ディスクアップ 初代パネル。 【ディスクアップ】覚えて得をするDUルーレット・ラジカセ演出の法則

【ディスクアップ】オカルトとは言わせない!3.5万Gから推測する常勝理論!

ディスクアップ 初代パネル

【ビタ押し成功で上乗せがないと高設定の期待大】 通常時の同色BIGで『真・技術介入』のビタ押しを成功したにも関わらず、ゲーム数が上乗せされなければ高設定に期待できる。 設定1との差はかなり大きい。 【通常時の同色BIG中はビタ押しスキルが超重要】 通常時の同色BIG中は約3分の1で「ARTのゲーム数を上乗せできるフラグ」が成立。 フラグ成立時はカットインが発生し、ビタ押しに成功すれば必ずARTのゲーム数を上乗せできる。 「カットイン発生時に手順スタート」 発生率は約3分の1。 カットインのキャラは揃えたボーナス絵柄によって変化する。 「通常時・同色BIG中の真・技術介入手順」 [ビタ押しに失敗してもチャンスあり!] ミスをした場合でもボーナス絵柄・星・星が揃えば上乗せゲット。 [成功時専用の高設定示唆も搭載] ビタ押しに成功したのにゲーム数が上乗せされない、設定推測フラグも存在。 一度でも確認できれば高設定の期待大となる。 「ART中の同色BIGはフリー打ちで上乗せ」 通常時と異なり、ART中の同色BIGは名称が『ハイパーBIG』に変化。 技術介入不要でARTのゲーム数を上乗せすることが可能。 初代ディスクアップにおける『ハイパーBIG』がよりお手軽になったイメージだ。 枚数アップの技術介入をおこなった後はオールフリー打ちで消化できる。 【3wayナビとボーナスで出玉を増加】 ART中はレバーON時に左リールに狙うボーナス絵柄のナビが発生。 指示された絵柄を狙い、中・右リールをフリー打ちすれば9枚役をゲット。 一般的なART機の押し順ベルと同じ扱いなので失敗してもペナルティはない。 また、失敗するとRTが転落してしまう可能性があるバシュン演出とリプレイの押し順ナビもしっかりとチェックしておこう。 「3wayナビ」 左リールに指示された絵柄を狙うのみ。 初代と同じく、法則が崩れることも? 「バシュン演出」 レバーON時にバシュンという効果音とともに上パネル左右にあるランプが点灯したら、左リールにチェリーを狙って消化。 レア役の可能性もあるのでスイカテンパイ時はしっかりと目押ししよう。 RT転落の可能性があるのでキチンと目押しして回避したい。 「押し順ナビは厳守」 ART中の押し順ナビをミスするとRTが転落してしまう可能性があるため要注意。 急いで押さず、慎重に消化することをオススメしたい。 ナビはサブ液晶だけでなく、上パネル、ボタン、リール下のランプで表示される。 【ボーナス成立後は1枚掛けで入賞させよう】 「手順1:逆押しで右リール中段に青7をビタ押し」 [中段に青7停止時] 成立役…青7BIGor異色BIG 青7BIGが揃わなければ、次ゲームで異色BIGを狙おう。 [中段にBAR停止時] 成立役…赤7BIGorBARBIGorREG REGが揃わなければ手順2へ。 「手順2:逆押しで右リール中段にBARをビタ押し」 [中段にBAR停止時] 成立役…BARBIG [中段に赤7停止時] 成立役…赤7BIG 「手順1&2共通・ボーナス絵柄非停止時の打ち方」 右リール中段にボーナス絵柄以外が停止した場合は小役濃厚。 右リール中段に停止した絵柄に応じて目押しをおこなう。 [右リール中段の絵柄別成立役] 星停止…共通9枚役 リプレイ停止…リプレイ スイカ停止…スイカ 【難易度は低めなので必ず実践】 各ボーナスにはそれぞれ枚数アップ(調整)があり、やり方は同色BIG&異色BIGが共通、REGのみ手順が異なる。 基本的に一度成功させれば最大枚数を獲得することが可能。 同色BIGに関しては『真・技術介入』と枚数アップという2つの要素が存在しているわけだ。 「同色・異色BIG中の枚数アップ手順」 最大獲得枚数:251枚 同色BIGは『真・技術介入』をおこなうカットインや予告音(ART中)非発生時に実行。 異色BIGはいつチャレンジしてもOKだ。 成功後、同色BIG中はカットイン発生時のみ『真・技術介入』を実行。 異色BIGはオールフリー打ちで消化しよう。 