オペラント 条件付け 例。 オペラント条件付け(道具的条件付け)

日常生活での条件付けの例を教えてください。

オペラント 条件付け 例

結論を図示 古典的条件付けとオペラント条件付けの違いを図にすると 下記のようになります。 古典的条件付けは、 反応の大きさはそのままに、その反応を引き起こす トリガーを新たに増やす手続きです。 オペラント条件付けは、 トリガーはそのままに、起こる 反応の強度を強化する 手続きです。 古典的条件付けとは 上の図を例を用いて説明します。 テッパンの例である、 旧ソ連の生理学者パブロフさんの実験で説明しましょう。 空腹の犬はエサを見ると唾液を出します。 よだれを垂らします。 この犬に、メトロノームの音を聞かせてから、エサを見せます。 この手続きを何度も重ねていると 対提示 、やがて メトロノームの音を聞いただけで唾液を出すようになります。 この操作で、 「唾液を出す」反応のトリガーとして、 「メトロノームの音を聞く」が増えたことになります。 ほかにも日常生活では、• 昔やってたゲームのBGMを聞くとテンションが上がる• 「坊主にくけりゃ袈裟まで憎」くなる といった例もありますね。 オペラント条件付けとは オペラント条件付けとは、 もともとあった 反応の生起頻度が変わる条件付け のことを言います。 こちらも例を用いて説明します。 有名なのは スキナーさんの実験です。 マウスが偶然にレバーを押すと、エサが出てきます。 すると、 マウスがレバーを押すまでの時間はどんどん短縮されていくのです。 これは、レバーを押した直後に提示されるエサが、「ご褒美」 =強化子 という フィードバックとなって、 レバーを押す行動の頻度が増したことによります。 この時に、もし、 レバーを押させる別のきっかけが増えていれば 「メトロノームの音を聞いたらレバーを押す」等 トリガーが増えていると言えますが、 そういったことは起こりません。 オペラント条件付けのほかの例としては、• 犬がエサのご褒美で曲芸を覚える• 子供が褒められて伸びる とかがありますね。 まとめ 以上の例を、初めの図に反映させてみましょう。 この図に反映させると、 このようになります。 左側の 古典的条件付けでは、 反応の大きさ自体は変わっていませんが、 メトロノームの音が新たなトリガーとして加わっています。 対して、右側の オペラント条件付けでは、 レバー押しを引き起こすトリガーは増えてはいませんが、 レバー押しの反応が強化されています。 いかがでしたでしょうか。 何かあれば、コメント欄にてご指摘ください。 参考文献: 中島定彦・実森正子 2000 サイエンス社.

次の

行動分析学との遭遇(5)

オペラント 条件付け 例

強化スケジュール どのようなタイミングで強化を与えると効率よくオペラント行動を強化できるかを研究し、スケジュールとして分類を示したもの。 連続強化 固定強化 反応があるたびに強化すること。 例:自動販売機のように行動 お金を入れてボタンを押す のたびに強化子 ドリンク が与えられるようなイメージ。 間歇強化 変動強化 毎回ではなくときどき強化すること。 間歇 かんけつ 強化は、 連続強化に比べて強化されやすく消去されにくい 消去抵抗。 例:競馬で毎回馬券を購入するが勝てる日 強化子 もあれば負ける日もあるといったイメージ。 基本の強化スケジュール 定比率スケジュール FRスケジュール 一定回数の反応後に強化する。 FR10:10回片付けができるたびにおもちゃを与える• FR20:来店20回毎に商品券が貰える 変比率スケジュール VRスケジュール 反応回数ごとに強化するが、強化までの反応数が不規則に変化する。 FI1ヶ月:1ヶ月間の労働ごとに給与が与えられる• FI30分:30分ごとにエサを与える 変間隔スケジュール VIスケジュール 一定時間の経過ごとに強化するが、強化までの時間が不規則に変化する。 VI30分:3時間で6匹の魚が釣れた 下のグラフはスキナーがおこなったハトの実験の記録です。 定比率と変比率では休みなく反応していることが分かります。 複合スケジュール 2つ以上の強化スケジュールを組み合わせて用いる方法。 混合、多元、並立、連鎖など、さまざまな組み合わせのスケジュールがある。 消去抵抗 消去抵抗とは、条件づけられたオペラント行動を消去しようとしたときに、どれだけの回数や時間がかかったのかという 消去のされにくさのこと。 『消去』=強化子の提示を止める 「間歇強化 変動強化 のほうが連続強化よりも消去抵抗が強い」 ハンフレイズ効果(強化矛盾)とも呼ばれ、 一定の強化よりも不規則な強化をしたほうが強化子がなくなっても行動が維持されやすい。 酷い暴力を受けているのに、 たまにすごく優しいときがあるからと離れられなくなる。 これらが 強力で消えにくい間歇強化の特徴です。 関連記事|• 関連記事|• 関連記事|.

次の

(必読)消去抵抗に対する対処方法、条件付けやダイエットとの関連

オペラント 条件付け 例

古典的条件づけ=「受動的」 オペラント条件付け=「能動的」 犬嫌いの例 例をあげてみましょう。 犬に吼えられると、犬に対して恐怖感を抱くようになるのは、条件反射です。 つまり、古典的条件付けによるレスポンデント反応です。 一方、犬がいない道を通るようにするという「自発的行動」で、その恐怖感を回避すること 強化 は、オペラント条件付けによるオペラント行動と言えます。 連合学習と観察学習 さらに一歩進んで、 「連合学習」と「観察学習」についても考えておきましょう。 「オペラント条件づけ」「古典的条件づけ」は、どちらも 連合学習に含まれます。 連合学習は、簡単に言えば、2種 以上 の刺激の組合せ、つまり連合による学習といえるでしょう。 一方、観察学習は、観察によるものですから、 自身が経験していなくても学習が成立することを指します。 観察~記憶という認知過程を重視することから、連合学習とは別のものに位置付けられます。 お小遣いの例 例をあげてみましょう。 兄がお使いをしたとき、親からお小遣いをもらっていました。 それを見た弟は、直接お小遣いをもらったわけではないにもかかわらず、自分もお使いをしたがるようになります。 ただし・・・ 学習したことそのものは、モデルが強化されるプロセス 代理強化=兄がお小遣いをもらう なので、認知的にオペラント条件付けによる報酬への期待 すなわち「お使い-お小遣い」という連合 を学習したことになります。 それが実際の行動に結びついて報酬をもらえば、観察学習もオペラント条件付けという見方もできるわけです。 ただ、厳密に「学習のプロセス」で考えると、観察学習は「認知」に焦点を当てた社会的学習であり、連合学習とは異なるといえます。 このあたりの分類はなかなか難しいので混乱しがちです。 いろいろな情報に触れて理解を深めていくとよいでしょう。 通信講座で心理学を学びませんか? 四谷学院では、心理学を学べる通信講座を開講しています。 あなたの目的に合わせて、お選びくださいね。 「なりたい自分」になろう! 初学者の方へ 「心理学入門講座」は、初めて心理学を学ぶ方に最適です。 入門と言えども、かなり本格的なので、将来的には心理職を目指したいという方には、「臨床心理士指定大学院対策講座」の前段階として活用も可能です。 たとえば、こんな方にピッタリです。

次の