節約料理。 節約献立40選!食費を抑えても家族みんな大満足の美味しい料理を大公開♪

食費節約|夫婦ふたりで月15,000円!簡単においしい料理を作るコツ&レシピ

節約料理

まず 包丁と まな板。 包丁はさまざまな種類がありますが、ひとまず「三徳包丁」と呼ばれるものを1本持っておけばOKです。 まな板は木製のものとプラスチック製のものがありますが、衛生面や手入れのしやすさを考えると、プラスチック製を選択するのが無難でしょう。 次に、 鍋と フライパンです。 鍋は両手鍋と片手鍋がありますが、片手鍋のほうが湯切りなどがしやすいのでおすすめです。 フライパンはひとまず26cmのものが1本あれば大丈夫でしょう。 鍋もフライパンも、必要に応じてサイズやタイプ違いを揃えていくと良いですよ。 計量カップ・スプーン、 ボウルと ザルも必要になるでしょう。 ボウルとザルは100円均一でブラスチック製のものがセットで売っています。 サラダや和え物を作るときにあると便利ですよ。

次の

【保存版】料理苦手でも簡単!一人暮らし節約レシピ20選(cockpad人気レシピ)

節約料理

150円で一汁二菜【ほどよく豪華な節約献立集】 ちかごろの物価高騰に対抗すべく、材料費(調味料類を除く)が、1人前100円ほどで作れる主菜を画像つきで掲載し、それに合った副菜と汁物の、一汁二菜で150円ほどで納まる献立表を作りました。 併せて、余った材料を使い切るレシピ、翌日にまわすレシピも紹介してます。 ハシリに走らない。 しかし無駄買いはしない。 買ってしまった食材は根性で使い切る。 週に一度は作りたい冷蔵庫一掃料理。 残った料理は味と見た目を変えて再登場させる。 手作りできるものはなるべく手作りする。 (例えば、挽き肉は、ブロック肉を買ってきてフードプロセッサーで砕いた方が、安い上に新鮮で安全。 )お金を節約するのも、時間を節約するのも、どちらも節約と考え、臨機応変に、ストレスにならないように、お気楽に。

次の

節約料理や献立作りがはかどる無料レシピアプリ7選。プラスおまけ1つ追加!もうこれで毎日の節約レシピに困りません。

節約料理

com) 食事量が足りない 人は寝ていてもカロリーを消費するので、極端な節約で食べる量を減らしすぎると体調不良を起こす恐れがあります。 さらに、食欲が満たされないことでイライラの原因にもなります。 同じようなメニューになりがち 例えば、もやしや卵、豆腐、こんにゃくなど季節を問わずいつでも安く手に入る食材がありますが、いくら味付けを変えても毎度同じ食材ばかりになると飽きてしまい、食事を楽しめません。 一生懸命考えてスーパーで材料を買い込んだのに、結局外食のほうが満足できるようになってしまって食材を無駄にする残念なケースも。 節約上手かつ料理上手になるためには、レパートリーを増やして旬の食材をうまく使えるようになり、日々の料理を楽しむことが肝心です。 おいしい節約料理をつくる2つのコツ (写真=PIXTA) 調味料は妥協しない 食材は「安ければ安いほうがいいんじゃないの?」と思いがちですが、実は調味料は容量が少ないとコスパが悪くなります。 それは容器代や個包装代がかさむためで、中身に変わりはありません。 よって、頻繁に使う調味料は賞味期限内に使いきれる量をまとめて買ったほうがお得です。 また、オリーブオイルやドレッシングを少し高めのものに変えると、生野菜を切っただけのサラダや素朴なパンでも十分においしく食べられるので、より満足度の高い一皿に仕上がります。 電子レンジを活用する 最近では茹でたり焼いたり、さらに揚げ物までできる高性能なオーブンレンジもあります。 プロの料理人も日頃から電子レンジを活用しているのをご存知でしょうか。 プロは節約のためではありませんが、食材によっては電子レンジで温めることによってより旨味が凝縮する場合もあります。 ガスに比べ手間がかからず、コストも安い電子レンジをぜひ活用しましょう。 さらに節約を考えるなら、目先のお金だけではなく、時間にも考慮するべきです。 料理はつくるのに手間がかかるので、高性能な電子レンジに投資することで、日々の料理をつくる時間が軽減でき、満足度の高い節約生活ができるかもしれません。 com) 豆腐グラタン 豆腐・味噌・マヨネーズをまぜてチーズをのせて焼くだけというとても簡単なメニューです。 お好みで海苔をのせると良質なビタミンも摂取できます。 特に豆腐は満腹感を得やすく、味噌をまぜることで全体にコクと深みを追加。 ただ、このメニューだけでは野菜が摂取できないので、お好みに応じて玉ねぎやにんじん、きのこなどをプラスするのもおすすめです。 レシピはこちら ささみともやしのポン酢和え 鶏ささみともやしを茹でて、ねぎとポン酢をかけるだけというあっという間にできる時短料理です。 お好みに応じてごま油などをかけてもよく合います。 茹でるガス代を節約したいなら、シリコンスチーマーに材料をすべて入れ、電子レンジでチンする方法もおすすめです。 電子レンジに入れるときは、お酒を少し振りかけるとより鶏肉が柔らかく仕上がります。 少し物足りないときは、胡麻ドレッシングなどでこってり感をプラスしたり、きゅうりやブロッコリー、トマトなどを添えたりするとあっという間に見栄えするメイン料理の完成です。 レシピはこちら ねぎ塩鶏 「サラダチキンが好きだけど高い……」という方におすすめ。 鶏のむね肉はもも肉より安く、低カロリー高たんぱくで美容にも良いので、女性にはとても嬉しい食材です。 塩をもみ込んだむね肉をラップで包み、数分鍋で茹でるだけ。 電子レンジでつくる方法もあります。 サラダに入れたりパンに挟んだり、ちょっとしたお酒のつまみにもぴったりなので来客の際にもささっとつくれるシンプルで上品な一品です。 レシピはこちら こんにゃくの豚肉巻 節約簡単料理の王道といってもよいレシピ。 こんにゃくは食感がお肉に似ているので、豚肉で巻くことで不思議と厚切り肉を食べているような口当たりになります。 こんにゃくにフォークで穴をあけ、短冊形に切った後に豚肉で巻き、塩コショウと小麦粉を振って焼くだけ。 あとの味付けはお好みで楽しんでくださいね。 レシピはこちら もやしのとん平焼き とん平焼きは女性に人気の高いメニューですが、実は豚肉がなくてももやしやキャベツだけでおいしくつくれます。 節約食材の代表格もやしをおいしく料理するコツは茹でたり炒めたりするときに、さっと済ますことです。 もやしは非常に水分の多い食材なので、時間をかけすぎると水分が出てしまいおいしくありません。 電子レンジでチンが一番簡単ですが、レンジは水分を一気に飛ばすので注意しましょう。 また残ってしまったもやしはタッパーなどで水につけておくと長持ちします。 水は毎日交換してくださいね。 レシピはこちら コストを吟味するのが本当の節約料理.

次の