黒にんにく 口コミ。 黒にんにくの効果・効能や作り方|栄養成分はにんにくの〇倍!?

健康効果の高い黒酢にんにくサプリを辛口に比較ランキング

黒にんにく 口コミ

国内外から健康食品として注目されている黒にんにく。 現在は市販品や手作りで、比較的手軽に手に入れられるようになっています。 黒にんにくはにんにくの熟成品 黒にんにくとは、にんにくを一定温度・湿度を保った状態で、 1か月ほど熟成させたものです。 通常にんにくは白っぽい色をしていますが、熟成するにつれて色がつき、最終的には真っ黒に変化します。 日本人研究者により、黒にんにくの驚くべき効果が明らかになったのは2006年のこと。 にんにくを超える栄養価の高さから健康食品として脚光を浴び、現在では黒にんにくをテーマにした「黒にんにくサミット」が国内外を対象として開催されるほどです。 日本生まれの黒にんにくは、栄養価の高い健康食品として世界へと広がりをみせています。 黒にんにくとにんにくの違い• 熟成が進むにつれて真っ黒に。 ドライフルーツのような甘みと食感に。 ほとんど臭みが感じられず、ニオイも気になりません。 にんにくを熟成させただけで、全く別物ともいえる変貌を遂げるのです。 黒にんにくは栄養成分がパワーアップ 黒にんにくには熟成過程で• ・アルギニン• ・S-アリルシステイン• ・シクロアリイン• ・プロリン• ・ピログルタミン酸 などの成分が増加します。 さらにアミノ酸量も増え、その量はにんにくの数倍にも。 現在はさまざまなメーカーにより商品化されていたり、手作りを取り入れたりして、黒にんにくが比較的手に入りやすくなっています。 しかし熟成温度や湿度、期間によって熟成度合いは異なり、成分量にも違いがあります。 ある商品では• ・アルギニンが3倍• ・ S-アリルシステインが16倍• ・総ポリフェノールが6倍• ・アミノ酸各種2~7倍 と増加することが、分析結果から明らかになっています。 商品を選ぶ時は、栄養価のより高い黒にんにくを選ぶことがとても重要なのです。 黒にんにくに副作用はあるか 通常のにんにくは刺激が強く、強力な殺菌効果もある食品です。 そのため生の状態で食べると、• 胃腸の荒れや下痢が起こる• 腸内の悪玉菌と一緒に善玉菌も殺してしまう ということもあります。 これはにんにくの殺菌成分 「アリシン」が原因です。 しかし、黒にんにくは、熟成過程で「アリシン」が 「S-アリルシステイン」へと変化。 「アリシン」の含有量が大幅に減少するため、にんにくのような 体の刺激を伴う副作用はほとんどありません。 安心して生のまま食べることができます。 黒にんにくの栄養と健康効果 黒にんにくはさまざまな栄養分を豊富に含んでいるヘルシー食品。 幅広く、高い健康・美容効果を期待できます。 炊飯器の底に溜まった水を捨てたり、炊飯器のフタに割り箸などを挟んで少し開けたりして、数日追加保温しましょう。 炊飯器外側にある蒸気口をアルミホイルなどで軽く覆い、水蒸気の出る量を少なくしましょう。 炊飯器の底に少し水を入れるのも有効です。 ・ 底に竹カゴや竹ザルを敷かないで直接にんにくを入れると、コゲやすくなります。 ・ 風通しのよい常温の日陰で1か月ほど寝かせると、さらに熟成が進み、おいしさがアップします。 ・ 圧力鍋やコンロ、オーブントースターでも作れますが、黒にんにくに似たようなものであり、日持ちもしません。 しっかり熟成させられないため、あくまでも簡易的なものです。 ・ 炊飯器の代わりに保温ジャーも使えますが保温温度が低く、熟成に時間がかかる可能性があります。 蒸気口もないため水分を逃がせず、しっかり乾燥したにんにくを使うなどの配慮が必要です。 新聞紙を底に敷いて、にんにくを詰め込んだら熟成を開始しましょう。 黒にんにくのニオイを抑えた作り方 黒にんにくの保存方法には主に3つあります。 <常温保存> 新聞紙でくるんだり、紙袋やネットに入れたりして、日陰で涼しく風通しのよいところに置きます。 手作りの場合は品質などによりますが、市販品だと 1~2か月ほど保存が可能です。 <冷蔵庫保存> ジップロックなどで密閉して冷蔵庫に入れます。 最初は密閉せずに黒にんにくの温度をしっかり下げ、その後で密閉するとなおよいです。 