「REG中の枚数アップ手順」 最大獲得枚数:103枚 REG中はいつでもチャレンジ可能。 1回成功させたら、以降は左リールの青7付近を避けつつ左からフリー打ちで消化。 「BIG中の11枚複数回獲得について」 11枚を複数回獲得することでBIGの消化ゲーム数を長引かせ、DJ ZONEのゲーム数を獲得するチャンスを増やすこともできるのだが、シミュレート上の期待値はマイナスになってしまう。 ただし、期待値における差は大きくないので、獲得枚数を多少犠牲にしてDJ ZONEのゲーム数を増やして楽しむという打ち方もありだ。 【BAR枠上狙い時は青7同色BIG確定パターンあり】 小役狙い時はBARを枠上に押すことでアバウトに狙うよりも成立役を見極めやすくなる。 3コマスベリ(BAR下段停止)なら、リーチ目役B+青7同色BIG確定といった停止形もあるので、覚えておくとより楽しめるだろう。 「BAR枠上狙い時のスイカAB判別」 2コマスベリ…スイカA ビタ止まり…スイカB 2コマスベリからのスイカのみボーナスと同時当選する可能性あり。 「BAR枠上狙い時のスベリコマ数別・アツい停止形」 BAR枠上からのアツい停止形は、ビタ止まり、2コマスベリ、3コマスベリの3パターン。 いずれの停止形もスイカorボーナスとなるため、スイカを否定すればボーナスだ。 [ビタ止まり時] 〈成立役〉 ・スイカB ・リーチ目役A+赤同色 ビタ止まり時はスイカを否定すれば赤同色BIG確定。 [2コマスベリ時] 〈成立役〉 ・スイカA ・単独異色BIG ・共通9枚役+同色BIG ・共通9枚役+REG ・スイカA+同色BIG ・リーチ目役A+異色BIG ・リーチ目役B+BAR同色 スイカ否定時はもちろんボーナスだが、スイカが入賞してもボーナスの可能性あり。 [3コマスベリ時] 〈成立役〉 ・リーチ目役B+青同色 3コマスベリ時は青同色の1確。 【BAR狙い時の打ち方とリーチ目】 「最初に狙う絵柄」 ハサミ打ちで消化し、スイカテンパイ時は中リールにスイカを目押し。 「BARを枠上〜上段に狙うことを推奨」 BARを枠上から上段にしっかりと押せていれば、ハズレ時は必ずBARが上段に停止するため、それ以外の停止形で小役がハズれればボーナス確定。 枠上と上段にキチンと打ち分けられるプレイヤーならスイカABを見抜けるなど、面白い要素も多数存在している。 「BAR上段停止時」 [成立役] ・ハズレ ・リプレイ ・9枚役 ・ボーナス 4コマスベリ以外スイカがないため、基本はフリー打ちでOK。 「BAR中段停止時」 [成立役] ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス ビタで止めた場合はハズレの可能性もある。 「BAR下段停止時」 [成立役] ・リプレイ ・9枚役 ・ボーナス 中・右リールフリー打ちでOK。 ビタ停止or1コマスベリの場合はハズレ(RTがパンクする1枚役含む)の可能性がある。 「チェリー停止時」 [成立役] ・チェリー ・ボーナス 中・右リールフリー打ちでOK。 【赤7狙い時の打ち方とリーチ目】 「最初に狙う絵柄」 ハサミ打ちで消化してスイカがテンパイした時は中リールにもスイカを目押ししよう。 「1コマ以上スベれば小役」 赤7を枠内に押した場合、ハズレおよびスイカ成立時は必ずビタ止まり。 1コマ以上スベって小役がハズれればボーナス…という上級者向けの制御を楽しむことができる。 ビタ止まりからのボーナスもあるため、押した位置によって多彩なリーチ目を味わえるところも魅力的だ。 「赤7上段停止時」 [成立役] ・ハズレ ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス 「赤7中段停止時」 [成立役] ・ハズレ ・リプレイ ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス 「赤7下段停止時」 [成立役] ・ハズレ ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス 「チェリー停止時」 [成立役] ・チェリー ・ボーナス 中・右リールフリー打ち。 