北九州 洗脳 殺人 事件。 「北九州連続監禁殺人事件」死体のない大量殺人事件

通電、監禁、肉体関係……連続殺人犯はこうして女性を洗脳して“獲物”に仕立て上げた

北九州 洗脳 殺人 事件

相手の弱みを握ったXは被害者に対して様々な暴力・虐待を強いた。 特に裸にした電気コードの先にクリップをつけ身体に挟んで瞬間的に電流を流す「通電」という方法が主に用いられた。 激痛が走り目の前は真っ白になり患部は焼けどをおこしひどい時には水ぶくれになる。 元々はXが経営していた従業員がお遊びで始めたことがきっかけであるが、後にこれはXが相手を支配するのに非常に重要なツールとなった。 Xは通電について、被害者らへのしつけが目的の「秩序型通電」とXが腹を立てた時の「激昴型通電」の二種類であったとしている。 なお、虐待について5歳男児であるHのみは免れたが、10歳女児であるGを含めた他の被害者全員が対象となった。 書類 Xは「弱み」「虐待」を盾に被害者に「事実確認書」などの書類を作らせた。 主に以下のようなものがあった。 被害者が将来において書類の中身を実行するもの 相手に無理難題を実行させることを約束させるもので、相手に書類の中身について実行させなければならないと思わせるように仕向けた。 被害者が過去の弱みを告白するもの 署名したことを理由に書類の中身が真実でなくても真実であるように思い込ませて、さらなる弱みを握ったりX自身の責任を逃れるように仕向けた。 マインドコントロール Xは相手の「弱み」「虐待」「書類」を盾に、「食事」「排泄」「睡眠」など様々な生活制限を強いた。 違反した場合は、さらなる虐待を強いた。 これらによって被害者を精神的に追い詰めた。 さらにXは自分を頂点として被害者を序列化した。 通電される者は下位の人間であった。 Xを頂点とする社会においてどんなに些細な理由でも被害者に通電された。 また序列の高い被害者が下位の被害者を通電させるように仕向け、逆らったら下位に落とされて通電されるようにした。 またXは、被害者が別の被害者の悪口や不満をしゃべれば序列の下位から免れるように仕向け、被害者たちの悪口を聞き出した。 Xがそれらの悪口や不満を当事者である被害者に吹聴させることによって、被害者たちはお互いを憎しみ合うように仕向けられた。 またXの指示で上位の被害者が下位の被害者に対して通電させた。 そのため、被害者たちの個々人が孤立化してしまい、一致団結してXに逆らうということが無くなった。 またこれらのマインドコントロールによって、被害者が親族である他の被害者を攻撃することに抵抗感を無くさせ、Xは自らの手を汚さずに被害者に殺人や死体解体をさせる土壌を作った。