6か月ほどであれば、品質を保った状態でおいしく食べられます。 <冷凍庫保存> ジップロックなどで密閉して冷凍庫に入れます。 冷凍前に皮をむくかむかないかはお好みで。 ガチガチに凍ることがないため、取り出してすぐでも、常温に戻してからでも食べられます。 最も品質が変わりにくく、 1年ほど品質を維持したままでの保存が可能です。 黒にんにくを食べたからといって、必ずしもはっきりとした効果を実感できるわけではありません。 どのような点に気をつけるといいのでしょうか? 生のままで食べる にんにくのニオイ成分アリシンは疲労回復や殺菌効果などの働きがあり、黒にんにくにも含まれています。 しかしアリシンは熱に弱いため、加熱料理に加えると、効果を十分に得られないことも。 黒にんにくをいつも加熱料理に使っている方は、できるだけ生のままで食べるようにしてみるのをおすすめします。 1日1~2片を毎日続けて食べる 黒にんにくは刺激成分が完全になくなっているわけではないため、食べ過ぎると胸やけや胃もたれ、腹痛を起こすこともあります。 さらに、黒にんにくの効果を得たいからといって、食べた次の日に急に効くというものでもありません。 黒にんにくは1日の適量である1~2片を、毎日続けて食べることがポイントです。 市販品を試したり、熟成温度や期間などを見直したりしてみる 黒にんにくは温度や湿度・熟成期間などによって、栄養分や含有量が異なります。 黒にんにくを手作りしている場合、熟成が十分ではない可能性も。 温度や湿度・熟成期間などを見直して、しっかり熟成させてみましょう。 また市販品はしっかり熟成されており、栄養成分もたっぷり。 手作り黒にんにくしか食べたことのない場合は、一度市販品を食べてみるのもいいかもしれません。 黒にんにくのアレンジレシピ 生のままで毎日食べるのが飽きてしまった時は、ちょっとアレンジしてみると美味しく楽しめます。 2016年フリーランスとして活動を開始。 レシピ開発や栄養指導、料理教室、食に関するコラムの執筆などを行っている。 また「食を見直すならまずは毎日使う調味料から」をコンセプトに地元愛知県三河のみりんや味噌などの伝統的な調味料の素晴らしさを伝えるセミナーなども開催。 食や栄養に関すること全般ですが特に ・調味料について(みりん、味噌や醤油などの製法やどんなものを選ぶと良いかなど) ・体に優しいスイーツの選び方、作り方 ・ダイエットレシピの考案 ・時短レシピの考案を得意としています。 クレジットカード 銀行振込 代引引換 Amazon Pay 楽天ペイ ショップポイント 送料 税込9,980円以上お買い上げの場合は、 送料無料とさせていただきます。 お買い上げの総額が9,980円未満の場合は、 全国740円~で配送いたします。 【配送料金表】 税抜表示 ・関東・東北・信越・北陸・中部:740円 ・近畿・中国・四国:850円 ・九州・北海道:990円 ・沖縄:2,700円 送料無料商品をご購入いただきますと、他の商品も送料無料でお届けいたします(沖縄は除く)。 メール便と普通便の商品を同時にご購入いただいた場合は、普通便の送料 お買い上げ総額が9,980円未満の場合は全国740円~)が発生いたします。 配送方法/発送について 商品は『クロネコ宅急便』、メール便対応商品は『クロネコDM便』を利用して発送いたします。 商品に欠品がなければ、原則ご注文いただいた翌日には商品を発送いたします。 商品の注文が殺到している場合などは発送が遅れる場合がございます。 その場合はメールにてご連絡を差し上げます。 年末年始や祝祭日の連休などで発送が遅れる場合は発送のお知らせメールにてお知らせいたします。 銀行振り込みの場合は、ご入金確認後に商品を発送いたします。 配送日時のご指定 商品の配送日と配送時間帯をご指定いただけます。 会員登録について 会員登録をしていただくと、次回からのご注文が簡単になる「マイアカウント」がご利用いただけます。 ・会員の方には200円のお買い物ごとに1ポイント差し上げます。 1ポイント1円として、1ポイント以上1,000ポイント以下のお支払いにご利用いただけます。 ・登録は無料です。 会費や登録料などの金銭は一切発生いたしません。 ・登録いただかなくても商品をご注文いただくことは可能です。 返品・交換について 取扱商品は食品が主のため「不良品」や「欠損品」を除き、商品の返品及び交換はお受け出来ません。 「不良品」「欠損品」及び「商品誤発送」の場合、返品送料は弊社にて負担いたします。 返品をご希望の方は、商品到着後5日以内にメールにてご連絡ください。 ご連絡なきご返品及び上記期限を経過した場合のご返品はお受け出来かねます。 予めご了承ください。 セキュリティー・個人情報の保護 かわしま屋では、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 安心してお買物をお楽しみ下さい。 お客様の個人情報を運送会社や決済管理会社など以外の第三者に開示もしくは提供することは一切いたしません。 お問い合わせ・ご連絡 かわしま屋 〒208-0034 東京都武蔵村山市残堀4-17-8 E-mail: オンラインショップ:.

次の

黒酢にんにくのおすすめ人気ランキング10選

黒にんにく 口コミ

にんにく卵黄とは 今や雑誌やテレビコマーシャルなどで全国的にも有名になった「にんにく卵黄」ですが、そもそもは中国から渡ってきたにんにくが、南九州の土地で体によい滋養のある食べ物として一般家庭に普及して食べられていたことがルーツだと言われています。 薩摩地方など九州の南地域の各家庭では、にんにくと栄養価の高いニワトリの卵を合わせて料理したり、乾燥させ保存する食べ物として「にんにく卵黄」が作られていました。 にんにく卵黄は以前から日本の地域伝統の貴重な食べ物として存在していたのです。 にんにくには健康増進作用がある にんにくは、その独特の臭気から好き嫌いが分かれる野菜でもありますが、栄養価の高さはすばらしく、なかでもアリシンという成分は、殺菌作用も高く、体の活力をアップさせ、元気の源を作り出してくれる働きをしてくれます。 昔から、にんにくを食べると元気になる、健康増進作用がある、美容にもよいと言われている理由のひとつです。 卵には美容と健康維持に欠かせない 卵も完全栄養食として知られる食べ物ですが、その栄養バランスの良さだけでなく、ヒトの細胞膜をつくっているレシチンという成分を含み、そのパワーが若々しい細胞を作る手助けをしてくれたり、不要なものを排出し代謝をよくしてくれる働きをし、また美容と健康を維持するのに欠かせない成分のビタミンEも豊富に含んでいます。 黒にんにくとは 今、普通のにんんにくとは違う「黒にんにく」が注目されています。 白いにんにくの中身がまるで焼け焦げているかのように真っ黒な実になっている「黒にんにく」とは、一体どのようなものなのでしょう。 にんにくが体によい、健康に影響的だということは、昔から伝えられてきました。 そのパワー成分には、滋養強壮、ダイエットや美容にいたるまでの幅広い影響があり、子どもから大人まで手軽に食べやすく、独特の香りが食欲をそそる人気の食品のひとつです。 そのにんにくを皮ごと一定の温度、湿度で数週間から数ケ月もの長時間をかけて、熟成させたものが「黒にんにく」です。 熟成させたにんにくの皮をむいてみると、そこには形はそのままの真っ黒な実が現れます。 黒い実は従来のにんにくと違い、やわらかく、しっとりとしていて熟成した果実やドライフルーツのようにねっとりとした食感です。 そしてにんにく特有のイヤな臭いはなくなり甘酸っぱい香りをもつようになります。 黒にんにくが健康面の効能で最も注目される点は、生にんにくにはないS-アリスシステインという成分が出現することです。 S-アリスシステインを使った実験では、強いがん予防作用が認められるという結果が発表され、黒にんにくは一気に注目を集めました。 他にも、にんにくを熟成させることでポリフェノールの含有量が増え、抗酸化作用が増すこと、コレルテロール値の低下、動脈硬化の改善、心疾患予防硬化が高まることが報告されています。 また生では、胃や腸への刺激が強いにんにくも、熟成するとマイルドになり、たくさん食べられることや、臭いがなくなるので食べた後の口臭を気にすることもなくなり、安心して仕事や外出できることもメリットのひとつです。 にんにくの影響・効能 パワーフードのひとつでもある「にんにく」の影響と効能を詳しくみていきましょう。 