【青7下のチェリー狙い時の打ち方とリーチ目】 「最初に狙う絵柄」 ハサミ打ちで消化し、スイカがテンパイすれば中リールにもスイカをフォローしよう。 「枠内にチェリーを押せばスイカABを完璧に見抜ける」 左リール枠内にチェリーを目押しできればスイカABを簡単に見抜くことが可能。 ただし、押した位置により揃うラインが変化するので、見抜くためにはある程度高めの目押し精度が必要だ。 「チェリー停止時」 [成立役] ・チェリー ・ボーナス 中・右リールフリー打ち。 「青7枠上(スイカ上段)停止時」 [成立役] ・ハズレ ・リプレイ ・スイカ ・ボーナス スイカテンパイ時は中リールにスイカを目押し。 「青7上段停止時」 [成立役] ・ハズレ ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス 「青7中段停止時」 [成立役] ・9枚役 ・スイカ ・ボーナス チェリーを枠内に押していた場合はハズレなし。 上段に青7を押した場合などはハズレがある。 「青7下段停止時」 [成立役] ・9枚役 ・ボーナス この形からの9枚役があるのは青7を下段に押した時のみ。 チェリーを枠内に押していた場合は、青7BIGの1確だ。 【スイカは内部的に2種類】 スイカは内部的にAとBの2種類があり、ボーナスと同時当選する可能性があるのはスイカAのみ。 BAR狙いや赤7狙いといった通常の小役狙い時でも、左リールに特定箇所を目押しすればスベリコマ数でスイカのAとBを判別できる。 「BAR枠上狙い時のスイカAB判別」 「赤7枠上狙い時のスイカAB判別」 赤7を枠内に押した場合、スイカA・Bの判別はできない。 「青7下のチェリー狙い時のスイカAB判別」 [上段に押した場合] スイカA…3コマスベリ スイカB…4コマスベリ [中段に押した場合] スイカA…3コマスベリ スイカB…4コマスベリ [下段に押した場合] スイカA…2コマスベリ スイカB…3コマスベリ チェリー狙い時は枠内にチェリーを押せばスイカABを判別できるのだが、押した場所によってスイカの停止位置が変化。 中段or下段に押していればスイカBは必ず青7中段停止から揃うため、多少アバウトでも見極めることができる。 【当選契機に応じてさまざまな停止形のパターンが存在】 「単独ボーナス(BIG・REG共通)」 小役ハズレ目など、わかりやすいリーチ目が出やすい 「通常リプレイ」 非同時当選時の通常リプレイと同じ停止形。 ボーナスが成立しているかどうかの判別は演出でのみ可能。 「リーチ目リプレイ」 バラケ目にしか見えないようなリーチ目か、普段停止しないライン(上段など)にリプレイが揃う。 同色BIG当選時のみ中段チェリーが止まることがある。 「共通9枚役」 一部の停止位置で左リールのスベリコマ数をみれば同時当選を見抜ける場合もあるが、基本的にボーナスが成立しているかどうかを判別できない。 「スイカ」 上段BARからのスイカ(4コマスベリ)やボーナスの引き込みなど、スベリコマ数で判別できる停止位置もある。 「チェリー」 チェリー停止時の中リールがスイカ/チェリー/BAR、右リール下段に20番の赤7が止まればチェリー同時当選が確定。 その他の位置で押した場合は非同時当選時と同じ停止形を取る。 「リーチ目役A」 同色BIG…小役ハズレ目以外のリーチ目が出やすい。 異色BIG…単独と同様に小役ハズレなどのわかりやすいリーチ目が出やすい。 「リーチ目役B」 赤7同色BIG/REG…停止位置次第でハズレ目と同じ制御を取りやすい。 当選ゲームは必ず演出が発生。 青7同色BIG…リーチ目が出現。 左リールが大きくスベりやすい。 BARBIG…単独と同様に小役ハズレなどのわかりやすいリーチ目が出やすい。 「リーチ目役C」 BARBIG以外…小役ハズレ目以外のリーチ目が出やすい。 BARBIG…停止位置次第でハズレ目と同じ制御を取りやすい。 当選ゲームは必ず演出が発生。 【初代を踏襲したシンプルな演出も!】 通常時のスイカ成立時は必ず演出を伴うため、無演出ならスイカを狙わなくてOKだ。 ちなみに、ART中はスイカだけではなく、チェリー成立時も必ず演出が発生する。 