エッ ゲ シュタイン。 ブレーメン、ヨハネス・エッゲシュタインとも延長(kicker日本語版)

【UEFA U

エッ ゲ シュタイン

写真提供: Gettyimages 現在、所属クラブを離れ国際チームの試合が行われているサッカー界。 ヨーロッパではEURO2020予選が行われており、先日にはベルギー代表が一足先に本大会出場を決めた。 そこで今回は若手選手が豊富なヨーロッパの代表チームを紹介。 来年行われるEURO2020や2022年カタールワールドカップで活躍する選手たちがいるかもしれない。 写真提供: Gettyimages ドイツ代表 主な若手選手たち カイ・ハフェルツ(20歳) マキシミリアン・エッゲシュタイン(22歳) ヨハネス・エッゲシュタイン(21歳) ロビン・ハック(21歳)など 現在、世代交代を進めているドイツ代表。 指揮官のヨアヒム・レーブ監督はマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの3選手の招集しないことを明言し、話題にもなった。 すでにカイ・ハフェルツはドイツ代表としてプレーし、レバークーゼンでも主力としてプレー。 エッゲシュタイン兄弟やロビン・ハックもレーブ監督から一目置かれている選手だ。 写真: FCBarcelona スペイン代表 主な若手選手たち ブライス・メンデス(22歳) ウナイ・ヌニェス(22歳) ミケル・オヤルサバル(22歳) ダニ・オルモ(21歳) カルレス・アレニャ(21歳) アンス・ファティ(16歳)など 2008年と2012年の欧州選手権と2010年の南アフリカW杯で優勝したスペイン代表。 ジェラール・ピケやアンドレス・イニエスタ 、ダビド・シルバなど当時の主力メンバーが代表を離れ若手の台頭が求められている。 ブライス・メンデスやウナイ・ヌニェス、ミケル・オヤルサバルはすでに代表でプレー。 ロベルト・モレノ監督は今後、どの若手選手を招集するのかにも注目が集まる。