にんにくの特徴といえば、やはりその独特の臭いかもしれません。 食欲をそそる香りでもあり、人によっては苦手なその臭いの正体は、「アリシン」という成分です。 他にも同様の臭気をもつ野菜には「にんにく」「ニラ」「ネギ」「たまねぎ」などがありますが、やはりアリシンが含まれています。 ただし、そのアリシンは水分に溶けやすく、熱にも弱いという、加工の仕方によってとても変化しやすい性質をもっています。 また、パワーが強いがゆえに、摂り方によっては胃や粘膜に過度の刺激を与えてしまうこともあります。 せっかくのにんにくの効能も、調理の仕方や保存の仕方、また食べ方次第では、パワーが減ってしまったり逆に負担になったりして、体に影響を取り込むことができなくなってしまいます。 にんにくの効能をしっかりと取り込むためには、一緒につかう油の種類や調理の仕方、またカプセルなら素材や加工の仕方にも十分注意して選ぶことが大切です。 卵黄の影響・効能 にんにく卵黄の影響のなかで、にんにくと同様に大切な成分である卵の黄身、卵黄の影響と効用についてみていきましょう。 食品としての「たまご」は、生命の源でありそこから生命が生まれてくるほどの力を持っている状態、つまりは完全な栄養バランスをもっていることになります。 そして卵のなかに含まれる成分のなかでも割合が大きく特徴的なのが、「レシチン」という成分です。 卵黄にはたんぱく質、水分、脂質が含まれるのですが、卵黄脂質の中の大部分を占める主要成分がレシチンとなります。 レシチンの役割は、水溶性の物質と脂溶性の物質を混ぜて融合することのできる、乳化剤のような役目がであるため、ヒトの細胞間の物質の通りをスムーズにしたり、要らないものを排出しやすくする働きがあります。 その結果、血液を流れやすくして血行循環をよくしてくれたり、老廃物を体の外へ排出しやすくするという影響が現れます。 以前は、たまごを食べすぎるとコレステロール値が上がる、健康によくない、といったイメージが強く、卵黄にも不健康なイメージをもつ人が多かったのですが、現在の研究結果では、逆にコレステロール値を低下させ、動脈硬化を防ぐ、脂肪の代謝を促進することで肥満の改善にもつながることがわかっています。 また最近注目されている影響、効能には、脳の活性化があり、記憶力を高めてくれることや老化の防止、アンチエイジングにも影響があることがわかってきており、卵黄を摂ることがプラスのイメージに変わりつつあるようです。 このレシチンが含まれる他の食品には、大豆やレバー、うなぎ、穀類などがあり、やはり昔から健康によい、美容影響があるとされる食品であることもうなずけます。 にんにく卵黄の飲み方 昔ながらのにんにく卵黄は手間ひまかけて作りますが、臭いが気になってという方が多い中、最近は各メーカーからカプセルタイプの商品が発売されています。 手作りで作るにんにく卵黄と比べると、ソフトカプセルに臭いの元ととなる栄養成分を全て閉じ込めるので、気になる臭いも全く気になりません。 そんなにんにく卵黄の飲み方ですが、薬ではないので特に決まった時間に飲むということはありませんが、その影響を十分に引き出すには食前・食後がオススメです。 ただ、にんにくに含まれるアリシンには強力な殺菌作用があるため、空腹時に飲むと胃が荒れる可能性があるため食前・食後が良いでしょう。 にんにく卵黄の摂取量は各メーカによって異なりますが、成分構成により自己判断を行わずに、適切な量がそれぞれ定められているので、メーカが推奨する摂取量を守ってください。 また、1日の摂取量が変わらなければ、一度に飲んでも分けて飲んでも問題ありませんので、自分の体調に合わせて飲み続けてください。 にんにく卵黄の気になる臭い にんにくは体によさそう、と思っていても、あの臭いがどうしてもダメ…そういう方も多いと思います。 また、にんにくは大好きだけど、デートのときや明日の仕事のことを考えると、やはり敬遠されることも多いでしょう。 にんにくだけでなく、ニラやタマネギなどもあの独特の臭いがするものですが、その臭いの正体は同じもので「アリシン」という成分です。 アリシンの役目は体によい健康影響が注目の成分ポリフェノールと同じで、抗酸化作用をもち、病気に対抗するパワーが期待されています。 