コロナ ゴールデンウィーク 明け。 コロナの今後 ゴールデンウィーク明け以降を予測!

コロナの今後 ゴールデンウィーク明け以降を予測!

コロナ ゴールデンウィーク 明け

僕が住んでいる東京都は、ここ数日でによる新規患者数が減少傾向にあるのですが、それでも緊急事態宣言は延長されました。 僕のもそうですが、多くの人は食料品の購入で外出する以外は自宅で過ごしていたことでしょう。 そのが明けても、の影響はまだしばらくは残るでしょう。 ビジネスは特に影響が出ると推測されています。 それでも自分が出来ることをして過ごすべきであると思います。 勉強だったり、情報発信したりすることは比較的簡単に出来ることです。 自分への投資と情報発信 が明けてからの生活に関しては、引き続き自宅で過ごす時間が多くなると思いますが、やはり 勉強などをして自分の脳に投資するのが良いです。 の方は「余った時間を有効的に使わなくてはいけない」というような主張をしています。 それが本質なのは間違いないです。 ハッキリ言って、ネガティヴな情報ばかりを流したり、バカなことをしているテレビ番組なんか視聴する価値は無いですし、無駄に時間を潰しているだけです。 これもの方が言っているのは、 余った時間で読書をしたり、ブログやで情報発信をしましょうということですね。 特にブログやで情報発信するのはオススメです。 なるべく有益な情報をユーザーに提供することで自身の価値を作ることが出来るでしょう。 日光を浴びての散歩も有効的 さらには筋トレを自宅でするのも推奨されていますが、 散歩もすることも健康的に暮らすには重要な行動です。 外に出て 日光に浴びることでが分泌されるので、予防になったりします。 このご時世だから気分が落ち込んでいる人も多いでしょう。 散歩自体も規制されていないので、ソーシャルディスタンスを意識しながら散歩するのは有効のはずです。 筋トレも必要で、散歩と併用しながらコンディションを整えるのが理想的なんだと思います。 自分の頭で考えるということ 後は すぐに感情的にならず、自分の頭で考えて生活や判断する事が必要で、昨今は結構異常な状況です。 安易に他人を批判するという世界はバカげているという事。 「他者批判するよりも他にする事あるでしょ」なんです。 自分がやるべき事をやるのは基本ですし、自粛警察なんてちゃんちゃらおかしいです。 それに大手メディアはネガティブな情報を流した方が数字を取れるので、結果的には連中の利益になります。 もちろん、知っておかないといけない事実はチェックしなくてはいけませんが、自分の頭で考えて本質を読まなくてはいけません。 読書などで知識を得れば脳のスペックが上がり、自分で考える力が付くので、勉強をするのは重要です。 今日のまとめ コロナの影響が収まってきても、また年末には第2波が来る可能性はありますし、変化の激しい時代にもう突入しているのかもしれません。 まずは自分が出来る事からやりましょう。 少しでもいいので、行動する事は重要です。 topgun428.