「通常時・ART中共通の演出」 [サウンド・予告音系演出] 予告音…リール停止時の消灯演出発生率がアップ 遅れ…チェリー ダブルスタート音…チェリー(期待度:高) 遅れとダブルスタート音はチェリーを否定すればボーナス確定。 全リール停止時に『ゲゲゲゲット!』や『ジュワン!』という音が鳴ればボーナス確定画面に移行する(ジュワンならBIG)。 〈スベリ音演出〉 特殊な予告音が発生する演出で、リールを停止させるたびにスベリコマ数を停止音(デュンという音の回数)で示唆。 チェリー成立時は発生しない。 [DUルーレット演出] おもに消灯演出が第3停止まで続けば発展し、停止したマークの組み合わせで成立役や発展先を示唆。 マークの組み合わせと成立役が矛盾するボーナス確定パターンもある。 通常パターンと異なり、対応役は共通9枚役orスイカorチェリーの3種類となる。 [消灯演出] 停止音を伴い消灯した上パネルの数で対応役を示唆。 第3停止まで続けばDUルーレットに発展するチャンスだ。 ラジカセ演出と複合するとアツい。 第3停止時にDJリーチへ発展する可能性もある。 [ダンサーリーチ] DUルーレットの上下いずれかに矢印マークが停止すれば発展。 ダンサーの種類で期待度が異なり、BorVが揃えばボーナスとなる。 下段はアフロレディー、上段はリーゼントマン、上&下段ならシンディとなる。 [DJリーチ] ラジカセ演出の第3停止時に登場したDJに応じて期待度が変化。 カットインが発生すればチャンスアップとなり、最終的にBorVが停止すればボーナス確定だ。 チャンス音なら共通9枚役以上が確定する。 [BGM変化発生で期待度アップ] 第1〜3停止時に指が出現すれば音停止orBGM変化が発生。 BGM自体にも通常orチャンスの2種類があり、変化した時点で小役以上、チャンスパターンならレア役以上が確定する。 指出現時は展開に注目。 タイミングによって対応役が異なり、遅いほどチャンス! [音停止は基本的にハズレ対応] 音が停止した場合はほぼハズレ。 ただし、チャンス音発生時は共通9枚役以上確定のため、法則崩れでボーナスが確定する。 [DJリーチへの発展] 第3停止時にキャラが登場すればDJリーチに発展。 DJリーチ発展で期待度アップ! 「BGM変化タイミング別の対応役」 [通常音スタート時] [チャンス音スタート時] 「チェリーは第1停止時にBGMが変化しなければ発展以上」 チェリーの場合は基本的に第1停止時にBGMが変化。 変化しないor第2停止時に変化した場合はDJリーチ発展確定だ(非発展時はボーナス確定)。 「チャンス音スタート時は第1停止時に注目」 チャンス音スタートの場合、共通9枚役でも第1停止時にBGMが変化しなければDJリーチ確定。 さらにチェリーの時にチャンスBGMに変化すればボーナス確定となる。 対応役通りでもボーナス同時当選に期待できるうえ、矛盾すればボーナス確定だ。 もちろん、ラジカセ演出と複合してもボーナスが確定する。 [消灯演出以外] スイカとチェリーに矛盾パターンはナシ。 「100G選択時はループ抽選が発生」 DT当選時に100Gの振り分けが選ばれると、内部的に100G上乗せのループ抽選をおこなう。 【画面の種類で残りゲーム数を示唆】 DANCE TIME(DT)中の画面に登場するキャラで、DTの残りゲーム数を示唆。 最低保証ゲーム数が近づくとDANGER演出が発生し、爆弾が爆発するとDT継続orボーナスが確定する。 超激レアのエイリやんは、有利区間完走確定。 「DT中に登場するキャラと残りゲーム数」 アフロレディ…20G保証 リーゼントマン…40G保証 シンディ…60G保証 反転(キャラ不問)…100G保証 宇宙人(エイリやん)…有利区間完走確定 DT中はアフロレディ・リーゼントマン・シンディの3キャラがメイン。 キャラの種類を問わず反転すれば100G以上が確定する。 エイリやんはかなりレアだが出現すれば有利区間完走確定だ。 [DANGER演出(DT中専用)] 各キャラの保証ゲーム数に近づくと発生する継続ジャッジ演出。 爆弾が爆発しなければDTが終了し、DZのゲーム数を持っていればDZに移行する(持っていなければARTが終了)。 「DJ ZONE(DZ)」 同色BIGで獲得したゲーム数だけ継続し、滞在中にボーナスを引けばDTに突入。 