体によいものはしっかり摂りたいとはいえ、やはり臭いは気になるところ。 にんにくの臭いを軽減する方法としては、ゆっくり長い時間をかけて中まで火を通して調理したり、大量の生姜などの香草を一緒につかうなど色々な方法もありますが、外食ではそうもいかないし、家庭で行うにもなかなか難しいところです。 そこで登場するのが、卵黄の影響です。 にんにくに卵黄を一緒につかうことで豊富な栄養成分もとれるのと同時に、卵黄がにんにくの臭気を包み込むマスキングの役割も果たしてくれるのです。 しかも卵黄とにんにくを一緒にとることにより、アリシンの影響効能も倍増し、体のなかに栄養素が長くとどまり吸収率をあげることができる嬉しい影響もあります。 また、研究された技術で錠剤やカプセルなどに加工されたにんにく卵黄なら、気になる臭いもしっかりパッキングされ飲みやすくされているので安心です。 実際にカプセルなどの形で飲用している方の感想では、臭いが気にならない、飲んだ後もにんにく臭いとは感じない、にんにく臭いと言われたことはない、というものが殆どだといえます。 にんにく卵黄 口コミと評価 にんにく卵黄を実際に購入し、試された方から口コミと評価をしていただきましたので、参考までにご覧ください。 そう認識している方は多いかと思います。 多くの商品の注意書きには、食品なのでいつ飲んでもよい、他の薬と飲み合わせても問題はない、といった表示をよく見かけます。 確かに、にんにく卵黄も薬品とは違ってにんにくと卵黄からできている食べ物なので、基本的には小さい子どもから老若男女誰にでも飲用でき、食事と一緒に摂取しても大丈夫とされています。 しかし、やはり気をつけたい点はあります。 まずは安心だからといって既定の量以上に大量摂取はしないことです。 多く摂りすぎると、にんにくの有効成分のひとつである強い殺菌作用が、ヒトの体の中にいる有用な菌まで殺してしまい、胃の粘膜を荒らして炎症を起こしたり、腸内のバランスを崩すことにつながり、便秘や軟便といった不調を引き起こすこともありえるからです。 胃腸が弱いという自覚のあるかたなら、既定の摂取量より少なめに飲用するのもよいと思います。 また他には、食物アレルギーの方が摂取してしまうと、症状が起こる可能性があります。 にんにく、そしてたまごアレルギーの疑いがある場合、過去に症状がでたことがある方は注意が必要で、また直接食物アレルギーを発症していない場合でも、アトピー性皮膚炎などの症状がある場合は、医師の診断や検査を受けてから飲用することが望ましいでしょう。 また、他の種類の商品を常飲している方、漢方などの薬を飲んでいる方の場合は、飲み合わせによる反応や症状がでる可能性もあります。 にんにく卵黄だけでなく、複数の商品を併用している際には、そのメーカーや主治医へ相談してからの飲用をおすすめします。 にんにく卵黄の作り方 現在ではカプセルやタブレットなど、手軽にとれるタイプのにんにく卵黄が普及してきましたが、にんにく卵黄の歴史は意外にも古く、江戸時代には各家庭でにんにく卵黄をつくり、参覲交代の武士が携帯するなど、今の商品のように活用されていたといわれています。 にんにくは体によいもの、その認識はすでに広まっていましたが、携帯するためにはあのにんにく独特の臭いを封じ込めねばなりません。 そこで、利用されたのは卵黄です。 にんにくを卵黄で包みこむことで臭いも防ぎ、さらに卵黄の高い栄養価も一緒に摂ることができるという優れたアイディア。 昔の人の知恵には頭が下がりますね。 そこで、現在でも同じように家庭で作る方法を紹介しましょう。 いろいろな方法がありますが、基本的なレシピは以下の通りです。 まず生のにんにくの皮をむき、実をすり潰すかフードプロセッサーで細かくしてペースト状にします。 そのにんにくペーストを鍋で火を通しながら、卵黄を加えていき、焦げないように注意しながらゆっくりと練り上げて水分をとばしていきます。 その後、バットなどに移して適度に乾燥させ、柔らかいうちに棒状にまとめます。 そして天日干しでさらに乾燥させ、小さくカットして完全に乾くまで乾燥を繰り返します。 最初の下準備や手順に違いもありますが、基本的な作り方としてはこのような方法をとり、乾燥させて錠剤にしたり、もっと細かくして粉末状にしたり、またカプセルに入れるなど飲みやすく加工することもできます。 自家製のこだわりにんにく卵黄を作ることも魅力的ではありますが、質のよいにんにくと卵を手に入れることからはじまり、時間と手間のかかる方法であることは間違いないようですね。 にんにくの出荷量 にんにく卵黄に使用されているにんにくは青森県産が多いようですが、出荷量は全国の約8割が青森県産がしめているといわれています。 にんにくの出荷量ベスト5.