次の

ゴールデンウィーク前後の消費動向2020 ~新型コロナウイルス感染拡大は消費行動をどう変えているのか

コロナ ゴールデンウィーク 明け

コロナ19(コロナウイルス感染症)の事態に直撃を受けた映画館や遊園地などの業界の不安が、ゴールデンウィークを迎えようやく減った。 ゴールデンウィークの一時効果にとどまるとの観測も出てくるが5月の祝日、生活防疫の切り替え、報復消費心理の拡散などで、本格的な回復に入り込むという期待感が高まっている。 コロナ恐怖症・コンテンツ不足「不安要素」相変わらず 7日、映画振興委員会によると、連休開始前日の先月29日からこどもの日の5月5日までの劇場を訪れた観客は56万2537人。 これは4月総観客数97万2476人の半分をはるかに超える数値。 特に5日までの5月の最初の五日の間、観客数は38万3726人で、29日から30日を除く4月の観客数(79万3665人)の半分に迫る。 毎日の観客数も可視的に伸びを見せた。 先月29日の観客数は7万1905人で、4月の1日あたりの観客数が初めて5万人台を超えた。 30日は10万6906人で、3月14日以降、1か月半ぶりに10万人台を突破した。 5月1日は7万147人、2日7万4703人、3日、7万4924人、4日4万9252人、5日、11万4700人だった。 平日の4日が最も少ない4万人台を記録したが、これも連休直前の週末の先月25日から26日の平均観客数(4万6333人)をわずかに上回る数値。 ちょうどゴールデンウィークと重なりコロナ19の勢いが目立って停滞し、新作が続々と公開されたことが観覧客を再び劇場に呼び集めたとみられる。 5月中旬までに、国内外の期待作が続々と公開される予定で、コロナ19が再拡散されることがなければ映画館は回復を続ける見通し。 ただし変化した部分はある。 まず、映画館はまだコロナ事態による制度的・心理的不安要素が少なくない。 映画館は、空間的特性上、社会的距離を置くという生活防疫に転換した後も、最大の制限を受けるところの一つ。 政府は、生活防疫の一つとして映画館・劇場の場合、1席ずつ飛ばしジグザグに観覧できるようにする案を提示した。 この方針通りなら、カップルが並んで座って映画を楽しむ「劇場デート」は不可能だ。 もう一つは、映画産業の最大の変化である「コンテンツ」だ。 公開予定作が相次いでいるが、市民が不安に耐えてでも劇場に行くだけの「人気作」が出なければならない。 先月29日から5日までで最も多くの観客が訪れた映画は、こどもの日を狙ったアニメーション「トロール:ワールドツアー」。 トロールはスクリーン寡占懸念などでメガボックスでのみ公開したが、この期間観客数は9万42人で、全体の上映作の中で16. こどもの日の恩恵を享受した作品を除けば、現在まで市民の関心が集中するような上映作品が不足しているという観測が出ている。 映画館の関係者は、「多様な映画が続々と公開していますが、20日封切りする『侵入者』以外大作とも言うべき作品がないのも事実」とし「結局、20日の後が分岐点になると考えている」と述べた。 その一方で、「最近の傾向として見たとき、コロナ19が停滞する姿を見せ、映画・文化系に視線を向ける市民が徐々に増えてきている点は心強い」とし「生活防疫を遵守しながらも、良い映画で観客を癒やすことができるよう最善を尽くしたい」と述べた。 団体入場は皆無「まだ」 遊園地もゴールデンウィーク期間、回復を見せた。 ロッテワールドの場合、相対的に停滞した。 業界側はコロナ19の拡散低下と社会的距離緩和に個人や家族・恋人などの入場者は明確な回復を見せていると口をそろえた。 しかし、連休期間の団体入場者は、事実上皆無だった。 春の観光客の大部分を占める団体入場者がないのが遅い回復の最大の要因だ。 業界関係者は「生活防疫に切り替えるとはいえ、観光や幼稚園・学校の遠足・体験学習などの団体の活動は、自粛しなければならないという社会的な雰囲気がまだ強い」とし「コロナ19問題が解消されない限り、例年ほどの完全な回復は期待するのは難しい見通しだ」と明らかにした。

次の

ゴールデンウィークが明けたら仕事はどうなるだろう

コロナ ゴールデンウィーク 明け

皆さんこんにちわ!ぴっぴです。 新型コロナウイルスが国内で発見されたのが1月の中旬でした。 3月には学校一斉に休校になったり、大型イベントが軒並み中止になるなど大きな影響が出てきています。 それだけ新型コロナウイルスの感染が広がってきているということです。 感染経路がはっきりしない患者が増え 『流行期』のフェーズに入ってきたと考えられます。 流行期が今後2~3か月は続くと予測されるなか、私たちはこのままどれくらい普段の生活を制限していけばいいのでしょうか? 誰もがコロナの感染拡大により大きな負担を強いられています。 『このままどれくらいこの状態が続くのか?』 誰もが知りたいことです! 今回は 『新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク?オリンピックは大丈夫か?』と題して調べていきました。 それではどうぞ!• 新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク? 新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク? 収束見込みについては現在正式な発表はなく分からないと言った感じでした。 なので予測を立ててみました! 『基本再生数』というものが感染力を表す指標になっているんですが、こちらは簡単に言うと 『1人の感染者から何人に感染させるか』というものです。 これまでの統計学でいうと新型コロナウイルスの 基本再生数は1. 5と暫定的ではありますが報告されています。 だいたい1人の患者から2,3人に感染するということになりますね。 そしてインフルエンザもほぼ同様の感染力と考えられます。 日本や海外で多くの人がインフルエンザにかかり亡くなっています。 ワクチンや治療薬があっても一定の割合で重傷者が出るのがウイルス感染症の恐いところです。 コロナでも亡くなられいる方が一定数いるのでこのあたりもインフルエンザと同様でした。 現在感染を拡大させているコロナウイルス。 これからは市中感染がいたるところで起こり、患者が増えていくというのが自然な想定だと思われます。 開催まで半年を切りオリンピックやパラリンピックが開催できるのか不安に思っている方は多いと思われます。 オリンピック組織委員会では大会の中止や延期については検討していないということを発表しており、今のところは開催される予定でした。 しかし今後の状況によっては最悪の事態も考えられますので、絶対とは言えませんよね! またもし東京オリンピックが中止になった場合、損失が7. 8兆円と出ることが予想されていました。 この場合日本経済は大打撃を受けることは間違いありません。 オリンピックは必ず開催されることを祈るしかないですね。

次の