エヴァ エルフィン。 エヴァンゲリオン (架空の兵器)

エルフィン レストランウェディング行橋

エヴァ エルフィン

ラブ・エルフィン C 自然文明 2 クリーチャー:ツリーフォーク 1000 このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の呪文を唱えるとき、支払うコストは1少なくなる。 ただし、コストが1のときは少なくならない。 で登場した。 のを軽減できる。 呪文を多用し、なおかつが入る(代表的なものは)にはよく投入されている。 2目に出来ればなどの4マナ圏の強力なを3ターン目に使用できるので、かなりのを得る事が出来る。 初期型のに投入されていた実績を持つ。 や等の強力なをを減らして早い段階から使用でき、最終局面ではもちろんアタッカーとして活躍していた。 しかし、にが投入されるようになると、されてもが残るやの方が優先的に使われるようになったため、このカードが投入されることが無くなってしまった。 にて、との合体クリーチャーとしてが登場。 能力のおかげで、耐性が上昇している。 では、同じ呪文コスト削減能力を持ち、文明になったが登場。 そちらの利点はであること。 で登場したは、《ラブ・エルフィン》より1コスト重くなり、が追加された呪文コスト削減能力を持つクリーチャー。 ただしあちらはとのである。 で唯一台詞が付けられている。 に収録されたに対してアマチュアを超えたことを褒め称えている。 おそらくの中では屈指の使用率を誇るだろうが、登場以来一度もされていない。 基本的な呪文利用なので、そろそろ再収録願いたいところ。 上記の通り合体クリーチャーのが登場したりのフレーバーテキストに登場したりと開発陣に忘れられているわけではない。 同じく自然ででしか再録されていないとは異なり、こちらは再録されにくいというわけでもない。 このカードの登場の に、 にという、は据え置きでが下方修正されたが登場している。 元祖であるこのがいかに高スペックだったかがわかる。 なお、はそれらの方が格段に優秀な上も異なるので、というわけではない。 漫画「デュエル・マスターズ」ではドラゴンマスクが 2度目の戦で使用。 後続のに繋げたが、終盤でので破壊された。 アニメ「デュエル・マスターズ」ではが勝舞戦で使用。 関連カード [ ]• [ ]• が傷つき、倒れた時、美しい妖精たちがその窮地を救った。 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

《ラブ・エルフィン》

エヴァ エルフィン

ラブ・エルフィン C 自然文明 2 クリーチャー:ツリーフォーク 1000 このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の呪文を唱えるとき、支払うコストは1少なくなる。 ただし、コストが1のときは少なくならない。 で登場した。 のを軽減できる。 呪文を多用し、なおかつが入る(代表的なものは)にはよく投入されている。 2目に出来ればなどの4マナ圏の強力なを3ターン目に使用できるので、かなりのを得る事が出来る。 初期型のに投入されていた実績を持つ。 や等の強力なをを減らして早い段階から使用でき、最終局面ではもちろんアタッカーとして活躍していた。 しかし、にが投入されるようになると、されてもが残るやの方が優先的に使われるようになったため、このカードが投入されることが無くなってしまった。 にて、との合体クリーチャーとしてが登場。 能力のおかげで、耐性が上昇している。 では、同じ呪文コスト削減能力を持ち、文明になったが登場。 そちらの利点はであること。 で登場したは、《ラブ・エルフィン》より1コスト重くなり、が追加された呪文コスト削減能力を持つクリーチャー。 ただしあちらはとのである。 で唯一台詞が付けられている。 に収録されたに対してアマチュアを超えたことを褒め称えている。 おそらくの中では屈指の使用率を誇るだろうが、登場以来一度もされていない。 基本的な呪文利用なので、そろそろ再収録願いたいところ。 上記の通り合体クリーチャーのが登場したりのフレーバーテキストに登場したりと開発陣に忘れられているわけではない。 同じく自然ででしか再録されていないとは異なり、こちらは再録されにくいというわけでもない。 このカードの登場の に、 にという、は据え置きでが下方修正されたが登場している。 元祖であるこのがいかに高スペックだったかがわかる。 なお、はそれらの方が格段に優秀な上も異なるので、というわけではない。 漫画「デュエル・マスターズ」ではドラゴンマスクが 2度目の戦で使用。 後続のに繋げたが、終盤でので破壊された。 アニメ「デュエル・マスターズ」ではが勝舞戦で使用。 関連カード [ ]• [ ]• が傷つき、倒れた時、美しい妖精たちがその窮地を救った。 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

エルフィン レストランウェディング行橋

エヴァ エルフィン

ラブ・エルフィン C 自然文明 2 クリーチャー:ツリーフォーク 1000 このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の呪文を唱えるとき、支払うコストは1少なくなる。 ただし、コストが1のときは少なくならない。 で登場した。 のを軽減できる。 呪文を多用し、なおかつが入る(代表的なものは)にはよく投入されている。 2目に出来ればなどの4マナ圏の強力なを3ターン目に使用できるので、かなりのを得る事が出来る。 初期型のに投入されていた実績を持つ。 や等の強力なをを減らして早い段階から使用でき、最終局面ではもちろんアタッカーとして活躍していた。 しかし、にが投入されるようになると、されてもが残るやの方が優先的に使われるようになったため、このカードが投入されることが無くなってしまった。 にて、との合体クリーチャーとしてが登場。 能力のおかげで、耐性が上昇している。 では、同じ呪文コスト削減能力を持ち、文明になったが登場。 そちらの利点はであること。 で登場したは、《ラブ・エルフィン》より1コスト重くなり、が追加された呪文コスト削減能力を持つクリーチャー。 ただしあちらはとのである。 で唯一台詞が付けられている。 に収録されたに対してアマチュアを超えたことを褒め称えている。 おそらくの中では屈指の使用率を誇るだろうが、登場以来一度もされていない。 基本的な呪文利用なので、そろそろ再収録願いたいところ。 上記の通り合体クリーチャーのが登場したりのフレーバーテキストに登場したりと開発陣に忘れられているわけではない。 同じく自然ででしか再録されていないとは異なり、こちらは再録されにくいというわけでもない。 このカードの登場の に、 にという、は据え置きでが下方修正されたが登場している。 元祖であるこのがいかに高スペックだったかがわかる。 なお、はそれらの方が格段に優秀な上も異なるので、というわけではない。 漫画「デュエル・マスターズ」ではドラゴンマスクが 2度目の戦で使用。 後続のに繋げたが、終盤でので破壊された。 アニメ「デュエル・マスターズ」ではが勝舞戦で使用。 関連カード [ ]• [ ]• が傷つき、倒れた時、美しい妖精たちがその窮地を救った。 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の