次の

岡崎屋の黒にんにく 口コミレビュー。正直な感想を書き綴ります。

黒にんにく 口コミ

黒にんにく 黒にんにくとは 通常の「にんにく」を「高温・高湿」の状態で、「3~4週間程度」かけて「熟成」させたものが「黒にんにく」。 「にんにく」には「アミノ酸 たんぱく質 」と「糖質」が含まれていますが、これらの「成分」が「メイラード反応」を起こすことによって「発酵」をするのです。 このように「熟成」された「黒にんにく」における「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」の「含有量」は、もともとの「にんにく」よりも増量し、「ポリフェノール」に関して言えば、「5倍 日本食品分析センター調べ 」もの数値になります。 その他、「S-アリルシステイン」という大腸の殺菌作用やコレステロールの抑制に有効な「有効成分」も大幅にUP。 もちろん、「抗酸化作用」もグンと高まります。 特に「ナトリウム」「カリウム」などの「ミネラル」が非常に豊富であるため、「神経・筋肉機能を正常に保つ」「細胞内外のミネラルバランス維持」に大きな効果が期待できると言って良いでしょう。 【黒にんにくの栄養成分表 100gあたり 】 カロリー 174kcal 水分 53. 6g 糖質 32. 9g 脂質 0. 3g たんぱく質 8. 3g 食物繊維 3. 3g ビタミンB1 0. 02mg ナトリウム 45mg カリウム 1,162. 5mg 約 灰分 1. そのため、「苦い」「まずい」ということはなく、「甘酸っぱいドライフルーツ」のような食感を楽しむことができます。 黒にんにくの臭い 口臭・体臭は大丈夫? 通常の「にんにく」を食べた翌日は「口臭」「体臭」が気になるところですが、「黒にんにく」の場合は、そのような心配が一切必要ありません。 仮に、「わずかな臭い」を感じることがあったとしても、「20~30分」が経過すれば気にならない程に落ち着きますので、外出前でも安心してお召し上がりいただけます。 黒にんにくの効果・効能 癌予防・抗癌効果[肺がん・乳がん・末期がんなどへの働きは?] 「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」には、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」を活性化させることで、「癌 がん 細胞抑制」としての効果があることが研究によって明らかになってきています。 さらに、「S-アリルシステイン」は、経口摂取後の「15~30分程度」の「短時間」での「即効性」が期待できるというのが、大きな特徴です。 「末期ガン」の状態で症状が回復するというところまで医学的な見解があるかは、現段階で不明ですが、「黒にんにく」の「乳がん」「肺がん」「胃がん」などの「癌 がん 患者」に対する研究は日進月歩で進んでいます。 ダイエット効果 「黒にんにく」には、「交感神経」を刺激する「アドレナリン」が豊富に含まれているため、「脂肪燃焼促進」「新陳代謝活性化」の作用を高めることへとつながり、「効率」の良い「ダイエット効果」を期待することができます。 動脈硬化・高血圧予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「動脈硬化・高血圧予防改善」への「効果効能」が期待できます。 血糖値上昇抑制・糖尿病予防改善 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「アミノ酸」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」などが豊富に含まれており、「強い抗酸化力」を発揮することから「代謝向上」へとつながるため、「血糖値上昇抑制」「糖尿病予防改善」への「効果効能」が期待できます。 