残りゲーム数が一定数を超えるごとに、BGMが変化(デフォルトを含めて3段階)し、ゲーム数をすべて消化するとART終了となる。 「STANDBY MODE」 ART中のボーナス後に突入する、やや特殊なART(DTの待機中)。 DTは各キャラに20G〜100G(20G刻み)という保証ゲーム数があるため、ボーナス消化後に20の倍数から開始できるようにゲーム数を調整している状態だ。 【イコライザ演出はアツい】 「イコライザ演出」 ドット液晶をスクラッチ(ドット液晶長押しorPUSHボタンでも代用可能)することで、上パネルに文字が流れるチャンス演出。 スクラッチ中に上部ランプが赤くなっていればチャンスアップとなる。 流れる文字は『CHANCE』がデフォルト。 その他のパターンならボーナス確定だ。 [流れる文字別の示唆内容] CHANCE…ボーナスのチャンス BONUS…ボーナス確定 GEGEGEGET…BIG確定 「バシュン演出」 1枚役(RTパンク役)を含む全役の可能性があるため、左リールにチェリーをフォローしRTのパンクを回避しつつ消化すればOK。 消灯演出やキャラリンフラッシュ、DUルーレットと複合すれば大チャンスとなる。 「ナビ演出」 3択9枚役をナビし、否定すればボーナス確定。 目押しミスをすると9枚を取りこぼすが、RTの転落はない。 「DANGER演出」 DANCE TIMEの継続をあおる演出で、爆弾が爆発or継続ジャッジゲームでPUSHボタンが出現すれば継続orボーナス。 演出パターンや継続ゲーム数に応じて期待度を示唆する。 「キャラリンフラッシュ」 上パネルの上部からフラッシュが流れるレア役対応の演出。 通常時に出現すればボーナス確定!? 「ダンサーリーチとDJリーチ」 ボーナス期待度は発展時や演出中の成立役で変化。 【エイリやんでART完走確定】 エイリやんは基本的にDANCE TIME(DT)の継続演出から登場するケースがメイン。 すでに内部的に有利区間完走確定になっている場合は、遅くとも1201G以降の継続演出で必ず出現する。 「エイリやんが出現するイレギュラーなケース」 ・消化した有利区間がギリギリ1500Gに届いていない状況でボーナスに当選 ・ボーナス消化中orボーナス消化直後に1500Gリミッターに到達してしまう場合 上記の流れの場合は、ボーナス1G目にエイリやんが登場。 【DANGER演出で継続期待度や次回のキャラを示唆】 DANCE TIME(DT)の保証ゲーム数付近で発生するDANGER演出のシナリオに応じて、継続期待度や次回のキャラを示唆。 「シナリオの解説」 シナリオによる継続期待度は状況によって大きく変化するが、シナリオ8なら継続確定&次回シンディ以上。 DANGER演出のシナリオは発生時の残りゲーム数と爆弾の大きさで判別できる。 シナリオの選択率は継続するか否かだけでなく、継続時に登場するキャラを参照して決定する。 基本的には第3停止ボタンを離したタイミングで爆発するが、第1〜3停止時に爆発すれば同色BIG確定となる。 [最終あおり時のPUSHボタン] PUSHボタン出現時は継続orボーナス。 ボタンは通常とデカの2種類があり、法則が異なる。 「PUSHボタン別の法則」 [通常] 成立役が共通9枚役orスイカorチェリー以外なら継続(アフロレディ否定)orボーナス。 [デカ] 継続(反転キャラ以上)orボーナス PUSHボタンが表示された時点で継続以上濃厚。 最終あおり時では同色BIGが成立している場合、ビクトリーボムが出現する可能性がある。 【BIGによるDANCE TIME(DT)当選率は全設定共通】 異色BIGは高設定ほどART当選率は低くなるが異色BIG自体の確率もアップするため、トータル的なART確率に設定差はない。 また、DT当選時のゲーム数は通常時なら異色BIGのほうが多く、ART中ならボーナスを問わず約20Gの上乗せとなる。 7G 異色BIG…77. 4G [ART中] 同色BIG…23. 9G 異色BIG…23. 9G REG…22. 高設定ほどチェリーからのボーナス割合が多くなる。

次の

【疑問】パチスロのパネル違いでスペックや性能が若干異なる事って本当にあるの?