次の

M.エッゲシュタイン「ボランチの座はそう簡単に渡さない」

エッ ゲ シュタイン

409kmという数字は、エッゲシュタインが昨年のブンデスリーガで記録したものだ。 これだけの距離を走り抜け、走行距離の新記録を樹立したのだ。 試合で常に長い距離を走ることが彼の強みになっている。 しかし、エッゲシュタインの強みはこれだけにとどまらない。 スペースに対する嗅覚、安定したパフォーマンス、修正能力、得点能力……エッゲシュタインはまさに完璧なプレイヤーなのだ。 次に伸ばしていく点があるとしても、些細なものだろう。 いずれにせよ、エッゲシュタインは今夏大きな飛躍を遂げるだろう。 チームのリーダーになれるはずだ。 僕もそうあろうと努力しているよ」 エッゲシュタインは自身に求められていることを理解している。 そして、このように要求しているのはブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督やチームスタッフだけではない。 U-21のシュテファン・クンツ監督や代表監督であるヨアヒム・レーヴも同じく彼に期待しているのだ。 自身の役割を果たし、チームを導いていくエッゲシュタインを誰もが信頼しており、コーフェルトは、彼の姿勢が「チームメイトを良くしている」とさえ話す。 すでにU-21では中心メンバーだ。 『マイン・ヴェーダー』に対してクンツは「チームのメンバーに対しても常に良い感情を持っている」と彼を評した。 3月にA代表に招集されて以来、エッゲシュタインの責任感は増している。 U-21のヨーロッパ選手権が、彼にとって最初のテストということになるが、ここまでのところ2試合で先発して勝利に貢献。 来季に向けての見通しは明るい。 キャプテンを努めたマックス・クルーゼが退団するため、ヴェルダー・ブレーメンでは選手の序列が変わってくる。 そんな中、エッゲシュタインが注目の的になっている。 ブレーメンで2011年からプレーしているエッゲシュタインは、チームを象徴する存在となりつつある。 契約延長によって年俸が引き上げられたが、それでもクラブ幹部が投げかける期待には釣り合わない額だ。 「我々の戦術的なアイデアを実現するために、彼は重要な存在なんだ」。 コーフェルトはお金だけでは代えられない彼への高い信頼を覗かせた。 エッゲシュタインは「マックスはとても重要なプレイヤーで、キャプテンだった。 彼の役割は複数人のコンビネーションで埋め合わせていくしかないね」と認めるところ。 ただ一方で、クルーゼの離脱をあまりネガティブにはとらえていないようだ。 「彼にとっても多分すべてが順調とはいかないだろうから、僕らもこれをチャンスと考えなきゃいけないよ。 それに、フロリアン・コーフェルトが夏のオフの間にいろいろ考えるだろうしね」 おそらくは、エッゲシュタインはより攻撃的な役割を任されることになるだろう。 彼自身も攻撃的な役割に興味を持っているようだ。 「僕はいつでも上達できる。 変わるのはプレーするポジションだけなんだ。 危険なエリアでプレーしたいね。 もっとペナルティエリアで仕事をしたいね」 これまでは、エッゲシュタインはインテリジェントに敵陣深くに走り込み、チームメイトの動くスペースを作ってきた。 しかしこれからは自分から攻撃のアクションを起こさなくてはいけなくなる。 彼の走りによってブレーメンは上位で安定した戦いができ、チームメイトは素晴らしい瞬間を受けてきた。 「エンジン」は今動き出す時を待っている。 クンツは次のように語った。 「2年前に初めて一緒に仕事をしたときから、マキシは確かに世界最高レベルの成長を見せる選手だった。 技術的にも、人間的にもね」 ほぼ順調な成長(アレクサンダー・ヌーリ元監督下では停滞したが)を遂げたおかげで、3月には初めてA代表に招集された。 しかし、レーヴ監督と「よい会話」ができただけでは、エッゲシュタインにとって十分ではない。 セルビア戦とオランダ戦では起用されなかったが、「代表での時間は本当に短く感じたし、実際1週間ほどだったけれど、努力し続けてまたここに戻って来たい」と代表への意欲を語っている。 クラブで新たに課される役割が代表再招集の一助となるだろう。 「彼にはたくさんチャンスがある」とクンツも語っている。

次の

ブレーメン降格なら大迫勇也は移籍濃厚か…地元メディア「2部でのプレーは想像できない」(GOAL)

エッ ゲ シュタイン

アレクサンダー・ヌーリ監督から「とてもインテリジェントな選手だ」と評されるマキシミリアン・エッゲシュタイン。 紆余曲折を重ねた末、攻撃的MFからボランチに下げたことでブレイクを果たした20歳は、ポジションの違いについて「正しいバランスを見出さなくてはならない。 カウンターを仕掛けていくのか、ボールをしっかりとキープしていくのか」と説明した。 なお今夏では膝の負傷から回復したフィリップ・バルグフレーデと、たった1つのボランチのポジションを争うことになる。 「そうやすやすと譲る気なんてないよ」「リスペクトしすぎてはいけないものだからね」とエッゲシュタイン。 「バルグフレーデがもつこのチームでの意義については理解している」と前置きしながらも、「彼は経験と言う意味で僕よりも優っているけど、でも二人とも出場機会を目指しているし、そのために全力をつくす。 僕たち二人の仲は良好なんだよ」と語った。 ただボール奪取にたけたベテランMFと比較して、エッゲシュタインはフィジカル面では見劣りするところはあるものの、そのあたりは「より存在感を見せられるようにして行きたいね」と自身でも理解しており、体づくりにむけてとりくんでいるところでもある。 また今季はピサーロやフリッツといった、チームを牽引してきたベテランたちが移籍し「確かに経験という意味では失われたところはあると思う」とみる同選手だが、「でもクオリティという意味では新戦力をみると決して見劣りしないと思っている」とも。 リーダーシップと言う点でも、エッゲシュタイン自身はじめチーム内で育てていくこともできるかもしれない。

次の