美肌効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」が豊富に含まれており、肌細胞に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「肌トラブル改善」「美肌」への「効果効能」を期待することができます。 更年期症状予防改善・女性ホルモンバランス調整 「黒にんにく」は、「更年期症状」における原因のひとつである「エストロゲン」を適切な状態に戻し、「ホルモン分泌」を「調整」してくれる作用があることから、「更年期症状」の「予防改善」への「効果効能」が期待できます。 腎臓病予防効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「悪玉コレステロールの酸化・動脈硬化予防」が期待できます。 これが、結果として「腎臓への負担を緩和する」という「効果」へとつながるのです。 白髪予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「新陳代謝・免疫機能」を高めるため、「白髪予防改善」への「効果効能」が期待できます。 黒にんにくの効果的な食べ方 食べる量|1日の摂取量は?毎日がベスト? 「黒にんにく」は、「皮」をむいた「そのまま」の状態で、「1日1~2片 多くても4片 」を食べるのが効果的です。 毎日継続することで、「美容健康」への効果を実感することができるようになります。 食べる時間 タイミング |いつ食べる?寝る前が良い? 「黒にんにく」を「食べるタイミング・時間」として、近年では「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」が低下する「睡眠前」に摂取するのが良いという説 弘前大学医学部佐々木甚一元教授による 」がありますが、その都度「体調に合わせる」ということが最も効果的です。 以下にその例を記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。 【黒にんにくを食べるベストタイミング】• ぜひ、実践してみてください。 【黒にんにくのコクが出る美味しい食べ方】• 「黒にんにく」を細かく刻んで「チャーハン」などにおける「炒め物」の「薬味」として加える• 「黒にんにく」を細かく刻んで「ハンバーグ」「餃子」の「具材」と混ぜ合わせる• 「黒にんにく」を細かく刻んで「刺身醤油」に加える 減塩醤油でもコクのある味わいに変化する 黒にんにくの副作用|注意すべき点 食べ過ぎで下痢や胃もたれになる?おならは? 通常の「にんにく」の場合は、「アリシン」という「殺菌成分」が「腸内」の「善玉菌」を消失させてしまうため、「胃腸障害」などの症状を引き起こすことが考えられますが、「発酵済み」の「黒にんにく」では「アリシン」がほとんどなくなっているので、仮に「食べ過ぎた」としても「副作用」が生じることはほぼありません。 ただし、どんなに安全な食品であったとしても、「食べ過ぎる」ことのないように注意しましょう。 参考: 食べてはいけない人 「黒にんにく」は「自然食品」であるため、基本的には「どのような方」でもお召し上がりいただけますが、唯一「胃腸の弱い」という方に関しては、「そのままの状態」で食べるということを控えていただきたいと思います。 その最大の理由としては、「にんにく」自体がもともと「香辛料」であるため、「胃腸」への「刺激」を与えてしまう恐れがあるからです。 もし、「どうしても摂取したい」という場合は、「美味しい食べ方」でもご紹介したように「細かく刻んで料理と混ぜ合わせる」というかたちで、「毎日少しずつ食べる」という方法をおすすめします。 不妊治療中・妊活中でも安心して食べられる 「黒にんにく」は「不妊治療中・妊活中」の方でも、安心して食べることができます。 「副作用」の心配もありませんので、毎日の「美容健康づくり」にお役立てください。 黒にんにくの保存方法[開封前・開封後の賞味期限は?] 