ディスクアップ 初代パネル

概要 [ ] 前作となるから約11年ぶりに新作として登場した。 初代ディスクアップのゲーム性を5. 9号機の規定で極力再現できるよう作られている。 技術介入によるゲーム性の高さに加え、低設定域での甘さが話題となり、オールドユーザーだけでなく、様々なユーザー・媒体から注目を集め、5. 9号機最大のヒット作となった。 販売当初は販売台数が少なく、導入店舗も限られていたが、後に導入・増台する店舗が増え、ホールのメイン機種として扱う店舗も現れた。 発売から1年後の2019年現在は、パネル違いの筐体もリリースされており、全5種類と増えている。 ボーナスとART抽選 [ ] 2種類のビッグボーナス(赤7、青7、黒の同色BIGボーナス&青7・赤7・青7揃いの異色BIGボーナス)と赤7・赤7・黒のレギュラーボーナスがある。 同色ビッグボーナス中は予告音発生時、中リールに特定箇所(リプレイ・星・星)を目押しすることで後述のART(DJ ZONE)のゲーム数(3~50ゲーム)を獲得することができる。 目押しに失敗しても、左リール上段か下段にボーナス図柄が停止し、BONUS図柄・星・星と揃えばゲーム数が獲得できる(3分の1)。 ボーナス終了後は後述のART(ダンスタイム)の抽選を行う(2分の1)。 また、ART中にBIG当選した場合はHYPERBIG(ハイパービッグ)となり、目押しをしなくてもART(DJZONE)のゲーム数が獲得でき、ART(ダンスタイム)も無条件に当選となる。 異色ビッグボーナス中は予告音が発生せず、ART(ダンスタイム)の抽選のみを行う。 液晶上に「feat. DT」の告知が行われればART当選となる。 低設定のほうがART当選率が高く、高設定ほどART当選率が低いという特徴がある。 レギュラーボーナスは通常時に当選した場合はART抽選なし。 ART中に当選した場合はART(ダンスタイム)に無条件で当選する。 ART「ダンスタイム」 [ ] 同色・異色BIGボーナス時にART抽選に当選した場合に突入し、 9枚役および押し順リプレイがナビされ、1Gあたり0. 5枚のコイン増が見込める。 押し順リプレイの順番を間違うとRTがパンクしてしまうので注意(9枚役のナビは継続)。 9号機の仕様のため、最大でも有利区間1500G完走で終了する。 液晶上に登場したキャラクターによって保障ゲーム数が異なる。 (アフロレディ:20G、リーゼントマン:40G、シンディ:60G、反転キャラ:100G、エイリやん:有利区間完走確定) 保障ゲームの約5ゲーム前からDANGER演出が発生し、爆弾が爆発すればARTが継続する。 不発となった場合は終了となるが、ART「DJ ZONE」のゲーム数があれば突入する。 ART「DJ ZONE」より優先的に消化される。 ART「DJ ZONE」 [ ] 同色BIGボーナス中に獲得したARTゲーム数があり、ART「ダンスタイム」が終了後に突入する。 ART仕様は「ダンスタイム」と共通である。 液晶下の残りゲーム数が無くなるか、上記の「ダンスタイム」と「DJ ZONE」及びボーナスゲームの累計ゲーム数が1500Gで終了する。 6 98. 6 100. 0 103. 9 107. 『』にてプレイが可能である。 外部リンク [ ]•

次の

【疑問】パチスロのパネル違いでスペックや性能が若干異なる事って本当にあるの?