次の

北九州監禁殺人事件の読み物&映画まとめ

北九州 洗脳 殺人 事件

福岡県北九州市で7人が監禁・殺害された事件。 日本史上稀に見る残酷な事件が2002年に発覚したきっかけは、当時17歳の少女が監禁先から逃げ出し、警察に通報したことからだった。 初めは1人の少女の監禁事件として考えられていたが、真実が明らかになるにつれ、その凄惨さに世間は震撼することとなった。 犯人は松永太死刑囚と緒方純子受刑者の2人。 どちらも当時40歳だった。 詐欺と脅迫容疑で指名手配されて逃亡を続けてきた2人は、どのように監禁・殺害事件を起こしたのか。 (2人の出会いや事件が起きるまでの概要はこちらから) そして始まる殺人事件 金に困った2人が目をつけたのは、逃亡中にマンションを仲介してくれた男性だった。 松永死刑囚は偽名を使って一流メーカーで働く優秀なエンジニアを演じ、投資話を持ちかけた。 それに男性は取り込まれた。 松永死刑囚は、男性の妻に対する不満などを聞いては煽り、別居させ、過去に犯した悪事などを書面にするなどして弱みを握った。 男性は当時8歳の娘を連れ、彼らと共同生活をはじめるようになる。 この娘は17歳になり逃走するまで、9年間を2人と過ごすこととなる。 体をペンチでつねる、殴る、剣道のそんきょの姿勢や長時間の起立。 食事はラードを乗せた白米のみで、浴室に閉じ込め、真冬に冷水のシャワー、睡眠時間の制限などありとあらゆる虐待を加えた。 そしてその虐待は当時8歳だった男性の娘にも行われた。 男性と娘は虐待に次ぐ虐待で、松永死刑囚のマインドコントロール下に置かれ、口止め料・慰謝料・娘の養育費などと様々な名目で、多額の金を要求されるようになる。 男性は消費者金融や親、知人などから借金して金を渡し、その総額は少なくとも1083万円にのぼった。 虐待を続けられた男性は次第に衰弱し、共同生活をはじめて1年4か月後、1996年に死亡した。 享年34歳だった。 松永死刑囚は緒方受刑者に、遺体をバラバラに解体させ、刻んで捨てさせた。 この行為について松永死刑囚は「私は解体の構成に関わり、プロデュースしました。 設計士がビルを建てるのと同じですよ。 私の解体方法はオリジナルです。 魚料理の本を読み、応用し、佃煮をつくる要領でやりました」と語っている。 事件があった部屋 家族をマインドコントロールし、殺害させあう 男性を殺害する前、松永死刑囚は男性の知人の妻を結婚詐欺にかけ、男性と同様に監禁し、金を奪って虐待をしていた。 男性が殺害され、知人の妻が逃走した後は、緒方受刑者の母親からの送金で暮らしていた。 しかし、その送金が1500万円を超える頃、母親の蓄えが底をつき、送金がなくなった。 松永死刑囚は緒方受刑者に資金作りを要求したところ、緒方受刑者は内緒で湯布院で働きに出た。 それに対して松永死刑囚が逃げたと思い込んで激昂し、緒方受刑者の家族が巻き込まれることとなる。 松永死刑囚は緒方受刑者の家族に芝居をさせ、緒方受刑者を呼び戻した。 両親と妹が、まず頻繁に松永死刑囚からマンションに呼び出され金策などを話し合わされるようになった。 さらに、元警察官だった妹の夫まで松永に取り込まれ、妹夫妻の娘と息子も含めた同居生活が始まってしまう。 松永太死刑囚 松永死刑囚は妹の夫にわざわざ不満を言わせ、暴力を振るわせた。 家族に対しては、緒方受刑者の犯行に加担したとの負い目を感じさせるために、男性を殺害して処理した台所の配管などの取り替えをさせたりした。 また、独自のルールを決め、家族全員をマインドコントロール下に置いていった。 そのルールとは、松永死刑囚が指示するときだけとれる1日1回の食事。 水も松永死刑囚が許したときだけ、緒方受刑者が準備して飲むことができた。 ご飯の内容は炊事がいらないという理由から、ほとんど食パンか菓子パン。 排泄や睡眠も松永死刑囚が支配し、自由な行動や会話は許されず、一日中無言のまま足がむくむほど立たされたこともあったという。 もちろん知人や仕事先などとの連絡は一切断たせた。 また、家族一人一人に「ランク付け」をして、その時々によってランク付けを変えることで、お互いに敵対心を生まれさせた。 緒方受刑者は「父は『もうこうなったら松永さんにぶら下がって生きていくしかありません』と話していたことを覚えています」と裁判で語っている。 緒方純子受刑者 そして松永死刑囚は、ついに緒方家の命を奪っていく。 それも、自らの手は汚さずに。 緒方一家は松永死刑囚の指示で父親の遺体をバラバラに解体。 これにより、一家にさらなる弱みを負わせた。 松永死刑囚は緒方受刑者に母親を浴室に閉じ込めさせた上、「困るのはお前たちだろう」と妹夫婦に問いかけた。 「よくなるかもしれないから、もう少し様子を見ましょう」などの提案には耳を貸さず、各々に役割分担を指示し、殺害させた。 そして、それまでと同様に、遺体は解体され、捨てられた。 今度は肉体的、精神的なストレスから妹の耳が聞こえにくくなり、松永死刑囚の指示によって夫の手で絞殺された。 その後、妹の夫が通電などの虐待によって死亡、甥と姪も殺害された。 罪を認めない松永死刑囚 緒方受刑者の家族が全員殺害されたのち、およそ4年たってから、1人目の被害者の娘がマンションから逃げ出したことで事件は発覚する。 2005年9月28日、福岡地方裁判所小倉支部で行われた一審判決で死刑が2人に言い渡された。 緒方受刑者は罪を認めたが、松永死刑囚は法廷で「控訴だ」と叫んだという。 2007年9月26日に行われた二審で、緒方受刑者については「松永死刑囚の暴力に支配され犯行への関与も従属的だった」として一審の死刑判決を破棄し、異例の減刑となる無期懲役を言い渡された。 松永死刑囚は、2011年12月12日、最高裁での上告は棄却となり死刑が確定した。 (2人の出会いや事件が起きるまでの概要はこちら 二人の息子は今どう感じているのか フジテレビ(首都圏エリア)で10月15日(日)と22日(日)の2週にわたって放送した『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』。 北九州連続監禁殺人事件の犯人である松永太死刑囚と緒方純子受刑者の間に生まれ、「人殺しの息子」と呼ばれながら生きてきた息子(24)が、初めてメディアのインタビューを受けたもので、自身の怒りや悲しみ、そして苦悩の日々などを激白した。 反響が大きかったため、12月15日に全国放送される。 今回は、10月に放送した内容だけでなく、放送後、再度息子に敢行したインタビュー、母・緒方純子受刑者による未公開の手紙などの内容を加えて、再編集した形で放送される。 「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて・・・」 放送日時:12月15日(金)21:00~22:52 放送.