基本的な保存方法 「開封前」の「黒にんにく」であれば、「冷暗所 直射日光のあたらない場所 」にて「 1年間」の「保存」が可能です。 「黒にんにく」そのものに関しては、こうして「保存」している間も「ゆっくりと熟成」が進んでいくため、その分「栄養成分」「甘み」はグンとパワーアップします。 尚、「皮つき」の状態の方が「長持ち」しますので、仮に「開封」をしたとしても、「残り」に関しては、「皮」を剥かず、そのままにしておくのが良いでしょう。 一方で、「長期化」されればされるほど、多少は「乾燥する」「固くなる」などのことは起こり得ますので、その点はご了承ください。 ただし、「味の質」が落ちることはありません。 その場合は、「黒にんにく」を「新聞紙で包む」「空き瓶に入れる」「紙袋に入れる」のいずれかの「方法」を用いるようにしてください。 ただし、「夏場」の「常温保存」は「腐る」恐れがあるため、「カビ」が生えないように「冷蔵庫」に入れるようにしましょう。 このように丁寧な形で梱包されていました。 生産者の気持ちが伝わってきます。 同封の内容としましては「黒にんにく」の他に、「生産者の松尾さんからのメッセージ」「お客様の声」「黒にんにくの説明の冊子」「定期購入のお知らせ」などが同封されています。 生産者の松尾さんがどんな思いでこの黒にんにくを作られているのかが書かれています。 メッセージを抜粋すると「余計なものは加えないこと」「毎日食べてほしいからおいしいこと」とあり、本当に良いものを食べて欲しいというメッセージが伝わってきます。 黒にんにくが合計で31個(1カ月分)入っております。 1つ1つはこのように、小さな包に入っております。 この形だと、大きな袋を開封しても、個別の黒にんにくは密閉されるのでいいですよね!賞味期限はおよそ、1年3カ月程度のようです。 実際に袋から出してみると、自然のものなので、発酵具合(黒さ)や大きさにはばらつきはありますが、スーパーなどでみるにんいくの1片よりははるかに大きいいです。 そして想像していたより黒いです。 臭いはかすかにしますが、想像よりはるかに、臭いが優しめです。 !ドライフルーツくらいの臭いです。 このくらい大きいにんいくは東京のスーパーではなかなか見ません。 にんいく1つではなく、1片です。 そして、皮を実際に剥いてみると中はさらに黒いです(笑)発酵しているのがよくわかります!臭いも皮を剥いてもほとんどしません。 普通のにんにくおり遥かに臭いが抑えられています。 実際に食べてみると、これがにんいく?というくらい甘いです!にんにくというよりプルーンのような感じです。 おかし感覚でたくさん食べてしいます。 皮はこのようにとても剥きやすかったです。 最初に述べた松尾農園のこだわりのとおり、「余計なものは一切はいっていません」しそれでなおかつ「とてもおいしい」です。 そして食べて数分後にこころなしか、体があったまってきたような感じがします。 松尾農園の黒にんにく、おすすめです。 口コミ・評判 同封のパンフレットにいくつかお客様の声が乗っていたので、抜粋させてもらいます。 以前は汗などかかなかったのですが、熟成発酵黒にんにくを食べ始めてから汗をかくようになりました。 体調がよくなっている証拠だと思います。 友だちにもプレゼントすると喜ばれます。 (主婦女性) まとめ ここまで、「黒にんにくの特徴・効果効能」「副作用の有無」「効果的な食べ方」「保存方法」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「黒にんにく」は、通常の「にんにく」と比較しても「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」などの「含有量」が非常に豊富であるとともに、「臭い」を気にすることなく、「ドライフルーツ」のように美味しく食べることができるのが大きな特徴です。 「ダイエット」「高血圧・糖尿病予防改善」「美肌」「白髪予防改善」への「効果効能」がある他、近年では「癌抑制効果」への研究が進むなど、ますます注目されている「自然健康食品」となっていますので、ぜひ、日々の「美容健康づくり」にお役立てになってみてください。

次の