ディスクアップ 初代パネル

ディスクアップってさ、設定1でもゲロアマと言われる機種である。 四号機時代の「タコスロ」、「クランキー」、「レッツ」等、 ボーナスのみのAタイプにも関わらず通常時の子役全取得、BIG中のビタ押しができれば、 アイムジャグラーの設定6と同様の期待値を誇っていた。 そんな時代の再来かと言われているディスクアップ。 一撃で4000枚出たと思えば全飲まれ、 マイナス3000枚からの昇竜拳等、出玉の荒さはどこでも騒がれているところである。 しかし何故ここまで荒くなるのか。 答えは単純明快。 ずばりボーナス重複役の各々の確率が非常に重いからである。 それに加えて、パンク役以外の全約でボーナス抽選をしているのだからその荒さを感じ取ることができる。 これは「ハナビ」、「バーサス」にも言えることである。 なので短期間の勝負だけだと非常に荒れやすい。 このため、スロリスクタイムでは、ディスクアップは 打てるジャグラーやハナハナがない場合の保険として打つことが多い。 ということは… 本日はジャグラーやハナハナで打てる台がなかったためディスクアップ実戦である。 いつものようにホールを周回するも、特段打てそうなジャグラーやハナハナが空いていない。 軒並み合算が悪いのしかなく、やむなくディスクアップのシマに… ここも例に漏れず、空き台は死に台ばかり。 ただでさえ甘いと言われる機種のため、大体が設定1となっている。 一応毎日56っぽいのは1~2台見受けられるが、大体は空いておらず。 仕方なく、3964G BIG7 REG11という台を打つことに。 ディスクアップを打つ際は、REG確率に設定差があるが、 正直気にしなくてもいいレベルだと思っている。 何故ならMAXタイプが全盛期の頃のグラフを比べると、 あれくらいの確率が当てにならないからである。 それよりも重いREG確率を重視するよりも、打ってみて子役がいいかで判断したほうがいいというのが持論である。 過去にBIG中のビタ押しでゲーム数上乗せ無しが発生したときのデータだと、 子役が割とあてになるというのを学んでいたからである。 ということで実戦開始… するも、949G回してBIG2回のみ… 唯一ARTが107G、99G続いてくれたおかげで重症とまではならなかったが、 投資15kに対して回収は3. 子役も全て設定1の値を下回っており、台移動。 分かり切ってる設定1を打ち切るよりも高設定台を見つけるのが正しいという判断だ。 次なる台を探しに放浪の旅へ… そこに待ち構えるは、583Gハマりのロードオブヴァーミリオン。 過去にAT100Gを体感し、まあそこまで悪い印象は持っていなかったため確保。 ハマればハマる程フリーズ確率が上がるということで、「鉄拳3rd」を彷彿とさせる台だ。 投資は軽く、5kで謎に当たりを射止める。 因みに141G回しただけでこの投資は流石に厳しい。 も、ゴミボ。 その後天国にいたようで、85Gで再度、 ゴミボ。 41枚のメダルを持って退散するのであった… ジャグラーやハナハナコーナーを再度確認するも、打てる空き台は存在しない状況。 止む無く、ディスクアップのシマへ再度戻ることに。 すると、7557G BIG26 REG14という、ぎりぎり設定5の合算値という台を見つける。 これなら大怪我しないかと高を括り、打つこととした。 以下実戦データである。 唯一REGに偏んなかったおかげで大してマイナスにはならずに済んだ。 この時点で閉店が近くなっていた。 やはりディスクアップは収支が荒れる台である。 2000G近く回しても設定1の合算値からかけ離れていたりと、 ジャグラーやハナハナにはない荒さがある。 しかしこの荒さがいい方に偏ると一撃でとんでもないグラフを描いたりと中々読めない台である。 例え設定がよくとも、同色BIGの確率は全設定共通であり、 如何にDTやDJの上乗せを持ってこれるかというところに凝縮されていると思う。

次の