次の

「北九州連続監禁殺人事件」死体のない大量殺人事件

北九州 洗脳 殺人 事件

北九州連続殺人事件の判決公判が28日、福岡地裁小倉支部で開かれ、殺人罪などに問われた事実上の夫婦、松永太(44)、緒方純子(43)両被告に、求刑通り死刑が言い渡された。 この事件内容を書く、はっきりいって鬼畜とはこういう奴なのだろう。 あまりに凄惨な事件内容なので、鬱になりそうな人は読まないことを希望する。 この二人は同級生なのだが、松永が緒方に電話をかけることから始まる。 松永はチンピラのようなことをやっており 会社経営とあるが実際はチンピラだ 、金使いが荒かった、そこで金づるが欲しくなり、彼女をたまたま選んだのである。 緒方は自分を好きになってくれた人と思い、暴力を振るわれても松永に心底のめり込む これが暴力的支配となるかは心理学でわかれる。 まず第一の殺人は、今回の事件発覚のカギとなった監禁されていた少女の父殺害である。 この当時、少女は小学4年生、94年10月松永、緒方はこの少女と父親を監禁し、金づるとして利用、内面的支配とともに通電 体に強烈な電気を流す などを行い支配下におく、金が工面できなくなると浴室に監禁し食事などを与えず、多機能不全で死亡、これが96年1月ごろ、約1年半の地獄を与え続けている。 松永は金づるがなくなったことで、次の標的を狙うこととなる。 それが緒方の父(61)、母(58)、妹(33)、妹の夫(38)、そのこどものおい(5つ)、めい(10)の6人だ。 全員殺された。 もちろんこの間に、警察はおかしいと感じ捜査の手を狭めていたのだが、街で警官に会っても何も言わずに笑みを返すだけだった緒方の殺された親族たち。 恐怖と、自分が語れば人質となっている親族が殺されるという思いが、事件発覚を妨げたといえるかもしれない。 緒方の父 97年12月、この頃、警察の捜査に怯えていた松永が緒方本人に父親殺害を指示、電気を通し感電死させる。 緒方の母 98年1月、監禁している場所で奇声を発するようになったので病院に連れて行くことを考えるが、松永は病院で何を話すかわからないとし、殺害を決意。 緒方の妹が首を絞め、その夫が足をおさえつけ、緒方とめいはそこで見ておくようにと松永がすべて指示。 緒方の妹 98年2月、度重なる通電で精神的に異常を見せ始め、松永は殺害を指示。 夫が首を絞め、緒方が両足をおさえつけ、めいが膝をおさえた。 緒方の妹の夫 上記3人の死体の始末をさせ、不眠不休を強いる、寝そうになると通電、食事も与えず、その後衰弱死する。 これが98年4月。 緒方の甥 98年5月、松永は「子供に情をかけたばかりに復讐された例もある」と甥の殺害を指示、緒方の姪に「お母さんのところへ帰してやれ」と言い、緒方と姪が甥を殺害。 緒方の姪 98年6月、松永が口を割りそうだと疑心暗鬼になり緒方に殺害を指示、監禁されていた女性に手伝わせ、殺害。 この後、先にあげた監禁されていた女性が逃げ、警察に駆け込み発覚となる。 しかしこれも最初は少女が虚言の癖があるとして言い逃れようとしていた、実際、死体が無いのだから週刊誌でも殺人を疑う報道までされたのだ。 ではなぜ死体が無いのか?事実を書こう。 殺された被害者は順次、残った家族の手によってノコギリでバラバラにされ、その後ミキサーにかけられた。 緒方は肉汁をペットボトルに入れ近くの公衆便所から流し証拠隠滅を図った。 松永は決して自分の手を汚そうとしなかった。 甥 5つ 姪 10 の殺され方は酷い、この世に神様はいないのかもしれない。 前出で甥は緒方と姪に殺されたわけだが、首を絞めたのはわずか10歳の姪だ。 姪は甥に「お母さんに会いたい?」と聞き「うん」と無邪気に笑う甥に対し松永が言ったとおりにすれば会えると無理に思い込み、首を紐で絞める。 無理にと書いたのは、この後姪も殺されるのだが、まるで次は自分だよねという表情を緒方に対し向けたと緒方は語っているからだ、子供ながらに運命を受け入れるしかないと悟ったのか・・・ありえん話だ。 そして甥を押さえつけ、見ている緒方。 すべては松永の指示である。 緒方被告がどんなに従っただけと言っても、これだけのことを実行したことは許されない、死刑判決は妥当である。 彼女自身も刑に服す考えを当初から示している。 松永被告は「すべて実行は緒方が勝手にやったことであり、自分は関与していない」と一貫して主張、薄ら笑いで今でも容疑を否認。 28日の判決後閉廷間際には弁護人に向かって大声で「先生、控訴審ですよ。 やりますよ」と叫んでいる。 あなたは一体何を感じますか? 果たしてこのような人間に人権という名の 保護は必要ですか? 罪を憎んで人を憎まず。 でもね私はこいつを憎みます。 果たして人間とは性善か性悪か、松永と緒方の間には子供がいる・・・。 *上記の写真は朝日新聞より抜粋しています。 人気プログに参加しています、宜しければクリックをお願いします。

次の