年の顔が飛び出してー・・?? 優しい声と笑顔と、差し出されるハンカチ。 動画の続編が出たらまた違った見方をしているやもしれませんね 今回の動画はレン君メインで謎が溢れていてMAYUちゃんのダークさと帽子屋がくぽ姐が凄く映えてました。 なんの違和感なくてびっくりです。 一方、KAITO側にはミクちゃんのような人気トップモデルが少なくて 金のなるモデルは多ければ多いほどいい そこで偶然N. アリスが追いかけるウサギの性格は臆病で自信がない。 動画のミクは大人しそうでどこか頼りない雰囲気ですよね? 反対にアリスは勇敢で行動力がある。 初めての優しさに驚く少年。 泣き顔を隠せるように手渡したミクの気持ちと、配慮。 結果的にミクさんがレン君を導いてくれた…と感じました。

次の

アメリカーナ イン (Americana Inn)

アリス イン ニューヨーク

舞台は前作から3年後。 亡き父の後を継ぎ、船長として大海原でたくましく活躍するアリス。 しかし、厳しい現実に直面し再び不思議の国、ワンダーランドへと誘われるー。 そこにいたのは、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターだった。 ディズニーが贈るファンタジー・アドベンチャーの代表作! STORY 過去に心を奪われ命の危機にあるマッドハッターを救え! アリスは時間の番人<タイム>と戦い、過去を変えることはできるのか? ワンダーランドで、救世主として戦ったあの冒険から3年。 アリスは、亡き父の後を継ぎ船長として活躍していた。 だが、航海から戻った彼女に船長解任の現実が差し迫る。 アリスは自分の元から愛する父や仕事を奪う<時間>の流れに敵意を抱く。 そんな時、目の前に青い蝶が現れ、鏡の中へと彼女を導く。 鏡を通りぬけるとそこは、あのワンダーランドだった。 アリスを待っていたのは、困り果てた様子の白うさぎやチェシャ猫や白の女王たち。 なんと、あの奇天烈で楽しいマッドハッターが哀しみに沈み、命の危機にあるという。 アリスは<タイム>の城からクロノスフィアを盗み、過去を変えるための時間の旅に出る。 果たしてアリスは<タイム>の追撃をかわして、過去を変えることができるのか!? そして、マッドハッターを哀しみから救い出すことができるのか!?.

次の

アリスの歌詞一覧リスト

アリス イン ニューヨーク

ストーリー ニューヨークのセントラルパーク近くの、とある出版社。 作家の アリス・コーンウィンクル(安蘭けい)が新作小説の原稿をダメ出しされていた。 「面白くない、明日までに練り直し!」と言われてヤケ酒を呑んで帰宅すると、アパートには別居中の夫 ジャック(石川禅)と娘の クロエ(唯月ふうか)が帰りを待っていた。 キレるアリスにあきれ気味のふたり。 ジャックが帰り、アリスはひと眠りしようと横たわる。 すると、そこに現れた 白いウサギ(平方元基)をクロエが追いかける。 「こんな夜中に!」 アリスは慌てて後を追い、エレベーターから降りると、そこではおかしな人たちがわんさか狂騒中。 抜け出したアリスを待っていたのは、ちっちゃな扉と「私を飲んで」とささやく瓶。 思わず中身を飲むと、アリスの身体はどんどん縮んで…。 扉の向こうにいたのは、なにやら哲学的めいたことを言う 芋虫(新納慎也)、ひたすらイケイケで楽しそうな エル・ガト(小野田龍乃介)、この国で最も偉大なナイトとのたまう 白のナイト(石川禅)、そして先ほどのウサギ。 彼らと一緒にイカれたお茶会に呼ばれたアリスは、 帽子屋(濱田めぐみ)と モリス(松原剛志)とテーブルを囲んだけど、そこで起きるのは腹立たしいことばかり。 おまけに ハートの女王(渡辺美里)も現れ、もう何がなんやら。 どうやらクロエを探すのに、唯一力になってくれそうなのは帽子屋のよう。 一方、帽子屋はクロエを鏡の国に連れ去ってしまう。 その様子を見ていたウサギが、アリスに報告。 アリスはひとり帽子屋を追おうとするが、白のナイト、芋虫、エル・ガト、ウサギに連れて行ってと懇願されて、うんざりしつつ一緒に旅立つ。 鏡の国では、クロエは不安消去マシンにかけられ、記憶をなくしたまま行方不明。 頼みの綱のハートの女王は、帽子屋の言われるがまま。 揚げ句の果てに、女王に「首をはねよ」と命令され、白のナイト、芋虫、エル・ガトは牢の中へ。 その頃、アリスはひとり7番の扉の前にいた。 なぞなぞを解いたアリスは、そこで意外な人物と出会う…。 umegei.

次の